FreeBSD:Gitlab -- 複数の脆弱性(174e466b-1d48-11eb-bd0f-001b217b3468)

high Nessus プラグイン ID 142275

言語:

New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのFreeBSDホストに1つ以上のセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

Gitlab レポート:

LFSアップロードのパストラバーサル

パストラバーサルにより、パッケージを任意の場所に保存できます

KubernetesエージェントAPIがプライベートリポジトリを漏洩します

Terraform状態削除APIがオブジェクトストレージURLを公開します

ビルド依存関係のエラーメッセージにおける蓄積型XSS

Git認証情報がディスクに保持されていました

コンテナレジストリによる潜在的なサービス拒否

グループがプライベートからパブリックのグループに転送される際の情報漏洩

マルチパートバイパスによる制限されたファイル漏洩

権限のないユーザーは、スケジュールされたパイプラインの変数および値にアクセスできます

ランナー管理ページのCSRFにより、攻撃者がランナーを一時停止/再開させる可能性があります

高度な検索結果のパス解析における正規表現バックトラック攻撃

必須のCODEOWNERS承認のバイパス

SAST CiConfigurationの情報が権限なしに表示可能

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?ead199a2

http://www.nessus.org/u?f8ffe736

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 142275

ファイル名: freebsd_pkg_174e466b1d4811ebbd0f001b217b3468.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2020/11/3

更新日: 2020/12/3

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-13356

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.4

Temporal Score: 4.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.2

Temporal Score: 7.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:L/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:gitlab-ce, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/11/2

脆弱性公開日: 2020/11/2

参照情報

CVE: CVE-2020-13340, CVE-2020-13348, CVE-2020-13349, CVE-2020-13350, CVE-2020-13351, CVE-2020-13352, CVE-2020-13353, CVE-2020-13354, CVE-2020-13355, CVE-2020-13356, CVE-2020-13358, CVE-2020-13359, CVE-2020-26405