Ubuntu 16.04 LTS/18.04 LTS/20.04 LTS/20.10:QEMUの脆弱性(USN-4650-1)

medium Nessus プラグイン ID 143376

概要

リモートUbuntuホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートのUbuntu 16.04 LTS/18.04 LTS/20.04 LTS/20.10ホストには、USN-4650-1のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- usb_packet_mapの戻り値がチェックされないため、QEMU 5.0.0にはhw/usb/hcd-xhci.cにおけるメモリ解放後使用(Use-After-Free)があります。(CVE-2020-25084)

- hw/sd/sdhci.cがSDHC_BLKSIZEの場合に書き込み操作が正しく処理されないため、QEMU 5.0.0にはexec.c内のflatview_read_continueにおけるヒープベースのバッファオーバーフローがあります。(CVE-2020-25085)

- QEMU 5.0.0のhw/usb/hcd-ohci.cに、ホストコントローラードライバーから取得した値によるスタックベースのバッファオーバーリードがあります。(CVE-2020-25624)

- TDリストでループが発生すると、QEMU 5.0.0のhw/usb/hcd-ohci.cで無限ループが発生します。(CVE-2020-25625)

- QEMU 4.2.1のhw/display/ati_2d.cのati_2d_bltでは、計算中に制限を超える状況が生じる可能性があります。ゲストがQEMUプロセスをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2020-27616)

- ゲストOSユーザーが、QEMU 4.2.1のnet/eth.cのeth_get_gso_typeを使用してアサーション失敗をトリガーすることが可能です。ゲストは、有効なレイヤー3プロトコルがないパケットデータを介して、QEMUプロセスをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2020-27617)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://ubuntu.com/security/notices/USN-4650-1

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 143376

ファイル名: ubuntu_USN-4650-1.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/12/1

更新日: 2021/6/3

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.6

Temporal Score: 3.4

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-17380

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.3

Temporal Score: 5.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:C/C:L/I:L/A:L

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:16.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:18.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:20.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:20.10, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:qemu, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:qemu-block-extra, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:qemu-guest-agent, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:qemu-kvm, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:qemu-system, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:qemu-system-aarch64, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:qemu-system-arm, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:qemu-system-common, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:qemu-system-data, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:qemu-system-gui, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:qemu-system-mips, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:qemu-system-misc, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:qemu-system-ppc, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:qemu-system-s390x, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:qemu-system-sparc, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:qemu-system-x86, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:qemu-system-x86-microvm, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:qemu-system-x86-xen, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:qemu-user, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:qemu-user-binfmt, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:qemu-user-static, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:qemu-utils

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/11/30

脆弱性公開日: 2020/9/25

参照情報

CVE: CVE-2020-17380, CVE-2020-25084, CVE-2020-25085, CVE-2020-25624, CVE-2020-25625, CVE-2020-25723, CVE-2020-27616, CVE-2020-27617

USN: 4650-1

IAVB: 2020-B-0063-S, 2020-B-0075