openSUSEセキュリティ更新プログラム:chromium(openSUSE-2020-2032)

critical Nessus プラグイン ID 143303

Language:

概要

リモートのopenSUSEホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

このchromium用更新プログラムでは、以下の問題を修正します。Chromiumが に更新されました。- :

- 87.0.4280.66 に更新(boo#1178923)

- デフォルトでのWaylandのサポート

- CVE-2020-16018:支払でのメモリ解放後使用(Use After Free)。

- CVE-2020-16019:ファイルシステムにおける不適切な実装。

- CVE-2020-16020:cryptohomeにおける不適切な実装。

- CVE-2020-16021:ImageBurnerでの競合。

- CVE-2020-16022:ネットワーキングにおける不十分なポリシー実施。

- CVE-2020-16015:WASMにおける不十分なデータ検証。R

- CVE-2020-16014:PPAPIにおけるUse-After-Free。

- CVE-2020-16023:WebCodecsにおけるUse-After-Free。

- CVE-2020-16024:UIにおけるヒープバッファオーバーフロー。

- CVE-2020-16025:クリップボードにおけるヒープバッファオーバーフロー。

- CVE-2020-16026:WebRTCでのメモリ解放後使用(Use After Free)。

- CVE-2020-16027:開発者ツールにおける不十分なポリシー実施。R

- CVE-2020-16028:WebRTCにおけるヒープバッファオーバーフロー。

- CVE-2020-16029:PDFiumにおける不適切な実装。

- CVE-2020-16030:Blinkにおける不十分なデータ検証。

- CVE-2019-8075:Flashにおける不十分なデータ検証。

- CVE-2020-16031:タブプレビューにおける不適切なセキュリティUI。

- CVE-2020-16032:共有での不適切なセキュリティUI。

- CVE-2020-16033:WebUSBにおける不適切なセキュリティUI。

- CVE-2020-16034:WebRTCにおける不適切な実装。

- CVE-2020-16035:cros-disksにおける不十分なデータ検証。

- CVE-2020-16012:グラフィックにおけるサイドチャネル情報漏洩。

- CVE-2020-16036:cookieにおける不適切な実装。

ソリューション

影響を受けるChromiumパッケージを更新してください。

参考資料

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178923

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 143303

ファイル名: openSUSE-2020-2032.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/11/30

更新日: 2024/2/8

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5.3

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2020-16035

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.6

Temporal Score: 8.6

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-16025

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:chromedriver, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromedriver-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium-debuginfo, cpe:/o:novell:opensuse:15.1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2020/11/26

脆弱性公開日: 2019/9/27

参照情報

CVE: CVE-2019-8075, CVE-2020-16012, CVE-2020-16014, CVE-2020-16015, CVE-2020-16018, CVE-2020-16019, CVE-2020-16020, CVE-2020-16021, CVE-2020-16022, CVE-2020-16023, CVE-2020-16024, CVE-2020-16025, CVE-2020-16026, CVE-2020-16027, CVE-2020-16028, CVE-2020-16029, CVE-2020-16030, CVE-2020-16031, CVE-2020-16032, CVE-2020-16033, CVE-2020-16034, CVE-2020-16035, CVE-2020-16036