Oracle Linux 7: expat (ELSA-2020-3952 )

high Nessus プラグイン ID 141223

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 7ホストに、ELSA-2020-3952アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- 2.2.7以前のExpatのlibexpatで、多数のコロンを含むXML名を含むXML入力により、XMLパーサーが処理中に大量のRAMおよびCPUリソースを消費する可能性があります (サービス拒否攻撃に十分利用可能 ) 。 (CVE-2018-20843 )

- 2.2.8以前のlibexpatでは、細工されたXML入力により、パーサーが誘導されて早い段階でDTD解析からドキュメント解析へ変更する可能性がありました。 その後、XML_GetCurrentLineNumber (またはXML_GetCurrentColumnNumber ) を連続して呼び出すと、ヒープベースのバッファオーバーリードが引き起こされました。 (CVE-2019-15903 )

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるexpat、expat-devel、および/またはexpat-staticパッケージを更新してください。

関連情報

http://linux.oracle.com/errata/ELSA-2020-3952.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 141223

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2020-3952.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/10/7

更新日: 2020/10/9

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2018-20843

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 5.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:7, p-cpe:/a:oracle:linux:expat, p-cpe:/a:oracle:linux:expat-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:expat-static

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/10/6

脆弱性公開日: 2019/6/24

参照情報

CVE: CVE-2018-20843, CVE-2019-15903