Oracle Linux 8:sqlite (ELSA-2020-4442 )

high Nessus プラグイン ID 142752

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 8ホストに、ELSA-2020-4442アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- Sqlite3 3.26.0のウィンドウ関数に悪用可能なメモリ解放後使用 (Use After Free ) の脆弱性が存在します。
特別に細工されたSQLコマンドがメモリ解放後使用 (Use After Free ) の脆弱性を引き起こし、リモートでコードが実行される可能性があります。攻撃者は、この脆弱性をトリガーする悪意のあるSQLコマンドを送信する可能性があります。
(CVE-2019-5018)

- 80.0.3987.87より前のGoogle ChromeのSQLiteでの領域外読み取りにより、リモートの攻撃者が、細工されたHTMLページを介して、プロセスメモリから機密性の高い情報を取得する可能性がありました。 (CVE-2020-6405 )

- SQLite 3.31.1では、isAuxiliaryVtabOperatorを使用すると、攻撃者は生成された列の最適化によって、NULLポインターデリファレンスとセグメンテーション違反をトリガーできます。 (CVE-2020-9327 )

- 3.32.0より前のSQLiteを使用すると、仮想テーブルの名前がalter.cおよびbuild.cに関連するシャドーテーブルの1つに変更されます。 (CVE-2020-13631 )

- 3.29.0までのSQLiteでは、sqlite_stat1 szフィールドの検証が行われない (別名: クエリプランナーの深刻なゼロ除算 ) ため、sqlite3.cのwhereLoopAddBtreeIndexがブラウザまたは他のアプリケーションをクラッシュさせる可能性があります。 (CVE-2019-16168 )

- SQLite 3.30.1のselect.cのselectExpanderは、解析エラー後でもWITHスタックアンワインディングを続行します。
(CVE-2019-20218)

- 3.32.0より前のSQLiteのext/fts3/fts3.cには、スニペット機能に関連して、fts3EvalNextRowにおけるメモリ解放後使用 (Use After Free ) があります。 (CVE-2020-13630 )

- 3.32.0より前のSQLiteのext/fts3/fts3_snippet.cには、細工されたmatchinfo()クエリによるNULLポインターデリファレンスがあります。 (CVE-2020-13632 )

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2020-4442.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 142752

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2020-4442.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/11/12

更新日: 2020/11/13

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-5018

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.1

Temporal Score: 7.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:8, p-cpe:/a:oracle:linux:lemon, p-cpe:/a:oracle:linux:sqlite, p-cpe:/a:oracle:linux:sqlite-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:sqlite-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:sqlite-libs

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/11/10

脆弱性公開日: 2019/5/9

参照情報

CVE: CVE-2019-5018, CVE-2019-16168, CVE-2019-20218, CVE-2020-6405, CVE-2020-9327, CVE-2020-13630, CVE-2020-13631, CVE-2020-13632

BID: 108294