32ビットx86ドメインDoSに利用できるXen領域外イベントチャネル(XSA-342)

medium Nessus プラグイン ID 144784
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのXenハイパーバイザーのインストールにセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

使用可能なイベントチャネル数の制限が不適切に制限されているため、32ビットx86ドメインの領域外イベントチャネルのXenサーバーにサービス拒否(DoS)の脆弱性があります。いわゆる2レベルのイベントチャネルモデルにより、32ビットのx86ドメインで使用可能なイベントチャネルの数に、64ビットやArm(ビットネスのいずれか)のチャネルとは異なる制限が設定されます。32ビットx86ドメインは、共有された(ゲストとXen間の)情報構造のスペースが限られているため、1023チャネルのみを使用できますが、このモデルでは他のすべてのドメインが最大4095チャネルを使用できます。ただし、ドメインの初期化中のそれぞれの制限の記録は、実際にそれぞれのドメインプロパティを遵守する前に、ドメインが依然として64ビットのものと見なされているときに発生していました。ドメインが32ビットドメインとして認識される時点で、制限が更新されていませんでした。Xenにおけるこの誤動作により、他のドメインにサービスを提供している32ビットドメイン(ドメイン0を含む)は、実際にエラーが発生した場合に、成功するイベントチャネルの割り当てを観察する可能性があります。その後、このようなイベントチャネルを使用すると、共有情報構造の他の部分が破損する可能性があります。権限のないゲストは、別のドメイン、特にドメイン0を不適切に動作させる可能性があります。これにより、システム全体でサービス拒否(DoS)が引き起こされる可能性があります。

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

ベンダーのアドバイザリにしたがって適切なパッチを適用してください。

関連情報

https://xenbits.xen.org/xsa/advisory-342.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 144784

ファイル名: xen_server_XSA-342.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

ファミリー: Misc.

公開日: 2021/1/7

更新日: 2021/6/3

依存関係: xen_server_detect.nbin

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-25600

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.9

Temporal Score: 3.6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.5

Temporal Score: 4.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:xen:xen

必要な KB アイテム: installed_sw/Xen Hypervisor, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/9/22

脆弱性公開日: 2020/9/22

参照情報

CVE: CVE-2020-25600

IAVB: 2020-B-0056-S

CWE: 119