IBM HTTP Server 8.5.0.0 <= 8.5.0.2 / 8.0.0.0 <= 8.0.0.6 / 7.0.0.0 <= 7.0.0.27 / 6.1.0.0 <= 6.1.0.45(491407)

low Nessus プラグイン ID 144298
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのWebサーバーは脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストで実行されているバージョンIBM HTTP Serverは、脆弱性の影響を受けます。OpenSSL、OpenJDK、PolarSSL、ならびに他の製品で使用されている TLS プロトコル 1.1 と 1.2 および DTLS プロトコル 1.0 と 1.2 が、無効な形式の CBC パディングの処理中に MAC チェック要件でタイミングサイドチャネル攻撃について適切な配慮をしていません。これにより、リモートの攻撃者が、細工されたパケットのタイミングデータの統計分析により、差別化された攻撃と平文リカバリ攻撃を行う可能性があります。これは、「Lucky Thirteen」の問題としても知られています。

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

IBM HTTP Serverのバージョン8.5.5.0、8.0.0.7、7.0.0.29、6.1.0.47以降にアップグレードしてください。または、暫定修正に必要な最低限のFix Packレベルにアップグレードしてから、暫定修正PI09443を適用してください。

関連情報

https://www.ibm.com/support/pages/node/491407

プラグインの詳細

深刻度: Low

ID: 144298

ファイル名: ibm_http_server_491407.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

ファミリー: Web Servers

公開日: 2020/12/15

更新日: 2021/1/25

依存関係: ibm_http_server_nix_installed.nbin

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2013-0169

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 2.2

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 2.6

Temporal Score: 1.9

ベクトル: AV:N/AC:H/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Low

Base Score: 3.7

Temporal Score: 3.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:ibm:http_server

必要な KB アイテム: installed_sw/IBM HTTP Server (IHS)

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2013/5/30

脆弱性公開日: 2013/5/30

参照情報

CVE: CVE-2013-0169

BID: 57778