Pulse Policy Secure < 9.1R9(SA44601 )

high Nessus プラグイン ID 142057

概要

リモートデバイスは複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

自己報告されたバージョンによると、リモートホストで実行されているPulse Policy Secureのバージョンは、9.1R9より前です。このため、以下の脆弱性の影響を受けます。

- Pulse Connect Secure < 9.1R9の管理Webインターフェイスの脆弱性により、認証された攻撃者が、制御されていないgzip抽出を使用して、任意のコードを実行する可能性があります (CVE-2020-8260 ) 。

- Pulse Connect Secure/Pulse Policy Secure < 9.1R9の脆弱性は、任意のCookieインジェクションに対して脆弱です。 (CVE-2020-8261 )

- Object.prototypeが汚染されているため、Drupal、Backdrop CMS、および他の製品で使用されている、3.4.0以前のjQueryがjQuery.extend(true,{}, ...)を誤って処理します。サニタイズされていないソースオブジェクトに列挙可能な
__proto__ propertyが含まれている場合、ネイティブのObject.prototypeを拡張できる可能性があります。 (CVE-2019-11358 )

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Pulse Policy Secureバージョン9.1R9以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://kb.pulsesecure.net/articles/Pulse_Security_Advisories/SA44601

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 142057

ファイル名: pulse_policy_secure-sa44601.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: remote

ファミリー: Misc.

公開日: 2020/10/30

更新日: 2022/1/21

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 5.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-8260

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:pulsesecure:pulse_policy_secure

必要な KB アイテム: installed_sw/Pulse Policy Secure

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2020/10/26

脆弱性公開日: 2018/1/18

CISAの既知の悪用日: 2021/4/23

エクスプロイト可能

Metasploit (Pulse Secure VPN gzip RCE)

参照情報

CVE: CVE-2015-9251, CVE-2019-11358, CVE-2020-8255, CVE-2020-8260, CVE-2020-8261, CVE-2020-8262, CVE-2020-8263, CVE-2020-15352

IAVA: 2020-A-0495