RHEL 7: ipa (RHSA-2020: 3936)

medium Nessus プラグイン ID 143080

概要

リモートのRed Hatホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのRedhat Enterprise Linux 7ホストにインストールされているパッケージは、RHSA-2020: 3936のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- jquery: クロスドメインajaxリクエストによるクロスサイトスクリプティング(CVE-2015-9251)

- bootstrap: データターゲット属性のXSS(CVE-2016-10735)

- bootstrap: collapse data-parent属性のクロスサイトスクリプティング(XSS)(CVE-2018-14040)

- bootstrap: ツールチップのdata-containerプロパティのクロスサイトスクリプティング(XSS)(CVE-2018-14042)

- bootstrap: ツールチップデータビューポート属性のXSS(CVE-2018-20676)

- bootstrap: affix構成ターゲットプロパティのXSS(CVE-2018-20677)

- jquery: サービス拒否、リモートコード実行、またはプロパティインジェクションにつながる、オブジェクトのプロトタイプのプロトタイプ汚染(CVE-2019-11358)

- bootstrap: ツールチップまたはポップオーバーデータテンプレート属性のXSS(CVE-2019-8331)

- jquery: injQuery.htmlPrefilterメソッドが不適切なことによるクロスサイトスクリプティング(CVE-2020-11022)

- ipa: パスワードの長さ制限がないため、サービス拒否につながります(CVE-2020-1722)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://cwe.mitre.org/data/definitions/79.html

https://cwe.mitre.org/data/definitions/400.html

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2015-9251

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2016-10735

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2018-14040

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2018-14042

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2018-20676

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2018-20677

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-8331

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-11358

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-1722

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-11022

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2020:3936

https://bugzilla.redhat.com/1399546

https://bugzilla.redhat.com/1601614

https://bugzilla.redhat.com/1601617

https://bugzilla.redhat.com/1668082

https://bugzilla.redhat.com/1668089

https://bugzilla.redhat.com/1668097

https://bugzilla.redhat.com/1686454

https://bugzilla.redhat.com/1701972

https://bugzilla.redhat.com/1793071

https://bugzilla.redhat.com/1828406

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 143080

ファイル名: redhat-RHSA-2020-3936.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/11/19

更新日: 2021/10/12

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.4

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-11022

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.1

Temporal Score: 5.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:C/C:L/I:L/A:N

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:ipa-client, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:ipa-client-common, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:ipa-common, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:ipa-python-compat, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:ipa-server, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:ipa-server-common, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:ipa-server-dns, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:ipa-server-trust-ad, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python2-ipaclient, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python2-ipalib, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python2-ipaserver

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2020/9/29

脆弱性公開日: 2018/1/18

参照情報

CVE: CVE-2015-9251, CVE-2016-10735, CVE-2018-14040, CVE-2018-14042, CVE-2018-20676, CVE-2018-20677, CVE-2019-8331, CVE-2019-11358, CVE-2020-1722, CVE-2020-11022

BID: 105658, 107375, 108023

RHSA: 2020:3936

IAVA: 2018-A-0336-S, 2019-A-0256-S, 2019-A-0021-S, 2019-A-0020-S, 2019-A-0128, 2020-A-0017, 2020-A-0150, 2019-A-0384, 2021-A-0032, 2020-A-0324, 2021-A-0035-S, 2021-A-0196

IAVB: 2020-B-0030

CWE: 79, 400