Ubuntu 18.04 LTS/20.04 LTS/20.10:Firefoxの脆弱性(USN-4599-1)

critical Nessus プラグイン ID 141863
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートUbuntuホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートのUbuntu 18.04 LTS/20.04 LTS/20.10ホストには、USN-4599-1のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- CrossBeamは、同時プログラミングのためのツールのセットです。バージョン0.4.4以前のcrossbeam-channelでは、バインドされたチャンネルは「Vec: : from_iter」が反復子要素の数と同じ容量を割り当てたと間違って想定しています。「Vec: : from_iter」は実際にはそれを保証せず、追加のメモリを割り当てる可能性があります。「bounded」チャネルのデストラクタは、上述の不適切な仮定に基づいて、生のポインターから「Vec」を再構築します。これは不適切であり、「Vec: : from_iter」が反復子要素の数と異なるサイズを割り当てた場合、間違った容量で割り当て解除を引き起こします。これは、crosswave-channel 0.4.4で修正されました。(CVE-2020-15254)

- 画像タグで有効な外部プロトコルハンドラーが参照された場合、結果として生じる破損イメージサイズが、存在しないプロトコルハンドラーの破損イメージサイズと区別される可能性があります。これにより、攻撃者は外部プロトコルハンドラーが登録されているかどうかを調べることに成功しました。この脆弱性の影響を受けるのは、Firefox < 82です。(CVE-2020-15680)

- 複数のWASMスレッドがモジュールへの参照を持ち、エクスポートされた関数を検索していたとき、あるWASMスレッドが共有スタブテーブルの別のエントリを上書きし、悪用可能なクラッシュを引き起こす可能性がありました。この脆弱性の影響を受けるのは、Firefox < 82です。(CVE-2020-15681)

- 外部プロトコルへのリンクがクリックされると、ユーザーにそれを開くアプリケーションを選択させるプロンプトが表示されました。攻撃者はそのプロンプトを制御していない生成元に関連付けさせ、スプーフィング攻撃を引き起こす可能性があります。これは、外部プロトコルプロンプトがタブモーダルになるように変更することで修正されました。同時に、別の生成元に間違って関連付けられないようにすることも確認しました。この脆弱性の影響を受けるのは、Firefox < 82です。(CVE-2020-15682)

- Mozilla開発者およびコミュニティメンバーは、Firefox 81とFirefox ESR 78.3に存在するメモリ安全性のバグを報告しました。これらのバグの一部にはメモリ破損の証拠が示されており、当社では、手間をかけることにより、これらの一部が悪用され、任意のコードが実行される可能性があると推測しています。この脆弱性の影響を受けるのは、Firefox ESR < 78.4、Firefox < 82、Thunderbird < 78.4です。(CVE-2020-15683)

- Mozilla開発者が、Firefox 81に存在するメモリの安全性に関するバグを報告しました。これらのバグの一部にはメモリ破損の証拠が示されており、当社では、手間をかけることにより、これらの一部が悪用され、任意のコードが実行される可能性があると推測しています。この脆弱性の影響を受けるのは、Firefox < 82です。(CVE-2020-15684)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://ubuntu.com/security/notices/USN-4599-1

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 141863

ファイル名: ubuntu_USN-4599-1.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/10/24

更新日: 2020/11/24

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-15684

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:18.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:20.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:20.10, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-dev, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-geckodriver, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-af, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-an, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-ar, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-as, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-ast, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-az, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-be, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-bg, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-bn, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-br, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-bs, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-ca, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-cak, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-cs, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-csb, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-cy, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-da, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-de, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-el, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-en, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-eo, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-es, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-et, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-eu, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-fa, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-fi, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-fr, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-fy, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-ga, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-gd, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-gl, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-gn, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-gu, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-he, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-hi, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-hr, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-hsb, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-hu, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-hy, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-ia, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-id, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-is, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-it, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-ja, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-ka, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-kab, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-kk, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-km, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-kn, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-ko, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-ku, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-lg, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-lt, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-lv, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-mai, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-mk, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-ml, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-mn, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-mr, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-ms, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-my, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-nb, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-ne, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-nl, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-nn, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-nso, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-oc, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-or, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-pa, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-pl, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-pt, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-ro, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-ru, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-si, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-sk, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-sl, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-sq, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-sr, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-sv, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-sw, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-ta, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-te, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-th, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-tr, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-uk, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-ur, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-uz, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-vi, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-xh, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-zh-hans, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-zh-hant, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-locale-zu, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox-mozsymbols

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/10/23

脆弱性公開日: 2020/10/6

参照情報

CVE: CVE-2020-15254, CVE-2020-15680, CVE-2020-15681, CVE-2020-15682, CVE-2020-15683, CVE-2020-15684, CVE-2020-15969

USN: 4599-1