Ubuntu 18.04 LTS:iTALCの脆弱性(USN-4547-1)

critical Nessus プラグイン ID 140920

概要

リモートUbuntuホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートのUbuntu 18.04 LTSホストには、USN-4547-1のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- LibVNCServer 0.9.11以前で問題が発見されました。rfbserver.c内のrfbProcessClientNormalMessage()がmsg.cct.lengthをサニタイズしないために、特別に細工されたVNCパケットを介して、初期化されていない潜在的な機密データへのアクセスやその他の詳細不明な影響(整数オーバーフローなど)が発生する可能性があります。
(CVE-2018-7225)

- コミット502821828ed00b4a2c4bef90683d0fd88ce495deの前のLibVNCには、ファイル転送拡張機能のサーバーコードにヒープ領域外書き込みの脆弱性があるため、リモートコードが実行される可能性があります。(CVE-2018-15127)

- コミットa83439b9fbe0f03c48eb94ed05729cb016f8b72fの前のLibVNCには、VNCクライアントコードに複数のヒープ領域外書き込みの脆弱性があるため、リモートコードが実行される可能性があります。(CVE-2018-20019)

- コミット7b1ef0ffc4815cab9a96c7278394152bdc89dc4dの前のLibVNCには、VNCクライアントコードの構造内にヒープ領域外書き込みの脆弱性があるため、リモートコードが実行される可能性があります。(CVE-2018-20020)

- コミットc3115350eb8bb635d0fdb4dbbb0d0541f38ed19cの前のLibVNCには、VNCクライアントコードにCWE-835:無限ループの脆弱性があります。脆弱性により、攻撃者はCPUやRAMなどのリソースを過剰に消費する可能性があります。(CVE-2018-20021)

- 2f5b2ad1c6c99b1ac6482c95844a84d66bb52838の前のLibVNCには、VNCクライアントコードに複数の弱点CWE-665:不適切な初期化の脆弱性があるため、攻撃者は、スタックメモリを読み取って、それを情報開示に悪用できます。別の脆弱性と組み合わせて、スタックメモリレイアウトの漏洩やASLRのバイパスに使用される可能性があります。(CVE-2018-20022)

- 8b06f835e259652b0ff026898014fc7297ade858の前のLibVNCには、VNC RepeaterクライアントコードにCWE-665:不適切な初期化の脆弱性があるため、攻撃者は、スタックメモリを読み取って、それを情報開示に悪用できます。別の脆弱性と組み合わせて、スタックメモリレイアウトの漏洩やASLRのバイパスに使用される可能性があります。(CVE-2018-20023)

-コミット4a21bbd097ef7c44bb000c3bd0907f96a10e4ce7の前のLibVNCには、VNCクライアントコードにnullポインターデリファレンスがあるため、DoSを引き起こす可能性があります。(CVE-2018-20024)

- 0.9.12の前のLibVNCには、libvncclient/rfbproto.cに複数のヒープ領域外書き込みの脆弱性があります。CVE-2018-20019の修正が不完全でした。(CVE-2018-20748)

- 0.9.12の前のLibVNCには、libvncserver/rfbserver.cにヒープ領域外書き込みの脆弱性があります。CVE-2018-15127の修正が不完全でした。(CVE-2018-20749)

- LibVNC 0.9.12以前には、libvncserver/rfbserver.cにヒープ領域外書き込みの脆弱性があります。CVE-2018-15127の修正が不完全でした。(CVE-2018-20750)

d01e1bb4246323ba6fcee3b82ef1faa9b1dac82aの前のLibVNCコミットには、VNCサーバーコードにメモリリーク(CWE-655)があるため、攻撃者は、スタックメモリを読み取って、それを情報開示に悪用できます。
別の脆弱性と組み合わせて、スタックメモリの漏洩やASLRのバイパスに使用される可能性があります。この攻撃は、ネットワーク接続経由で悪用される可能性があります。これらの脆弱性は、コミットd01e1bb4246323ba6fcee3b82ef1faa9b1dac82aで修正されています。(CVE-2019-15681)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるitalc-client、italc-master、および/またはlibitalccoreパッケージを更新してください。

関連情報

https://ubuntu.com/security/notices/USN-4547-1

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 140920

ファイル名: ubuntu_USN-4547-1.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/9/28

更新日: 2020/11/24

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-7225

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:18.04:-:lts, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:italc-client, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:italc-master, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libitalccore

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/9/28

脆弱性公開日: 2018/2/19

参照情報

CVE: CVE-2018-7225, CVE-2018-15127, CVE-2018-20019, CVE-2018-20020, CVE-2018-20021, CVE-2018-20022, CVE-2018-20023, CVE-2018-20024, CVE-2018-20748, CVE-2018-20749, CVE-2018-20750, CVE-2019-15681

BID: 103107, 106820, 106821, 106823, 106825

USN: 4547-1