openSUSEセキュリティ更新プログラム:java-11-openjdk(openSUSE-2020-1994)

medium Nessus プラグイン ID 143168

言語:

概要

リモートのopenSUSEホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

このjava-11-openjdkの更新では、次の問題が修正されます:

- アップストリームタグjdk-11.0.9-11に対する更新(2020年10月CPU、bsc#1177943)

- 新機能

+ JDK-8250784:Shenandoah:Low-Pause-Timeガベージコレクター

- セキュリティ修正

+ JDK-8233624:JNI連携を強化

+ JDK-8236196:文字列のプーリングを向上します

+ JDK-8236862、CVE-2020-14779:Proxyクラスのサポートを強化します

+ JDK-8237990、CVE-2020-14781:LDAPコンテキストを強化します

+ JDK-8237995、CVE-2020-14782:証明書処理の強化

+ JDK-8240124:VMインターニングの改善

+ JDK-8241114、CVE-2020-14792:範囲の処理を改善

+ JDK-8242680、CVE-2020-14796:URIサポートの改善

+ JDK-8242685、CVE-2020-14797:パス検証の改善

+ JDK-8242695、CVE-2020-14798:強化されたバッファサポート

+ JDK-8243302:Advancedクラスのサポート

+ JDK-8244136、CVE-2020-14803:バッファサポートの改善

+ JDK-8244479:証明書をさらに制約します

+ JDK-8244955:JDK-8240124の追加修正

+ JDK-8245407:時間のゾーニングを強化

+ JDK-8245412:クラス定義の改善

+ JDK-8245417:証明書チェーン処理を向上します

+ JDK-8248574:jpeg処理を改善します

+ JDK-8249927:jdk.serialProxyInterfaceLimitの制限を指定します

+ JDK-8253019:JPEGデコードの強化

- その他の変更

+ JDK-6532025:GIFリーダーが、切り捨てられたイメージによる誤解を招く例外をスローします

+ JDK-6949753:[テストバグ]:java/awt/print/PageFormat/ /PDialogTest.javaは、無限ループを削除して更新する必要があります

+ JDK-8022535:[テストバグ] javax/swing/text/html/parser/ /Test8017492.javaが失敗します

+ JDK-8062947:LDAP接続の失敗を正しく表すために例外メッセージを修正します

+ JDK-8067354:com/sun/jdi/GetLocalVariables4Test.shが失敗しました

+ JDK-8134599:TEST_BUG:
java/rmi/transport/closeServerSocket/ /CloseServerSocket.javaが、すでに使用されているアドレスで断続的に失敗します

+ JDK-8151678:DeadServerNoTimeoutTestのタイムアウトが正しくないため、com/sun/jndi/ldap/LdapTimeoutTest.javaが失敗します

+ JDK-8160768:デフォルトのJNDI LDAPプロバイダー内でホスト/ドメイン名を解決するカスタム機能を追加します

+ JDK-8172404:弱いアルゴリズムが使用される場合には、制限する前に、ツールが警告する必要があります

+ JDK-8193367:注釈付きの型変数の境界によってjavacがクラッシュします

+ JDK-8202117:
com/sun/jndi/ldap/RemoveNamingListenerTest.javaが断続的に失敗します:接続リセット

+ JDK-8203026:java.rmi.NoSuchObjectException:そのようなオブジェクトはテーブルにありません

+ JDK-8203281:[Windows] editor.setBorder()が呼び出される際のuiにおけるJComboBoxの変更

+ JDK-8203382:名前変更:SystemDictionary: : initialize_wk_klass -> resolve_wk_klass

+ JDK-8203393:com/sun/jdi/JdbMethodExitTest.shとJdbExprTest.shがタイムアウトにより失敗します

+ JDK-8203928:[テスト]非JDB scaffoldingのサービサビリティシェルスクリプトテストをjavaに変換します

+ JDK-8204963:javax.swing.border.TitleDBorderにメモリリークがあります

+ JDK-8204994:「Windbgエラー:WaitForEventが失敗しました」によって、SAがプロセスにアタッチできない可能性があります

+ JDK-8205534:サービサビリティエージェントからSymbolTableの依存関係を削除します

+ JDK-8206309:Tier1 SAテストが失敗します

+ JDK-8208281:java/nio/channels/ /AsynchronousSocketChannel/Basic.javaがタイムアウトしました

+ JDK-8209109:[テスト] com/sun/jdiシェルテストをjavaバージョンstep1に書き換えます

+ JDK-8209332:[テスト] test/jdk/com/sun/jdi/CatchPatternTest.shが正しくありません

+ JDK-8209342:プロセスへのアタッチ中のエラーによるSolarisでのProblemlist SAテスト:thread_dbエージェントを作成できません!

+ JDK-8209343:テストjavax/swing/border/TestTitledBorderLeak.javaは、headfulとしてマークされる必要があります

+ JDK-8209517:com/sun/jdi/BreakpointWithFullGC.javaがタイムアウトで失敗します

+ JDK-8209604:[テスト] com/sun/jdiシェルテストをjavaバージョンstep2に書き換えます

+ JDK-8209605:com/sun/jdi/BreakpointWithFullGC.javaがZGCで失敗します

+ JDK-8209608:問題リストcom/sun/jdi/BreakpointWithFullGC.java

+ JDK-8210131:
vmTestbase/nsk/jvmti/scenarios/allocation/AP10/ /ap10t001/TestDescription.javaがObjectFreeで失敗しました:
GetCurrentThreadCpuTimerInfoが予期しないエラーコードを返しました

+ JDK-8210243:[テスト] com/sun/jdiシェルテストをjavaバージョンstep3に書き換えます

+ JDK-8210527:JShell:jdk.jshell.Eval.translateExceptionStackのNullPointerException

+ JDK-8210560:[テスト] com/sun/jdi redefineClass関連のテストを変換します

+ JDK-8210725:com/sun/jdi/RedefineClearBreakpoint.javaが、60秒後にwaitForPromptがタイムアウトして失敗します

+ JDK-8210748:[TESTBUG] lib.jdb.Jdb.waitForPrompt()は、タイムアウト後の保留応答である出力を明確にする必要があります

+ JDK-8210760:[テスト] com/sun/jdiシェルテストをjavaバージョンstep4に書き換えます

+ JDK-8210977:
jdk/jfr/event/oldobject/TestThreadLocalLeak.javaがThreadLocalObjectの検索に失敗します

+ JDK-8211292:[テスト] com/sun/jdi/DeferredStepTest.shテストを変換します

+ JDK-8211694:JShell:再宣言された変数はリセットする必要があります

+ JDK-8212200:共有されたjava.lang.ObjectがJVMTIエージェントによって再定義される場合にアサートします

+ JDK-8212629:[テスト] test/jdk/com/sun/jdi/DeferredStepTestのブレークポイントが間違っています

+ JDK-8212665:com/sun/jdi/DeferredStepTest.java:jj1 (line 57)

- 予期されていません。 lastLine=52, minLine=52, maxLine=55

+ JDK-8212807:tools/jar/multiRelease/Basic.javaがタイムアウトします

+ JDK-8213182:JDK-8212200の後の最小VM構築の失敗(共有されたjava.lang.ObjectがJVMTIエージェントによって再定義される場合にアサートします)

+ JDK-8213214:テストの実行時に-Djava.io.tmpdir=を設定します

+ JDK-8213275:jdk.internal.vm.PostVMInitHookが見つからないため、ReplaceCriticalClasses.javaが失敗します

+ JDK-8213574:大量のCDSクラスをダンプする際の、文字列テーブル拡張におけるデッドロック

+ JDK-8213703:LambdaConversionException:実装タイプインターフェイスのサブタイプではない無効なレシーバータイプ

+ JDK-8214074:AVX命令を使用したGhashの最適化

+ JDK-8214491:JLine 3.9.0にアップグレードします

+ JDK-8214797:TestJmapCoreMetaspace.javaがタイムアウトしました

+ JDK-8215243:JShellテストが次によって断続的に失敗します:「次のスレッドクリーンアップの問題:」

+ JDK-8215244:jdk/jshell/ToolBasicTest.java testHistoryReferenceが失敗しました

+ JDK-8215354:JDK-8214074の後にx86_32ビルドが失敗します(AVX命令を使用したGhashの最適化)

+ JDK-8215438:jshellツール:Ctrl-DでEOFが発生します

+ JDK-8216021:RunTest.gmkが、Windowsで並行性レベルを1に設定する可能性があります

+ JDK-8216974:204応答の後にHttpConnectionがプールに戻りません

+ JDK-8218948:SimpleDateFormat: : format - ランタイム時にゾーン名が正しく反映されません

+ JDK-8219712:新しいSkylake CPUでcode_size2(stab_routines_x86.hppで定義)が小さすぎます

+ JDK-8220150:macos10.14 MojaveがエイリアスB&Wグリフではなく、アンチエイリアスグリフを返します

+ JDK-8221658:aarch64:ubfxパターンに必要な述語を追加します

+ JDK-8221759:「java.io.File.path」完了時にクラッシュします

+ JDK-8221918:runtime/SharedArchiveFile/serviceability/ /ReplaceCriticalClasses.javaが失敗します:共有アーカイブが見つかりません

+ JDK-8222074:x86の自動ベクトル化を強化します

+ JDK-8222079:disassembler.cppのdecode_envコンストラクターフィールドの初期化にmemsetを使用しません

+ JDK-8222769:[TESTBUG] TestJFRNetworkEventsは、hostnameコマンドに依存すべきではありません

+ JDK-8223688:JShell:raw匿名クラスのインスタンス化でクラッシュします

+ JDK-8223777:posix_spawnモードで、exec() jspawnhelperが失敗してもエラーになりません

+ JDK-8223940:選択された署名アルゴリズムでは秘密鍵がサポートされていません

+ JDK-8224184:AIXでの終了時に、jshellがIOExceptionを取得しました

+ JDK-8224234:compiler/codegen/TestCharVect2.javaがtest_mulcで失敗します

+ JDK-8225037:java.net.JarURLConnection: : getJarEntry()がNullPointerExceptionをスローします

+ JDK-8225625:AVX512 + VAES命令を使用したAES電子コードブック(ECB)の暗号化および復号化の最適化

+ JDK-8226536:オブジェクトの再マテリアル化が失敗したdeoptからOOMをキャッチします

+ JDK-8226575:OperatingSystemMXBeanをコンテナ対応にする必要があります

+ JDK-8226697:@key headfulキーワードが必要ないくつかのテストが欠落しています。

+ JDK-8226809:印刷されたスタックトレースの循環参照が正しくインデントされておらず、不明瞭です

+ JDK-8227059:sun/security/tools/keytool/ /DefaultSignatureAlgorithm.javaがタイムアウトしました

+ JDK-8227269:JDWPで実行する際にクラスのロードに時間がかかります

+ JDK-8227595:
keytool/fakegen/DefaultSignatureAlgorithm.javaが「exitValue = 6」のために失敗します

+ JDK-8228448:Jconsoleが自身に接続できません

+ JDK-8228967:テスト用のトラスト/キーストアおよびSSLコンテキストユーティリティ

+ JDK-8229378:linker_md.cのjdwpライブラリローダーがバッファオーバーフローで静かに切り捨てます

+ JDK-8229815:Jlineを3.12.1にアップグレードします

+ JDK-8230000:一部のhttpclients testngテストがゼロテストを実行します

+ JDK-8230002:javax/xml/jaxp/unittest/transform/ /SecureProcessingTest.javaがゼロテストを実行します

+ JDK-8230010:jdk8037819/BasicTest1.javaを削除します

+ JDK-8230094:任意のXMLStreamWriterに対するcreateXMLEventWriter(Result)のCCE

+ JDK-8230402:コンパイルタスクの割り当てがアサートで失敗します:「コンパイルタスクが漏洩していますか?」

+ JDK-8230767:FlightRecorderListenerがnull記録を返します

+ JDK-8230870:(zipfs)test/jdk/java/util/zip/EntryCount64k.javaに類似するZIP FSテストを追加します

+ JDK-8231209:[REDO] ThreadMXBean: : getThreadAllocatedBytes()がセルフスレッドに対してより高速になる可能性があります

+ JDK-8231586:OopMapValueオフセットのためにエンコーディングスペースを拡大します

+ JDK-8231953:次におけるアサーションの想定が間違っています:oop: : register_oop

+ JDK-8231968:getCurrentThreadAllocationBytesのデフォルト実装s/b getThreadAllocatedBytes

+ JDK-8232083:JDK-8231586の後に、最小限のVMが破損しています

+ JDK-8232161:MS950 charsetの一部の一方向変換をWindowsに合わせます

+ JDK-8232855:jshellの /helpヘルプで単語が欠落しています

+ JDK-8233027:OopMapSet: : all_doが、反復中にoms.next()を2回実行します

+ JDK-8233228:TLS、CertPath、およびSigned JARでは、デフォルトで弱い名前付き曲線を無効化します

+ JDK-8233386:未使用のデコレーションのNULLフィールドを初期化します

+ JDK-8233452:RoundingMode.FLOORを持つjava.math.BigDecimal.sqrt()が不適切な結果をもたらします

+ JDK-8233686:XMLトランスフォーマーが過剰な量のメモリを使用します

+ JDK-8233741:AVX512 + VAES命令を使用したAESカウンターモード(AES-CTR)の最適化

+ JDK-8233829:javacが非UTF8環境で非ASCIIモジュール名を見つけることができません

+ JDK-8233958:用途のないHttpsURLConnectionファイナライザーによるメモリ保持

+ JDK-8234011:(zipfs)ZipFileSystem.releaseDeflater()でのメモリリーク

+ JDK-8234058:runtime/CompressedOops/ /CompressedClassPointers.javaが、「狭いklassベース:0x0000000000000000」がstdout / stderrから欠落しているため、失敗します

+ JDK-8234149:いくつかの回帰テストで、末尾のフレームが処理されません

+ JDK-8234347:「トルコ」メタタイムゾーンは、作成済みのローカライズされた名前を生成しません

+ JDK-8234385:[TESTBUG] java/awt/EventQueue/6980209/ /bug6980209.javaがlinuxナイトリーで失敗します

+ JDK-8234535:BUILD_CCのCFLAGSがないため、クロスコンパイルが失敗します

+ JDK-8234541:C1は、インライン化に成功した場合に、空のメッセージを出力します

+ JDK-8234687:未知の属性に関するjavapレポートを変更します

+ JDK-8236464:SO_LINGERオプションがJDK 11のSSLSocketによって無視されます

+ JDK-8236548:ローカライズされたタイムゾーン名の英語と他のロケールが一致しません

+ JDK-8236617:8226575の後にjtregテストcontainers/docker/ /TestMemoryAwareness.javaが失敗します

+ JDK-8237182:shenandoahおよびepsilonファイルの著作権ヘッダーを更新します

+ JDK-8237888:security/infra/java/security/cert/ /CertPathValidator/certification/LuxTrustCA.javaが有効期間のチェック時に失敗します

+ JDK-8237977:javax/net/ssl/compatibility/Compatibility.javaをさらに更新します

+ JDK-8238270:java.net HTTP/2クライアントは、204応答を受信する際にストリームカウントを減少させません

+ JDK-8238284:[macos]明らかな入力ミスによりゼロVMビルドが失敗します

+ JDK-8238380:GCC10でのjava.base/unix/native/libjava/childproc.c「複数の定義の」リンクエラー

+ JDK-8238386:(sctp)GCC10によるjdk.sctp/unix/native/libsctp/SctpNet.c「複数の定義の」リンクエラー

+ JDK-8238388:GCC10によるlibj2gss/NativeFunc.o「複数の定義の」リンクエラー

+ JDK-8238448:特定の奇数のキーサイズを使用すると、RSASSA-PSS署名認証が失敗します

+ JDK-8238710:LingeredAppは、非ゼロコードで終了する場合、stdout/stderrをログに記録しません

+ JDK-8239083:C1 assert(known_holder == NULL || (known_holder->is_instance_klass() && (!known_holder->is_interface() || ((ciInstanceKlass*)known_holder)->has_nonstatic_concrete
_methods())), 'should be non-static concrete method');

+ JDK-8239385:KerberosTicketクライアント名がADのsAMAccountNameを誤って参照します

+ JDK-8240169:javadocが非モジュール式のapiドキュメントへのリンクに失敗します

+ JDK-8240295:hs_errの経過時間(秒)の正確さが十分ではありません

+ JDK-8240360:LinuxでNativeLibraryEventのライブラリ名が間違っています

+ JDK-8240676:jdk8でluceneを実行する際に非対称な障害が発生します

+ JDK-8241007:Shenandoah:ShenandoahCriticalControlThreadPriorityサポートを削除します

+ JDK-8241065:Shenandoah:JDK-8231086の後に残るコードを削除します

+ JDK-8241086:テストruntime/NMT/HugeArenaTracking.javaが32ビットWindowsで失敗します

+ JDK-8241130:
com.sun.jndi.ldap.EventSupport.removeDeadNotifier:
java.lang.NullPointerException

+ JDK-8241138:http.nonProxyHosts=*により、DefaultProxySelectorでStringIndexOutOfBoundsExceptionが発生します

+ JDK-8241319:WB_GetCodeBlobにResourceMarkがありません

+ JDK-8241478:
vmTestbase/gc/gctests/Steal/steal001/steal001.javaがOOMEで失敗します

+ JDK-8241574:Shenandoah:ShenandoahAssertToSpaceClosureを削除します

+ JDK-8241750:JDK-8227269の後のx86_32ビルドが失敗します

+ JDK-8242184:RSASSA-PSSでのCRL生成エラー

+ JDK-8242283:javaホームパスに非ASCII文字が含まれていると、JVMを起動できません

+ JDK-8242556:バイト配列から非nullパラメーターを持つRSASSA-PSS公開鍵をロードできません

+ JDK-8243029:柔軟な相互運用性テストフレームワークでjavax/net/ssl/compatibility/ /Compatibility.javaを書き換えます

+ JDK-8243138:starttls拡張リクエストをサポートするためにBaseLdapServerを強化します

+ JDK-8243320:SSLルート証明書をOracle Root CAプログラムに追加します

+ JDK-8243321:Entrust root CA-G4をOracle Root CAプログラムに追加します

+ JDK-8243389:os: : pd_print_cpu_infoの強化(linux上)

+ JDK-8243453:java --describe-moduleが、非UTF8環境の非ASCIIモジュール名によって失敗しました

+ JDK-8243470:[macos] unsafe.cppのO2 optレベルを回復します

+ JDK-8243489:スレッドCPUロードイベントに、特定の条件下でのCPU時間に関する誤ったデータが含まれている可能性があります

+ JDK-8243925:Toolkit#getScreenInsets()がHiDPI画面で間違った値を返します(Windows)

+ JDK-8244087:2020-04-24パブリックサフィックスリストの更新

+ JDK-8244151:MUSCLE PC/SC-Liteヘッダーを最新リリース 1.8.26に更新します

+ JDK-8244164:AArch64:jaotcが、非ゼロヒープベースの圧縮OOPに対して不適切なコードを生成します

+ JDK-8244196:os_linuxの出力を調整します

+ JDK-8244225:compile_the_world_inからのstrncpy呼び出しでのstringop-overflow警告

+ JDK-8244287:JFR:メソッドサンプルの行番号が0です

+ JDK-8244703:デバッガJNIでの「プラットフォームのエンコーディングが初期化されていません」の例外

+ JDK-8244719:CTW:C2のコンパイルが失敗し、「assert(!VerifyHashTableKeys || _hash_lock == 0)が失敗しました:
変更する前にハッシュテーブルからノードを削除してください」が表示されます

+ JDK-8244729:Shenandoah:次から解決パスを削除します:SBSA: : generate_shenandoah_lrb

+ JDK-8244763:JSR 337 MR3の後に --release 8シンボル情報を更新します

+ JDK-8244818:アプリケーションウィンドウを外部モニターに移動している間にJava2D Queue Flusherがクラッシュします

+ JDK-8245151:jarsignerは、検証で重複する警告を発してはなりません

+ JDK-8245616:OpenJDKの更新バージョンを更新します:jdk-11.0.9

+ JDK-8245714:ループリミットチェックの一般的でないブランチでロードが固定されている場合「不適切なグラフがbuild_loop_lateで検出されました」

+ JDK-8245801:StressRecompilationトリガーは、「冗長なOSRの再コンパイルが検出されました。CodeCacheのメモリリーク!」をアサートします。

+ JDK-8245832:JDKビルドmake-static-libsは、すべてのJDKライブラリをビルドする必要があります

+ JDK-8245880:Shenandoah:同時コードルートスキャンでクラスアンロードフラグを早期にチェックします

+ JDK-8245981:jQuery 3.5.1にアップグレードします

+ JDK-8246027:JDK-8245801の後に破損した最小限のfastdebugビルド

+ JDK-8246094:[macos]サウンドレコーディングおよび再生が動作しません

+ JDK-8246153:次によりTestEliminateArrayCopyが失敗します

-XX: +StressReflectiveCode

+ JDK-8246193:AS-REQのENC-PA-REP検索における潜在的なNPE

+ JDK-8246196:
javax/management/MBeanServer/OldMBeanServerTestがAssertionErrorで失敗します

+ JDK-8246203:次のスタックオーバーフローによる検証でのセグメンテーション違反:-XX: +VerifyIterativeGVN

+ JDK-8246330:レガシーECDSA曲線にTLSテストを追加します

+ JDK-8246453:TestCloneが「すべての収集された例外は同じ場所から来なければなりません」というメッセージでクラッシュします

+ JDK-8247246:明示的なResolvedJavaType.linkを追加し、デフォルトメソッドの存在を公開します

+ JDK-8247350:[aarch64] assert(false)が失敗しました:machノードのサイズが間違っています

+ JDK-8247502:デッドコードを効果的に最適化する際にPhaseStringOptsがクラッシュします

+ JDK-8247615:ヒープサンプラーに残るバイトを初期化します

+ JDK-8247824:CTW:C2(Shenandoah)コンパイルが、次のSEGVで失敗します:SBC2Support: : pin_and_expand

+ JDK-8247874:VersionProps.java.templateでの置換は、--with-vendor-bug-urlに「&」が含まれている場合は機能しません

+ JDK-8247979:aarch64:clearArray_reg_regのフラグのkillには副作用がありません

+ JDK-8248214:偽共有キャッシュ競合を減らすためにTaskQueueSuperにパディングを追加します

+ JDK-8248219:aarch64:fast_storefieldとfast_accessfieldにメモリバリアがありません

+ JDK-8248348:BCEL 6.0への更新によって回帰が発生しました

+ JDK-8248385:[testbug] [11u] TestInitiExceptionsをjtreg 5.1に適合させます

+ JDK-8248495:[macos] libffiヘッダーの場所のため、zerovmが破損しています

+ JDK-8248851:CMS:空きチャンクチェックとklass読み取りの間にメモリフェンスがありません

+ JDK-8248987:AOTのLinker.javaがWindowsで積極的にフェイルファストを行います

+ JDK-8249159:8224650からのSSLSocketTemplateのテストの修正をダウンポートします

+ JDK-8249215:JFrame: : setVisibleが次によってクラッシュします

-Dfile.encoding=UTF-8(日本語版Windows上)

+ JDK-8249251:[dark_mode ubuntu 20.04]選択したメニューがGTKLookAndFeelでハイライトされません

+ JDK-8249255:ソースコードがcygwinホームディレクトリにある場合、ビルドが失敗します

+ JDK-8249277:TestVerifyIterativeGVN.javaがOpenJDK 11でのタイムアウトにより失敗します

+ JDK-8249278:JListのAccessibleState.SHOWINGの仕様を破損するJDK-8226253を戻します

+ JDK-8249560:Shenandoah:競合するGCリクエスト処理を修正します

+ JDK-8249801:Shenandoah:リクエストされたGCサイクルでソフト参照をクリアします

+ JDK-8249953:Shenandoah:gc/shenandoah/mxbeansテストはコーナーケースを考慮する必要があります

+ JDK-8250582:TGS Kerberosチケットをリクエストする際に、プリンシパル名タイプをNT-UNKNOWNに戻します

+ JDK-8250609:C2が次でクラッシュします:IfNode: : fold_compares

+ JDK-8250627:-XX: +/-UseContainerSupportを、Javaコンテナメトリクスの有効化/無効化のために使用します

+ JDK-8250755:jdk/test/javax/imageio/plugins/shared/CanWriteSequence.j avaのクリーンアップを改善します

+ JDK-8250787:Provider.putがFIPS envでエイリアスを登録しなくなりました

+ JDK-8250826:jhsdbが、Substrate VMからのcoredumpで動作しません

+ JDK-8250827:Shenandoah:パラレルウォークの前/後のStringTableのデッドカウントをリセット/終了する必要があります

+ JDK-8250844:(type,obj)ArrayOopDescアクセサーが必ず境界をチェックするようにします

+ JDK-8251117:P11CipherおよびP11AEADCipherでP11Keyサイズをチェックできません

+ JDK-8251354:Shenandoah:jdk/jfr/tool/TestPrintJSON.javaテストの失敗を修正します

+ JDK-8251451:Shenandoah:I-UでObjectSynchronizerのルートをリマークします

+ JDK-8251469:test/jdk/javax/imageio/SetOutput.javaのクリーンアップを改善します

+ JDK-8251487:Shenandoah:最終マーククリーニングフェーズの詳細タイミング追跡がありません

+ JDK-8252120:compiler/oracle/TestCompileCommand.javaで「occured」のスペルミスがあります

+ JDK-8252157:JDK-8231209 11uバックポートがjmmバイナリ互換性を破損します

+ JDK-8252258:[11u] JDK-8242154がデフォルトのベンダーを変更します

+ JDK-8252804:[テスト] 8234011のダウンポート後の「ReleaseDeflater.java」テストを修正します

+ JDK-8253134:JMM_VERSIONは、JDK 11で0x20020000(JDK 10)のままである必要があります

+ JDK-8253283:[11u] JDK-8252258の後のテストbuild/translations/ /VerifyTranslations.javaが失敗します

+ JDK-8253813:11uからJDK-8244287をバックアウトします:いくつかのクラッシュを引き起こします

+ 次の回帰を修正します:「8250861:次におけるクラッシュ:MinINode: : Ideal(PhaseGVN*, bool)」(jdk 11.0.9で導入)

この更新はSUSEからインポートされました:SLE-15: 更新プロジェクトを更新します。

ソリューション

影響を受けるjava-11-openjdkパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177943

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 143168

ファイル名: openSUSE-2020-1994.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/11/23

更新日: 2022/5/12

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-14792

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.8

Temporal Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.3

Temporal Score: 4.6

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:java-11-openjdk, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-11-openjdk-accessibility, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-11-openjdk-accessibility-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-11-openjdk-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-11-openjdk-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-11-openjdk-demo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-11-openjdk-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-11-openjdk-headless, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-11-openjdk-javadoc, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-11-openjdk-jmods, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-11-openjdk-src, cpe:/o:novell:opensuse:15.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/11/21

脆弱性公開日: 2020/10/21

参照情報

CVE: CVE-2020-14779, CVE-2020-14781, CVE-2020-14782, CVE-2020-14792, CVE-2020-14796, CVE-2020-14797, CVE-2020-14798, CVE-2020-14803