SUSE SLED15 / SLES15 Security Update : MozillaFirefox (SUSE-SU-2020:3901-1)

high Nessus プラグイン ID 144532

言語:

New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのSUSEホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

MozillaFirefox用のこの更新プログラムでは、以下の問題が修正されます。セキュリティ上の問題が修正されました:

Firefox延長サポート版78.6.0 ESR

- 修正済み:さまざまな安定性、機能、およびセキュリティの修正 MFSA 2020-55(bsc#1180039)

- CVE-2020-16042(bmo#1679003)BigIntでの操作により、初期化されていないメモリが漏洩する可能性がありました

- CVE-2020-26971(bmo#1663466)WebGLでのヒープバッファオーバーフロー

- CVE-2020-26973(bmo#1680084)CSSサニタイザーが不適切なサニタイズを実施

- CVE-2020-26974(bmo#1681022)StyleGenericFlexBasisの不適切なキャストにより、ヒープのuse-after-freeが発生しました

- CVE-2020-26978(bmo#1677047)内部ネットワークホストが、悪意のあるWebページによってプローブされている可能性があります

- CVE-2020-35111(bmo#1657916)proxy.onRequest APIがビューソースURLをキャッチしませんでした

- CVE-2020-35112(bmo#1661365)拡張のないダウンロードを開くと、代わりに実行可能ファイルが不注意で起動される可能性がありました

- CVE-2020-35113(bmo#1664831、bmo#1673589)Firefox 84とFirefox ESR 78.6で修正されたメモリ安全性に関するバグ

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをSUSEセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、そこに新しい問題を追加することはせずに、できる限り自動的に整理と書式設定をするようにしています。

ソリューション

このSUSEセキュリティ更新プログラムをインストールするには、YaSTのonline_updateや「zypper patch」など、SUSEが推奨するインストール方法を使用してください。

別の方法として、製品にリストされているコマンドを実行することができます:

SUSE Linux Enterprise Module for Desktop Applications 15-SP2:

zypper in -t patch SUSE-SLE-Module-Desktop-Applications-15-SP2-2020-3901=1

関連情報

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1180039

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-16042/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-26971/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-26973/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-26974/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-26978/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-35111/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-35112/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-35113/

http://www.nessus.org/u?0fc4acd0

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 144532

ファイル名: suse_SU-2020-3901-1.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2020/12/22

更新日: 2021/1/15

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: CVSS2#E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:novell:suse_linux:15:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:suse_linux:mozillafirefox:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:suse_linux:mozillafirefox-debuginfo:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:suse_linux:mozillafirefox-debugsource:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:suse_linux:mozillafirefox-devel:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:suse_linux:mozillafirefox-translations-common:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:novell:suse_linux:mozillafirefox-translations-other:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/12/21

脆弱性公開日: 2021/1/7

参照情報

CVE: CVE-2020-16042, CVE-2020-26971, CVE-2020-26973, CVE-2020-26974, CVE-2020-26978, CVE-2020-35111, CVE-2020-35112, CVE-2020-35113

IAVA: 2020-A-0575-S