Oracle Business Process Management Suite(2021年1月CPU)

critical Nessus プラグイン ID 145246
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートホストは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされているOracle Business Process Management Suiteのバージョンは、2021年1月のCPUアドバイザリに記載されている次の脆弱性の影響を受けます。

- dom4jライブラリにXML外部エンティティ(XXE)の脆弱性が存在し、デフォルトでDTDおよび外部エンティティが引き起こされる可能性があります。認証されていないリモートの攻撃者がこの問題を悪用し、サーバーを侵害する可能性があります。
この脆弱性に対する攻撃が成功すると、Oracle Business Process Management Suiteの乗っ取りが発生する可能性があります。(CVE-2020-10683)

- Oracle Fusion Middleware(コンポーネント:一般(Xstream))のOracle BAM(Business Activity Monitoring)製品に、以前の逆シリアル化の欠陥に対するリグレッションの導入による逆シリアル化の欠陥があります。セキュリティフレームワークが初期化されていない場合、リモートの攻撃者が、XMLまたはサポートされている形式をアンマーシャリングするときに、任意のシェルコマンドを実行できる可能性があります。(CVE-2019-10173)

Oracle Fusion Middleware(コンポーネント:MFT Runtime Server(Apache Tomcat))のOracle Managed File Transfer製品に、WebSocketフレームのペイロードの長さの検証が不適切なことによるサービス拒否(DoS)の脆弱性が存在します。認証されていないリモートの攻撃者が、この問題を悪用して無限ループをトリガーし、Oracle Managed File Transferをハングさせたり、クラッシュを頻繁に繰り返させたりする可能性があります。
(CVE-2020-13935)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

January 2021 Oracle Critical Patch Updateアドバイザリに従い、適切なパッチを適用してください。

関連情報

https://www.oracle.com/security-alerts/cpujan2021.html

https://www.oracle.com/a/tech/docs/cpujan2021cvrf.xml

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 145246

ファイル名: oracle_bpm_cpu_jan_2021.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2021/1/22

更新日: 2021/1/26

依存関係: oracle_bpm_installed.nbin

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-10683

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:business_process_management_suite

必要な KB アイテム: installed_sw/Oracle Business Process Manager

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/1/19

脆弱性公開日: 2021/1/19

参照情報

CVE: CVE-2019-10173, CVE-2020-10683, CVE-2020-13935