Ubuntu 16.04 LTS / 18.04 LTS:unzipの脆弱性(USN-4672-1)

high Nessus プラグイン ID 144337

概要

リモートUbuntuホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートのUbuntu 16.04 LTS/18.04 LTSホストには、USN-4672-1のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- Info-Zip UnZip 6.0のlist.cのlist_files関数におけるバッファオーバーフローにより、リモートの攻撃者が圧縮方法に関連するベクターを介してサービス拒否(クラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2014-9913)

- Info-Zip UnZip 6.0のzipinfo.cのzi_short関数におけるバッファオーバーフローにより、リモートの攻撃者が、中央ディレクトリファイルヘッダーの圧縮方法の大きな値を介してサービス拒否(クラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-9844)

- Info-ZIP UnZip 6.0では、バッファサイズが10であり、12になると想定されているため、ZIPアーカイブの圧縮サイズの値と非圧縮サイズの値との間に細工された関係があるとき、list.cでバッファオーバーフローが発生します。(CVE-2018-18384)

- パスワードで保護されたアーカイブの処理中に、Info-Zip UnZipバージョン<= 6.00においてヒープベースのバッファオーバーフローが存在することにより、攻撃者がサービス拒否攻撃を実行したり、コードを実行したりする可能性があります。(CVE-2018-1000035)

- Info-ZIP UnZip 6.0は、ZIPコンテナ内のファイルの重複を不適切に処理し、サービス拒否(リソース消費)を引き起こします。これは別名、より優れたzip bomb問題です。(CVE-2019-13232)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるunzipパッケージを更新してください。

参考資料

https://ubuntu.com/security/notices/USN-4672-1

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 144337

ファイル名: ubuntu_USN-4672-1.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/12/16

更新日: 2023/10/21

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 6.8

現状値: 5.3

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2018-1000035

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 7.8

現状値: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:16.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:18.04:-:lts, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:unzip

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Debian/dpkg-l, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2020/12/16

脆弱性公開日: 2016/11/3

参照情報

CVE: CVE-2014-9913, CVE-2016-9844, CVE-2018-1000035, CVE-2018-18384, CVE-2019-13232

BID: 94728, 95081

USN: 4672-1