JFrog < 7.11.1の複数の脆弱性

critical Nessus プラグイン ID 144306

概要

リモートのJFrog Artifactoryインストールが複数の脆弱性の影響を受けるかを判断します

説明

自己報告のバージョン番号によると、リモートホストにインストールされているJFrog Artifactoryのバージョンは7.11.1以前です。そのため、以下の複数の脆弱性の影響を受けます。

- FasterXML Jackson Databindに欠陥が見つかり、エンティティ拡張が適切に保護されていませんでした。
この欠陥により、XML外部エンティティ(XXE)攻撃に対する脆弱性が存在します。この脆弱性が最大の脅威となるのは、データの整合性です。(CVE-2020-25649)
- 3.0.16以前のPlexus-utilsは、二重引用符で囲まれた文字列のコンテンツを正しく処理しないため、コマンドインジェクションに対して脆弱です。(CVE-2017-1000487)

- Eclipse Jettyのバージョン9.2.x以前、9.3.x(すべての構成)、9.4.x(RFC2616コンプライアンスを有効にした非デフォルト構成)で、転送エンコーディングチャンクの処理が不十分です。チャンク長の解析は、整数オーバーフローに脆弱でした。このため、大きなチャンクサイズは小さなチャンクサイズとして解釈され、チャンク本文として送信されるコンテンツはパイプライン化されたリクエストとして解釈される可能性があります。Jettyが、一部の認証を強制する中間者の背後に配置され、中間者が任意の大きなチャンクを変更なしに渡すことを許可する場合、中間者によって偽のパイプライン化されたリクエストがリクエストとして解釈されないため、この欠陥を利用して中間者によって課される認証をバイパスする可能性があります。(CVE-2017-7657)

- 3.11以前のHazelcastで、クラスターの参加プロシージャは、Java逆シリアル化を介したリモートコード実行に対して脆弱性です。攻撃者が細工されたJoinRequestでリスニングHazelcastインスタンスに到達でき、クラスパスに脆弱なクラスが存在する場合、攻撃者が任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2016-10750)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

JFrog Artifactory 7.11.1以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?8dc55d3d

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 144306

ファイル名: jfrog_artifactory_7_11_1.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2020/12/16

更新日: 2022/4/11

構成: 徹底的なチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2017-7657

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:jfrog:artifactory

必要な KB アイテム: installed_sw/Artifactory

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/11/17

脆弱性公開日: 2020/3/12

参照情報

CVE: CVE-2016-10750, CVE-2017-7657, CVE-2017-1000487, CVE-2020-25649