SUSE SLES12セキュリティ更新プログラム:java-1_7_0-openjdk(SUSE-SU-2020:2861-1)

high Nessus プラグイン ID 143865

言語:

概要

リモートのSUSEホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

java-1_7_0-openjdk用のこの更新プログラムでは、以下の問題が修正されています:

java-1_7_0-openjdkが2.6.23に更新されました(2020年7月CPU、 bsc#1174157)

- JDK-8028431、CVE-2020-14579:NullPointerException

- DerValue.equals(DerValue)

- JDK-8028591、CVE-2020-14578:NegativeArraySizeException

- sun.security.util.DerInputStream.getUnalignedBitString()

- JDK-8230613:ASCII変換の改善

- JDK-8231800:配列のリストを改善

- JDK-8232014:DTDサポートを拡大します

- JDK-8233255:Swingボタンの改善

- JDK-8234032:基本的なカレンダーサービスを改善

- JDK-8234042:証明書の工場生産を改善

- JDK-8234418:CertificateFactoryによる解析の改善

- JDK-8234836:シリアル化の処理を改善します

- JDK-8236191:OID処理を強化します

- JDK-8237592、CVE-2020-14577:証明書の検証を強化します

- JDK-8238002、CVE-2020-14581:マトリックス操作の改善

- JDK-8238804:キー処理プロセスを強化します

- JDK-8238842:GIFImageReader.initializeStringTableのAIOOBE

- JDK-8238843:強化されたフォント処理

- JDK-8238920、CVE-2020-14583:バッファサポートの改善

- JDK-8238925:WAVファイルの再生を強化します

- JDK-8240119、CVE-2020-14593:Affine変換の削減

- JDK-8240482:WAVファイル再生の改善

- JDK-8241379:JCEKSサポートを更新

- JDK-8241522:Manifestはjarヘッダーreduxを改善しました

- JDK-8242136、CVE-2020-14621:XML名前空間処理の改善

- JDK-8040113:src/share/native/sun/awt/giflib/dgif_lib.cでファイルが初期化されていません

- JDK-8054446:ConcurrentLinkedQueueでの提示と削除の繰り返しにより、OutOfMemoryErrorが発生します

- JDK-8077982:GIFLIBのアップグレード

- JDK-8081315:8077982 giflibアップグレードにより、以前のバージョンでシステムgiflibビルドが破損します

- JDK-8147087:PerRegionTable ビットマップの再利用の際に発生する競合により、記憶集合のエントリがドロップする可能性があります

- JDK-8151582:(ch)「Connection succeeded」によりテストjava/nio/channels/AsyncCloseAndInterrupt.javaが失敗します

- JDK-8155691:GIFlibライブラリを最新の状態に更新します

- JDK-8181841:TSAサーバーは、ミリ秒より高い精度のタイムスタンプを返します

- JDK-8203190:SessionId.hashCodeにより生成される衝突が多すぎます

- JDK-8217676:libpngを1.6.37にアップグレードします

- JDK-8220495:GIFlibライブラリを5.1.8に更新します

- JDK-8226892:矢印キーで選択が変更されたときに、JRadioButtonのActionListenerに通知されません

- JDK-8229899:java.io.File.isInvalid()の競合状態を緩和します

- JDK-8230597:GIFlibライブラリを5.2.1に更新します

- JDK-8230769:BufImg_SetupICMが早期復帰でReleasePrimitiveArrayCritical呼び出しを追加します

- JDK-8243541:(tz)タイムゾーンデータをtzdata2020aにアップグレードします

- JDK-8244548:JDK 8u:sun.misc.Version.jdkUpdateVersion()が間違った結果を返します

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをSUSEセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、そこに新しい問題を追加することはせずに、できる限り自動的に整理と書式設定をするようにしています。

ソリューション

このSUSEセキュリティ更新プログラムをインストールするには、YaSTのonline_updateや「zypper patch」など、SUSEが推奨するインストール方法を使用してください。

別の方法として、製品にリストされているコマンドを実行することができます:

SUSE OpenStack Cloud Crowbar 9:

zypper in -t patch SUSE-OpenStack-Cloud-Crowbar-9-2020-2861=1

SUSE OpenStack Cloud Crowbar 8:

zypper in -t patch SUSE-OpenStack-Cloud-Crowbar-8-2020-2861=1

SUSE OpenStack Cloud 9:

zypper in -t patch SUSE-OpenStack-Cloud-9-2020-2861=1

SUSE OpenStack Cloud 8:

zypper in -t patch SUSE-OpenStack-Cloud-8-2020-2861=1

SUSE OpenStack Cloud 7:

zypper in -t patch SUSE-OpenStack-Cloud-7-2020-2861=1

SUSE Linux Enterprise Server for SAP 12-SP4:

zypper in -t patch SUSE-SLE-SAP-12-SP4-2020-2861=1

SUSE Linux Enterprise Server for SAP 12-SP3:

zypper in -t patch SUSE-SLE-SAP-12-SP3-2020-2861=1

SUSE Linux Enterprise Server for SAP 12-SP2:

zypper in -t patch SUSE-SLE-SAP-12-SP2-2020-2861=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP5:

zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP5-2020-2861=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP4-LTSS:

zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP4-LTSS-2020-2861=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP3-LTSS:

zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP3-2020-2861=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP3-BCL:

zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP3-BCL-2020-2861=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP2-LTSS:

zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP2-2020-2861=1

SUSE Linux Enterprise Server 12-SP2-BCL:

zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-SP2-BCL-2020-2861=1

SUSE Enterprise Storage 5:

zypper in -t patch SUSE-Storage-5-2020-2861=1

HPE Helion Openstack 8:

zypper in -t patch HPE-Helion-OpenStack-8-2020-2861=1

関連情報

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1174157

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-14577/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-14578/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-14579/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-14581/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-14583/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-14593/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-14621/

http://www.nessus.org/u?b2724b1d

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 143865

ファイル名: suse_SU-2020-2861-1.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/12/9

更新日: 2021/1/13

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.1

Temporal Score: 3.8

ベクトル: AV:N/AC:H/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.3

Temporal Score: 7.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_7_0-openjdk, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_7_0-openjdk-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_7_0-openjdk-debugsource, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_7_0-openjdk-demo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_7_0-openjdk-demo-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_7_0-openjdk-devel, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_7_0-openjdk-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_7_0-openjdk-headless, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_7_0-openjdk-headless-debuginfo, cpe:/o:novell:suse_linux:12

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/10/5

脆弱性公開日: 2020/7/15

参照情報

CVE: CVE-2020-14577, CVE-2020-14578, CVE-2020-14579, CVE-2020-14581, CVE-2020-14583, CVE-2020-14593, CVE-2020-14621