openSUSEセキュリティ更新プログラム:Linux カーネル(openSUSE-2020-2112)

high Nessus プラグイン ID 143398

言語:

概要

リモートのopenSUSEホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

openSUSE Leap 15.2 カーネルが更新され、さまざまなセキュリティおよびバグの修正が行われました。

以下のセキュリティバグが修正されました。

- CVE-2020-12351:「BleedingTooth」(別名「BadKarma」)として知られる、AMPパケットを処理する際の型の取り違えを修正しました(bsc#1177724)。

- CVE-2020-24490:「BleedingTooth」(別名「BadVibes」)として知られる、拡張アドバタイジングレポートイベントを処理する際のヒープバッファオーバーフローを修正しました(bsc#1177726)。

- CVE-2020-12352:「BleedingTooth」(別名「BadChoice」)として知られる、特定のAMPパケットを処理する際の情報漏洩を修正しました(bsc#1177725)。

- CVE-2020-25212:LinuxカーネルのNFSクライアントコードにあるTOCTOUの不一致は、サイズチェックがfs/nfs/nfs4xdr.cではなくfs/nfs/nfs4proc.cで行われるため、ローカルの攻撃者がメモリを破損させたり、詳細不明なその他の影響を与えたりするために使用されます(別名CID-b4487b935452)(bnc#1176381)。

- CVE-2020-25645:2つのGeneveエンドポイント間のトラフィックは、GENEVEトンネルが使用する特定のUDPポートのトラフィックを暗号化するようにIPsecが構成されている場合、暗号化されない可能性があります。これにより、2つのエンドポイント間にいる何者かが暗号化されていないトラフィックを読み取る可能性があります。この脆弱性による主な脅威は、データの機密性に対するものです(bnc#1177511)。

- CVE-2020-25643:メモリ破損と読み取りオーバーフローは、ppp_cp_parse_cr関数の不適切な入力検証によって引き起こされ、システムをクラッシュさせたり、サービス拒否を引き起こされたりする可能性があります。この脆弱性が最大の脅威となるのは、データの機密性と整合性、ならびにシステムの可用性です(bnc#1177206)。

- CVE-2020-25641:ブロックサブシステムが発行するゼロレングスbiovecリクエストにより、カーネルが無限ループに陥り、サービス拒否が引き起こされる可能性があります。この欠陥により、基本的な権限を持つローカルの攻撃者がブロックデバイスにリクエストを発行し、サービス拒否を引き起こす可能性があります。この脆弱性が最大の脅威となるのは、システムの可用性です(bnc#1177121)。

- CVE-2020-25704:perf_event_parse_addr_filter()におけるメモリリークを修正しました(bsc#1178393)。

- CVE-2020-25668:FONTX ioctlで、実際に渡されたttyポインターが使用されるようにします(bsc#1178123)。

- CVE-2020-25656:func_buf_lockをリーダーに拡張します(bnc#1177766)。

- CVE-2020-25285:Linuxカーネルにおけるmm/hugetlb.cでhugetlb sysctlハンドラー間の競合状態がローカルの攻撃者によって使用されると、メモリの破損が発生し、NULLポインターデリファレンスや、特定されない他の影響を引き起こす可能性があります(別名CID-17743798d812)(bnc#1176485)。

- CVE-2020-14351:perf_mmap_close()関数の競合を修正しました(bsc#1177086)。

- CVE-2020-8694:エネルギーメーターをルートアクセスに制限します(bsc#1170415)。

- CVE-2020-16120:overlayfsで実際のファイルを開く権限をチェックします(bsc#1177470)。

- CVE-2020-25705:SADDNS攻撃などにつながる可能性のあるICMPグローバルレート制限サイドチャネルが削除されました(bsc#1175721)。

以下の非セキュリティ問題が修正されました。

- 9p:v9fs_mountのメモリリークを修正します(git-fixes)。

- ACPI:常にevged inをビルドします(git-fixes)。

- ACPI:ボタン:入力デバイスが閉じられたときのlid状態の変更の処理を修正します(git-fixes)。

- ACPI:configfs:欠落している config_item_put()を追加して、refcountの漏洩を修正します(git-fixes)。

- acpi-cpufreq:新しいAMD CPUで_PSDテーブル設定を遵守します(git-fixes)。

- ACPI:debug:ACPIが無効な場合、デバッグを許可しません(git-fixes)。

- ACPI:EC:ロックされている参照カウントクエリハンドラー(git-fixes)。

- ACPI / extlog:RDMSRの失敗を確認します(git-fixes)。

- ACPI:video:HP 635 Notebook用のACPIバックライトを使用します(git-fixes)。

- act_ife:tcf_idr_check_alloc()の前にメタモジュールをロードします(networking-stable-20_09_24)。

- CONFIG_CHECK_CODESIGN_EKUを追加します

- airo:パケット送信時の読み取りオーバーフローを修正します(git-fixes)。

- ALSA:ac97:(表面上)引数名を整列します(git-fixes)。

- ALSA:aoa:i2sbus:DECLARE_COMPLETION_ONSTACK()マクロを使用します(git-fixes)。

- ALSA:asihpi:コメントのスペルミスを修正します(git-fixes)。

- ALSA:atmel:ac97:演算子の優先順位を明確にします(git-fixes)。

- ALSA:bebob:hwdep_read()の潜在的な情報漏洩(git-fixes)。

- ALSA:compress_offload:冗長な初期化を削除します(git-fixes)。

- ALSA:コア:init:DECLARE_COMPLETION_ONSTACK()マクロを使用します(git-fixes)。

- ALSA:コア:pcm:タイマーのロックを単純化します(git-fixes)。

- ALSA:コア:timer:演算子の優先順位を明確にします(git-fixes)。

- ALSA:コア:timer:冗長な割り当てを削除します(git-fixes)。

- ALSA:ctl:card->ctl_files_rwlockに関するlockdepの警告の回避策(git-fixes)。

- ALSA:fireworks:カンマではなくセミコロンを使用して、ステートメントを区切ります(git-fixes)。

- ALSA:kernel-docマークアップを修正します(git-fixes)。

- ALSA:hda:auto_parser:シャドー化された変数宣言を削除します(git-fixes)。

- ALSA:hda:(表面上)関数パラメーターを整列します(git-fixes)。

- ALSA:hda - cb関数がすでに登録されている場合は、登録しません(git-fixes)。

- ALSA:hda - cb関数がすでに登録されている場合の戻り値を修正します(git-fixes)。

- ALSA:hda/hdmi:hdmi_pcm_closeの不適切なロックを修正します(git-fixes)。

- ALSA:hda:snd_hdac_ext_bus_get_link()の未定義のシフトを防止します(git-fixes)。

- ALSA:hda/realtek - HP Elitebook 845 G7用のミュートLedサポートを追加します(git-fixes)。

- ALSA:hda/realtek:ALC887搭載のASUS D700SAのオーディオジャックを有効にします(git-fixes)。

- ALSA:hda/realtek - ASUS TM420に対してヘッドフォンを有効にします(git-fixes)。

- ALSA:hda/realtek - HPヘッドセットのマイクを検出できない問題を修正しました(git-fixes)。

- ALSA:hda/realtek - HP AIOマシンでマイクを自動検出するように設定します(git-fixes)。

- ALSA:hda/realtek - HPマシンの前面マイク が機能しません(git-fixes)。

- ALSA:hda:カンマではなくセミコロンを使用して、ステートメントを区切ります(git-fixes)。

- ALSA:hdspm:任意の誤字を修正します(git-fixes)。

- ALSA:mixart:廃止されたtaskletの使用に関するコメントを修正します(git-fixes)。

- ALSA:portman2x4:繰り返される「if」という単語を修正します(git-fixes)。

- ALSA:rawmidi:(表面上)関数パラメーターを整列します(git-fixes)。

- ALSA:seq:oss:長時間のioctlに対するmutexロックを回避します(git-fixes)。

- ALSA:sparc:dbri:繰り返される「the」という単語を修正します(git-fixes)。

- ALSA:usb-audio:MODXの暗黙的なフィードバックquirkを追加します(git-fixes)。

- ALSA:usb-audio:Qu-1の暗黙的なフィードバックquirkを追加します(git-fixes)。

- ALSA:usb-audio:Zoom UAC-2の暗黙的なフィードバックquirkを追加します(git-fixes)。

- ALSA:usb-audio:Pioneer DJ DJM-250MK2にミキサーサポートを追加します(git-fixes)。

- ALSA:usb-audio:USBベンダーIDを、KhadasデバイスのDSD対応として追加します(git-fixes)。

- ALSA:usb-audio:endpoint.c:繰り返される「there」という単語を修正します(git-fixes)。

- ALSA:usb-audio:スペルミスの修正:「Frequence」->「Frequency」(git-fixes)。

- ALSA:usb-audio:Line6 Pod Goインターフェイスには、静的クロックレートのquirkが必要です(git-fixes)。

- ALSA:usb:scarless_gen2:エンディアン問題を修正します(git-fixes)。

- ALSA:vx:vx_core:演算子の優先順位を明確にします(git-fixes)。

- ALSA:vx:vx_pcm:冗長な割り当てを削除します(git-fixes)。

- ar5523:SMCWUSBT-G2ワイヤレスアダプターのUSB IDを追加します(git-fixes)。

- arm64:sysfsでPCI write-combineリソースを有効にします(bsc#1175807)。

- ASoC:codecs:wcd9335:デジタル増幅範囲を適切に設定します(git-fixes)。

- ASoC:cs42l51:mclkシャットダウン遅延を管理します(git-fixes)。

- ASoC:fsl:imx-es8328:imx_es8328_probe()で欠如しているput_device()呼び出しを追加します(git-fixes)。

- ASoC:fsl_sai:snd_soc_dai_driverのインスタンスを作成します(git-fixes)。

- ASoC:img-i2s-out:エラー時のランタイムPM不均衡を修正します(git-fixes)。

- ASoC:Intel:bytcr_rt5640:MPMAN Converter9 2-in-1のquirkを追加します(git-fixes)。

- ASoC:Intel:kbl_rt5663_max98927:kabylake_ssp_fixup関数を修正します(git-fixes)。

- ASoC:kirkwood:IRQエラー処理を修正します(git-fixes)。

- ASoC:qcom:lpass-cpu:同時実行性の問題を修正します(git-fixes)。

- ASoC:qcom:lpass-platform:メモリリークを修正します(git-fixes)。

- ASoC:qcom:sdm845:ドライバー名を正しく設定します(git-fixes)。

- ASoC:sun50i-codec-analog:ADCイネーブルビットの重複使用を修正します(git-fixes)。

- ASoC:tlv320aic32x4:bdivクロックレートの派生を修正します(git-fixes)。

- ASoC:wm8994:wm89xx_mic_detect関数でデバイスが再開されることを確認します(git-fixes)。

- ASoC:wm8994:WM1811に対するWM8994_MICBIASレジスタの設定をスキップします(git-fixes)。

- ata:ahci:mvebu:Armada 3720でSATA PHYをオプションにします(git-fixes)。

- ata:sata_rcar:DMA境界マスクを修正します(git-fixes)。

- ath10k:idxの有効性を
__ath10k_htt_rx_ring_fill_n()でチェックします(git-fixes)。

- ath10k:配列の領域外アクセスを修正します(git-fixes)。

- ath10k:tpc_stats_finalのメモリリークを修正します(git-fixes)。

- ath10k:エラー処理パスの「dma_free_coherent()」呼び出しで使用されるサイズを修正します(git-fixes)。

- ath10k:STBCが有効である場合のVHT NSS計算を修正します(git-fixes)。

- ath10k:蓄積されたデータとして調査情報を提供します(git-fixes)。

- ath10k:ペイロードの長さがsdioの最大htc長を超えた場合にリカバリプロセスを開始します(git-fixes)。

- ath10k:kzallocを使用してath10k_sdio_hif_diag_readを読み取ります(git-fixes)。

- ath6kl:ath6kl_add_new_sta()での配列オーバーフローの可能性を防止します(git-fixes)。

- ath6kl:wmi:ath6kl_wmi_delete_pstream_cmd()でのシフトラッピングバグを防止します(git-fixes)。

- ath9k:ath9k_htc_txcompletion_cb()の境界外の可能性を修正します(git-fixes)。

- ath9k:hif_usb:usb_get_urb()とusb_kill_anchored_urbs()の間の競合状態を修正します(git-fixes)。

- ath9k_htc:適切なrs_datalenタイプを使用します(git-fixes)。

- backlight:sky81452-backlight:エラー時のrefcountの不均衡を修正します(git-fixes)。

- blk-mq:hctx->dispatchにリクエストを追加し、SCHED_RESTARTをチェックする順序(bsc#1177750)。

- ブロック: bdi->io_pagesが常に初期化されるようにします(bsc#1177749)。

- ブロック: 複合ページのpage_is_mergeable()を修正します(bsc#1177814)。

- ブロック: retがfalseである場合、__bio_try_merge_pageでsame_pageをfalseに設定します(git-fixes)。

- Bluetooth:btusb:btusb_mtk_submit_wmt_recv_urbのメモリリークを修正します(git-fixes)。

- Bluetooth:refcountのUse-After-Freeの問題を修正します(git-fixes)。

- Bluetooth:コントローラーがzero'dイベントを送信しないように保護します(git-fixes)。

- Bluetooth:照会完了後に照会キャンセルエラーを処理します(git-fixes)。

- Bluetooth:hci_uart:登録解除の前にinitの作業をキャンセルします(git-fixes)。

- Bluetooth:L2CAP:オープン状態でl2cap構成リクエストを処理します(git-fixes)。

- Bluetooth:MGMT:BT_HSが有効かどうかをチェックしない問題を修正します(git-fixes)。

- Bluetooth:ロック解除後にのみソケットをザッピング済みとしてマークします(git-fixes)。

- Bluetooth:sockをkillする前にチャネルをプリフェッチします(git-fixes)。

- bnxt_en:bnxt_set_eee()およびbnxt_set_pauseparam()をmutexで保護します(git-fixes)。

- bonding:ブロードキャストモードのsaner速度を表示します(networking-stable-20_08_24)。

- brcm80211:brcmf_proto_msgbuf_attachのメモリリークの可能性を修正します(git-fixes)。

-brcmfmac: ndevポインターをチェックします(git-fixes)。

-brcmfmac: fmac usbデータパスの二重解放を修正します(git-fixes)。

- brcmsmac:wlc_phy_attach_lcnphyのメモリリークを修正します(git-fixes)。

- btrfs:マージされたパッチupstreamのアカウントをパッチの下のソートされたセクションに移動します。

- btrfs:alloc_state io_treeにownerおよびfs_infoを追加します(bsc#1177854)。

- btrfs:スクラブワークキューをロック外に割り当てます(bsc#1178183)。

- btrfs:block-group:btrfs_read_block_groups()に間違ったREADAフラグを設定しません(bsc#1176019)。

- btrfs:block-group:自由空間ビットマップのしきい値を修正します(bsc#1176019)。

- btrfs:block-group:1つのブロックグループ項目を削除する方法をリファクタリングします(bsc#1176019)。

- btrfs:block-group:ブロックグループ項目を挿入する方法をリファクタリングします(bsc#1176019)。

- btrfs:block-group:1つのブロックグループ項目を読み取る方法をリファクタリングします(bsc#1176019)。

- btrfs:block-group:write_one_cache_group()の名前を変更します(bsc#1176019)。

- btrfs:btrfs_del_dir_entries_in_logの適切なエラー変数をチェックします(bsc#1177687)。

- btrfs:エラーのcowブロックをクリーンアップします(bsc#1178584)。

- btrfs:スナップショットのドロップでのエラー後に読み取り専用を強制しません(bsc#1176354)。

- btrfs:ページのリリース中にinodeに完全同期フラグを設定しません(bsc#1177687)。

- btrfs:割り当て時に余分なルート参照を取得しません(bsc#1176019)。

- btrfs:トランザクションを中止したときにログをドロップします(bsc#1176019)。

- btrfs:新しいuuidツリーエントリを追加する前にパスをドロップします(bsc#1178176)。

- btrfs:scrubとブロックグループ削除/割り当ての間の競合を修正します(bsc#1176019)。

- btrfs:遅延したinodeワーカーとの競合によるアンマウント中のクラッシュを修正します(bsc#1176019)。

- btrfs:デバイス置換後のファイルシステムの破損を修正します(bsc#1178395)。

- btrfs:スナップショットの作成が失敗した後のNULLポインターデリファレンスを修正します(bsc#1178190)。

- btrfs:メッセージの破損したcsumをコピーする際のオーバーフローを修正します(bsc#1178191)。

- btrfs:ページのリリースと高速fsyncの間の競合を修正します(bsc#1177687)。

- btrfs:トランザクション中止後のスペースキャッシュのメモリリークを修正します(bsc#1178173)。

- btrfs:fsツリーを解放した後ブロックグループを解放します(bsc#1176019)。

- btrfs:デッドルートリストのルートで参照を保持します(bsc#1176019)。

- btrfs:subvol_srcuをkillします(bsc#1176019)。

- btrfs:btrfs_cleanup_fs_rootsが基数木ロックを使用するようにします(bsc#1176019)。

- btrfs:inodeにルートで参照を保持させます(bsc#1176019)。

- btrfs:fs情報ごとにエクステントバッファリークチェックを行います(bsc#1176019)。

- btrfs:btrfs_rm_dev_replace_free_srcdevをすべてのロックの外部に移動します(bsc#1178395)。

- btrfs:btrfs_scratch_superblocksをbtrfs_dev_replace_finishingに移動します(bsc#1178395)。

- btrfs:ino_cache_inodeをbtrfs_free_fs_rootからドロップして移動します(bsc#1176019)。

- btrfs:ブロックグループのフリーズ/フリーズ解除ヘルパーをblock-group.cに移動します(bsc#1176019)。

- btrfs:root解放の要素をbtrfs_put_rootに移動します(bsc#1176019)。

- btrfs:ディレクトリをロギングしている場合は、fsyncで遅延項目のみをコミットします(bsc#1177687)。

- btrfs:完全同期を行っている場合は、遅延inodeのみをコミットします(bsc#1177687)。

- btrfs:qgroup:サブボリューム操作に対するqgroup meta rsvの漏洩を修正します(bsc#1177856)。

- btrfs:qgroup:遅延inodeに対する誤ったqgroupメタデータ予約を修正します(bsc#1177855)。

- btrfs:チェックサムのロギング時にログツリーの競合を削減します(bsc#1177687)。

- btrfs:ページのリリース中に古い拡張マップをリリースします(bsc#1177687)。

- btrfs:不要になったチャンクmutexロックのケースを削除します(bsc#1176019)。

- btrfs:ログルートツリーの使用する必要がなくなったlog_writersを削除します(bsc#1177687)。

- btrfs:ブロックグループのメンバー「trimming」の名前をより一般的な名前に変更します(bsc#1176019)。

- btrfs:ディレクトリ項目を記録する際に、必要に応じてスケジュールを変更します(bsc#1178585)。

- btrfs:scrub、データエクステントを処理している場合にのみcsumsを検索します(bsc#1176019)。

- btrfs:参照を処理する際に競合するinodeをすべて送信し、オーファン化します(bsc#1178579)。

- btrfs:ディレクトリを孤立化した後に参照パスを送信し、再計算します(bsc#1178581)。

- btrfs:新しいノードに適切なlockdepクラスを設定します(bsc#1178184)。

- btrfs:ログツリーエクステントバッファのlockdepクラスを設定します(bsc#1178186)。

- btrfs:ログの同期時にログルートツリーのlog_batchのインクリメントを停止します(bsc#1177687)。

- btrfs:tree-checker:レガシーbtrfsルートアイテムによって引き起こされる誤ったアラートを修正します(bsc#1177861)。

- bus:hisi_lpc:ホストの削除でUse-After-Freeを回避するためにIOポートアドレスを修正します(git-fixes)。

- can:can_create_echo_skb():echo skbの生成を修正します:
常にskb_clone()を使用します(git-fixes)。

- can:c_can:reg_map_(c,d)_can:__maybe_unusedとしてマークします(git-fixes)。

- can:dev:__can_get_echo_skb():RTRフレームの実際のペイロード長の戻り値を修正します(git-fixes)。

- can:dev:can_get_echo_skb():ハードIRQコンテキストでkfree_skb()が呼び出されないようにします(git-fixes)。

- can:flexcan:flexcan_chip_stop():エラー処理を追加し、エラー値を伝播します(git-fixes)。

- can:flexcan:flexcan_remove():ウェイクアップを完全に無効にします(git-fixes)。

- can:flexcan:ドライバーからack_grpおよびack_bitの処理を削除します(git-fixes)。

- can:flexcan:LS1021AのFLEXCAN_QUIRK_DISABLE_MECR quirkを削除します(git-fixes)。

- can:peak_canfd:pucan_handle_can_rx():ループバックがオンの場合のecho管理を修正します(git-fixes)。

- can:peak_usb:デコード操作に範囲チェックを追加します(git-fixes)。

- can:peak_usb:peak_usb_get_ts_time():タイムスタンプのラッピングを修正します(git-fixes)。

- can:rx-offload:IRQコンテキストからkfree_skb()を呼び出しません(git-fixes)。

- can:softing:softing_card_shutdown():「if」ステートメントの空の本文を囲む波括弧を追加します(git-fixes)。

- ceph:シフト前に符号なしlong longに昇格します(bsc#1178175)。

- clk:at91:clk-main:AT91_CKGR_MORを書き込む前にキーを更新します(git-fixes)。

- clk:at91:parent_nameのチェックを削除します(git-fixes)。

- clk:bcm2835:devm_clk_hw_registerが失敗した場合に欠落しているリリースを追加します(git-fixes)。

- clk:imx8mq:usdhcの親の順序を修正します(git-fixes)。

- clk:keystone:sci-clk:プローブ中にassigned-clockデータの解析を修正します(git-fixes)。

- clk:meson:g12a:fclk_div2を重要度最高としてマークします(git-fixes)。

- clk:qcom:gcc-sdm660:不適切なparent_mapを修正します(git-fixes)。

- clk:samsung:exynos4:「chipid」クロックをCL_IGNORE_UNUSEDとしてマークします(git-fixes)。

- clk:socfpga:stratix10:emac_ptp_free_clkの除算器を修正します(git-fixes)。

- clk:tegra:有効になっている場合、常にPLLPLL_Eをプログラムします(git-fixes)。

- clk/ti/adpll:nullを終了するためのスペースを割り当てます(git-fixes)。

- clocksource/drivers/h8300_timer8:h8300_8timer_init()の誤った戻り値を修正します(git-fixes)。

- clocksource/drivers/timer-gx6605s:カウンターのリロードを修正します(git-fixes)。

- cpuidle:下位のcステートが無効な場合、最低30nsのポーリング、およびティックのポーリングを行います(bnc#1176588)。

- Storage/NVMeサブセクションを作成します

- crypto:algif_aead - 非同期パスでMAY_BACKLOGを設定しません(git-fixes)。

- crypto:algif_skcipher - aioのEBUSYはエラーである必要があります(git-fixes)。

- crypto:bcm - setkeyのGCM/CCMキー長を確認します(git-fixes)。

- crypto:ccp - エラー処理を修正します(git-fixes)。

- crypto:DH - エクスポートする前にZの有効性を確認します(bsc#1175718)。

- crypto:dh - SP800-56A rev 3ローカル公開鍵の検証(bsc#1175718)。

- crypto:ecc - SP800-56A rev 3ローカル公開鍵の検証(bsc#1175718)。

- crypto:ecdh - エクスポートする前にZの有効性を確認します(bsc#1175718)。

- crypto:ixp4xx -「dma_free_coherent()」呼び出しで使用されるサイズを修正します(git-fixes)。

- crypto:mediatek - mtk_desc_ring_alloc()の間違っている戻り値を修正します(git-fixes)。

- crypto:omap-sham - エクスポート/インポートでのdigcntレジスタ処理を修正します(git-fixes)。

- crypto:picoxcell - 競合状態の可能性があるバグを修正します(git-fixes)。

- crypto:qat - aead AES-CBC-HMAC-SHAの暗号の長さをチェックします(git-fixes)。

- cxgb4:モジュールのアンロード中のメモリリークを修正します(networking-stable-20_09_24)。

- cxgb4:フィルターバイトカウンターをクリアする際のオフセットを修正します(networking-stable-20_09_24)。

- cxl:互換性のないスロットに関するエラーメッセージを修正します(bsc#1055014 git-fixes)。

- cypto:mediatek - mtk_desc_ring_allocの漏洩を修正します(git-fixes)。

- dax:CONFIG_DAX && !CONFIG_FS_DAXのコンパイルを修正します(bsc#1177817)。

- SLE15 SP2でモジュールの圧縮を無効にします(bsc#1178307)。

- dma-direct:一貫したマッピングのために欠落しているset_memory_decrypted()を追加します(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-direct:dma_direct_alloc_pages()で割り当てサイズを常に整列させます(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-direct:アトミック割り当ては、アトミックの首尾一貫したプールからである必要があります(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-direct:メモリを暗号化または復号化する際の戻り値をチェックします(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-direct:dma_direct_alloc_pagesでのエラー処理を統合します(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-direct:uncached_kernel_addressをより一般的にします(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-direct:物理メモリ領域の有効性をチェックする機能を提供します(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-direct:mmapおよびget_sgtableメソッドオーバーライドを提供します(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-direct:dma_direct_alloc_pages()が失敗した場合にメモリを再暗号化します(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-direct:__dma_direct_free_pagesを削除します(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-direct:__dma_direct_alloc_pagesへのdma_handle引数を削除します
(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dmaengine:dma-jz4780:jz4780_dma_tx_statusの競合を修正します(git-fixes)。

- dmaengine:dmatest:空であるかどうかリストをチェックしてから、その最後のエントリにアクセスします(git-fixes)。

- dmaengine:dw:メモリ周辺機器に対してのみFIFOモードを有効化します(git-fixes)。

- dmaengine:mediatek:hsdma_probe:devm_request_irqが失敗した場合のメモリリークを修正しました(git-fixes)。

- dmaengine:stm32-dma:.terminate_allでvchan_terminate_vdesc()を使用します(git-fixes)。

- dmaengine:stm32-mdma:.terminate_allでvchan_terminate_vdesc()を使用します(git-fixes)。

- dmaengine:tegra-apb:チャネルの解放での競合状態を防止します(git-fixes)。

- dmaengine:zynqmp_dma:バースト長の構成を修正します(git-fixes)。

- dma-fence:シリアル化シグナルの有効化(dma_fence_enable_sw_signaling)(git-fixes)。

- dma-mapping:dma_can_mmapヘルパーを追加します(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-mapping:汎用DMAの再マップには、常にVM_DMA_COHERENTを使用します(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-mapping:DMA_COHERENT_POOLは、GENERIC_ALLOCATORを選択する必要があります(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-mapping:dma_atomic_pool_initを自己完結型にします(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-mapping:汎用再マッピングヘルパーをdma-directにマージします(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-mapping:arch_dma_mmap_pgprotを削除します(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-mapping:首尾一貫したプールが枯渇した場合に警告します(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-pool:首尾一貫したプールをさらに追加し、gfpマスクにマッピングします(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-pool:debugfsにプールサイズを追加します(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-pool:DMA_REMAPをDMA_COHERENT_POOLから分離します(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-pool:CMAからプールメモリを割り当てません(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-pool:動的に拡張するアトミックプール(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-pool:atomic_pool_expand()の初期化されていない変数のバグを修正します(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-pool:IOMMUマッピングに対する首尾一貫したプールの割り当てを修正します(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-pool:中程度のメモリサイズのシステムにある大きすぎるDMAプールを修正します(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-pool:dma_in_atomic_pool()を取り除きます(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-pool:dma_guess_pool()を導入します(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-pool:アトミックプールがデバイスに適合することを確認します(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-pool:同じメモリゾーンにある場合にのみCMAから割り当てます(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-pool:メモリ容量でデフォルトの首尾一貫したDMAプールサイズをスケールします(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dma-remap:ダイレクト再マップコードからDMAアトミックプールを分離します(bsc#1175898、ECO-2743)。

- dm:適切なヘルパーを呼び出してdaxサポートを判断します(bsc#1177817)。

- dm/dax:テーブル参照カウントを修正します(bsc#1178246)。

- docs:driver-api:重複するインデックスエントリを削除します(git-fixes)。

- ドライバー:-char:tlclk.c:initと割り込みハンドラー間のデータ競合を回避します(git-fixes)。

- ドライバー:ウォッチドッグ:rdc321x_wdt:競合状態のバグを修正します(git-fixes)。

- drm/amdgpu:amdgpu_display_crtc_set_configで適切な参照カウントを復元します(git-fixes)。

- drm/radeon:「より低いフィードバック除算器を優先します」を戻します(bsc#1177384)。

- ストレージのドロップ/bsc#1171688サブセクションは拡張ツリーに影響しません。

- e1000:すでにダウンしている場合は、reset_taskでリセットを実行しません(git-fixes)。

- EDAC/i5100:i5100_init_one()の順序の処理のエラーを修正します(bsc#1152489)。

- eeprom:at25:最小の読み取り/書き込みアクセスストライドを1に設定します(git-fixes)。

- exfat:ビッグエンディアンシステムでのname_hashの計算を修正します(git-fixes)。

- exfat:exfat_cluster_to_sector()のオーバーフローの問題を修正します(git-fixes)。

- exfat:exfat_find()の潜在的なメモリリークを修正します(git-fixes)。

- exfat:エラーパス上の初期化されていないスピンロックの使用を修正します(git-fixes)。

- exfat:exfat_find_dir_entry()のhint_statの不適切な初期化を修正します(git-fixes)。

- exfat:誤字によるストリームエントリの間違ったサイズ更新を修正します(git-fixes)。

- extcon:ptn5150:スリープ状態のGPIOチップでのアトミックGPIOの使用を修正します(git-fixes)。

- ftrace:移動RCUは、再帰チェック後にチェックを監視しています(git-fixes)。

- fuse:fuse_writepages_fill()からのエラーを無視しません(bsc#1177193)。

- futex:時間ごとの名前空間オフセットでfutexの絶対タイムアウトを調整します(bsc#1164648)。

- futex:常にfsharedをブール値として使用します(bsc#1149032)。

- futex:should_fail_futex()の不適切な処理を修正します(bsc#1149032)。

- futex:put_futex_key()を削除します(bsc#1149032)。

- futex:未使用または冗長なインクルードを削除します(bsc#1149032)。

- gpio:mockup:エラーパスのリソース漏洩を修正します(git-fixes)。

- gpio:rcar:エラー時のランタイムPM不均衡を修正します(git-fixes)。

- gpio:siox:スレッド化されたirqのみを明示的にサポートします(git-fixes)。

- gpio:sprd:タイプをエッジとして設定する際の割り込みをクリアします(git-fixes)。

- gpio:tc35894:tc35894割り込み構成を修正します(git-fixes)。

- gre6:IP6_TNL_F_RCV_DSCP_COPYでの受信を修正します(networking-stable-20_08_24)。

- gtp:GTPA_LINK情報をユーザー空間に送信されるメッセージに追加します(networking-stable-20_09_11)。

- HID:hid-input:スタイラスのバッテリー報告を修正します(git-fixes)。

- HID:ite:Acer One S1003キーボードドック用のUSB ID照合を追加します(git-fixes)。

- HID:roccat:kone_sysfs_write_settings()に境界チェックを追加します(git-fixes)。

- HID:wacom:パッド/バッテリー用のwacom_wac_pen_reportの入力を回避します(git-fixes)。

- hwmon:(applesmc)ステータスを早期にチェックします(git-fixes)。

- hwmon:(mlxreg-fan)二重の「Mellanox」を修正します(git-fixes)。

- hwmon:(pmbus/max34440)MAX344(51、60、61)のステータスレジスタの読み取りを修正します(git-fixes)。

- hyperv_fb:古いフレームバッファを削除した後にscreen_infoを更新します(bsc#1175306)。

- i2c:aspeed:IRQステータスを関連ビットにマスクします(git-fixes)。

- i2c:コア:i2c_acpi_register_devices()の前にi2c_acpi_install_space_handler()を呼び出します(git-fixes)。

- i2c:コア:ACPI i2c devを登録した後に呼び出される、acpi_walk_dep_device_list()を復元します(git-fixes)。

- i2c:cpm:i2c_ram構造体を修正します(git-fixes)。

- i2c:i801:直接完全最適化の中断からデバイスを除外します(git-fixes)。

- i2c:imx:終了パスの割り込み時の外部中止を修正します(git-fixes)。

- i2c:meson:クロック設定の上書きを修正します(git-fixes)。

- i2c:meson:フィルター遅延によるレート計算を修正します(git-fixes)。

- i2c:owl:NACKおよびBUSエラービットを消去します(git-fixes)。

- i2c:rcar:RESET_CONTROLLERを自動選択します(git-fixes)。

- i2c:tegra:転送タイムアウト後の割り込みトリガーを防止します(git-fixes)。

- i2c:tegra:システムの再開時にpinmuxを復元します(git-fixes)。

- i3c:マスターがi3c_master_attach_boardinfoを追加して、boardinfoを保存します(git-fixes)。

- i3c:master:cdns_i3c_master_probe()のエラーリターンを修正します(git-fixes)。

- ibmveth:入力の大きな送信パケットを特定します(bsc#1178185 ltc#188897)。

- ibmveth:ibmveth_helper呼び出しの順序を切り替えます(bsc#1061843 git-fixes)。

- ibmvnic:ibmvnic_set_macを修正します(bsc#1066382 ltc#160943 git-fixes)。

- ibmvnic:変更したmacアドレスをadapter->mac_addrに保存します(bsc#1134760 ltc#177449 git-fixes)。

- ibmvnic:200GBPSの速度を設定します(bsc#1129923 git-fixes)。

- icmp:グローバルレートリミッターをランダム化します(git-fixes)。

- ida:エラーパスで割り当てられたビットマップを解放します(git-fixes)。

- ieee802154/adf7242:adf7242_read_regのステータスをチェックします(git-fixes)。

- ieee802154:ca8210_dev_com_initで発生する可能性がある1つのメモリリークを修正します(git-fixes)。

- iio: accel:bma180:iio_shared_by enumである必要がある場合のtrueの使用を修正します(git-fixes)。

- iio: adc:gyroadc:デバイスノードイテレータの漏洩を修正します(git-fixes)。

- iio: adc:qcom-spmi-adc5:ドライバー名を修正します(git-fixes)。

- iio: adc:stm32-adc:遅いポーリング時のランタイム自動中断の遅延を修正します(git-fixes)。

- iio: adc:ti-adc0832 - タイムスタンプのアライメントに関する問題を修正します(git-fixes)。

- iio: adc:ti-adc12138 - タイムスタンプのアライメントに関する問題を修正します(git-fixes)。

- iio: dac:ad5592r:IIO_SHARED_BY_TYPEに対するtrueの使用を修正します(git-fixes)。

- iio: gyro:itg3200:タイムスタンプのアライメントを修正し、データ流出を防ぎます(git-fixes)。

- iio: light:si1145:タイムスタンプのアライメントを修正し、データ流出を防ぎます(git-fixes)。

- iio: magn: hmc5843:iio_shared_by enumが必要な場合にtrueが渡されるのを修正します(git-fixes)。

- ima:crypto_shash_update()からのエラーを無視しません(git-fixes)。

- ima:カーネル測定でboot_aggregateを拡張します(bsc#1177617)。

- ima:ima_get_binary_runtime_size()の末尾のセミコロンを削除します(git-fixes)。

- 入力:ati_remote2 - モジュールパラメーターを出力する際に欠落している改行を追加します(git-fixes)。

- 入力:ep93xx_keypad - platform_get_irq()エラーの処理を修正します(git-fixes)。

- 入力:i8042 - Acer Aspire 5 A515にnopnp quirkを追加します(bsc#954532)。

- 入力:imx6ul_tsc - imx6ul_tsc_resume()の一部のエラーをクリーンアップします(git-fixes)。

- 入力:omap4-keypad - platform_get_irq()エラーの処理を修正します(git-fixes)。

- 入力:stmfts - &と&&の誤字を修正します(git-fixes)。

- 入力:sun4i-ps2 - platform_get_irq()エラーの処理を修正します(git-fixes)。

- 入力:trackpoint - Synapticsトラックポイントを有効にします(git-fixes)。

- 入力:twl4030_keypad - platform_get_irq()エラーの処理を修正します(git-fixes)。

- iomap:iomap_endがiomap_beginの後に呼び出されるようにします(bsc#1177754)。

- iommu/amd:IRTE内のis_runビットを適切に更新しないIOMMU AVICを修正します(bsc#1177297)。

- iommu/amd:潜在的な@entry null derefを修正します(bsc#1177283)。

- iommu/amd:ゲスト仮想APIC(非)アクティブ化コードをリファクタリングします(bsc#1177284)。

- iommu/amd:amd_iommu_activate_guest_modeのIRTE.RemapEnビットを復元します(bsc#1177285)。

- iommu/exynos:exynos_iommu_of_xlate()に欠落しているput_device()呼び出しを追加します(bsc#1177286)。

- iommu/vt-d:domain_init()でagawを正しく計算します(bsc#1176400)。

- iommu/vt-d:サポートされていないアドレス幅のDMARユニットをより慎重に処理します(bsc#1177739)。

- ip:ackのtosリフレクションを修正し、パケットをリセットします(networking-stable-20_09_24)。

- ipmi_si:try_smi_init()の誤った戻り値を修正します(git-fixes)。

- ipv4:データパス内のflowi4_multipath_hashを初期化します(networking-stable-20_09_24)。

- ipv4:xfrm_lookup_routeを呼び出す前にflowi4_oifの更新を復元します(git-fixes)。

- ipv4:同じデバイスを介するマルチパスルートの例外処理を更新します(networking-stable-20_09_24)。

- ipv6:fib6_del()のlockdepの問題を回避します(networking-stable-20_09_24)。

- ipv6:fib_multipath_hash_policyのsysctl maxを修正します(networking-stable-20_09_11)。

- ipvlan:デバイス機能を修正します(networking-stable-20_08_24)。

- iwlwifi:mvm:出力を分割し、ROCでの警告を回避します(git-fixes)。

- NFSのkabi修正:flexfilesの読み取りフェイルオーバーを修正します(git-fixes)。

- kABI:CodeSigning拡張キー使用法を追加した後のkABIを修正します(bsc#1177353)。

- kABI:12856e7acde4 PCI/IOVのkABIを修正します:VFをPCI_COMMAND_MEMORYを実装していないものとしてマークします(bsc#1176979)。

- kabi/severities:target_core_rbdのkABIを無視します。他のすべてのCeph固有のモジュールの動作を照合します。

- kallsyms:kallsyms_show_value()をリファクタリングして、credを取得します(git-fixes)。

- kbuild:-Werror=return-typeを強制します(bsc#1177281)。

- kernel-binary.spec.in:kernel-develから.config.oldを除外します - .kernel-binary.spec.buildenvに対してtarの除外を使用します

- kernel-binary.spec.in:obj_install_dirを明示的なファイルリストとしてパッケージ化します。

- KVM:x86/mmu:lpagesを復元する際に、残りの無効なページのzapをコミットします(git-fixes)。

- leds:bcm6328、bcm6358:devres LED登録機能を使用します(git-fixes)。

- leds:mlxreg:潜在的なバッファオーバーフローを修正します(git-fixes)。

- leds:mt6323:periodの計算を移動します(git-fixes)。

- libceph-add-support-for-CMPEXT-compare-extent-reques.patch:(bsc#1177090)。

- libceph:次でcon->out_msgをクリアします:Policy: : stateful_server障害(bsc#1178177)。

- lib/crc32.c:プリプロセッサーの状態における軽微な誤字を修正します(git-fixes)。

- lib/mpi:mpi_sub_ui()を追加します(bsc#1175718)。

- locking/rwsem:リーダーの楽観的なスピンを無効にします(bnc#1176588)。

- mac80211:ハードウェアサポートよりも大きいVHT MPDUを許可しません(git-fixes)。

- mac80211:レートのsband-> bitrateの欠如を処理します(git-fixes)。

- mac80211:コントロールポートtxに対してもmpath検索をスキップします(git-fixes)。

- mac802154:tx:Use-After-Freeを修正します(git-fixes)。

- macsec:macsec_handle_frame()でUse-After-Freeを回避します(git-fixes)。

- mailbox:コールバックからのタイマー開始を回避します(git-fixes)。

- media:ati_remote:両方のエンドポイントのサニティチェック(git-fixes)。

- media:bdisp:エラー時のランタイムPM不均衡を修正します(git-fixes)。

- media:camss:参照カウントの漏洩を修正します(git-fixes)。

- media:exynos4-is:pm_runtime_get_syncによる参照カウントの漏洩を修正します(git-fixes)。

- media:exynos4-is:参照カウントの漏洩を修正します(git-fixes)。

- media:exynos4-is:pm_runtime_get_syncによる複数の参照カウントの漏洩を修正します(git-fixes)。

- media:firewire:メモリリークを修正します(git-fixes)。

- media:i2c:ov5640:DVPモードのpoweronでデータピンを有効にします(git-fixes)。

- media:i2c:ov5640:ストリーミングがない限り、DVPモードで電源を落としたままにします(git-fixes)。

- media:i2c:ov5640:mipi構成をs_powerから分離します(git-fixes)。

- media:imx274:フレーム間隔処理を修正します(git-fixes)。

- media:m5mols:m5mols_sensor_powerの関数ポインターをチェックします(git-fixes)。

- media:mc-device.c:media_device_register_entityのメモリリークを修正します(git-fixes)。

- media:media/pci:bttv_probeでのメモリリークを防止します(git-fixes)。

- media:mx2_emmaprp:emmaprp_probeのメモリリークを修正します(git-fixes)。

- media:omap3isp:isp_probeのメモリリークを修正します(git-fixes)。

- media:ov5640:クロックツリーダイアグラムのBit Divレジスタを修正します(git-fixes)。

- media:platform:fcp:参照カウントの漏洩を修正します(git-fixes)。

- media:platform:バグ修正のためのキューセットアップフローを改善します(git-fixes)。

- media:platform:s3c-camif:エラー時のランタイムPM不均衡を修正します(git-fixes)。

- media:platform:sti:hva:エラー時のランタイムPM不均衡を修正します(git-fixes)。

- media:rcar-csi2:v4l2_async_subdevを動的に割り当てます(git-fixes)。

- media:rcar_dif:v4l2_async_subdevを動的に割り当てます(git-fixes)。

- media:rcar_dif:DTを解析する際のfwnode参照漏洩を修正します(git-fixes)。

- media:rcar-vin:参照カウントの漏洩を修正します(git-fixes)。

- media:rc:rc_unregister_device()の後にsysfsを介してデバイスにアクセスしません(git-fixes)。

- media:rc:uevent sysfsファイルがrc_unregister_device()と競合します(git-fixes)。

- media:戻す:「media: exynos4-is:欠落しているpinctrl_lookup_state()のチェックを追加します」(git-fixes)。

- media:rockchip/rga:参照カウントの漏洩を修正します(git-fixes)。

- media:s5p-mfc:参照カウントの漏洩を修正します(git-fixes)。

- media:saa7134:シフトオーバーフローを回避します(git-fixes)。

- media:smiapp:NVM読み取り時のエラー処理を修正します(git-fixes)。

- media:staging/intel-ipu3:css:一部のメモリを正しくリセットします(git-fixes)。

- media:st-delta:delta_run_workでの参照カウントの漏洩を修正します(git-fixes)。

- media:sti:参照カウントの漏洩を修正します(git-fixes)。

- media:stm32-dcmi:参照カウントの漏洩を修正します(git-fixes)。

- media:tc358743:tc358743_cec_isrをクリーンアップします(git-fixes)。

- media:tc358743:変数を初期化します(git-fixes)。

- media:ti-vpe:cal:メモリ破損を回避するためにDMAを制限します(git-fixes)。

- media:ti-vpe:欠落しているチェックと参照カウントの漏洩を修正します(git-fixes)。

- media:tuner-simple:simple_set_radio_freqでの回帰を修正します(git-fixes)。

- media:tw5864:tw5864_frameinterval_getのステータスをチェックします(git-fixes)。

- media:usbtv:参照カウントの取り違えを修正します(git-fixes)。

- media:uvcvideo:プローブされた情報がすべてv4l2に返されるようにします(git-fixes)。

- media:uvcvideo:領域外リスト反復子の逆参照を修正します(git-fixes)。

- media:uvcvideo:uvc_ctrl_fixup_xu_info()が効果を及ぼさない問題を修正します(git-fixes)。

- media:uvcvideo:メディアコントローラーエンティティ関数を設定します(git-fixes)。

- media:uvcvideo:shift-out-of-bounds警告を抑制します(git-fixes)。

- media:v4l2-async:asd割り当て要件を文書化します(git-fixes)。

- media:venus:コア:venus_probeのランタイムPM不均衡を修正します(git-fixes)。

- media:vsp1:エラー時のランタイムPM不均衡を修正します(git-fixes)。

- メモリ:fsl-corenet-cf:platform_get_irq()エラーの処理を修正します(git-fixes)。

- メモリ:omap-gpmc:いくつかのoff-by-oneを修正します(git-fixes)。

- メモリ:omap-gpmc:CONFIG_OFなしにビルドエラーを修正します(git-fixes)。

- mfd:mfd-core:NULLコールバック関数ポインターから保護します(git-fixes)。

- mfd:sm501:probe()での漏洩を修正します(git-fixes)。

- mic:vop:データをカーネル空間にコピーし、ioメモリに書き込みます(git-fixes)。

- misc:mic:scif:エラー処理パスを修正します(git-fixes)。

- misc:rtsx:rtsx_pci_probeにおけるメモリリークを修正します(git-fixes)。

- misc:vop:vring_sizeにround_up(x,4)を追加して、カーネルパニックを回避します(git-fixes)。

- mm:deferred_init_memmap()からcond_resched()を呼び出します(git-fixes(mm/init)、bsc#1177697)。

- mmc:コア:limits.discard_granularityを0に設定しません(git-fixes)。

- mmc:コア:wp-gpioの処理を修正します(git-fixes)。

- mm、compaction:compact_zone_order()でキャプチャがNULLではないことを完全に想定します(git-fixes(mm/compaction)、bsc#1177681)。

- mm、compaction:キャプチャコントロールが安全なwrt割り込みを処理するようにします(git-fixes(mm/compaction)、bsc#1177681)。

- mmc:sdhci-acpi:AMDI0040:SDHCI_QUIRK2_PRESET_VALUE_BROKENを設定します(git-fixes)。

- mmc:sdhci:一部のIntel BYTベースのコントローラーに対してLTRサポートを追加します(git-fixes)。

- mmc:sdhci:Intel GLKベースのIRBISモデルにおける破損したコマンドキューの回避策(git-fixes)。

- mmc:sdio:CISTPL_VERS_1バッファサイズをチェックします(git-fixes)。

- mm/debug.c:dump_page()のフラグを常に出力します(git-fixes(mm/debug))。

- mm:sysfsでリンクを作成できない場合にパニックが発生しません(bsc#1178002)。

- mm:システム状態に依存せずにホットプラグ操作を検出します(bsc#1178002)。

- mm:THP分割中の競合を修正します(bsc#1178255)。

- mm/huge_memory.c:ヘッドを使用して、巨大なゼロページをチェックします(git-fixes(mm/thp))。

- mm:遅延ページを割り込みを有効にして初期化します(git-fixes(mm/init)、bsc#1177697)。

- mm:madvise:vma use-after-freeを修正します(git-fixes)。

- mm/memcontrol.c:memcg_expand_shrinker_maps()でcss_putが失われました(bsc#1177694)。

- mm/mempolicy.c:mpol_parse_str()の領域外書き込みを修正します(git-fixes(mm/mempolicy))。

- mm/migrate.c:ゼロより大きい場合もエラーを上書きします(git-fixes(mm/move_pages)、bsc#1177683)。

- mm:move_pages:試行されていないページ数を報告します(git-fixes(mm/move_pages)、bsc#1177683)。

- mm:move_pages:ページがすでにターゲットノードにある場合は、ステータスの有効なノードIDを返します(git-fixes(mm/move_pages)、bsc#1177683)。

- mm/pagealloc.c:遅延initの最大次数の境界でtouch_nmi_watchdog()を呼び出します(git-fixes(mm/init)、bsc#1177697)。

- mm/page-writeback.c:wb_min_max_ratio()でのゼロ除算の可能性を回避します(git-fixes(mm/writeback))。

- mm/page-writeback.c:算術除算を改善します(git-fixes(mm/writeback))。

- mm:meminit_contextでmemmap_contextを置き換えます(bsc#1178002)。

- mm/rmap:ソフトダーティPTEとuffd PTEのコピーを修正します(git-fixes(mm/rmap))。

- mm、slab/slub:cache_from_obj()のエラーレポートおよびオーバーヘッドを改善します(mm/slub bsc#1165692)。

- mm、slab/slub:cache_from_obj()を移動および改善します(mm/slub bsc#1165692)。

- mm、slub:slub_debug静的キーによって保護されるチェックを拡張します(mm/slub bsc#1165692)。

- mm、slub:複数のブロックのslub_debug構文を拡張します(mm/slub bsc#1165692)。

- mm、slub:kmem_cache_debug_flags()を導入します(mm/slub bsc#1165692)。

- mm、slub:slub_debug()の静的キーを導入します(mm/slub bsc#1165692)。

- mm、slub:reclaim_account属性を読み取り専用にします(mm/slub bsc#1165692)。

- mm、slub:残りのslub_debug関連の属性を読み取り専用にします(mm/slub bsc#1165692)。

- mm、slub:一部のslub_debug関連の属性を読み取り専用にします(mm/slub bsc#1165692)。

- mm、slub:ランタイムの割り当て順序の変更を削除します(mm/slub bsc#1165692)。

- mm、slub:初期kmem_cacheフラグを復元します(mm/slub bsc#1165692)。

- mm/swapfile.c:sys_swaponの潜在的なメモリリークを修正します(git-fixes)。

- mm/zsmalloc.c:移行されたzspage統計を修正します(git-fixes(mm/zsmalloc))。

- モジュール:sysfsセクションの出力を正しく切り捨てます(git-fixes)。

- モジュール:セクションアドレスをCAP_SYSLOG以外に漏洩しません(git-fixes)。

- モジュール:セクション属性をbin属性にリファクタリングします(git-fixes)。

- モジュール:initセクション解放データを静的に初期化します(git-fixes)。

- UpstreamのBTパッチをソートされたセクションに移動します

- Upstreamのintel-vbtnパッチをソートされたセクションに移動します

- mt76:ampduアクションの周辺に欠落しているロックを追加します(git-fixes)。

- mt76:クリーンアップ中にrx集約並べ替えバッファからskbポインターを消去します(git-fixes)。

- mt76:led classdevに対してdevm APIを使用しません(git-fixes)。

- mt76:mt76_dma_tx_queue_skb_rawのフルtxキューの処理を修正します(git-fixes)。

- mt76:LEDリンクタイムの失敗を修正します(git-fixes)。

- mtd:cfi_cmdset_0002:cfi_amdstd_setup()のエラーパスでcfi->cfiqを解放しません(git-fixes)。

- mtd:lpddr:print_drs_errorの不適切なロジックを修正します(git-fixes)。

- mtd:lpddr:clangによるスタックの過剰使用を修正します(git-fixes)。

- mtd:mtdoops:パニックデータを2回書き込みません(git-fixes)。

- mtd:rawnand:gpmi:エラー時のランタイムPM不均衡を修正します(git-fixes)。

- mtd:rawnand:omap_elm:エラー時のランタイムPM不均衡を修正します(git-fixes)。

- mtd:rawnand:stm32_fmc2:バッファオーバーフローを修正します(git-fixes)。

- mtd:rawnand:vf610:probeのエラー処理パスのクロックを無効にします(git-fixes)。

- mtd:spinand:gigadevice:QEビットを追加します(git-fixes)。

- mtd:spinand:gigadevice:QUADIOで1つのダミーバイトのみ(git-fixes)。

-mwifiex: 初期化されていないタイマーでdel_timer_sync()を呼び出しません(git-fixes)。

-mwifiex: アトミックコンテキストでGFP_KERNELを使用しません(git-fixes)。

-mwifiex: 二重解放を修正します(git-fixes)。

-mwifiex: 関数ポインターチェックを削除します(git-fixes)。

-mwifiex: HostCmd_SET_SEQ_NO_BSS_INFOから不必要な波括弧を削除します(git-fixes)。

- net:ブリッジ:br_vlan_get_pvid_rcu()は、RCUでVLANグループを逆参照する必要があります(networking-stable-20_09_24)。

- net/core:skb_mpls_(push,pop)でEthertypeを更新する前に長さをチェックします(git-fixes)。

- net:DCB:DCB_ATTR_DCB_BUFFER引数を検証します(networking-stable-20_09_24)。

- net:新規napiでnetpollを無効にします(networking-stable-20_09_11)。

- net:dsa:b53:タイムアウトをチェックします(networking-stable-20_08_24)。

- net:dsa:rtl8366:適切に明確なメンバーの構成(networking-stable-20_09_24)。

- net:fec:プローブのレギュレーター無効化のエラーパスを修正します(networking-stable-20_08_24)。

- net:ブリッジのスレーブ化の失敗を修正します(networking-stable-20_09_24)。

- net:skb_vlan_untag()の間違っている可能性があるskb->protocolを修正します(networking-stable-20_08_24)。

- net:hns:hns_nic_dev_probeのメモリリークを修正します(networking-stable-20_09_11)。

- net:ipv6:IPV6_SEG6_HMACに対するkconfigの依存関係に関する警告を修正します(networking-stable-20_09_24)。

- netlabel:マッピングの削除に関する問題を修正します(networking-stable-20_09_11)。

- net:lantiq:NAPIがスケジュールされた場合にのみIRQを無効にします(networking-stable-20_09_24)。

- net:lantiq:napi_complete_done()を使用します(networking-stable-20_09_24)。

- net:lantiq:TX NAPIに対してnetif_tx_napi_add()を使用します(networking-stable-20_09_24)。

- net:lantiq:TXキューを再びウェイクします(networking-stable-20_09_24)。

- net/mlx5e:マージされたeswitchがサポートされている場合のみ、ピアの欠落ルールの追加を有効にします(networking-stable-20_09_24)。

- net/mlx5e:TLS、サポートされていない場合にFPGA TLSカウンターを公開しません(networking-stable-20_09_24)。

- net/mlx5:FTEのクリーンアップを修正します(networking-stable-20_09_24)。

- net:mscc:ocelot:TXタイムスタンプ付きの競合状態を修正します(bsc#1178461)。

- net:phy:ドライバーがバインドされていない場合、phy_detach()でのNPDを回避します(networking-stable-20_09_24)。

- net:phy:PHY_DOWNのphy_stop()で警告しません(networking-stable-20_09_24)。

- net:phy:realtek:rtl8211eのrx/tx遅延構成を修正します(git-fixes)。

- net:qrtr:ソケットへのポート割り当てにおけるidrの使用を修正します(networking-stable-20_08_24)。

- net/sched:act_ct:tcf_ct_handle_fragments()エラーフローのskb二重解放を修正します(networking-stable-20_08_24)。

- net:sctp:sctp_copy_descendantのIPv6 ancestor_size計算を修正します(networking-stable-20_09_24)。

- net:sctp:データストリームの数のネゴシエーションを修正します(networking-stable-20_08_24)。

- net/smc:__smc_diag_dump()でのカーネル情報漏洩を防止します(networking-stable-20_08_24)。

- net:systemport:bcm_sysport_probeのメモリリークを修正します(networking-stable-20_09_11)。

- net:usb:dm9601:Keenetic Plus DSLのUSB IDを追加します(networking-stable-20_09_11)。

- net:usb:qmi_wwan:Cellient MPL200カードを追加します(git-fixes)。

- net:usb:rtl8150:set_ethernet_addr()が失敗した場合にランダムなMACアドレスを設定します(git-fixes)。

- net:wireless:nl80211:nl80211_del_key()の領域外アクセスを修正します(git-fixes)。

- nfc:nfc_genl_fw_download()にNFC_ATTR_FIRMWARE_NAME属性が存在するようにします(git-fixes)。

- nfp:適切な定義を使用して、NONE fecを返します(networking-stable-20_09_24)。

- nfsd4:nfsd/クライアント表示コードのNULLデリファレンスを修正します(git-fixes)。

- NFS:使用中は、レイアウトをplh_return_segsリストに移動しません(git-fixes)。

- NFS:使用中のレイアウトセグメントを返しません(git-fixes)。

- nfs:close()で正しいライトバックエラーが返されるようにします(git-fixes)。

- NFS:flexfilesの読み取りフェイルオーバーを修正します(git-fixes)。

- nfs:セキュリティラベルの長さがリセットされない問題を修正します(bsc#1176381)。

- nfs:nfs_file_write()はライトバックエラーをチェックする必要があります(git-fixes)。

- NFSv4.2:copy_file_rangeに対するクライアントの属性キャッシュ管理を修正します(git-fixes)。

- nl80211:非分割wiphy情報を修正します(git-fixes)。

- NTB:hw:amd:システムリソース漏洩に関する問題を修正します(git-fixes)。

- ntb:intel:intel_ntb_pci_probeのメモリリークを修正します(git-fixes)。

- nvme-multipath:機能していないキューのコマンドを再試行します(bsc#1171688)。

- nvme-rdma:不適切なcqeによるクラッシュを修正します(bsc#1174748)。

- nvme-rdma:接続拒否時のクラッシュを修正します(bsc#1174748)。

- overflow:SIZE_MAX宣言を持つヘッダーファイルを含めます(git-fixes)。

- p54:ストリーミングDMAにマッピングされたデータへのアクセスを回避します(git-fixes)。

- PCI:aardvark:pci_bridge_emul_init()呼び出しからのエラーをチェックします(git-fixes)。

- PCI/ACPI:電源がACPIにより管理されている場合にD3のホットプラグポートをホワイトリストに登録します(git-fixes)。

- PCI:hpmemsizeでのMMIOウィンドウの二重割り当てを回避します(git-fixes)。

- PCI/IOV:VFをPCI_COMMAND_MEMORYを実装していないものとしてマークします(bsc#1176979)。

- PCI:tegra194:エラー時のランタイムPM不均衡を修正します(git-fixes)。

- PCI:tegra:エラー時のランタイムPM不均衡を修正します(git-fixes)。

- percpu:入力されたビットマップに対する最初のチャンクサイズの計算を修正します(git-fixes(mm/percpu))。

- perf/x86/amd:「サイクルあたり大きな増分」イベントのサンプリングを修正します(bsc#1152489)。

- perf/x86:キャンセルされたtxnに対するn_pairを修正します(bsc#1152489)。

- phy:ti:am654:serdes_am654_probe()の漏洩を修正します(git-fixes)。

- pinctrl:bcm:!GPIOLIB時のkconfig依存関係の警告を修正します(git-fixes)。

- pinctrl:mcp23s08:mcp23x17の重要な範囲を修正します(git-fixes)。

- pinctrl:mcp23s08:mcp23x17_regmap初期化子を修正します(git-fixes)。

- pinctrl:mvebu:98DX3236のi2c sda定義を修正します(git-fixes)。

- PKCS#7:カーネルモジュールおよびkexec peの検証についてcodeSigning EKUをチェックします。

- PKCS#7:カーネルモジュールおよびkexec peの検証についてcodeSigning EKUをチェックします(bsc#1177353)。

- Platform:OLPC:olpc_ec_probeのメモリリークを修正します(git-fixes)。

- platform/x86:FUJItsu_LAPTOPに対するkconfig依存関係の警告を修正します(git-fixes)。

- platform/x86:LG_LAPTOPに対するkconfig依存関係の警告を修正します(git-fixes)。

- platform/x86:intel_pmc_core:静的構造体デバイスを作成しません(git-fixes)。

- platform/x86:intel-vbtn:SW_TABLET_MODEレポートの許可リストに切り替えます(bsc#1175599)。

- platform/x86:mlx-platform:PSUのEEPROM構成を削除します(git-fixes)。

- platform/x86:thinkpad_acpi:tp_nvram_state変数を初期化します(git-fixes)。

- platform/x86:thinkpad_acpi:再利用時にACPIバッファサイズを再初期化します(git-fixes)。

- PM:hibernate:hibernateをバッチ化し、IOリクエストを再開します(bsc#1178079)。

- PM:hibernate:software_resume()のget_gendisk()への偽造呼び出しを削除します(git-fixes)。

- PM:runtime:リンクの削除時にランタイムPM参照をサプライヤーにドロップします(git-fixes)。

- pNFS/flexfiles:読み込み時にミラーbsizeを適切に初期化するようにします(git-fixes)。

- powerpc/book3s64/radix:radix_mem_block_sizeを64ビットにします(bsc#1055186 ltc#153436 git-fixes)。

- powerpc/dma:修正:dma_map_ops: : get_required_mask(bsc#1065729)。

- powerpc:P9N DD2.1 VSX CIロードエミュレーションで検出されないデータ破損を修正します(bsc#1065729)。

- powerpc/hwirq:古いirq_chip転送宣言を削除します(bsc#1065729)。

- powerpc/icp-hv:成功パスで欠落しているof_node_put()を修正します(bsc#1065729)。

- powerpc/irq:struct irqactionの転送宣言をドロップします(bsc#1065729)。

- powerpc/papr_scm:perf_stats_show()によってトリガーされた警告を修正します(bsc#1175052 jsc#SLE-13823 bsc#1174969 jsc#SLE-12769 git-fixes)。

- powerpc/perf/hv-gpci:開始インデックス値を修正します(bsc#1065729)。

- powerpc/powernv/dump:OPALダンプの処理中に競合を修正します(bsc#1065729)。

- powerpc/powernv/elog:OPALエラーログイベントの処理中に競合を修正します(bsc#1065729)。

- powerpc/pseries:リアルモードでaddr_to_pfnを使用することを回避します(jsc#SLE-9246 git-fixes)。

- powerpc/pseries:drmem_lmbリストトラバーサル中に明示的に再スケジュールします(bsc#1077428 ltc#163882 git-fixes)。

- powerpc/pseries:rng_init()で欠落しているof_node_put()を修正します(bsc#1065729)。

- power:supply:bq27xxx:すべてのタイプで「充電していない」を報告します(git-fixes)。

- power:supply:max17040:電圧の読み取りを修正します(git-fixes)。

- power:supply:test_power:sysfsによりパラメーターを出力する際に欠落している改行を追加します(git-fixes)。

- pwm:img:プローブのNULLポインターアクセスを修正します(git-fixes)。

- pwm:lpss:base_unitレジスタ値の範囲制限チェックを追加します(git-fixes)。

- pwm:lpss:pwm_lpss_prepare()のbase_unit mathのoff-by-oneエラーを修正します(git-fixes)。

- qla2xxx:fcportの削除時にEBUSYを返します(bsc#1171688)。

- qtnfmac:サポートされていないiftypeエラーリターンパスのリソース漏洩を修正します(git-fixes)。

- r8169:RTL8402でのデータ破損の問題を修正します(bsc#1174098)。

- r8169:共有された割り込みと組み合わせた強制されたスレッドの問題を修正します(git-fixes)。

- r8169:強制割り込みスレッドでの操作を修正します(git-fixes)。

- rapidio:rio_mport_add_riodevで欠落しているput_device()を修正します(git-fixes)。

- rbd-add-rbd_img_fill_cmp_and_write_from_bvecs.patch:
(bsc#1177090)。

- rbd-add-support-for-COMPARE_AND_WRITE-CMPEXT.patch:
(bsc#1177090)。

- RDMA/hfi1:TID RDMA WRITEリクエストのインターロックの問題を修正します(bsc#1175621)。

- patches.suse/fnic-to-not-call-scsi_done-for-unhandled-commands.patchを更新します(bsc#1168468、bsc#1171675)。

- regulator:axp20x:LDO2/4の説明を修正します(git-fixes)。

- regulator:未解決の供給から電圧を取得しようとする際にプローブを延期します(git-fixes)。

- regulator:レギュレーターの作成後に供給を解決します(git-fixes)。

- その他のドライバー/Intel IOMMUサブセクションの名前をIOMMUに変更します

- reset:sti:reset-syscfg:構造体説明の警告を修正します(git-fixes)。

- ring-buffer:成功した場合はring_buffer_resize()から0を返します(git-fixes)。

- rpm/kernel-module-subpackage:Groupタグをオプションにします(bsc#1163592)

- rtc:ds1374:潜在的な競合状態を修正します(git-fixes)。

- rtc:rx8010:グローバルrtc opsを変更しません(git-fixes)。

- rtc:sa1100:潜在的な競合状態を修正します(git-fixes)。

- rtl8xxxu:メモリリークの可能性を防止します(git-fixes)。

- rtw88:rxバッファサイズのサイズを増やします(git-fixes)。

- s390/cio:slow_eval_known_fn()ループにcond_resched()を追加します(bsc#1177799 LTC#188733)。

- s390/dasd:FBAデバイスのゼロ書き込みを修正します(bsc#1177801 LTC#188735)。

- s390/pci:すべてのVFをPCI_COMMAND_MEMORYを実装していないものとしてマークします(bsc#1176979)。

- sched/fair:SMT移行ではキャッシュの有効性を無視します(bnc#1155798(CPUスケジューラの機能およびパフォーマンスのバックポート))。

- sched/fair:NUMAバランサーの不均衡をチェックする際にdstグループを使用します(bnc#1155798(CPUスケジューラの機能およびパフォーマンスのバックポート))。

- sched/numa:タスク作成時に大きな不均衡を生じさせないようにします(bnc#1176588)。

- sched/numa:有効な場合にのみnumaバランシング情報を確認します(bnc#1176588)。

- sched/numa:runnable_avgを使用してノードを分類します(bnc#1155798(CPUスケジューラの機能およびパフォーマンスのバックポート))。

- scsi:ibmvfc:ibmvfc_probe() のエラーリターンを修正します(bsc#1065729)。

- scsi:ibmvscsi:トランスポートの損失後の潜在的な競合を修正します(bsc#1178166 ltc#188226)。

- scsi:iscsi:iscsi_tcp:getpeername()の呼び出し中にspinlockを保持することを避けます(bsc#1177258)。

- scsi:mptfusion:より大きなDMA割り当てに対してGFP_ATOMICを使用しません(bsc#1175898、ECO-2743)。

- scsi:qla2xxx:IOCBリソース追跡を追加します(bsc#1171688 bsc#1174003)。

- scsi:qla2xxx:debugfsにrportフィールドを追加します(bsc#1171688 bsc#1174003)。

- scsi:qla2xxx:SLERとPIコントロールのサポートを追加します(bsc#1171688 bsc#1174003)。

- scsi:qla2xxx:FC-NVMeデバイスのdev_loss_tmo設定を許可します(bsc#1171688 bsc#1174003)。

- scsi:qla2xxx:sscanf()戻り値のチェックを修正します(bsc#1171688 bsc#1174003)。

- scsi:qla2xxx:バッファバッファクレジット抽出エラーを修正します(bsc#1171688 bsc#1174003)。

- scsi:qla2xxx:アンロードによるセッションクリーンアップ時のクラッシュを修正します(bsc#1171688 bsc#1174003)。

- scsi:qla2xxx:qla_dbg.cの一貫性のないフォーマット引数タイプを修正します(bsc#1171688 bsc#1174003)。

- scsi:qla2xxx:qla_os.cの一貫性のないフォーマット引数タイプを修正します(bsc#1171688 bsc#1174003)。

- scsi:qla2xxx:tcm_qla2xxx.cの一貫性のないフォーマット引数タイプを修正します(bsc#1171688 bsc#1174003)。

- scsi:qla2xxx:LIPリセットテスト中のI/Oエラーを修正します(bsc#1171688 bsc#1174003)。

- scsi:qla2xxx:リモートポートのトグルテスト中のI/O障害を修正します(bsc#1171688 bsc#1174003)。

- scsi:qla2xxx:メモリサイズの切り捨てを修正します(bsc#1171688 bsc#1174003)。

- scsi:qla2xxx:MPIリセットが必要なメッセージを修正します(bsc#1171688 bsc#1174003)。

- scsi:qla2xxx:ポイントツーポイント(N2N)デバイス検出の問題を修正します(bsc#1171688 bsc#1174003)。

- scsi:qla2xxx:MPIファームウェアのリセットを修正します(bsc#1171688 bsc#1174003)。

- scsi:qla2xxx:仕様ごとにFCP_RSPのステータス修飾子を遵守します(bsc#1171688 bsc#1174003)。

- scsi:qla2xxx:tgt_port_databaseをイニシエーターモードで使用できるようにします(bsc#1171688 bsc#1174003)。

- scsi:qla2xxx:パフォーマンスの調整(bsc#1171688 bsc#1174003)。

- scsi:qla2xxx:レポート速度の重複コードを削減します(bsc#1171688 bsc#1174003)。

- scsi:qla2xxx:不要な変数「rval」を削除します(bsc#1171688 bsc#1174003)。

- scsi:qla2xxx:リモートポート用のdebugfsエントリを設定します(bsc#1171688 bsc#1174003)。

- scsi:qla2xxx:バージョンを10.02.00.102-kに更新します(bsc#1171688 bsc#1174003)。

- scsi:qla2xxx:バージョンを10.02.00.103-kに更新します(bsc#1171688 bsc#1174003)。

- sctp:sctp_get_port_local()全体でbhを無効にしません(networking-stable-20_09_11)。

- selftests/timers:タイムアウト設定をオフにします(git-fixes)。

- serial:8250:8250_omap:RXタイムアウトでデータをプッシュする前にDMAを終了します(git-fixes)。

- serial:8250_mtk:uart_get_baud_rateの警告を修正します(git-fixes)。

- serial:8250_omap:プローブ中に無効なコンテキストから呼び出されるスリープ関数を修正します(git-fixes)。

- serial:8250_port:調整されている場合、RX FIFOを保守しません(git-fixes)。

- serial:txx9:serial_txx9_initのエラー時に不足しているplatform_driver_unregister()を追加します(git-fixes)。

- serial:uartps:コンソールセットアップのtx_emptyを待ちます(git-fixes)。

- slimbus:コア:laddr idaを削除する前にget_addrをチェックします(git-fixes)。

- slimbus:コア:コアでクロック一時停止モードに入りません(git-fixes)。

- slimbus:qcom-ngd-ctrl:qmiサーバーダウンコールバックでngdを無効にします(git-fixes)。

- soc:fsl:qbman:成功時の戻り値を修正します(git-fixes)。

- spi:dw-pci:desc->setup()が失敗した場合、以前に割り当てられたIRQを解放します(git-fixes)。

- spi:fsl-espi:想定されるイベントの割り込みのみを処理します(git-fixes)。

- spi:omap2-mcspi:CHSTATを待機するパフォーマンスを改善します(git-fixes)。

- spi:spi-s3c64xx:戻り値をチェックします(git-fixes)。

- spi:spi-s3c64xx:s3c64xx_spi_set_cs()とs3c64xx_enable_datapath()をスワップします(git-fixes)。

- spi:sprd:プローブ延期時でもDMAチャネルをリリースします(git-fixes)。

- spi:stm32:「通信が中断されました」メッセージを速度制限します(git-fixes)。

- staging:comedi:cb_pcidas:AOサブデバイスに対して2チャネルのコマンドを許可します(git-fixes)。

- staging:comedi:見つかったUSBエンドポイントのwMaxPacketSizeの有効性をチェックします(git-fixes)。

- staging:octeon:訂正不能なアライメントまたはFCSエラー時にドロップします(git-fixes)。

- staging:octeon:「fixed-link」サポートを修正します(git-fixes)。

- staging:r8188eu:msduからmsduへの変換のskb_cloneを回避します(git-fixes)。

- staging:rtl8192u:アトミックコンテキストでGFP_KERNELを使用しません(git-fixes)。

- SUNRPC:241b1f419f0e(「SUNRPC:xdr_buf_trim()を削除します」)を元に戻します(git-fixes)。

- svcrdma:svc_rdma_recv_read_chunk()のページ漏洩を修正します(git-fixes)。

- taprio:小さすぎる間隔の許可を修正します(networking-stable-20_09_24)。

- target-compare-and-write-backend-driver-sense-handli.patch: (bsc#1177719)。

- target-rbd-add-emulate_legacy_capacity-dev-attribute.patch:(bsc#1177109)。

- target-rbd-add-WRITE-SAME-support.patch:(bsc#1177090)。

- target-rbd-conditionally-fix-off-by-one-bug-in-get_b.patch:(bsc#1177109)。

- target-rbd-detect-stripe_unit-SCSI-block-size-misali.patch:(bsc#1177090)。

- target-rbd-fix-unmap-discard-block-size-conversion.patch: (bsc#1177271)。

- target-rbd-fix-unmap-handling-with-unmap_zeroes_data.patch:(bsc#1177271)。

- target-rbd-support-COMPARE_AND_WRITE.patch:
(bsc#1177090)。

- thermal:rcar_thermal:プローブエラーを適切に処理します(git-fixes)。

- time:timespec64_to_ns()での未定義の動作を防止します(bsc#1164648)。

- tipc:tipc_buf_append()によって引き起こされるメモリリークを修正します(git-fixes)。

- tipc:tipc_group_create_member()でのメモリリークを修正します(networking-stable-20_09_24)。

- tipc:コネクションレスソケットのshutdown()を修正します(networking-stable-20_09_11)。

- tipc:接続向けソケットのshutdown()を修正します(networking-stable-20_09_24)。

- tipc:tipc_buf_append()の skb_unshare()を修正します(git-fixes)。

- tipc:tipc_nl_compat_dumpit()のuninit skb->dataを修正します(networking-stable-20_08_24)。

- tipc:tipc_buf_append()の代わりにskb_unshare()を使用します(networking-stable-20_09_24)。

- tracing:結果を使用する前に、__create_val_fields()の戻り値をチェックします(git-fixes)。

- tracing:通常の文字列変数を保存します(git-fixes)。

- tty:ipwireless:エラー処理を修正します(git-fixes)。

- tty:シリアル:fsl_lpuart:lpuart32_poll_get_charを修正します(git-fixes)。

- uio:uioファイルノードが解放された後にuio idを解放します(git-fixes)。

- 構成ファイルを更新してください。ACPI_PCI_SLOTおよびHOTPLUG_PCI_ACPIを有効にします(bsc#1177194)。

- 次を更新します:patches.suse/target-add-rbd-backend.patch: ().
(ブロックからバイトへの計算を簡素化し、一貫したエラーパスを使用します)

- USB:adutux:デバッグを修正します(git-fixes)。

- usb:cdc-acm:quirkをETAS ES58Xデバイスのブラックリストに追加します(git-fixes)。

- usb:cdc-acm:冷却メカニズムを修正します(git-fixes)。

- USB:cdc-acm:破損したunion記述子を処理します(git-fixes)。

- USB:cdc-wdm:wdm_flush()を割り込み可能にし、wdm_fsync()を追加します(git-fixes)。

- usb:コア:アンカークリーンアップ関数の競合状態を解決します(git-fixes)。

- usb:dwc2:DDMAモードでのINTR OUT転送を修正します(git-fixes)。

- usb:dwc2:関数ポインタープロトタイプのパラメータータイプを修正します(git-fixes)。

- usb:dwc3:コア:プローブエラー処理のためにphyクリーンアップを追加します(git-fixes)。

- usb:dwc3:コア:ドライバーを削除する際にruntime pmをトリガーしません(git-fixes)。

- usb:dwc3:ep0:OUT ep0リクエストのZLPを修正します(git-fixes)。

- usb:dwc3:gadget:CLEAR_STALLの後に保留中のリクエストを再開します(git-fixes)。

- usb:dwc3:デバイスコントローラーによってクリアされるCmdActのタイムアウトを増加します(git-fixes)。

- usb:dwc3:pci:Elkhart LakeがDSMメソッドをPM機能に利用することを許可します(git-fixes)。

- usb:dwc3:simple:Hikey 970のサポートを追加します(git-fixes)。

- USB:EHCI:ehci-mv:mv_ehci_probe()のエラー処理を修正します(git-fixes)。

- USB:EHCI:ehci-mv:符号なしintの0未満の比較を修正します(git-fixes)。

- usb:gadget:f_ncm:SuperSpeed PlusガジェットでNCMを使用できるようにします(git-fixes)。

- usb:gadget:f_ncm:SuperSpeed以降のncm_bitrateを修正します(git-fixes)。

- USB:gadget:f_ncm:NDP16データグラムの検証を修正します(git-fixes)

- usb:gadget:function:printer:__lock_acquireのUse-After-Freeを
修正します(git-fixes)。

- usb:gadget:u_ether:SuperSpeed Plusでもqmultを有効にします(git-fixes)。

- usblp:disconnect()とread()の間の競合を修正します(git-fixes)。

- usb:mtu3:mtu3_gadget_stop()のパニックを修正します(git-fixes)。

- usb:ohci:ポートごとの過電流保護をデフォルトにします(git-fixes)。

- USB:シリアル:cyberjack:write-URB完了の競合を修正します(git-fixes)。

- USB:シリアル:ftdi_sio:FreeCalypso JTAG+UARTアダプターのサポートを追加します(git-fixes)。

- USB:シリアル:オプション:Cellient MPL200カードを追加します(git-fixes)。

- USB:シリアル:オプション:Telit FT980-KS構成を追加します(git-fixes)。

- USB:シリアル:pl2303:HP GCデバイス用のdevice-idを追加します(git-fixes)。

- USB:シリアル:qcserial:altsettingプローブを修正します(git-fixes)。

- usb:typec:tcpm:PR_SWAP中、ソースcapはtSwapSourceStartの後にのみ送信される必要があります(git-fixes)。

- usb:xhci-mtk:誤字を修正します(git-fixes)。

- usb:xhci:ランタイム中断ホストを中断する際に、重複するアクションを省略します(git-fixes)。

- vfio/pci:PCI_COMMAND_MEMORYビットチェックをis_virtfnから分離します(bsc#1176979)。

- video:hyperv:hyperv_fb:Hyper-Vホストから画面解像度を取得します(bsc#1175306)。

- video:hyperv:hyperv_fb:Hyper-Vフレームバッファドライバーの延期されたIOをサポートします(bsc#1175306)。

- video:hyperv:hyperv_fb:HyperV Gen 1 VMのfbに物理メモリを使用します(bsc#1175306)。

- virtio-net:LROを無効にする際にゲストcsumを無効にしません(git-fixes)。

- VMCI:get_user_pages_fast()の戻り値のエラーをチェックします(git-fixes)。

- vmxnet3:non-udpトンネルに対するcksumオフロードの問題を修正します(git-fixes)。

- w1:mxc_w1:バスのエラーを引き起こすタイムアウト解決の問題を修正します(git-fixes)。

- ウォッチドッグ:watchdog_cdev_registerのメモリリークを修正します(git-fixes)。

- ウォッチドッグ:sp5100:EFCH_PM_DECODEEN3の定義を修正します(git-fixes)。

- ウォッチドッグ:エラー時にput_deviceを使用します(git-fixes)。

- wcn36xx:報告されている802.11n rx_highest rate wcn3660/wcn3680を修正します(git-fixes)。

- wlcore:wl1271_tx_workのランタイムPM不均衡を修正します(git-fixes)。

- wlcore:wlcore_regdomain_configのランタイムPM不均衡を修正します(git-fixes)。

- writeback:inodeの書き戻しのスキップを回避します(bsc#1177755)。

- writeback:b_dirty_time処理による同期ライブロックを修正します(bsc#1177755)。

- writeback:inode->i_lockによってinode->i_io_listを保護します(bsc#1177755)。

- X.509:CodeSigning拡張キー使用法を追加します(bsc#1177353)。

- x86/alternative:遅延TLBモードでtext_poke()を呼び出しません(bsc#1175749)。

- x86/fpu:clearcpuid= parameterで複数ビットを許可します(bsc#1152489)。

- x86/ioapic:check_timer()を破損しません(bsc#1152489)。

- x86/kexec:最新のscreen_infoコピーを使用して、起動パラメーターを入力します(bsc#1175306)。

- x86/(mce,mm):ページ全体が影響を受け、ポイズニングされた場合にページ全体のマッピングを解除します(bsc#1177765)。

- x86/mm:暗号化されていない非ブロッキングなDMA割り当ては、首尾一貫したプールを使用します(bsc#1175898、ECO-2743)。

- x86/unwind/orc:GCC 10コンパイル済みカーネルの%spにおけるスタックポインターで非アクティブなタスクを修正します(bsc#1176907)。

- x86/xen:修正可能なメモリエラーに対するファームウェアファーストモードを無効にします(bsc#1176713)。

- xen/blkback:lateeoi irqバインディングを使用します(XSA-332 bsc#1177411)。

- xen/events:新しい「最新EOI」evtchnフレームワークを追加します(XSA-332 bsc#1177411)。

- xen/events:2レベルのueventマスク解除に適切なバリアを追加します(XSA-332 bsc#1177411)。

- xen/events:イベントチャネルの処理中の削除を回避します((XSA-331 bsc#1177410)。

- xen/events:しばらくの間不正イベントをブロックします(XSA-332 bsc#1177411)。

- xen/events:イベントの数が過剰である場合にeoiを延期します(XSA-332 bsc#1177411)。

- xen/events:レガシーIRQにchip_data使用しません(bsc#1065600)。

- xen/events:evtchn_fifo_unmask()における競合を修正します(XSA-332 bsc#1177411)。

- xen/events:ユーザーイベントチャネルをlateeoiモデルに切り替えます(XSA-332 bsc#1177411)。

- xen/events:イベントチャネルに対して共通のcpuホットプラグフックを使用します(XSA-332 bsc#1177411)。

- xen/gntdev.c:ページをダーティとしてマークします(bsc#1065600)。

- xen/netback:lateeoi irqバインディングを使用します(XSA-332 bsc#1177411)。

- xen/pciback:lateeoi irqバインディングを使用します(XSA-332 bsc#1177411)。

- xen/pvcallsback:lateeoi irqバインディングを使用します(XSA-332 bsc#1177411)。

- xen/scsiback:lateeoi irqバインディングを使用します(XSA-332 bsc#1177411)。

- xfs:誰かが大きすぎるバッファログ項目を作成しようとした場合に苦情を表示します(bsc#1166146)。

- xfs:COW障害でmtimeを更新しません(bsc#1167030)。

- xfs:rtアロケーターのquery_range関数における重要度高のキーの処理を修正します(git-fixes)。

- xfs:rtデバイスがない場合でも、フラグが付いているrtinheritがスクラブされる問題を修正します(git-fixes)。

- xfs:rtファイルの属性フォークをチェックする際のxfs_bmap_validate_extent_rawを修正します(git-fixes)。

- xfs:切り捨て時に新しいeofページをフラッシュし、post-eofの破損を回避します(git-fixes)。

- xfs:同期書き込みファイルを再マッピングした後にログを強制します(git-fixes)。

- xfs:XFS_MAX_FILEOFFを導入します(bsc#1166166)。

- xfs:fsmapレコードをカウントする際に返されるエントリを制限します(git-fixes)。

- xfs:未使用の変数「done」を削除します(bsc#1166166)。

- xfs:遅延agfl解放ログインテント項目を作成する際にxefi_discardを設定します(git-fixes)。

- xfs:truncateは、ページキャッシュの末尾だけでなく、すべてのブロックを削除する必要があります(bsc#1166166)。

- xhci:リングバッファが設定される前にエンドポイントdebugfsエントリを作成しません(git-fixes)。

- xprtrdma:誤ったヘッダーサイズの計算を修正します(git-fixes)。

- yam:yam_init_driverの潜在的なメモリリークを修正します(git-fixes)。

ソリューション

影響を受ける Linux カーネルパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1055014

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1055186

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1061843

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1065600

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1065729

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1066382

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1077428

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1129923

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1134760

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1149032

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1152489

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1155798

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1163592

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1164648

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1165692

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1166146

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1166166

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1167030

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1168468

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1170415

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1171675

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1171688

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1174003

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1174098

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1174748

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1174969

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1175052

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1175306

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1175599

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1175621

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1175718

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1175721

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1175749

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1175807

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1175898

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1176019

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1176354

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1176381

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1176400

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1176485

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1176588

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1176713

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1176907

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1176979

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177086

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177090

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177109

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177121

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177193

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177194

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177206

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177258

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177271

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177281

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177283

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177284

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177285

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177286

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177297

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177353

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177384

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177410

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177411

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177470

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177511

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177617

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177681

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177683

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177687

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177694

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177697

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177719

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177724

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177725

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177726

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177739

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177749

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177750

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177754

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177755

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177765

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177766

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177799

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177801

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177814

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177817

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177854

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177855

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177856

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177861

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178002

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178079

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178123

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178166

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178173

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178175

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178176

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178177

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178183

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178184

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178185

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178186

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178190

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178191

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178246

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178255

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178307

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178330

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178393

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178395

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178461

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178579

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178581

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178584

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178585

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=802154

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=954532

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 143398

ファイル名: openSUSE-2020-2112.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/12/1

更新日: 2022/5/12

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:S/C:P/I:P/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-25643

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:A/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-base-rebuild, cpe:/o:novell:opensuse:15.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2020/11/29

脆弱性公開日: 2020/9/9

参照情報

CVE: CVE-2020-12351, CVE-2020-12352, CVE-2020-14351, CVE-2020-16120, CVE-2020-24490, CVE-2020-25212, CVE-2020-25285, CVE-2020-25641, CVE-2020-25643, CVE-2020-25645, CVE-2020-25656, CVE-2020-25668, CVE-2020-25704, CVE-2020-25705, CVE-2020-8694