OracleVM 3.4: Unbreakable / etc(OVMSA-2020-0054)

medium Nessus プラグイン ID 143454
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのOracleVMホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートOracleVMシステムに、重大なセキュリティ更新に対処するために必要なパッチが欠落しています:

- qla2xxx: リンクのリセット中にターゲットリセットを無効にし、バージョンを更新(Quinn Tran氏)[Orabug: 32095664]-scsi:
qla2xxx: 中止時にsrbが早く解放されるよう修正(Quinn Tran氏)[Orabug: 32095664]-scsi: qla2xxx: qla2xxxのMODULE_PARM_DESCのコメントを修正(Masari Iida)[Orabug:
32095664]-scsi: qla2xxx: 非同期TMF処理を有効化[Orabug: 32095664] - qla2xxx: タスク管理パスのデバッグメッセージを調整(Quinn Tran氏)[Orabug: 32095664]-scsi: qla2xxx: NPIVでnvmedisconnect-allを発行する際のハングアップを修正(Arun Easi氏)[Orabug: 32095664]-scsi: qla2xxx:
ファブリックスキャンのハングアップを修正(Quinn Tran氏)[Orabug: 32095664]-scsi: qla2xxx: 中止タイムアウトでコマンド完了を実行(Quinn Tran氏)[Orabug: 32095664]-scsi: qla2xxx: 中止タイムアウトの競合状態を修正。(Quinn Tran氏)[Orabug:
32095664]-scsi: qla2xxx: スイッチcmdの完了とタイムアウトの間の競合を修正(Quinn Tran氏)[Orabug: 32095664]-scsi: qla2xxx: IOCBリソース追跡を追加(Quinn Tran氏)[Orabug: 32095664]-scsi: qla2xxx: v2: 中止パスの二重scsi_doneを修正(Quinn Tran氏)[Orabug: 32095664]
- scsi: qla2xxx: v2 SCSIコマンドの中止と完了の間の競合状態を修正(Bart Van Assche氏)[Orabug: 32095664]-scsi: qla2xxx: qla2xxx_eh_abortを確実に修正(Bart Van Assche氏)[Orabug: 32095664]-scsi: qla2xxx: v2がEH_ [abort | device_reset | target_request]を拒否(Quinn Tran)[Orabug: 32095664]-scsi: qla2xxx: v2: SCSIコマンドを中止するためのコードの競合状態を修正(Bart Van Assche氏)[Orabug: 32095664]

- IB/ipoib: 期限内に完了を処理するよう「send_cq」を装備(Gerd Rausch氏)[Orabug: 31512608]

- ブロック: bdi_destoryの一部をbdi_unregisterとしてdel_gendiskに移動。(Jan Kara氏)[Orabug: 32124131]-カーネル:
panic_on_taintを追加(Rafael Aquini氏)[Orabug: 32138039]

- drm / vmwgfx: backup_handleが常に有効であることを確認します(Sinclair Yeh氏)[Orabug: 31352076] (CVE-2017-9605)

- random32: 疑似ランダム32ビット定義をprandom.hに移動(Linus Torvalds氏)[Orabug: 31698086](CVE-2020-16166)

- random32: 潜在エントロピーgccプラグインからnet_rand_stateを削除(Linus Torvalds氏)[Orabug: 31698086](CVE-2020-16166)

- random: percpu.hの追加後のarm64での循環インクルード依存を修正(Willy Tarreau氏)[Orabug: 31698086] (CVE-2020-16166)

- random32: 割り込みおよびアクティビティでのネットのランダム状態を更新(Willy Tarreau氏)[Orabug: 31698086](CVE-2020-16166)

- x86/kvm: kvm_load / put_guest_xcr0をアトミックコンテキストに移動(WANG Chao氏)[Orabug: 32021856]-kvm: x86: ゲストxcr0をホスト割り込みハンドラーに漏洩しない(David Matlack氏)[Orabug: 32021856]

ソリューション

影響を受けるkernel-uek / kernel-uek-firmwareパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?d523adc2

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 143454

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2020-0054.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

公開日: 2020/12/3

更新日: 2020/12/7

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.1

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.9

Temporal Score: 3.6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.5

Temporal Score: 4.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek-firmware, cpe:/o:oracle:vm_server:3.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/12/2

脆弱性公開日: 2017/6/13

参照情報

CVE: CVE-2017-9605, CVE-2020-16166