Amazon Linux 2: SDL(ALAS-2020-1500)

high Nessus プラグイン ID 141985

概要

リモートのAmazon Linux 2ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされているテスト済み製品のバージョンは、テスト済みバージョンより前です。したがって、ALAS2-2020-1500のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- 1.2.15までおよび2.x~2.0.9のSDL(Simple DirectMedia Layer)では、audio/SDL_wave.cのIMA_ADPCM_nibbleにバッファオーバーリードがあります。(CVE-2019-7572)

- 1.2.15までおよび2.x~2.0.9のSDL (Simple DirectMedia Layer ) では、audio/SDL_wave.c (wNumCoefループ内 ) のInitMS_ADPCMにヒープベースのバッファオーバーリードがあります。 (CVE-2019-7573 )

- 1.2.15までおよび2.x~2.0.9のSDL (Simple DirectMedia Layer ) では、audio/SDL_wave.cのIMA_ADPCM_decodeにヒープベースのバッファオーバーリードがあります。 (CVE-2019-7574 )

- 1.2.15までおよび2.x~2.0.9のSDL (Simple DirectMedia Layer ) では、 audio/SDL_wave.cのMS_ADPCM_decodeにヒープベースのバッファオーバーリードがあります。 (CVE-2019-7575 )

- 1.2.15までおよび2.x~2.0.9のSDL (Simple DirectMedia Layer ) では、audio/SDL_wave.c (wNumCoefループ外 ) のInitMS_ADPCMにヒープベースのバッファオーバーリードがあります。 (CVE-2019-7576 )

- 1.2.15までおよび2.x~2.0.9のSDL (Simple DirectMedia Layer ) では、 audio/SDL_wave.cのSDL_LoadWAV_RWにヒープベースのバッファオーバーリードがあります。 (CVE-2019-7577 )

- 1.2.15までおよび2.x~2.0.9のSDL (Simple DirectMedia Layer ) では、 audio/SDL_wave.cのInitIMA_ADPCMにヒープベースのバッファオーバーリードがあります。 (CVE-2019-7578 )

- 1.2.15までおよび2.x~2.0.9のSDL (Simple DirectMedia Layer ) では、 video/SDL_blit_1.cのBlit1to4にヒープベースのバッファオーバーリードがあります。 (CVE-2019-7635 )

- 1.2.15までおよび2.x~2.0.9のSDL (Simple DirectMedia Layer ) では、 video/SDL_pixels.cのSDL_GetRGBにヒープベースのバッファオーバーリードがあります。 (CVE-2019-7636 )

- 1.2.15までおよび2.x~2.0.9のSDL (Simple DirectMedia Layer ) では、 video/SDL_surface.cのSDL_FillRectにヒープベースのバッファオーバーリードがあります。 (CVE-2019-7637 )

- 1.2.15までおよび2.x~2.0.9のSDL (Simple DirectMedia Layer ) では、 video/SDL_pixels.cのMap1toNにヒープベースのバッファオーバーリードがあります。 (CVE-2019-7638 )

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

「yum update SDL」を実行してシステムを更新してください。

参考資料

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALAS-2020-1500.html

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-7572

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-7573

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-7574

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-7575

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-7576

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-7577

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-7578

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-7635

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-7636

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-7637

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-7638

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 141985

ファイル名: al2_ALAS-2020-1500.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/10/28

更新日: 2024/2/13

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 6.8

現状値: 5.3

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2019-7638

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 8.8

現状値: 7.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:sdl, p-cpe:/a:amazon:linux:sdl-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:sdl-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:sdl-static, cpe:/o:amazon:linux:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2020/10/22

脆弱性公開日: 2019/2/7

参照情報

CVE: CVE-2019-7572, CVE-2019-7573, CVE-2019-7574, CVE-2019-7575, CVE-2019-7576, CVE-2019-7577, CVE-2019-7578, CVE-2019-7635, CVE-2019-7636, CVE-2019-7637, CVE-2019-7638

ALAS: 2020-1500