Fedora 31:php(2020-94763cb98b)

medium Nessus プラグイン ID 141295

言語:

New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのFedoraホストにセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

**PHPバージョン7.3.23**(2020年10月1日)

**コア:**

- バグphp#80048を修正しました(Windowsではバグはphp#69100修正していません)。(cmb)

- バグphp#80049を修正しました(variadic引数を通じて整数を文字列に強制するときのメモリ漏洩)。(Nikita)

- バグphp#79699を修正しました(PHPはエンコードされたクッキー名を解析するため、悪意のある「__Host-」クッキーを送信できるようになります)。
(**CVE-2020-7070**)(Stas)

**Calendar:**

- バグphp#80007を修正しました(unixtojd()パラメーター解析における潜在的な型の取り違え)。(Andy Postnikov氏)

**OPcache:**

- バグphp#80002を修正しました(新しいインターン化文字列用の計算空き領域が間違っています)。(t-atsuno)

- バグをphp#79825修正しました(カスタムopcodeハンドラーの変更時にopcache.file_cacheがSIGSEGVを引き起こします)。(SammyK)

**OpenSSL:**

- バグphp#79601を修正しました(12バイトのIVに対するAES-CCM暗号化の間違った暗号文/タグ)。(**CVE-2020-7069**)(Jakub Zelenka氏)

**PDO:**

- バグphp#80027を修正しました(多くのbindパラメーターがあるクエリで$query -> fetchを使用するとパフォーマンスが悪化します(Matteo)

**Standard:**

- バグphp#79986を修正しました (分音文字付きのstr_ireplaceバグ)を修正しました。(cmb)

- バグphp#80077を修正しました(getmxrrテストバグ)。(Rainer Jung氏)

- バグphp#72941を修正しました(bucket->data by-refの変更はもはや効果がありません)。(cmb)

- バグphp#80067を修正しました(bindto設定エラーでポートが欠落)。(cmb)

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをFedora更新システムのWebサイトから直接抽出しています。
Tenableでは、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるphpパッケージを更新してください。

関連情報

https://bodhi.fedoraproject.org/updates/FEDORA-2020-94763cb98b

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 141295

ファイル名: fedora_2020-94763cb98b.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/10/8

更新日: 2020/11/6

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 2.5

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.4

Temporal Score: 4.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 5.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:L/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fedoraproject:fedora:php, cpe:/o:fedoraproject:fedora:31

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/10/7

脆弱性公開日: 2020/10/2

参照情報

CVE: CVE-2020-7069, CVE-2020-7070

FEDORA: 2020-94763cb98b

IAVA: 2020-A-0445-S