Ubuntu 16.04 LTS / 18.04 LTS:Ghostscriptの脆弱性(USN-4686-1)

high Nessus プラグイン ID 144787

概要

リモートUbuntuホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートのUbuntu 16.04 LTS/18.04 LTSホストには、USN-4686-1のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- OpenJPEG 2.3.0では、opj_t1_encode_cblks関数(openjp2 / t1.c)に整数オーバーフローの脆弱性があります。リモート攻撃者が、この脆弱性を悪用して、細工されたbmpファイルを介してサービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2018-5727)

- opj_j2k_update_image_dimensionsの検証がないため、2.3.1までのOpenJPEGでは、openjp2/t1.cのopj_t1_clbl_decode_processorにヒープベースのバッファオーバーフローがあります。(CVE-2020-6851)

- OpenJPEGの2.3.1から2020-01-28までのopenjp2/t1.cのopj_t1_clbl_decode_processorに、CVE-2020-6851とは異なる問題として、qmfbid==1 caseのヒープベースのバッファオーバーフローがあります。(CVE-2020-8112)

- src/lib/openjp2/pi.cの2.4.0より前のバージョンのopenjpegに欠陥が存在します。攻撃者が細工された入力を提供してopenjpegエンコーダーで処理できる場合、領域外読み取りが発生する可能性があります。この欠陥による最大の影響は、アプリケーションの可用性にあります。(CVE-2020-27841)

- openjpegのt2エンコーダーに2.4.0より前のバージョンの欠陥があります。openjpegで処理されるように細工された入力を提供できる攻撃者が、nullポインターデリファレンスを引き起こす可能性があります。この欠陥による最大の影響は、アプリケーションの可用性にあります。(CVE-2020-27842)

- バージョン2.4.0より前のOpenJPEGに欠陥が見つかりました。この欠陥により、攻撃者が特別に細工された入力を変換またはエンコーディング機能に提供し、領域外読み取りを引き起こす可能性があります。この脆弱性が最大の脅威となるのは、システムの可用性です。(CVE-2020-27843)

- 2.4.0より前のバージョンのopenjpegのsrc/lib/openjp2/pi.cに欠陥が存在します。攻撃者がopenjpegの変換/エンコーディング機能に信頼できない入力を提供できる場合、領域外読み取りが発生する可能性があります。この欠陥による最大の影響は、アプリケーションの可用性にあります。(CVE-2020-27845)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://ubuntu.com/security/notices/USN-4686-1

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 144787

ファイル名: ubuntu_USN-4686-1.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/1/7

更新日: 2021/1/8

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-8112

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:16.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:18.04:-:lts, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:ghostscript, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:ghostscript-x, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libgs-dev, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libgs9, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libgs9-common

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/1/7

脆弱性公開日: 2018/1/16

参照情報

CVE: CVE-2018-5727, CVE-2020-6851, CVE-2020-8112, CVE-2020-27814, CVE-2020-27824, CVE-2020-27841, CVE-2020-27842, CVE-2020-27843, CVE-2020-27845

USN: 4686-1