Amazon Linux 2:ctdb(ALAS-2021-1585)

critical Nessus プラグイン ID 144800

概要

リモートのAmazon Linux 2ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされているテスト済み製品のバージョンは、テスト済みバージョンより前です。したがって、ALAS2-2021-1585のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- sambaがファイルおよびディレクトリの権限を処理する方法で、欠陥が見つかりました。認証されたユーザーがこの欠陥を利用して、攻撃者が通常入手できない特定のファイルおよびディレクトリの情報にアクセスする可能性があります。(CVE-2020-14318)

- 4.11.15、4.12.9、4.13.1以前のバージョンでsambaのWinbindサービスにNULLポインターデリファレンスの欠陥が見つかりました。ローカルユーザーは、この欠陥を利用して、winbindサービスをクラッシュさせ、サービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2020-14323)

- 攻撃者がNetlogon Remote Protocol(MS-NRPC)を使用してドメインコントローラーへの脆弱なNetlogonセキュアチャネル接続を確立するとき、権限昇格の脆弱性があります(別名「Netlogon権限昇格の脆弱性」)。(CVE-2020-1472)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

「yum update samba」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALAS-2021-1585.html

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-14318

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-14323

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-1472

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 144800

ファイル名: al2_ALAS-2021-1585.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/1/7

更新日: 2022/2/25

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 10

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 8.1

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-1472

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 9.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:ctdb, p-cpe:/a:amazon:linux:ctdb-tests, p-cpe:/a:amazon:linux:libsmbclient, p-cpe:/a:amazon:linux:libsmbclient-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:libwbclient, p-cpe:/a:amazon:linux:libwbclient-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:samba, p-cpe:/a:amazon:linux:samba-client, p-cpe:/a:amazon:linux:samba-client-libs, p-cpe:/a:amazon:linux:samba-common, p-cpe:/a:amazon:linux:samba-common-libs, p-cpe:/a:amazon:linux:samba-common-tools, p-cpe:/a:amazon:linux:samba-dc, p-cpe:/a:amazon:linux:samba-dc-libs, p-cpe:/a:amazon:linux:samba-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:samba-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:samba-krb5-printing, p-cpe:/a:amazon:linux:samba-libs, p-cpe:/a:amazon:linux:samba-pidl, p-cpe:/a:amazon:linux:samba-python, p-cpe:/a:amazon:linux:samba-python-test, p-cpe:/a:amazon:linux:samba-test, p-cpe:/a:amazon:linux:samba-test-libs, p-cpe:/a:amazon:linux:samba-vfs-glusterfs, p-cpe:/a:amazon:linux:samba-winbind, p-cpe:/a:amazon:linux:samba-winbind-clients, p-cpe:/a:amazon:linux:samba-winbind-krb5-locator, p-cpe:/a:amazon:linux:samba-winbind-modules, cpe:/o:amazon:linux:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2021/1/5

脆弱性公開日: 2020/8/11

CISAの既知の悪用日: 2020/9/21

参照情報

CVE: CVE-2020-1472, CVE-2020-14318, CVE-2020-14323

ALAS: 2021-1585

CISA-NCAS: AA22-011A