openSUSEセキュリティ更新プログラム:java-1_8_0-openjdk(openSUSE-2020-2083)

high Nessus プラグイン ID 143292

言語:

概要

リモートのopenSUSEホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

java-1_8_0-openjdk用のこの更新プログラムでは、以下の問題が修正されています:

- 回帰「8250861:次におけるクラッシュ:MinINode: : Ideal(PhaseGVN*, bool)」(2020年10月CPUで導入)を修正します

- バージョンjdk8u272に更新します(icedtea 3.17.0)(2020年7月CPU、bsc#1174157、および2020年10月CPU、bsc#1177943)

- 新機能

+ JDK-8245468:11.0.7からTLSv1.3実装クラスを追加します

+ PR3796:サポートされる曲線の数を指定できるようにします

- セキュリティ修正

+ JDK-8028431、CVE-2020-14579:DerValue.equals(DerValue)のNullPointerException

+ JDK-8028591、CVE-2020-14578:sun.security.util.DerInputStream.getUnalignedBitString()のNegativeArraySizeException

+ JDK-8230613:ASCII変換の改善

+ JDK-8231800:配列のリストを改善

+ JDK-8232014:DTDサポートを拡大します

+ JDK-8233255:Swingボタンの改善

+ JDK-8233624:JNI連携を強化

+ JDK-8234032:基本的なカレンダーサービスを改善

+ JDK-8234042:証明書の工場生産を改善

+ JDK-8234418:CertificateFactoryによる解析の改善

+ JDK-8234836:シリアル化の処理を改善します

+ JDK-8236191:OID処理を強化します

+ JDK-8236196:文字列のプーリングを向上します

+ JDK-8236862、CVE-2020-14779:Proxyクラスのサポートを強化します

+ JDK-8237117、CVE-2020-14556:ForkJoinPool動作の改善

+ JDK-8237592、CVE-2020-14577:証明書の検証を強化します

+ JDK-8237990、CVE-2020-14781:LDAPコンテキストを強化します

+ JDK-8237995、CVE-2020-14782:証明書処理の強化

+ JDK-8238002、CVE-2020-14581:マトリックス操作の改善

+ JDK-8238804:キー処理プロセスを強化します

+ JDK-8238842:GIFImageReader.initializeStringTableのAIOOBE

+ JDK-8238843:強化されたフォント処理

+ JDK-8238920、CVE-2020-14583:バッファサポートの改善

+ JDK-8238925:WAVファイルの再生を強化します

+ JDK-8240119、CVE-2020-14593:Affine変換の削減

+ JDK-8240124:VMインターニングの改善

+ JDK-8240482:WAVファイル再生の改善

+ JDK-8241114、CVE-2020-14792:範囲の処理を改善

+ JDK-8241379:JCEKSサポートを更新

+ JDK-8241522:Manifestはjarヘッダーreduxを改善しました

+ JDK-8242136、CVE-2020-14621:XML名前空間処理の改善

+ JDK-8242680、CVE-2020-14796:URIサポートの改善

+ JDK-8242685、CVE-2020-14797:パス検証の改善

+ JDK-8242695、CVE-2020-14798:強化されたバッファサポート

+ JDK-8243302:Advancedクラスのサポート

+ JDK-8244136、CVE-2020-14803:バッファサポートの改善

+ JDK-8244479:証明書をさらに制約します

+ JDK-8244955:JDK-8240124の追加修正

+ JDK-8245407:時間のゾーニングを強化

+ JDK-8245412:クラス定義の改善

+ JDK-8245417:証明書チェーン処理を向上します

+ JDK-8248574:jpeg処理を改善します

+ JDK-8249927:jdk.serialProxyInterfaceLimitの制限を指定します

+ JDK-8253019:JPEGデコードの強化

- OpenJDK 8 u262ビルド01のインポート

+ JDK-4949105:Access Bridgeにhtmlタグ解析機能がありません

+ JDK-8003209:ネットワーク使用のJFRイベント

+ JDK-8030680:デフォルトのメソッドコード評価からの292のクリーンアップ

+ JDK-8035633:TEST_BUG:
Windowsでjava/net/NetworkInterface/Equals.javaおよび一部のテストが断続的に失敗しました

+ JDK-8041626:シャットダウン追跡イベント

+ JDK-8141056:HeapRegionSet.cppでの割り当てが誤っています

+ JDK-8149338:MarlinレンダラーがNaN座標を処理しないために発生するJVMクラッシュ

+ JDK-8151582:(ch)「Connection succeeded」によりテストjava/nio/channels/ /AsyncCloseAndInterrupt.javaが失敗します

+ JDK-8165675:スレッド保留の追跡イベントに、タイムアウトの不適切なユニットがあります

+ JDK-8176182:4つのセキュリティテストが実行されません

+ JDK-8178910:Problemlistサンプルテスト

+ JDK-8183925:ウォッチャースレッドからクラッシュ保護を分離します

+ JDK-8191393:cfree+0x1c中のランダムクラッシュ

+ JDK-8195817:JFR.stopは記録の名前を要求する必要があります

+ JDK-8195818:JFR.startは自動生成された名前を1つ増加させる必要があります

+ JDK-8195819:jcmd JFR.check出力からrecording=xを削除します

+ JDK-8199712:Flight Recorder

+ JDK-8202578:クラスアンロードイベントの場所を再検討します

+ JDK-8202835:jfr/event/os/TestSystemProcess.javaが欠落イベントで失敗します

+ JDK-8203287:ZeroがJDK-8199712の後でビルドに失敗します(Flight Recorder)

+ JDK-8203346:JFR:jfr_add_string_constantの署名に一貫性がありません

+ JDK-8203664:JFR StartFlightRecordingでAppCDSアーカイブを作成した後のJFR起動の失敗

+ JDK-8203921:JFRスレッドサンプリングに、JDK-8194552からの修正がありません

+ JDK-8203929:JFR.dumpのデータ量を制限します

+ JDK-8205516:JFRツール

+ JDK-8207392:[PPC64] JFRプロファイリングを実装します

+ JDK-8207829:FlightRecorderMXBeanImplが、これを呼び出す最初のクラスローダーを漏洩しています

+ JDK-8209960:-Xlog:jfr*はJFRで動作しません

+ JDK-8210024:JFRが~Thread()から仮想のis_Java_threadを呼び出します

+ JDK-8210776:X Window System 6.8.2を最新のXWD 1.0.7にアップグレードします

+ JDK-8211239:JFRなしでビルドが失敗します:空のJFRイベントの署名の不一致

+ JDK-8212232:古いオブジェクトのサンプルイベントのカットオフの構成のメタデータが誤っています

+ JDK-8213015:次の間の設定に一貫性がありません:JFR.configureと

-XX: FlightRecorderOptions

+ JDK-8213421:実行サンプルの行番号情報が常に0です

+ JDK-8213617:JFRは、記録されたプロセスのPIDを記録する必要があります

+ JDK-8213734:SAXParser.parse(File, ..)は、例外が発生したときにリソースを閉じません。

+ JDK-8213914:[TESTBUG]いくつかのJFR VMイベントが、テストの対象ではありません

+ JDK-8213917:[TESTBUG]シャットダウンJFRイベントがテストの対象ではありません

+ JDK-8213966:ZGC JFRイベントは実験的としてマークされる必要があります

+ JDK-8214542:JFR:デバッグビルドのディープヒープで古いオブジェクトのサンプルイベントが遅いです

+ JDK-8214750:jfrクラスの<p>タグは不要です

+ JDK-8214896:JFRツールがファイルを残しています

+ JDK-8214906:[TESTBUG] jfr/event/sampling/TestNative.javaがUnsatisfiedLinkErrorで失敗します

+ JDK-8214925:JFRツールが実行に失敗します

+ JDK-8215175:JFRイベントメタデータに不整合があります

+ JDK-8215237:jdk.jfr.Recording javadocがコンパイルされません

+ JDK-8215284:定期的なタスクgetFileSize()により引き起こされるノイズを低減します

+ JDK-8215355:モニターを保持するスレッドのないオブジェクトモニターのデッドロック(jemalloc 5.1を使用)

+ JDK-8215362:JFR GTest JfrTestNetworkUtilizationが失敗します

+ JDK-8215771:jfrツールは参照チェーンをプリティプリントする必要があります

+ JDK-8216064:-XX: StartFlightRecording: settings=が適切に動作しません

+ JDK-8216486:次における整数オーバーフローの可能性:JfrThreadSampler: : run()

+ JDK-8216528:test/jdk/java/rmi/transport/ /runtimeThreadInheritanceLeak/ /RuntimeThreadInheritanceLeak.javaがXcompで失敗します

+ JDK-8216559:[JFR]ネイティブライブラリが/proc/self/mapsから正しく解析されません

+ JDK-8216578:JFRコードの未使用/廃止メソッドを削除します

+ JDK-8216995:JFRコマンドライン処理をクリーンアップします

+ JDK-8217744:[TESTBUG]プロセスでSIGINTが存続しているため、JFR TestShutdownEventが一部のシステムで失敗します

+ JDK-8217748:[TESTBUG] TestSigテストケースをJFR TestShutdownEventから除外します

+ JDK-8218935:jfr strncpyがGCC 8.xを使いやすくします

+ JDK-8223147:JFRバックポート

+ JDK-8223689:JFRスレッドサンプリングサポートを追加します

+ JDK-8223690:JFR BiasedLockイベントサポートを追加します

+ JDK-8223691:JFR G1領域タイプ変更イベントのサポートを追加します

+ JDK-8223692:JFR G1ヒープサマリーイベントのサポートを追加します

+ JDK-8224172:assert(jfr_is_event_enabled(id))が失敗しました:
invariant

+ JDK-8224475:JTextPaneがHTMLレンダリングで画像を表示しません

+ JDK-8226253:JAWSは、ボタンが非表示になっている場合に間違った数のラジオボタンを報告します。

+ JDK-8226779:[TESTBUG] JavaエージェントからJFR APIをテストします

+ JDK-8226892:矢印キーで選択が変更されたときに、JRadioButtonのActionListenerに通知されません

+ JDK-8227011:JVMTI VMInitやJavaエージェントpremainへの応答でJFR記録を開始するとメモリが破損します

+ JDK-8227605:Kitchensinkが次に失敗します:「assert((((klass)->trace_id() & (JfrTraceIdEpoch: : leakp_in_use_this_epoch_bit())) != 0)) failed: invariant」

+ JDK-8229366:JFRバックポートにより、メモリへ未確認の書き込みが可能になります

+ JDK-8229401:JFRコードキャッシュテストの失敗を修正します

+ JDK-8229708:JFRバックポートコードが初期化されません

+ JDK-8229873:8229401がjdk8u-jfr-incubatorを破損しました

+ JDK-8230448:[テスト] JFRSecurityTestSuite.javaが失敗します(Windows)

+ JDK-8230707:JFR関連のテストが失敗します

+ JDK-8230782:「awt.robot.gtk」がfalseに設定されている場合、Robot.createScreenCapture()が失敗します

+ JDK-8230856:unixのJava_java_net_NetworkInterface_getByName0が早期復帰でReleaseStringUTFCharsを欠落させます

+ JDK-8230947:JDK-8230707の後、TestLookForUntestedEvents.javaが失敗します

+ JDK-8231995:8229366の修正後に2つのjtregテストが失敗しました

+ JDK-8233623:EventHandlerProxyCreator.javaファイルの著作権にクラスパス例外を追加します

+ JDK-8236002:JFRバックポートのCSRが、package-infoを除外しないことを示唆しています

+ JDK-8236008:一部のバックアップファイルがホットスポットツリーに誤って残されました

+ JDK-8236074:package-infoが欠落しました

+ JDK-8236174:javadocのsinceタグを更新する必要があります

+ JDK-8238076:JFRバックポートにより破損したOpenJDK 7ブートストラップを修正します

+ JDK-8238452:有効性が2050/01/01に設定されている場合、Keytoolが誤った有効期限を生成します

+ JDK-8238555:NSSDBに外部FIPSモジュールがある場合に、NSSでSunPKCS11を初期化できるようにします

+ JDK-8238589:JDK8uについて、JFRで必要なコードクリーンアップ

+ JDK-8238590:8uでのコンパイル中に、デフォルトでJFRを有効にします

+ JDK-8239055:VMState.hasListenerの不適切な実装

+ JDK-8239476:JDK-8238589が、OrderedPairを移動して、Windowsビルドを破損しました

+ JDK-8239479:minimal1およびゼロビルドが失敗します

+ JDK-8239867:INCLUDE_JFRマクロの過剰使用を修正します

+ JDK-8240375:2020年7月のリリースでは、デフォルトでJFRを無効にします

+ JDK-8241444:Metaspace: : _class_vsmが初期化されません(圧縮されたクラスポインターが無効になっている場合)

+ JDK-8241902:JDK-8223147の統合後にAIXビルドが破損します(JFRバックポート)

+ JDK-8242788:JDK-8191393の後で非PCHビルドが破損します

- OpenJDK 8 u262ビルド02のインポート

+ JDK-8130737:AffineTransformOpは、ゼロ以外のxオフセットのある子ラスターを処理できません

+ JDK-8172559:[PIT][TEST_BUG] @testを移動し、java/awt/image/Raster/TestChildRasterOp.javaの最初の注釈にします

+ JDK-8230926:[macosx]「U.S. International - PC」レイアウトで1つのアポストロフィの代わりに2つのアポストロフィが入力されます

+ JDK-8240576:次の変換後にJVMがクラッシュします:C2IdealLoopTree: : merge_many_backedges

+ JDK-8242883:JDK-8078268の不完全なバックポート:
バックポートテストの一部

- OpenJDK 8 u262ビルド03のインポート

+ JDK-8037866:テストのFunクラスをラムダで置き換えます

+ JDK-8146612:C2:優先エッジの仕様に違反しています

+ JDK-8150986:serviceability/sa/jmap-hprof/ /JMapHProfLargeHeapTest.javaが、HPROF JAVA PROFILE 1.0.1ファイルフォーマットが想定されているため、失敗します

+ JDK-8229888:(zipfs)既存のzipファイルを更新しても、元の権限が保存されません

+ JDK-8230597:GIFlibライブラリを5.2.1に更新 します

+ JDK-8230769:BufImg_SetupICMが早期復帰でReleasePrimitiveArrayCritical呼び出しを追加します

+ JDK-8233880、PR3798:メジャーバージョン番号が複数桁のコンパイラをサポートします

+ JDK-8239852:java/util/concurrent testsテストが次で失敗します

-XX: +VerifyGraphEdges: assert(!VerifyGraphEdges) faild:
検証は失敗すべきでした

+ JDK-8241638:_JAVA_LAUNCHER_DEBUGが設定されている場合、Linux上のランチャータイムメトリクスが常に1を報告します

+ JDK-8243059:--with-vendor-nameにカンマが含まれていると、ビルドが失敗します

+ JDK-8243474:[TESTBUG] 0バイトの3つのテストを削除しました

+ JDK-8244461:[JDK 8u] glibc 2.32でビルドが失敗します

+ JDK-8244548:JDK 8u:sun.misc.Version.jdkUpdateVersion()が間違った結果を返します

- OpenJDK 8 u262ビルド04のインポート

+ JDK-8067796:(プロセス)unit == nullの場合にタイムアウトがゼロ以下であると、Process.waitFor(timeout, unit)がNPEをスローしません

+ JDK-8148886:sun.java2d.marlin.Renderer._endRenderingのSEGV

+ JDK-8171934:
ObjectSizeCalculator.getEffectiveMemoryLayoutSpecificati on()がOpenJDKのHotSpot VMを認識しません

+ JDK-8196969:JTregの失敗:
serviceability/sa/ClhsdbJstack.javaによりNPEが引き起こされます

+ JDK-8243539:8241638の修正のために、著作権情報(年)を更新する必要があります

+ JDK-8244777:ClassLoaderStats VM Opが定数ハッシュ値を使用します

- OpenJDK 8 u262ビルド05のインポート

+ JDK-7147060:com/sun/org/apache/xml/internal/security/ /transforms/ClassLoaderTest.javaがagentvmモードで実行されません

+ JDK-8178374:CipherSpi.bufferCryptメソッドにおける問題のあるByteBuffer処理

+ JDK-8181841:TSAサーバーは、ミリ秒より高い精度のタイムスタンプを返します

+ JDK-8227269:JDWPで実行する際にクラスのロードに時間がかかります

+ JDK-8229899:java.io.File.isInvalid()の競合状態を緩和します

+ JDK-8236996:Windowsでのサブピクセルアンチエイリアスによる不適切なRobertoフォントのレンダリング

+ JDK-8241750:JDK-8227269の後のx86_32ビルドが失敗します

+ JDK-8244407:次の変換後にJVMがクラッシュします:C2IdealLoopTree: : split_fall_in

+ JDK-8244843:JapanEraNameCompatTestが失敗します

- OpenJDK 8 u262ビルド06のインポート

+ JDK-8246223:JDK-8227269の後にWindowsビルドが失敗します

- OpenJDK 8 u262ビルド07のインポート

+ JDK-8233197:JvmtiExport: : post_vm_initialized()とJfr: on_vm_start()の起動順序を適切なオプション解析のために反転します

+ JDK-8243541:(tz)タイムゾーンデータをtzdata2020aにアップグレードします

+ JDK-8245167:JMCでメソッドプロファイリングのトップパッケージにnullが表示されます

+ JDK-8246703:[TESTBUG] JDK-8233197のテストを追加します

- OpenJDK 8 u262ビルド08のインポート

+ JDK-8220293:JFR文字列プールのデッドロック

+ JDK-8225068:2020年5月に期限が切れるDocuSignルート証明書を削除します

+ JDK-8225069:2020年5月に期限が切れるComodoルート証明書を削除します

- OpenJDK 8 u262ビルド09のインポート

+ JDK-8248399:JFRが無効な場合、ビルドではjfrバイナリがインストールされます

- OpenJDK 8 u262ビルド10のインポート

+ JDK-8248715:「in」用の新しいJavaTimeSupplementaryローカライズが誤ったパッケージにインストールされました

- OpenJDK 8 u265ビルド01のインポート

+ JDK-8249677:JDK-8237117の後の8uでの回帰:ForkJoinPool動作の改善

+ JDK-8250546:JDK-8249846で報告された動作の変更が想定されます

- OpenJDK 8 u272ビルド01のインポート

+ JDK-8006205:[TESTBUG] NEED_TEST:JTREGIFY test/compiler/7177917/Test7177917.java

+ JDK-8035493:JVMTI PopFrame機能は、コンパイラにローカルを削除しないよう指示する必要があります

+ JDK-8036088:DefaultProxySelector.cのstrtok()を安全な同等のstrtok_s()で置き換えます

+ JDK-8039082:[TEST_BUG]テストjava/awt/dnd/ /BadSerializationTest/BadSerializationTest.javaが失敗します

+ JDK-8075774:zipfsの読みやすさおよびパフォーマンスがわずかに改善されました

+ JDK-8132206:ScanTest.javaをOpenJDKに移動します

+ JDK-8132376:内部OS固有のAPIへのアクセス権があるクライアントテストに@requires os.familyを追加します

+ JDK-8132745:java/util/Scanner/ScanTest.javaの軽微なクリーンアップ

+ JDK-8137087:[TEST_BUG] java/awt/ /appletviewer/IOExceptionIfEncodedURLTest/ /IOExceptionIfEncodedURLTest.shのCygwinの失敗

+ JDK-8145808:java/awt/Graphics2D/MTGraphicsAccessTest/ /MTGraphicsAccessTest.javaがWin. 8でハングします

+ JDK-8151788:ntlm.Client.type3からのNullPointerException

+ JDK-8151834:SmallPrimeExponentP.javaのテストが断続的にタイムアウトします

+ JDK-8153430:jdk回帰テストMletParserLocaleTest、ParserInfiniteLoopTestにより、デフォルトのタイムアウトが短縮されます

+ JDK-8153583:OutputAnalyzer.reportDiagnosticSummaryを公開します

+ JDK-8156169:一部のサウンドテストは、不適切な同期が原因でハングアップすることはほとんどありません

+ JDK-8165936:タイムゾーン情報ファイルを検索中のヒープバッファオーバーフローの可能性があります

+ JDK-8166148:JDK-8165936の修正により、solarisビルドが破損しました

+ JDK-8167300:gcm中のスケジューリング失敗は致命的です

+ JDK-8167615:JavaSound用のオープンソースのユニット/回帰テスト

+ JDK-8172012:[TEST_BUG] javax/swing/JTree/4633594/bug4633594.javaで必要な遅延

+ JDK-8177628:ImageIO用のオープンソースのユニット/回帰テスト

+ JDK-8183341:javax/imageio/AllowSearch.javaのクリーンアップを改善します

+ JDK-8183351:jdk/test/javax/imageio/spi/ /AppletContextTest/BadPluginConfigurationTest.shのクリーンアップを改善します

+ JDK-8193137:空のスクリプトファイルが与えられると、Nashornがクラッシュします

+ JDK-8194298:TCPキープアライブのソケットごとの構成のサポートを追加します

+ JDK-8198004:
javax/swing/JFileChooser/6868611/bug6868611.javaがエラーをスローします

+ JDK-8200313:
java/awt/Gtk/GtkVersionTest/GtkVersionTest.javaが失敗します

+ JDK-8210147:Windowsネットワークコーディングにおける一部のWSAGetLastError使用を調整します

+ JDK-8211714:VS2017マイナーバージョンを認識するためにvm_version.cppを更新する必要があります

+ JDK-8214862:compile.cppでのassert(proj != __null): 3251

+ JDK-8217606:LdapContext#reconnectは常に新しい接続を開きます

+ JDK-8217647:JFR:32ビットシステムでの記録を読み取ることができません

+ JDK-8226697:@key headfulキーワードが必要ないくつかのテストが欠落しています。

+ JDK-8229378:linker_md.cのjdwpライブラリローダーがバッファオーバーフローで静かに切り捨てます

+ JDK-8230303:モニターコマンドの実行時にJDBがハングアップします

+ JDK-8230711:ConnectionGraph: : unique_java_object(Node* N)は、nがCGにない場合にNULLを返します

+ JDK-8234617:C1:縮小変換の欠落によるフィールドロードの不適切な結果

+ JDK-8235243:abstract_vm_versionのVS2017 15.9およびVS2019を処理します

+ JDK-8235325:8235243の後のLinuxでのビルドエラー

+ JDK-8235687:Contents/MacOS/libjli.dylibをシンボリックリンクにできません

+ JDK-8237951:CTW:C2コンパイルが「無効な形式の制御フロー」で失敗します

+ JDK-8238225:Contents/MacOS/libjli.dylibのシンボリックリンクをバイナリで置換した後に報告された問題

+ JDK-8239385:KerberosTicketクライアント名がADのsAMAccountNameを誤って参照します

+ JDK-8239819:XToolkit:画面情報メモリの読み取りミス

+ JDK-8240295:hs_errの経過時間(秒)の正確さが十分ではありません

+ JDK-8241888:jdk.security.allowNonCaAnchorシステムプロパティをセキュリティプロパティとミラーリングします

+ JDK-8242498:無効な「sun.awt.TimedWindowEvent」オブジェクトにより、JVMクラッシュが発生します

+ JDK-8243489:スレッドCPUロードイベントに、特定の条件下でのCPU時間に関する誤ったデータが含まれている可能性があります

+ JDK-8244818:アプリケーションウィンドウを外部モニターに移動している間にJava2D Queue Flusherがクラッシュします

+ JDK-8246310:JFRのModuleEntryおよびPackageEntryに関するコメントアウトされたコードを消去します

+ JDK-8246384:2020年10月のリリースでサポートされているアーキテクチャでは、デフォルトでJFRを有効にします

+ JDK-8248643:JDK-8240295 8uバックポートの余分な先行する空白を削除します

+ JDK-8249610:sun.security.krb5.Config.getBooleanObject(String...
keys)メソッドを公開します

- OpenJDK 8 u272ビルド02のインポート

+ JDK-8023697:クラス解決に失敗すると、詳細メッセージで異なるクラス名が最初とその後に報告されます

+ JDK-8025886:回帰テストの[[および== bash拡張を置換します

+ JDK-8046274:jakarta-regexpの依存関係を削除します

+ JDK-8048933:-XX: +TraceExceptions出力にはメッセージが含まれる必要があります

+ JDK-8076151:[TESTBUG]テストjava/awt/FontClass/CreateFont/ /fileaccess/FontFile.javaが失敗します

+ JDK-8148854:クラス名「SomeClass」および「LSomeClass;」がJVMにより同等のものとして扱われます

+ JDK-8154313:生成されたjavadocがいたるところに散在しています

+ JDK-8163251:ハードコードされたループ制限により、8kを超えるスマートカードデータが読み取られません

+ JDK-8173300:
[TESTBUG] compiler.whitebox.SimpleTestCaseHelper(int)をコンパイルする必要があるため、compiler/tiered/NonTieredLevelsTest.javaが失敗します

+ JDK-8183349:jdk/test/javax/imageio/ /plugins/shared/CanWriteSequence.javaとWriteAfterAbort.javaのクリーンアップを改善します

+ JDK-8191678:[TESTBUG] java/awt FocusTransitionTestテストでheadfulというキーワードを追加します。

+ JDK-8201633:AES-GCMネイティブアクセラレーションの問題

+ JDK-8211049:「initialize」メソッドの2番目のパラメーターが使用されていません

+ JDK-8219566:MaxJavaStackTraceDepthがゼロに設定されている場合、JFRが呼び出しスタックを収集しませんでした

+ JDK-8220165:GCMを使用する暗号化によりRuntimeException(入力長が境界外)が発生します

+ JDK-8220555:JFRツールがファイルにアクセスできないときに、誤解を招く可能性があるメッセージが表示されます

+ JDK-8224217:RecordingInfoはパスのテキスト表現を使用する必要があります

+ JDK-8231779:次がクラッシュします:HeapWord*ParallelScavengeHeap: : failed_mem_allocate

+ JDK-8238380、PR3798:
GCC10でのjava.base/unix/native/libjava/childproc.c「複数の定義の」リンクエラー

+ JDK-8238386、PR3798:(sctp)GCC10によるjdk.sctp/unix/native/libsctp/ /SctpNet.c「複数の定義」リンクエラー

+ JDK-8238388、PR3798:GCC10によるlibj2gss/NativeFunc.o「複数の定義の」リンクエラー

+ JDK-8242556:バイト配列から非nullパラメーターを持つRSASSA-PSS公開鍵をロードできません

+ JDK-8250755:jdk/test/javax/imageio/ /plugins/shared/CanWriteSequence.javaのクリーンアップを改善します

- OpenJDK 8 u272ビルド03のインポート

+ JDK-6574989:TEST_BUG:
javax/sound/sampled/Clip/bug5070081.javaが時々失敗します

+ JDK-8148754:予期しないグラフ形状により、C2ループの展開が失敗します

+ JDK-8192953:sun/management/jmxremote/bootstrap/*.shテストがエラーにより失敗します:revokeall.exe:権限が拒否されました

+ JDK-8203357:コンテナメトリクス

+ JDK-8209113:作成したフォントのlastFontStrikeにWeakReferenceを使用します

+ JDK-8216283:10 msより短いメソッドサンプリング間隔を許可します

+ JDK-8221569:JFRツールでは、

--categoriesおよび--eventsの両方が指定されている場合に、不正な出力が生成されます

+ JDK-8233097:大きなフォントのFontmetricsにゼロ幅があります

+ JDK-8248851:CMS:空きチャンクチェックとklass読み取りの間にメモリフェンスがありません

+ JDK-8250875:次のupdate_numberのパラメータータイプが間違っています:JDK_Version: : jdk_update

- OpenJDK 8 u272ビルド04のインポート

+ JDK-8061616:HotspotDiagnosticMXBean.getVMOption()が、double型のフラグに対してIllegalArgumentExceptionをスローします

+ JDK-8177334:xmldsig実装をApache Santuario 2.1.1に更新します

+ JDK-8217878:ENVELOPING XML署名がJDK 11で機能しなくなりました

+ JDK-8218629:XMLデジタル署名が、OpenJDK 11でNAMESPACE_ERRをスローします(8/9/10で機能)

+ JDK-8243138:starttls拡張リクエストをサポートするためにBaseLdapServerを強化します

- OpenJDK 8 u272ビルド05のインポート

+ JDK-8026236:BigIntegerのPrimeTestを追加します

+ JDK-8057003:参照配列が大きいと、同期時間が極端に長くなります

+ JDK-8060721:テストruntime/SharedArchiveFile/ /LimitSharedSizes.javaがjdk 9 fcsの新しいプラットフォーム/コンパイラで失敗します

+ JDK-8152077:(cal)Calendar.rollが夏時間の期間中に必ずしも展開されません

+ JDK-8168517:java/lang/ProcessBuilder/Basic.javaが失敗しました

+ JDK-8211163:Java_java_io_Console_echoのUNIXバージョンがクリーンなブール値を返しません

+ JDK-8220674:[TESTBUG] dockerコンテナでのMetricsMemoryTester failcountテストは、デバッグJVMでのみ機能します

+ JDK-8231213:SimpleDateFormatConstTestをJDK Repoに移行します

+ JDK-8236645:JDK 8u231により、XMLメッセージの処理に互換性がない回帰が導入されます

+ JDK-8240676:jdk8でluceneを実行する際に非対称な障害が発生します

+ JDK-8243321:Entrust root CA-G4をOracle Root CAプログラムに追加します

+ JDK-8249158:THREAD_STARTおよびTHREAD_ENDイベントが基本フェーズでポストされました

+ JDK-8250627:-XX: +/-UseContainerSupportを、Javaコンテナメトリクスの有効化/無効化のために使用します

+ JDK-8251546:JDK-8194298の8uバックポートにより、AIXおよびSolarisビルドが破損します

+ JDK-8252084:最小限のVMが起動サイクルに失敗します:undefined symbol( ./././/nss_ldap.so:
AgeTableTracer: : is_tenuring_distribution_event_enabled

- OpenJDK 8 u272ビルド06のインポート

+ JDK-8064319:リリースビルドで-XX: +TraceExceptionsを有効化する必要があります

+ JDK-8080462、PR3801:SunPKCS11プロバイダーをPKCS11 v2.40サポートで更新します

+ JDK-8160768:デフォルトのJNDI LDAPプロバイダー内でホスト/ドメイン名を解決するカスタム機能を追加します

+ JDK-8161973:
PKIXRevocationChecker.getSoftFailExceptions()が機能しません

+ JDK-8169925、PR3801:PKCS #11 Cryptographic Token Interfaceライセンス

+ JDK-8184762:ZapStackSegmentsは最適化されたmemsetを使用する必要があります

+ JDK-8193234:-Xcheck: jniを使用する場合、内部的に割り当てられたバッファが漏洩する可能性があります

+ JDK-8219919:PrintFrameConverterAssemblyでRuntimeStub名が失われます

+ JDK-8220313:[TESTBUG] DockerテストのベースイメージをOL 7.6に更新します

+ JDK-8222079:disassembler.cppのdecode_envコンストラクターフィールドの初期化にmemsetを使用しません

+ JDK-8225695:JDK-8080462の後の32ビットビルドの失敗(SunPKCS11プロバイダーをPKCS11 v2.40サポートで更新します)

+ JDK-8226575:OperatingSystemMXBeanをコンテナ対応にする必要があります

+ JDK-8226809:印刷されたスタックトレースの循環参照が正しくインデントされておらず、不明瞭です

+ JDK-8228835:AES GCM使用時のPKCS11プロバイダーのメモリリーク

+ JDK-8233621:jsse.enableMFLNExtensionプロパティ名の不一致

+ JDK-8238898、PR3801:ライセンスファイルのヘッダーにハッシュ文字がありません

+ JDK-8243320:SSLルート証明書をOracle Root CAプログラムに追加します

+ JDK-8244151:MUSCLE PC/SC-Liteヘッダーを最新リリース 1.8.26に更新します

+ JDK-8245467:8u TLSv1.2実装ファイルを削除します

+ JDK-8245469:DTLSプロトコルの実装を削除します

+ JDK-8245470:JDK8の互換性の問題を修正します

+ JDK-8245471:JDK-8148188を戻します

+ JDK-8245472:JDK-8038893をJDK8にバックポートします

+ JDK-8245473:OCSP staplingのサポート

+ JDK-8245474:RFC-2712に従ってTLS_KRB5暗号パッケージのサポートを追加します

+ JDK-8245476:ClientHelloメッセージのTLSv1.3プロトコルをデフォルトで無効にします

+ JDK-8245477:TLSテストの場所を調整します

+ JDK-8245653:8u TLSテストを削除します

+ JDK-8245681:11.0.7からのTLSv1.3回帰テストを追加します

+ JDK-8251117:P11CipherおよびP11AEADCipherでP11Keyサイズをチェックできません

+ JDK-8251120、PR3793:[8u] HotSpotビルドは、ENABLE_JFRがtrueまたはfalseに設定されていることを想定しています

+ JDK-8251341:Java仕様の最小限の変更

+ JDK-8251478:TLSv1.3回帰テストをJDK8uにバックポートします

- OpenJDK 8 u272ビルド07のインポート

+ JDK-8246193:AS-REQのENC-PA-REP検索における潜在的なNPE

- OpenJDK 8 u272ビルド08のインポート

+ JDK-8062947:LDAP接続の失敗を正しく表すために例外メッセージを修正します

+ JDK-8151678:DeadServerNoTimeoutTestのタイムアウトが正しくないため、com/sun/jndi/ldap/LdapTimeoutTest.javaが失敗します

+ JDK-8252573:8u:Windowsのビルドが8222079バックポートの後に失敗しました

- OpenJDK 8 u272ビルド09のインポート

+ JDK-8252886:[TESTBUG] sun/security/ec/TestEC.java:
コンパイルに失敗しました

- OpenJDK 8 u272ビルド10のインポート

+ JDK-8254673:JvmtiExport: : post_vm_start()の呼び出しはJDK-8249158の修正により削除されました

+ JDK-8254937:8u272のJDK-8148854を戻します

- バックポート

+ JDK-8038723、PR3806:一部のPrinterJobテストを開きます

+ JDK-8041480、PR3806:JTableに特定の文字列が含まれている場合のArrayIndexOutOfBoundsException

+ JDK-8058779、PR3805:String.replace(CharSequence, CharSequence)の実装を高速化します

+ JDK-8130125、PR3806:[TEST_BUG]自動バルク更新の影響を受けないクライアントテストに@modulesを追加します

+ JDK-8144015、PR3806:[PIT]テキストレイアウトのフォントテストの失敗

+ JDK-8144023、PR3806:[PIT] javax/swing/text/html/parser/Parser/6836089/bug6836089.j avaにおけるテキスト測定の失敗

+ JDK-8144240、PR3806:[macosx][PIT] closed/javax/swing/text/GlyphPainter2/6427244/bug6427244 .javaのAIOOB

+ JDK-8145542、PR3806:ケースは自動的に失敗し、java.lang.ArrayIndexOutOfBoundsException例外がスローされました

+ JDK-8151725、PR3806:[macosx] DevanagariテキストをJEditorPaneで表示するときのArrayIndexOOB例外

+ JDK-8152358、PR3800:8077392のハント中に見つかったコードおよびコメントのクリーンアップ

+ JDK-8152545、PR3804:プログラムをコンパイルする代わりに、プリプロセッサを使用してネイティブのnio定数を生成します

+ JDK-8152680、PR3806:Glyphvector.getGlyphCharIndex動作の回帰

+ JDK-8158924、PR3806:不適切なi18nテキストドキュメントのレイアウト

+ JDK-8166003、PR3806:[PIT][TEST_BUG] javax/swing/text/GlyphPainter2/6427244/bug6427244.javaのヘルパーがありません

+ JDK-8166068、PR3806:test/java/awt/font/GlyphVector/ /GetGlyphCharIndexTest.javaがコンパイルされません

+ JDK-8169879、PR3806:[TEST_BUG] javax/swing/text/ /GlyphPainter2/6427244/bug6427244.java - コンパイルに失敗しました

+ JDK-8191512、PR3806:T2Kフォントラスタライザーコードの削除

+ JDK-8191522、PR3806:JDKソースからBigelow&Holmes Lucidaフォントを削除します

+ JDK-8236512、PR3801:PKCS11 Cipher.doFinalおよびNoPaddingの後に接続が閉じられました

+ JDK-8254177、PR3809:(tz)タイムゾーンデータをtzdata2020bにアップグレードします

- バグ修正

+ PR3798:NULLを「%s」ディレクティブに渡すことで発生する、GCC 10でのフォーマットオーバーフローのエラーを修正します

+ PR3795:XMLデジタル署名のECDSAUtilsは、残りのJDKと同じ曲線セットをサポートする必要があります

+ PR3799:楕円曲線パッチをJDK-8245468に適合させます:11.0.7からTLSv1.3実装クラスを追加します

+ PR3808:IcedTeaはJFR *.jfcファイルをインストールしません

+ PR3810:JDK-8252096がShenandoahでのその使用を修正したため、x86(32ビット)でJFRを有効にします

+ PR3811:JFRが無効な場合、JFRファイルのインストールを試行しません

- Shenandoah

+ [バックポート] 8221435:Shenandoahは、弱いルートを介してマークすることはできません

+ [バックポート] 8221629:Shenandoah:クラスアンロードロジックをクリーンアップします

+ [バックポート] 8222992:Shenandoah:すべてのルートを事前に回避します

+ [バックポート] 8223215:Shenandoah:ルートのサブセットの検証をサポートします

+ [バックポート] 8223774:Shenandoah:ShenandoahRootProcessorおよびファミリーのリファクタリングを行います

+ [バックポート] 8224210:Shenandoah:ShenandoahRootScannerをリファクタリングして、CSet codecacheルートのスキャンをサポートします

+ [バックポート] 8224508:Shenandoah:ピギーバック参照の更新サイクルの最終マークでスレッドルートを更新する必要があります

+ [バックポート] 8224579:ResourceMarkが、shenandoahRootProcessor.inline.hppで宣言されていません

--disable-precompiled-headers

+ [バックポート] 8224679:Shenandoah:ShenandoahParallelCodeCacheIteratorをコピー不可にします

+ [バックポート] 8224751:Shenandoah:Shenandoah Verifierは、現在のGCサイクルに応じて適切なルートを選択する必要があります

+ [バックポート] 8225014:object_iterate用の別のShenandoahRootScannerメソッド

+ [バックポート] 8225216:gc/logging/TestMetaSpaceLog.javaがShenandoahで機能しません

+ [バックポート] 8225573:Shenandoah:ShenandoahVerifierを強化して、ルートto-spaceの不変を保証します

+ [バックポート] 8225590:Shenandoah:ShenandoahClassLoaderDataRoots APIのリファクタリングを行います

+ [バックポート] 8226413:Shenandoah:SH: : object_iterate()のための別のルートスキャナー

+ [バックポート] 8230853:Shenandoah:残りのassert(is_in(...))をリッチアサーションで置き換えます

+ [バックポート] 8231198:Shenandoah:ヒープウォーキングはほとんどの場合、すべてのルートを訪問する必要があります

+ [バックポート] 8231244:Shenandoah:all-rootsヒープウォーキングが一部の弱いルートを見落とします

+ [バックポート] 8237632:Shenandoah:NULL fwdptrを受け入れて、JVMTIおよびJFRと連携します

+ [バックポート] 8239786:Shenandoah:サイクルごとの統計を出力します

+ [バックポート] 8239926:Shenandoah:Shenandoahは、nmethodのメタデータをマークする必要があります

+ [バックポート] 8240671:Shenandoah:ShenandoahPhaseTimingsをリファクタリングします

+ [バックポート] 8240749:Shenandoah:ShenandoahUtilsをリファクタリングします

+ [バックポート] 8240750:Shenandoah:ShenandoahAllocTrackerの残りのファイルおよび言及を削除します

+ [バックポート] 8240868:Shenandoah:CM-with-URのピギーバックサイクルを削除します

+ [バックポート] 8240872:Shenandoah:撤退の開始から新しい領域を更新しないようにします

+ [バックポート] 8240873:Shenandoah:ショートカットarraycopyバリア

+ [バックポート] 8240915:Shenandoah:init markタスクで未使用のフィールドを削除します

+ [バックポート] 8240948:Shenandoah:JDK-8240868の後にnot-forwarded-objectsパスをクリーンアップします

+ [バックポート] 8241007:Shenandoah:ShenandoahCriticalControlThreadPriorityサポートを削除します

+ [バックポート] 8241062:Shenandoah:リッチアサーションが「空のステートメント」検査をトリガーします

+ [バックポート] 8241081:Shenandoah:update-watermarkを同時に変更しません

+ [バックポート] 8241093:Shenandoah:フラグ説明の編集上の変更

+ [バックポート] 8241139:Shenandoah:mark-compactの作業を正確に分散させ、フラグメンテーションを最小限に抑えます

+ [バックポート] 8241142:Shenandoah:単一のGCスレッドによる並列参照処理を使用すべきではありません

+ [バックポート] 8241351:Shenandoah:フラグメンテーションメトリクスのオーバーホール

+ [バックポート] 8241435:Shenandoah:「aggressive」によるぺーシングの無効化を回避します

+ [バックポート] 8241520:Shenandoah:領域シーケンス番号の処理を簡素化します

+ [バックポート] 8241534:Shenandoah:領域のステータスには、更新のウォーターマークが含まれている必要があります

+ [バックポート] 8241574:Shenandoah:ShenandoahAssertToSpaceClosureを削除します

+ [バックポート] 8241583:Shenandoah:ヒープロックアサーションをマクロに変換します

+ [バックポート] 8241668:Shenandoah:ShenandoahHeapRegionがContigmousSpaceから派生しないようにします

+ [バックポート] 8241673:Shenandoah:anti-false-sharingパディングをリファクタリングします

+ [バックポート] 8241675:Shenandoah:shenandoahSupport.cppでのassert(n->outcnt() > 0):java/util/Collections/FindSubList.javaの2858

+ [バックポート] 8241692:Shenandoah:次の削除:ShenandoahHeapRegion: : _reserved

+ [バックポート] 8241700:Shenandoah:ShenandoahKeepAliveBarrierのフラグをShenandoahSATBBarrierに組み込みます

+ [バックポート] 8241740:Shenandoah:次の削除:ShenandoahHeapRegion: : _heap

+ [バックポート] 8241743:Shenandoah:次のリファクタリングとインライン:ShenandoahHeap: : heap()

+ [バックポート] 8241748:Shenandoah:インラインMarkingContext TAMSメソッド

+ [バックポート] 8241838:Shenandoah:最終マークの際にcsetをゴミ箱に入れる必要はありません

+ [バックポート] 8241841:Shenandoah:ShenandoahHeapRegionの割り当てタイプカウンターの1つを削除します

+ [バックポート] 8241842:Shenandoah:インライン:ShenandoahHeapRegion: : region_number

+ [バックポート] 8241844:Shenandoah:次の名前変更:ShenandoahHeapRegion: : region_number

+ [バックポート] 8241845:Shenandoah:ShenandoahHeapRegionsをキャッシュ行に調整します

+ [バックポート] 8241926:Shenandoah:直接影響を与える操作のヒープ変更のみを出力します

+ [バックポート] 8241983:Shenandoah:FreeSetのロギングを単純化します

+ [バックポート] 8241985:Shenandoah:収集可能なガベージロギングを単純化します

+ [バックポート] 8242040:Shenandoah:割り当てエラータイプを出力します

+ [バックポート] 8242041:Shenandoah:適応ヒューリスティックは、ターゲットの解放で退避予約を考慮する必要があります

+ [バックポート] 8242042:Shenandoah:ShenandoahGarbageしきい値を削減して調整します

+ [バックポート] 8242054:Shenandoah:新しいincremental-updateモード

+ [バックポート] 8242075:Shenandoah:ShenandoahHeapRegionSizeフラグの名前を変更します

+ [バックポート] 8242082:Shenandoah:トラバーサルモードのパージ

+ [バックポート] 8242083:Shenandoah:「撤退の準備」の追跡をcset/freesetカウンターに分割します

+ [バックポート] 8242089:Shenandoah:ワーカーごとの統計は平均化するのではなく、合計する必要があります

+ [バックポート] 8242101:Shenandoah:一時停止中にヒープ領域のウォークを合体および並列化します

+ [バックポート] 8242114:Shenandoah:次の削除:ShenandoahHeapRegion: : reset_alloc_metadata_to_shared

+ [バックポート] 8242130:Shenandoah:arraycopy-barrierのディスパッチを簡素化します

+ [バックポート] 8242211:Shenandoah:次の削除:ShenandoahHouristics: : RegionData: : _seqnum_last_alloc

+ [バックポート] 8242212:Shenandoah:次の初期化:ShenandoahHouristics: : _region_data(積極的に)

+ [バックポート] 8242213:Shenandoah:次の削除:ShenandoahHouristics: : _bytes_in_cset

+ [バックポート] 8242217:Shenandoah:診断/実験用でGCモードを有効にし、名前を付けます

+ [バックポート] 8242227:Shenandoah:コレクションセットに追加する際に領域をcset状態に移行します

+ [バックポート] 8242228:Shenandoah:未使用のShenandoahCollectionSetメソッドを削除します

+ [バックポート] 8242229:Shenandoah:インラインShenandoahHeapRegionライブ関連メソッド

+ [バックポート] 8242267:Shenandoah:領域空間は次によって調整する必要があります:os: : vm_allocation_granularity()

+ [バックポート] 8242271:Shenandoah:テストを追加してGCモードのロック解除を検証します

+ [バックポート] 8242273:Shenandoah:SATBまたはIUのいずれかのバリアを受け入れますが、両方は受け入れません

+ [バックポート] 8242301:Shenandoah:インラインLRBランタイム呼び出し

+ [バックポート] 8242316:Shenandoah:SATB slow-pathエントリで、NULLチェックをアサートに変更します

+ [バックポート] 8242353:Shenandoah:領域の活性処理をマイクロ最適化します

+ [バックポート] 8242365:Shenandoah:活性キャッシュにjushortではなくuint16_tを使用します

+ [バックポート] 8242375:Shenandoah:次の削除:ShenandoahHeuristic: : record_gc_start/endメソッド

+ [バックポート] 8242641:Shenandoah:ライブデータを消去し、TAMSを楽観的に更新します

+ [バックポート] 8243238:Shenandoah:明示的なGCリクエストは、完全なGCサイクルを待機する必要があります

+ [バックポート] 8243301:Shenandoah:ShenandoahAllowMixedAllocsを削除します

+ [バックポート] 8243307:Shenandoah:次の削除:ShCollectionSet: : live_data

+ [バックポート] 8243395:Shenandoah:次で保証を降格します:ShenandoahPhaseTimings: : record_workers_end

+ [バックポート] 8243463:Shenandoah:total_pauseカウンターを削除します

+ [バックポート] 8243464:Shenandoah:時間順に統計カウンターを出力します

+ [バックポート] 8243465:Shenandoah:未使用のpause_other、conc_otherカウンターを削除します

+ [バックポート] 8243487:Shenandoah:_num_phasesを不正なフェーズタイプにします

+ [バックポート] 8243494:Shenandoah:サイクルごとに1回カウンターを設定します

+ [バックポート] 8243573:Shenandoah:GCParPhasesおよび関連するコードの名前を変更します

+ [バックポート] 8243848:Shenandoah:JDK-8239786の後にWindowsビルドが失敗します

+ [バックポート] 8244180:Shenandoah:フェーズを明示的にShWorkerTimingsTrackerに伝送します

+ [バックポート] 8244200:Shenandoah:JDK-8241743の後のビルドの破損

+ [バックポート] 8244226:Shenandoah:サイクルごとの統計に、以前のサイクルからのワーカーデータが含まれます

+ [バックポート] 8244326:Shenandoah:グローバル統計は偽造サンプルを受け入れません

+ [バックポート] 8244509:Shenandoah:次のリファクタリング:ShenandoahBarrierC2Support: : test_*メソッド

+ [バックポート] 8244551:Shenandoah:update_watermarkの競合の更新を修正します

+ [バックポート] 8244667:Shenandoah:
SBC2Support: : test_gc_stateが誤ったコントロールに対してループを起こします

+ [バックポート] 8244730:Shenandoah:gc/shenandoah/options/ /TestHeuristicsUnlock.javaは、ヒューリスティックを検証するだけです

+ [バックポート] 8244732:Shenandoah:ヒューリスティックコードを gc/shenandoah/heuristicsに移動します

+ [バックポート] 8244737:Shenandoah:モードコードをgc/shenandoah/modeに移動します

+ [バックポート] 8244739:Shenandoah:ShenandoahNormalModeでスーパークラスの依存関係を破損します

+ [バックポート] 8244740:Shenandoah:ShenandoahNormalModeの名前をShenandoahSATBModeに変更します

+ [バックポート] 8245461:Shenandoah:モードname()-sを改良します

+ [バックポート] 8245463:Shenandoah:ShenandoahPhaseTimingsコンストラクター引数を改良します

+ [バックポート] 8245464:Shenandoah:下位アドレスにコレクションセットビットマップを割り当てます

+ [バックポート] 8245465:Shenandoah:test_in_csetは、より効率的なエンコーディングを使用できます

+ [バックポート] 8245726:Shenandoah:ShenandoahHouristicsの名前およびプロパティを解除/クリーンアップします

+ [バックポート] 8245754:Shenandoah:ShenandoahAlwaysPreTouchを削除します

+ [バックポート] 8245757:Shenandoah:AlwaysPreTouchはヒープのサイズ変更を無効にしたり、コミットを解除したりするべきではありません

+ [バックポート] 8245773:Shenandoah:JDK-8245464の後のWindowsアサーションの失敗

+ [バックポート] 8245812:Shenandoah:ルートフェーズの並列化を計算します

+ [バックポート] 8245814:Shenandoah:統計の書式指定子を再検討します

+ [バックポート] 8245825:Shenandoah:診断フラグShenandoahConcurrentScanCodeRootsを削除します

+ [バックポート] 8246162:Shenandoah:Full GCは、クラスアンロードがオフの場合はコードルートをマークしません

+ [バックポート] 8247310:Shenandoah:ぺーサーは割り込みステータスに影響を与えません

+ [バックポート] 8247358:Shenandoah:マーキングのバジェットスライスの解放を再検討します

+ [バックポート] 8247367:Shenandoah:ぺーサーは、指数のバックオフではなくロックで待機する必要があります

+ [バックポート] 8247474:Shenandoah:JDK-8247310の後のWindowsビルドの警告

+ [バックポート] 8247560:Shenandoah:ヒープ反復が常にrootロックを保持します

+ [バックポート] 8247593:Shenandoah:ページングレポーターをブロックすべきではありません

+ [バックポート] 8247751:Shenandoah:オプションテストは、より小さいヒープで実行する必要があります

+ [バックポート] 8247754:Shenandoah:mxbeansテストはより短い可能性があります

+ [バックポート] 8247757:Shenandoah:高負荷のテストをヒューリスティックで分割して、並列化を改善します

+ [バックポート] 8247860:Shenandoah:リッチアサーション失敗メッセージに更新ウォーターマークの行を追加します

+ [バックポート] 8248041:Shenandoah:Full GC前のルート更新では、一部のルートが欠落する可能性があります

+ [バックポート] 8248652:Shenandoah:SATBバッファ処理では、転送されたオブジェクトがないと想定される可能性があります

+ [バックポート] 8249560:Shenandoah:競合するGCリクエスト処理を修正します

+ [バックポート] 8249649:Shenandoah:サイクルごとのぺーシング統計を提供します

+ [バックポート] 8249801:Shenandoah:リクエストされたGCサイクルでソフト参照をクリアします

+ [バックポート] 8249953:Shenandoah:gc/shenandoah/mxbeansテストはコーナーケースを考慮する必要があります

+ JDK-8230853バックポート後のslowdebugビルドを修正します

+ JDK-8252096:Shenandoah:x86_32およびJFRに対してSerialPageShiftCountを調整します

+ JDK-8252366:Shenandoah:graphKit.cppの変更の取り消し/クリーンアップを行います

+ Shenandoah:JFR統合後にJFRルートをルートプロセッサーに追加します

+ Shenandoah:文字列重複排除テーブル/キューのルート統計を追加します

+ Shenandoah:低頻度のSTWクラスアンロードを有効にします

+ Shenandoah:JDK-8244737バックポート後のビルドの失敗を修正します

+ Shenandoah:+JFR -PCHでのビルドの失敗を修正します

+ Shenandoah:強制的なぺーサー要求を修正します

+ Shenandoah:ShenandoahStringSymbolTableUnlinkTaskのフォーマットを修正します

+ Shenandoah:コンパイルされないShenandoahBarrierSetC1によるランタイムリンク障害を修正します

+ Shenandoah:統計出力をPrintGCではなく、PrintGCDetailsにフックします

+ Shenandoah:JNIの脆弱なルートは、常にFull GCマークの前に消去されます

+ Shenandoah:ShenandoahHeapIterationRootScannerにSystemDictionaryルートがありません

+ Shenandoah:バリアセットを適切な場所に移動します

+ Shenandoah:parallelCleaning.*をshenandoah/に移動します

+ Shenandoah:ぺーサーはinttpr_tに適切なアトミックを使用する必要があります

+ Shenandoah:クラスローダーのメタデータを適切に割り当て解除します

+ Shenandoah:文字列テーブルのスキャンを特殊化し、一時停止のパフォーマンスを改善します

+ Shenandoah:ぺーサーの最近のアトミッククリーンアップの後にゼロビルドが失敗します

- AArch64ポート

+ JDK-8161072、PR3797:AArch64:jtregコンパイラ/uncommontrap/TestDeoptOOMの失敗

+ JDK-8171537、PR3797:aarch64:
compiler/c1/Test6849574.javaがC1で保証失敗を生成します

+ JDK-8183925、PR3797:[AArch64]ウォッチャースレッドからクラッシュ保護を分離します

+ JDK-8199712、PR3797:[AArch64] Flight Recorder

+ JDK-8203481、PR3797:フレーム内のunextended_spに対する不適切な制約:safe_for_sender

+ JDK-8203699、PR3797:
java/lang/invoke/SpecialInterfaceCallがaarch64のSIGILLで失敗します

+ JDK-8209413、PR3797:AArch64:clhsdb jstackコマンドのNPE

+ JDK-8215961、PR3797:
jdk/jfr/event/os/TestCPUInformation.javaがAArch64で失敗します

+ JDK-8216989、PR3797:
CardTableBarrierSetAssembler: : gen_write_ref_array_post_b arrier()は、AARCH64のゼロレングスをチェックしません

+ JDK-8217368、PR3797:AArch64:C2再帰スタックロックの最適化がトリガーされません

+ JDK-8221658、PR3797:aarch64:ubfxパターンに必要な述語を追加します

+ JDK-8237512、PR3797:AArch64:aarch64TestHookがBufferBlobを漏洩します

+ JDK-8246482、PR3797:+JFR -PCHでビルドが失敗します

+ JDK-8247979、PR3797:aarch64:clearArray_reg_regのフラグのkillには副作用がありません

+ JDK-8248219、PR3797:aarch64:fast_storefieldとfast_accessfieldにメモリバリアがありません

この更新はSUSEからインポートされました:SLE-15: 更新プロジェクトを更新します。

ソリューション

影響を受けるjava-1_8_0-openjdkパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1174157

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177943

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 143292

ファイル名: openSUSE-2020-2083.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/11/30

更新日: 2022/5/12

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-14792

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.8

Temporal Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.3

Temporal Score: 7.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-accessibility, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-demo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-demo-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-headless, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-headless-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-javadoc, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-src, cpe:/o:novell:opensuse:15.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/11/27

脆弱性公開日: 2020/7/15

参照情報

CVE: CVE-2020-14556, CVE-2020-14577, CVE-2020-14578, CVE-2020-14579, CVE-2020-14581, CVE-2020-14583, CVE-2020-14593, CVE-2020-14621, CVE-2020-14779, CVE-2020-14781, CVE-2020-14782, CVE-2020-14792, CVE-2020-14796, CVE-2020-14797, CVE-2020-14798, CVE-2020-14803