macOS 10.14.x < 10.14.6セキュリティ更新プログラム2020-007/10.15.x < 10.15.7セキュリティ更新プログラム 2020-001/macOS 11.x < 11.1(HT212011)

high Nessus プラグイン ID 144453
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートホストに、macOSのセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストは、10.14.6セキュリティ更新プログラム2020-007 Mojaveより前の10.14.x、10.15.7セキュリティ更新プログラム2020-001より前の10.15.x、または11.1より前の11.xのmacOS/Mac OS Xのバージョンを実行しています。そのため、以下を含む複数の脆弱性による影響を受けます:

- 悪意のある細工がされたオーディオファイルを処理すると、任意のコードが実行される可能性があります。(CVE-2020-9960、CVE-2020-10017、CVE-2020-27908、CVE-2020-27910、CVE-2020-27916、CVE-2020-27948)

- 悪意のある細工がされた画像を処理すると、任意のコードが実行される可能性があります。(CVE-2020-9962、CVE-2020-27912、CVE-2020-27919、CVE-2020-27923、CVE-2020-27924、CVE-2020-29611、CVE-2020-29616、CVE-2020-29618)

- 悪意のある細工がされたフォントを処理すると、任意のコードが実行される可能性があります。(CVE-2020-9956、CVE-2020-27922、CVE-2020-27931、CVE-2020-27943、CVE-2020-27944、CVE-2020-27952)

Nessusはこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

macOS 10.14.6セキュリティ更新プログラム2020-007/10.15.7セキュリティ更新プログラム2020-001/macOS 11.1以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://support.apple.com/en-us/HT212011

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 144453

ファイル名: macos_HT212011.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: macosx

公開日: 2020/12/18

更新日: 2021/2/19

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-27926

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 7.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:apple:mac_os_x, cpe:/o:apple:macos

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2020/12/14

脆弱性公開日: 2020/12/14

参照情報

CVE: CVE-2020-9943, CVE-2020-9944, CVE-2020-9956, CVE-2020-9960, CVE-2020-9962, CVE-2020-9967, CVE-2020-9974, CVE-2020-9975, CVE-2020-9978, CVE-2020-10002, CVE-2020-10004, CVE-2020-10007, CVE-2020-10009, CVE-2020-10010, CVE-2020-10012, CVE-2020-10014, CVE-2020-10015, CVE-2020-10016, CVE-2020-10017, CVE-2020-13524, CVE-2020-15969, CVE-2020-27896, CVE-2020-27897, CVE-2020-27898, CVE-2020-27901, CVE-2020-27903, CVE-2020-27906, CVE-2020-27907, CVE-2020-27908, CVE-2020-27910, CVE-2020-27911, CVE-2020-27912, CVE-2020-27914, CVE-2020-27915, CVE-2020-27916, CVE-2020-27919, CVE-2020-27920, CVE-2020-27921, CVE-2020-27922, CVE-2020-27923, CVE-2020-27924, CVE-2020-27926, CVE-2020-27931, CVE-2020-27941, CVE-2020-27943, CVE-2020-27944, CVE-2020-27946, CVE-2020-27947, CVE-2020-27948, CVE-2020-27949, CVE-2020-27952, CVE-2020-29611, CVE-2020-29612, CVE-2020-29616, CVE-2020-29617, CVE-2020-29618, CVE-2020-29619, CVE-2020-29620, CVE-2020-29621

APPLE-SA: HT212011, APPLE-SA-2020-12-14

IAVA: 2020-A-0576-S