Apache Unomi RCE(直接チェック)

critical Nessus プラグイン ID 144969

概要

リモートサーバーで実行されているApache Unomiのバージョンは、リモートでコードが実行される脆弱性による影響を受けます。

説明

入力サニタイズが不十分なため、リモートコード実行の脆弱性がApache Unomiにあります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、認証をバイパスしてJavaプロセス実行の権限レベルで任意のコマンドを実行する可能性があります。

ソリューション

Apache Unomiバージョン1.5.2以降にアップグレードしてください。

参考資料

https://unomi.apache.org/security/cve-2020-13942.txt

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 144969

ファイル名: apache_unomi_cve_2020_13942.nbin

バージョン: 1.54

タイプ: remote

ファミリー: Web Servers

公開日: 2021/1/14

更新日: 2024/5/20

サポートされているセンサー: Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 7.5

現状値: 6.2

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2020-13942

CVSS v3

リスクファクター: Critical

基本値: 9.8

現状値: 9.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:F/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:apache:unomi

必要な KB アイテム: installed_sw/Apache Unomi

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2020/11/13

脆弱性公開日: 2020/11/17

エクスプロイト可能

Core Impact

参照情報

CVE: CVE-2020-13942