RHEL 6: java-1.8.0-openjdk(RHSA-2020: 4348)

medium Nessus プラグイン ID 142003

概要

リモートのRed Hatホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのRedhat Enterprise Linux 6ホストにインストールされているパッケージは、RHSA-2020: 4348アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- OpenJDK:多くのインターフェイスを備えたプロキシクラスの逆シリアル化中の高いメモリ使用率(シリアル化、8236862)(CVE-2020-14779)

- OpenJDK:暗号化されていないLDAP接続を介して送信された認証情報(JNDI、8237990)(CVE-2020-14781)

- OpenJDK:代替証明書エンコーディングを介した証明書ブラックリストバイパス(ライブラリ、8237995)(CVE-2020-14782)

- OpenJDK:領域外アクセスを引き起こす整数オーバーフロー(ホットスポット、8241114)(CVE-2020-14792)

- OpenJDK:URI変換へのパスにおける権限チェックの欠如(ライブラリ、8242680)(CVE-2020-14796)

- OpenJDK:パス変換へのURIにおける無効な文字の不完全なチェック(ライブラリ、8242685)(CVE-2020-14797)

- OpenJDK:NIOバッファ境界チェックにおける競合状態(ライブラリ、8244136)(CVE-2020-14803)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://cwe.mitre.org/data/definitions/20.html

https://cwe.mitre.org/data/definitions/190.html

https://cwe.mitre.org/data/definitions/295.html

https://cwe.mitre.org/data/definitions/319.html

https://cwe.mitre.org/data/definitions/367.html

https://cwe.mitre.org/data/definitions/770.html

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-14779

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-14781

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-14782

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-14792

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-14796

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-14797

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-14803

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2020:4348

https://bugzilla.redhat.com/1889271

https://bugzilla.redhat.com/1889274

https://bugzilla.redhat.com/1889280

https://bugzilla.redhat.com/1889290

https://bugzilla.redhat.com/1889697

https://bugzilla.redhat.com/1889717

https://bugzilla.redhat.com/1889895

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 142003

ファイル名: redhat-RHSA-2020-4348.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/10/28

更新日: 2022/5/11

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-14792

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.8

Temporal Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.3

Temporal Score: 4.6

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6, cpe:/o:redhat:rhel_eus:6.0, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.8.0-openjdk, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.8.0-openjdk-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.8.0-openjdk-demo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.8.0-openjdk-demo-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.8.0-openjdk-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.8.0-openjdk-devel-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.8.0-openjdk-headless, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.8.0-openjdk-headless-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.8.0-openjdk-javadoc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.8.0-openjdk-javadoc-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.8.0-openjdk-src, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.8.0-openjdk-src-debug

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/10/27

脆弱性公開日: 2020/10/20

参照情報

CVE: CVE-2020-14779, CVE-2020-14781, CVE-2020-14782, CVE-2020-14792, CVE-2020-14796, CVE-2020-14797, CVE-2020-14803

RHSA: 2020:4348

CWE: 20, 190, 295, 319, 367, 770