openSUSEセキュリティ更新プログラム:Linux カーネル(openSUSE-2021-60)

high Nessus プラグイン ID 145320

言語:

概要

リモートのopenSUSEホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

openSUSE Leap 15.2 カーネルが更新され、さまざまなセキュリティおよびバグの修正が行われました。

以下のセキュリティバグが修正されました。

- CVE-2020-27835:ユーザーがdevファイルとforkを開いた後にIoctlを呼び出す方法において、Linuxカーネルinfiniband hfi1ドライバーのUse-After-Freeが見つかりました。ローカルユーザーがこの欠陥を使用して、システムをクラッシュさせる可能性があります(bnc#1179878)。

- CVE-2020-25639:nouveau ioctlによるNULLポインターデリファレンスを修正しました(bnc#1176846)。

- CVE-2020-28374:drivers/target/target_core_xcopy.cで、LIO SCSIターゲットコードの識別子のチェックが不十分なため、リモートの攻撃者が、XCOPYリクエスト(別名CID-2896c93811e3)のディレクトリトラバーサルを介して、ファイルを読み書きする可能性があります。例えば、攻撃者が1つのiSCSI LUNにアクセス権がある場合、ネットワークで攻撃が発生する可能性があります。
I/Oオペレーションが、攻撃者によって選択されたバックストアを介してプロキシされるため、攻撃者はファイルアクセスに対するコントロールを取得します(bnc#1178372)。

- CVE-2020-36158:drivers/net/wireless/marvell/mwifiex/join.cにあるmwifiex_cmd_802_11_ad_hoc_startにより、リモートの攻撃者が長いSSID値を介して任意のコードを実行する可能性があります(別名CID-5c455c5ab332)(bnc#1180559)。

- CVE-2020-27825:kernel / trace / ring_buffer.cで、Use-After-Freeの欠陥が見つかりました。trace_openに競合問題があり、別のcpuでパラレルに実行しているcpuバッファのサイズ変更により、サービス拒否の問題(DOS)が引き起こされる可能性があります。この欠陥により、特別なユーザー権限を持つローカルの攻撃者がカーネル情報を漏洩する脅威さえ発生します(bnc#1179960)。

- CVE-2020-0466:eventpoll.cのdo_epoll_ctlおよびep_loop_check_procにおいて、論理エラーによるメモリ解放後使用(Use After Free)の可能性があります。これにより、追加の実行権限が不要になり、ローカルで権限が昇格される可能性があります。悪用するのにユーザーの操作は必要ありません(bnc#1180031)。

- CVE-2020-27068:nl80211.cのnl80211_policyポリシーに、境界チェックの欠落による領域外読み取りの可能性があります。これにより、システム実行権限が必要なローカルでの権限昇格が引き起こされる可能性があります。悪用するのに、ユーザーの操作を必要としません(bnc#1180086)。

- CVE-2020-0444:auditfilter.cのaudit_free_lsm_fieldで、audit_data_to_entryの論理エラーにより、不適切なkfreeが発生する可能性があります。これにより、追加の実行権限が不要になり、ローカルで権限が昇格される可能性があります。悪用するのにユーザーの操作は必要ありません(bnc#1180027)。

- CVE-2020-0465:hid-multitouch.cのさまざまなメソッドでは、境界チェックが欠落しているために領域外書き込みが発生する可能性があります。これにより、追加の実行権限が不要になり、ローカルで権限が昇格される可能性があります。悪用するのにユーザーの操作は必要ありません(bnc#1180029)。

- CVE-2020-29661:ロックの不一致の問題がLinuxカーネルのサブシステムdrivers/tty/tty_jobctrl.cで検出されました。このサブシステムでは、TIOCSPGRPに対するUse-After-Free攻撃が許可されていました(別名CID-54ffccbf053b)(bnc#1179745)。

- CVE-2020-29660:ロックの不一致の問題がLinuxカーネルのttyサブシステムdrivers/tty/tty_io.cおよびdrivers/tty/tty_jobctrl.cで検出されました。このサブシステムでは、TIOCGSIDに対するRead-After-Free攻撃が許可される可能性がありました(別名CID-c8bcd9c5be24)(bnc#1179745)。

- CVE-2020-27777:RTASがカーネル通信に対するユーザー空間のメモリアクセスを処理する方法で、欠陥が見つかりました。PowerVMまたはKVMハイパーバイザー(pseriesプラットフォーム)上で実行されているロックダウンされた(通常はセキュアブートによる)ゲストシステムでは、ローカルユーザーのようなルートがこの欠陥を利用して、カーネルを実行する権限にまで昇格する可能性があります(bnc#1179107)。

- CVE-2020-29373:Linuxカーネルのfs/io_uring.cで問題が発見されました。パス検索時にルートディレクトリが安全でない方法で処理されるため、マウント名前空間内のプロセスが意図しないファイルシステムの場所にエスケープする可能性があります(別名CID-ff002b30181d)(bnc#1179434)。

- CVE-2020-11668:drivers/media/usb/gspca/xirlink_cit.c(別名XirlinkカメラUSBドライバー)で無効な記述子が適切に処理されませんでした(別名CID-a246b4d54770)(bnc#1168952)。

- CVE-2020-27830:spk_ttyio_receive_buf2のNULL-ptr derefバグを修正しました(bnc#1179656)。

- CVE-2020-29370:mm/slub.cのkmem_cache_alloc_bulkに問題が発見されました。slowpathに、必要なTID増分がありません(別名CID-fd4d9c7d0c71)(bnc#1179435)。

- CVE-2020-27786:MIDIのLinuxカーネルの実装に欠陥が見つかりました。このため、ローカルアカウントと、midiデバイスに対してioctlコマンドを発行する権限を持つ攻撃者が、メモリ解放後使用(Use After Free)を発生させる可能性があります。解放中および使用前のこの特定のメモリへの書き込みにより、実行のフローが変化し、メモリの破損や権限昇格が引き起こされる可能性があります(bnc#1179601)。

以下の非セキュリティ問題が修正されました。

- ACPI:APEI:同期エラー用のmemory_failure()キューを排除します(jsc#SLE-16610)。

- ACPI:PNP:matching_id()の文字列の長さを比較します(git-fixes)。

- ALSA/hda:Acer Veriton N4640G/N6640G/N2510Gのジャック修正を適用します(git-fixes)。

- ALSA:コア:memalloc:iramのページ配置を追加します(git-fixes)。

- ALSA:hda/ca0132 - 入力ソースenum文字列を変更します(git-fixes)。

- ALSA:hda/ca0132 - AE-5リアヘッドフォンのpincfgを修正します(git-fixes)。

- ALSA:hda/conexant:新しいhdaコーデックCX11970を追加します(git-fixes)。

- ALSA:hda/generic:preferred_dacsペアを強制するためのオプションを追加します(git-fixes)。

- ALSA:hda/hdmi:ピンNIDを常に16進数で出力します(git-fixes)。

- ALSA:hda/hdmi:値を読み取る前にパケットバッファインデックスを設定する必要があります(git-fixes)。

- ALSA:hda/proc - DP-MST接続を出力します(git-fixes)。

- ALSA:hda/realtek - ALC897用のサポートされている新しいコーデックを追加します(git-fixes)。

- ALSA:hda/realtek - Lenovo ALC285ヘッドセットボタンのサポートを追加します(git-fixes)。

- ALSA:hda/realtek - ALC255を搭載したASUS Q524UQKのヘッドセットマイクを有効にします(git-fixes)。

- ALSA:hda/realtek - ALC256 を搭載したASUS X430UNのヘッドセットマイクを有効にします(git-fixes)。

- ALSA:hda/realtek - Lenovo C940のスピーカーボリュームコントロールを修正します(git-fixes)。

- ALSA:hda/realtek - Dell AIOの誤ったサウンドトーンを修正しました(git-fixes)。

- ALSA:hda/realtek - Dellプラットフォーム名を変更します(git-fixes)。

- ALSA:hda/realtek - Dell固定タイプのヘッドセットをサポートしました(git-fixes)。

- ALSA:hda/realtek:より多くのHPラップトップのミュートLED quirkを追加します(git-fixes)。

- ALSA:hda/realtek:ミュートLED quirkをさらに別のHP x360モデルに追加します(git-fixes)。

- ALSA:hda/realtek:MSI-GP73のquirkを追加します(git-fixes)。

- ALSA:hda/realtek:2つの「Intel Reference Board」のSSIDを ALC256 に追加します(git-fixes)。

- ALSA:hda/realtek:Quanta NL3のジャック修正を適用します(git-fixes)。

- ALSA:hda/realtek:ALC294でASUS UX482EG & B9400CEAのヘッドセットを有効にします(git-fixes)。

- ALSA:hda/realtek:HP EliteBook 850 G7のミュートおよびマイクミュートLEDを有効にします(git-fixes)。

- ALSA:hda/realtek:Asus Zephyrus G14のベーススピーカーのDAC割り当てを修正します(git-fixes)。

- ALSA:hda/realtek:Acer TravelMate P648/P658 のダミーラインアウトを削除します(git-fixes)。

- ALSA:hda/realtek:yogaラップトップでベーススピーカーのボリュームを調整できるようにします(git-fixes)。

- ALSA:hda/via:Clevo W35xSSのランタイムPMを修正します(git-fixes)。

- ALSA:hda:clearおよびreconfig sysfsの回帰を修正します(git-fixes)。

- ALSA:pcm:hw_paramsで割り当てられたメモリ全体を消去します(git-fixes)。

- ALSA:pcm:oss:さらにいくつかのUBSAN修正を修正します(git-fixes)。

- ALSA:pcm:oss:潜在的な領域外シフトを修正します(git-fixes)。

- ALSA:rawmidi:スピンロック中に常にruntime-> availにアクセスします(git-fixes)。

- ALSA:seq:役に立たない機能を削除します(git-fixes)。

- ALSA:usb-audio:FiiOデバイスでのネイティブDSDの複製をサポートするためにVIDを追加します(git-fixes)。

- ALSA:usb-audio:汎用の暗黙的なfb解析を追加します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:暗黙的なfb同期のhw制約を追加します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:Steinberg UR22の暗黙的なfbサポートを追加します(git-fixes)。

- ALSA:usb-audio:implicit_fbモジュールオプションを追加します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:BOSS AD-10用のquirkを追加します(git-fixes)。

- ALSA:usb-audio:Pioneer DJ DDJ-SR2用のquirkを追加します(git-fixes)。

- ALSA:usb-audio:RC-505用のquirkを追加します(git-fixes)。

- ALSA:usb-audio:snd_usb_get_endpoint()ヘルパーを追加します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:snd_usb_get_host_interface()ヘルパーを追加します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:Pioneer DJ DDJ-RRコントローラーのサポートを追加します(git-fixes)。

- ALSA:usb-audio:再開後にパラメーターを常に設定します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:暗黙的なfbに対する二重の初期化を回避します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:UAC2の暗黙的なフィードバックEPを全般的にチェックします(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:UAC2/3に対する解析レートでの有効なaltsettingをチェックします(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:audioformatポインター参照をconst化します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:共通のvmalloc memallocに変換します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:オーディオクラスとの誤った一致エントリを修正します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:解析フェーズでエンドポイントオブジェクトを作成します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:ファームウェアが返さない場合のサンプル読み取りチェックを無効にします(git-fixes)。

- ALSA:usb-audio:トリガーコールバックでusb_set_interface()を呼び出しません(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:サンプルレートを初期化する前にaltsettingを設定しません(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:debug.hをドロップします(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:keep_interfaceフラグを再度ドロップします(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:不要なsnd_usb_substreamフィールドをドロップします(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:暗黙的なフィードバックquirkコードを取り除きます(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:連続レートのEPマッチングを修正します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:MOTU Mシリーズのquirkを修正します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:MIDIジャックのUBSAN警告を修正します(git-fixes)。

- ALSA:usb-audio:chmapからのコントロール「アクセスオーバーフロー」エラーを修正します(git-fixes)。

- ALSA:usb-audio:暗黙的なfbパケットリングバッファのストールの可能性を修正します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:潜在的な領域外シフトを修正します(git-fixes)。

- ALSA:usb-audio:他のBOSSデバイスのquirkを修正します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:hw制約の離散レートを適切に処理します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:一部のデバッグ出力を改善します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:デバイスの名前変更とプロファイルのquirkを内部テーブルに移動します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:snd_usb_autoresume()呼び出しをsetup_hw_info()から移動します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:snd_usb_audioオブジェクトをquirk関数に渡します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:オーディオインターフェイスクラスと適切に照合します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:BOSS GT-001のQuirk(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:エンドポイント管理をリファクタリングします(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:エンドポイントURB無効化のリファクタリング(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:スレーブ/マスターの条件を置き換えます(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:同期EPリンクを適切に設定および消去します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:snd_usb_endpoint_set_callback()を通じてコールバックを設定します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:proc出力で同期エンドポイント情報を表示します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:hw_paramsルールを簡素化します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:マクロでquirkエントリを簡素化します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:rate_min/maxとレートの設定を簡素化します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:snd_usb_init_pitch()の引数を簡素化します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:snd_usb_init_sample_rate()の引数を簡素化します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:エラー時に両方のエンドポイントを適切に停止します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:PCM sync_stopをサポートします(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:audioformatリストの暗黙的なfb同期エンドポイントを追跡します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:US16x08:レベルメーターの値カウントを修正します(git-fixes)。

- ALSA:usb-audio:次のパケットサイズ計算のためにコードを統一します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:ASUS ROG Strix TRX40 moboに対してALC1220-VB-DTマッピングを使用します( bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:エンドポイントuse_countにatomic_tを使用します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:管理対象バッファ割り当てを使用します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:ifaceおよびaltsettingsフィールドに符号なしcharを使用します(bsc#1178203)。

- ALSA:usb-audio:ifaceリセット問題の回避策(bsc#1178203)。

- ASoC:Intel:bytcr_rt5640:HP Pavilion x2のデタッチ可能quirkを修正します(git-fixes)。

- ASoC:SOF:control:ext_bytesコントロールの.get()に対するサイズチェックを修正します(git-fixes)。

- ASoC:amd:clk_get()をdevm_clk_get()に変更し、欠落していたチェックを追加します(git-fixes)。

- ASoC:arizona:wm8997_probeの誤った解放を修正します(git-fixes)。

- ASoC:cx2072x:PlaybackおよびCaptureストリームの二重定義を修正します(git-fixes)。

- ASoC:jz4740-i2s:clk_get()のチェックの失敗を追加します(git-fixes)。

- ASoC:meson:COMPILE_TESTエラーを修正します(git-fixes)。

- ASoC:pcm:DRAINサポートの再有効化(git-fixes)。

- ASoC:sun4i-i2s:I2S正当化モードのためのlrck_period計算を修正します(git-fixes)。

- ASoC:tegra20-spdif:「default m」を削除します(git-fixes)。

- ASoC:ti:davinci-mcasp:davinci_mcasp_get_dt_paramsの常にゼロを削除します(git-fixes)。

- ASoC:wm8998:エラー時のPMの深度不均衡無効化を修正します(git-fixes)。

- ASoC:wm_adsp:wm_adsp_load()のエラーリターンコードを修正します(git-fixes)。

- ASoC:wm_adsp:wm_adsp_create_control()のエラー時にリストから「ctl」を削除します(git-fixes)。

- Bluetooth:hci_event_packet()のNULLポインターデリファレンスを修正します(git-fixes)。

- Bluetooth:hci_le_direct_adv_report_evt()のslab-out-of-bounds読み取りを修正します(git-fixes)。

- Bluetooth:btmtksdio:欠落していたrelease_firmware()をmtk_setup_firmware()に追加します(git-fixes)。

- Bluetooth:btusb:欠落していたrelease_firmware()をbtusb_mtk_setup_firmware()に追加します(git-fixes)。

- Bluetooth:hci_h5:serdevデバイスを閉じ、h5_closeでhuを解放します(git修正)。

- Bluetooth:hci_h5:h5_closeでのメモリリークを修正します(git-fixes)。

- 回帰を引き起こしたバックポートされたuvcvideoパッチをドロップします(bsc#1180117)また、コミットをブラックリストに追加します

- EDAC/amd64:ファミリー0x15、モデル0x13にロードしません(bsc#1179763)。

- EDAC/amd64:PCIコンポーネントの登録を修正します(bsc#1152489)。

- EDAC/i10nm:readl()を使用してMMIOレジスタにアクセスします(bsc#1152489)。

- EDAC/mce_amd:AMD NodeIdにstruct cpuinfo_x86.cpu_die_idを使用します(bsc#1152489)。

- HID:Logitech Dinovo Edgeバッテリーのguirkを追加します(git-fixes)。

- HID:Gameviceデバイス用のHID_QUIRK_INCREMENT_USAGE_ON_DUPLICATEを追加します(git-fixes)。

- HID:Sega Saturnのサポートを追加します(git-fixes)。

- HID:cypress:Varmiloキーボードのメディアホットキーをサポートします(git-fixes)。

- HID:hid-sensor-hub:レポートIDがないデバイスの問題を修正します(git-fixes)。

- HID:i2c-hid:記述子のオーバーライドにVero K147を追加します(git-fixes)。

- HID:ite:ABS_MISC 120/121イベントをタッチパッドのオン/オフkeypressで置き換ます(git-fixes)。

- HID:logitech-hidpp:Dinovo Edge用のHIDPP_CONSUMER_VENDOR_KEYS quirkを追加します(git-fixes)。

- HID:uclogic:Trust Flex Design TabletのIDを追加します(git-fixes)。

- HMAT:解析後にメモリ側のキャッシュを登録します(bsc#1178660)。

- HMAT:オンラインメモリのないノードのターゲット情報の公開をスキップします(bsc#1178660)。

- HSI:omap_ssi:ssi_add_controller()でIDを解放するためにジャンプしません(git-fixes)。

- IB/hfi1:hfi1_devdataからkobjを削除します(bsc#1179878)。

- IB/hfi1:KDETH qpnsのモジュールパラメーターを削除します(bsc#1179878)。

- IB/isert:整列されていない即時データ処理を修正します(bsc#1152489)

- IB/mlx4:ロギングを追加および改善します(bsc#1152489)

- IB/mlx4:MRAのサポートを追加します(bsc#1152489)

- IB/mlx4:dupが観察される場合の遅延作業を調整します(bsc#1152489)

- IB/mlx4:paravirt mux/demuxでスタベーションを修正します(bsc#1152489)

- IB/mthca:mthca_init_cq()のエラーブランチの戻り値を修正します(bsc#1152489)

- IB/rdmavt:sizeofの不一致を修正します(bsc#1152489)

- IB/srpt:srpt_add_oneのメモリリークを修正します(bsc#1152489)

- IB/uverbs:uverbsレイヤーのIB MRにIOVAを設定します(bsc#1152489)

- 入力:ads7846 - Rt計算での整数オーバーフローを修正します(git-fixes)。

- 入力:ads7846 - リリースの欠落を引き起こす競合を修正します(git-fixes)。

- 入力:ads7846 - 7845でアラインされていないアクセスを修正します(git-fixes)。

- 入力:cm109 - コントロールURBをストンプしません(git-fixes)。

- 入力:cros_ec_keyb - キーイベントに加えて「scancodes」を送信します(git-fixes)。

- 入力:cyapa_gen6 - 領域外スタックアクセスを修正します(git-fixes)。

- 入力:goodix - Teclast X98 Proタブレット用の上下逆のquirkを追加します(git-fixes)。

- 入力:i8042 - Acerラップトップをi8042リセットリストに追加します(git-fixes)。

- 入力:i8042 - ByteSpeedタッチパッドをnoloopテーブルに追加します(git-fixes)。

- 入力:i8042 - insmodが、i8042コントローラーのないデバイスで成功するようにします(git-fixes)。

- 入力:i8042 - i8042_setup_aux()のエラーリターンコードを修正します(git-fixes)。

- 入力:omap4-keypad - ランタイムPMエラー処理を修正します(git-fixes)。

- 入力:xpad - Ardwiinoコントローラーをサポートします(git-fixes)。

- KVM:PPC:Book3S HV:XIVE:ESBページにアクセスする際に発生する可能性があるoopsを修正します(bsc#1156395)。

-「btrfs:qgroup:すでにトランザクションを保留している場合は、フラッシュを待機しようとしません(bsc#1179575)」をソート済みセクションに移動します

- アップストリームのUSBオーディオパッチをソートされたセクションに移動します

- PCI:コマンドラインのリソースアライメントリクエストにおけるオーバーフローを修正します(git-fixes)。

- PCI:pci_slot_release()のNULLポインターデリファレンスを修正します(git-fixes)。

- PCI:brcmstb:使用前に「tmp」を初期化します(git-fixes)。

- PCI:iproc:領域外の配列アクセスを修正します(git-fixes)。

- RDMA/addr:netevent_callback()/rdma_addr_cancel()との競合を修正します(bsc#1152489)

- RDMA/bnxt_re:ユーザーqpsをflushlistに追加しません(bsc#1152489)

- RDMA/bnxt_re:pbl_tblの割り当てのsizeofの不一致を修正します。(bsc#1152489)

- RDMA/core:ib_unregister_device_queued()実行中の偽のWARN_ONを修正します(bsc#1152489)

- RDMA/core:報告されている速度と幅を修正します(bsc#1152489)

- RDMA/core:_ib_modify_qp()の戻りエラー値を負に修正します(bsc#1152489)

- RDMA/core:エラーunwindでDIMメモリを解放します(bsc#1152489)

- RDMA/core:CQを破壊する前にDIMを停止します(bsc#1152489)

- RDMA/counter:pidが異なるQPを同じカウンターに手動でバインドできるようにします(bsc#1152489)

- RDMA/counter:自動モードでユーザーQPのみをバインドします(bsc#1152489)

- RDMA/hns:sl構成の有効性チェックを追加します(bsc#1152489)

- RDMA/hns:メモリウィンドウのmtpt構成のバグ修正(bsc#1152489)

- RDMA/hns:hns_roce_create_cq()の誤字を修正します(bsc#1152489)

- RDMA/hns:QPをクエリする際のsq_sig_typeの欠落を修正します(bsc#1152489)

- RDMA/hns:サポートされていないwr opcodeを設定します(bsc#1152489)

- RDMA/ipoib:ipoibインターフェイスのrtnl_link_opsを設定します(bsc#1152489)

- RDMA/mlx5:IB_WR_REG_MRが機能しない場合に、IB_DEVICE_MEM_MGT_EXTENSIONSを無効にします(bsc#1152489)

- RDMA/netlink: raw QPをダンプする際のCAP_NET_RAWチェックを削除します(bsc#1152489)

- RDMA/pvrdma:pvrdma_register_device()におけるkfree()の欠落を修正します(bsc#1152489)

- RDMA/qedr:エンディアン警告のクリーンアップ(bsc#1152489)

- RDMA/qedr:ドアベルの設定を修正します(bsc#1152489)

- RDMA/qedr:iWARPのアクティブなmtuの表示を修正します(bsc#1152489)

- RDMA/qedr:iWARPに対して返されるインラインサイズを修正します(bsc#1152489)

- RDMA/qedr:iWARP CMでのメモリリークを修正します(bsc#1152489)

- RDMA/qedr:qp構造のメモリリークを修正します(bsc#1152489)

- RDMA/qedr:qedr_create_qpのリソースリークを修正します(bsc#1152489)

- RDMA/qedr:初期化されていないフィールドの使用を修正します(bsc#1152489)

- RDMA/qedr:SRQのバグ修正(bsc#1152489)

- RDMA/rxe:rxe_init_portsの無意味なチェックをドロップします(bsc#1152489)

- RDMA/rxe:rxe_mem_init_userでのメモリリークを修正します(bsc#1152489)

- RDMA/rxe:rxe_rcv_mcast_pkt()のskb有効期間を修正します(bsc#1152489)

- RDMA/rxe:インターフェイスに15文字がある場合の、親sysfsの読み取りを修正します(bsc#1152489)

- RDMA/rxe:rxe_recv.cでのskb_clone()の失敗を処理します(bsc#1152489)

- RDMA/rxe:wrが送信キューにポストされた後のwr->nextポインターへのアクセスを防止します(bsc#1152489)

- RDMA/rxe:未使用のrxe_mem_map_pagesを削除します(bsc#1152489)

- RDMA/rxe:rxe_init_port_param()からvoidを返します(bsc#1152489)

- RDMA/rxe:rxe_mem_init_dma()からvoidを返します(bsc#1152489)

- RDMA/rxe:ループバックモードのdgidチェックをスキップします(bsc#1152489)

- RDMA/srpt:srpt_unregister_mad_agent docstringの誤字を修正します(bsc#1152489)

- RDMA/umem:ページ境界を超えるマッピングのib_umem_find_best_pgsz()を修正します(bsc#1152489)

- RDMA/umem:ib_umem_find_best_pgsz()によって小さなページが返されるのを防ぎます(bsc#1152489)

- アップストリームのuvcvideoの修正を再インポートします。もう1つの修正が後で追加されます(bsc#1180117)

-「ACPI/resources:AE_CTRL_TERMINATEを使用してリソースウォークを終了」を戻します(git-fixes)。

- 「ceph:異なるクォータレルム下での名前変更操作を許可します」を戻します(bsc#1180541)。

-「geneve:ECNカプセル化解除の前にIPヘッダーをプルします」を戻します(git-fixes)。

-「i2c:i2c-qcom-geni:DMA転送の競合を修正します」を戻します(git-fixes)。

- 「platform/x86:wmi:登録解除ではなくクリーンアップで破棄します」を戻します(git-fixes)。

-「powerpc/pseries/hotplug-cpu:エラーパスの二重解放を削除します」を戻します(bsc#1065729)。

- USB:UAS:no_write_sameを設定するためにquirkを導入します(git-fixes)。

- USB:Snapscan 1212用のRESET_RESUME quirkを追加します(git-fixes)。

- USB:dummy-hcd:init()での初期化されていない配列の使用を修正します(git-fixes)。

- USB:gadget:f_acm:SuperSpeed Plusのサポートを追加します(git-fixes)。

- USB:gadget:f_midi:SuperSpeed Plus記述子をセットアップします(git-fixes)。

- USB:gadget:f_rndis:SuperSpeed以上のビットレートを修正します(git-fixes)。

- USB:gadget:legacy:acm_ms_bind()のリターンエラーコードを修正します(git-fixes)。

- USB:quirks:Lenovo A630Z TIOの組み込みUSBオーディオカード用のUSB_QUIRK_DISCONNECT_SUSPEND quirkを追加します(git-fixes)。

- USB:シリアル:ch341:CH341Aに新しい製品IDを追加します(git-fixes)。

- USB:シリアル:ch341:device-idエントリをソートします(git-fixes)。

- USB:シリアル:digi_acceleport:write-wakeupのデッドロックを修正します(git-fixes)。

- USB:シリアル:iuu_phoenix:スタックからのDMAを修正します(git-fixes)。

- USB:シリアル:keyspan_pda:ドロップされたアンスロットル割り込みを修正します(git-fixes)。

- USB:シリアル:keyspan_pda:停止した書き込みを修正します(git-fixes)。

- USB:シリアル:keyspan_pda:tx-unthrottleのUse-After-Freeを修正します(git-fixes)。

- USB:シリアル:keyspan_pda:書き込みデッドロックを修正します(git-fixes)。

- USB:シリアル:keyspan_pda:書き込みアンスロットリングを修正します(git-fixes)。

- USB:シリアル:keyspan_pda:write-wakeupのUse-After-Freeを修正します(git-fixes)。

- USB:シリアル:kl5kusb105:オープン時のメモリリークを修正します(git-fixes)。

- USB:シリアル:kl5kusb105:オープン時のメモリリークを修正します(git-fixes)。

- USB:シリアル:mos7720:parallel-portの状態の復元を修正します(git-fixes)。

- USB:シリアル:オプション:Fibocom NL668のバリアントを追加します(git-fixes)。

- USB:シリアル:オプション:interface-numberサニティチェックをフラグ処理に追加します(git-fixes)。

- USB:シリアル:オプション:Thales Cinterion EXS82のサポートを追加します(git-fixes)。

- USB:シリアル:オプション:Quectel BG96の一致を修正します(git-fixes)。

- USB:xhci:ハードウェアに対するU1/U2処理をXHCI_INTEL_HOST quirkセットで修正します(git-fixes)。

- USB:yurex:control-URBタイムアウト処理を修正します(git-fixes)。

- arm64:acpi:apei_claim_sea()をAPEIのirq作業と同期化します(jsc#SLE-16610)。

- arm64:mm:!CONFIG_ZONE_DMAの際のARCH_LOW_ADDRESS_LIMITを修正します(git-fixes)。

- ath10k:エラー処理パスを修正します(git-fixes)。

- ath10k:エラー処理パスでいくつかのリソースをリリースします(git-fixes)。

- ath6kl:enum-conversion警告を修正します(git-fixes)。

-batman-adv:needed_headroomのフラグメンテーションを考慮します(git-fixes)。

-batman-adv:フラグメンテーションskbヘッドを必ずしも再割り当てしない(git-fixes)。

-batman-adv:フラグメントのためにneeded_*roomを予約します(git-fixes)。

- bitmap:未使用の関数宣言を削除します(git-fixes)。

- blk-mq-blk-mq-provide-forced-completion-method.patch:
(bsc#1175995,jsc#SLE-15608,bsc#1178756)。

- blk-mq:「間違ったCPUから実行中」警告を削除します(bsc#1174486)。

- ブロック: blk_mq_end_request()でステータスコードを返します(bsc#1171000、bsc#1165933)。

- bpf:bpf_put_raw_tracepoint()による
__module_address()の使用を修正します(git-fixes)。

- btrfs:nocowおよび圧縮inodeフラグに対して欠落しているチェックを追加します(bsc#1178780)。

- btrfs:btrfs_truncate_block()が、データス空間予約のためにnocowにフォールバックできるようにします(bsc#1161099)。

- btrfs:重複する単語とコメント内のその他の修正を行います(bsc#1180566)。

- btrfs:リンクと名前変更の操作中にログやトランザクションをコミットしません(bsc#1180566)。

- btrfs:ログを固定する際にサブボリュームのlog_mutexを取得しません(bsc#1180566)。

- btrfs:新しいdelalloc範囲に対する新規ビットのdelallocの欠落を修正します(bsc#1180773)。

- btrfs:デバイス削除後の先読みのハングアップおよびUse-After-Freeを修正します(bsc#1179963)。

- btrfs:作成に失敗した後の先読みエクステントでのUse-After-Freeを修正します(bsc#1179963)。

- btrfs:btrfs_dirty_pagesがbtrfs_inodeをとるようにします(bsc#1180773)。

- btrfs:btrfs_set_extent_delallocがbtrfs_inodeをとるようにします(bsc#1180773)。

- btrfs:qgroup:すでにハンドルを保持している場合はトランザクションをコミットしません(bsc#1178634)。

- btrfs:qgroup:すでにトランザクションを保留している場合は、フラッシュを待機しようとしません(bsc#1179575)。

- bus/fsl_mc:NULL以外のmc_ioを提供するために、呼び出し元に依存しません(git-fixes)。

- bus:fsl-mc:fsl_mc_object_allocate()のエラーリターンコードを修正します(git-fixes)。

- can:c_can:c_can_power_up():エラー処理を修正します(git-fixes)。

- can:sja1000:sja1000_err():調整の失敗をエラーとしてカウントしません(git-fixes)。

- can:softing:softing_netdev_open():エラー処理を修正します(git-fixes)。

- can:sun4i_can:sun4i_can_err():調整の失敗をエラーとしてカウントしません(git-fixes)。

- cfg80211:rekey_dataを初期化します(git-fixes)。

- cifs:cifs_mount()のエラーポインターデリファレンスを修正します(bsc#1178270)。

- cifs:ses->tcon_ipcのNULLチェックを追加します(bsc#1178270)。

- cifs:システムコールを次で再起動できるようにします
__smb_send_rqst()(bsc#1176956)。

- cifs:DFSとtconsを共有しません(bsc#1178270)。

- cifs:dfsマウントのドキュメント化およびクリーンアップ(bsc#1178270)。

- cifs:DFS再接続のスーパーブロックが正しいことを確認します(bsc#1178270)。

- cifs:cifsacl/modefromsidでDFSマウントを修正します(bsc#1178270)。

- cifs:smb1のtcon dfsのチェックを修正します(bsc#1178270)。

- cifs:共有とプレフィックスの二重解放エラーを修正します(bsc#1178270)。

- cifs:リキューされた書き込みに対する漏洩した参照を修正します(bsc#1178270)。

- cifs:cifs_echo_request()での潜在的なUse-After-Freeを修正します(bsc#1139944)。

- cifs:open_shroot()の初期化されていないlease_keyを修正します(bsc#1178270)。

- cifs:reconn_setup_dfs_targets()の未使用パラメーターを取り除きます(bsc#1178270)。

- cifs:再接続でRESP_GET_DFS_REFERRAL.PathConsumedを処理します(bsc#1178270)。

- cifs:cifs_reconnect()でターゲットの空のリストを処理します(bsc#1178270)。

- cifs:フェイルオーバーで同じIPに解決されるホスト名を処理します(bsc#1178270)。

- cifs:__(cifs,smb2)_reconnect[_tcon]()をcifs_tree_connect()にマージします(bsc#1178270)。

- cifs:cifs_tree_connect()のDFSリンクのプレフィックスパスのみを更新します(bsc#1178270)。

- cifs:DFSリンク検索における照会リクエストの数を削減します(bsc#1178270)。

- cifs:reconn_inval_dfs_target()の名前を変更します(bsc#1178270)。

- cifs:generic_ip_connect()の前に次のDFSターゲットを設定します(bsc#1178270)。

- clk:at91:sam9x60:atmel,osc-bypassのサポートを削除します(git-fixes)。

- clk:ingenic:divテーブルでの除算の計算を修正します(git-fixes)。

- clk:mediatek:mtk_clk_register_mux()を静的関数にします(git-fixes)。

- clk:mvebu:a3700:XTAL MODEピンをMPP1_9に修正します(git-fixes)。

- clk:renesas:r9a06g032:ポータビリティのために__packedをドロップします(git-fixes)。

- clk:s2mps11:プローブ関数のエラー処理パスのリソース漏洩を修正します(git-fixes)。

- clk:sunxi-ng:除算テーブルに標識が含まれていることを確認します(git-fixes)。

- clk:tegra:失敗時に0を返しません(git-fixes)。

- clk:tegra:重複したSEクロックエントリを修正します(git-fixes)。

- clk:ti:ti_fapll_synth_setupのメモリリークを修正します(git-fixes)。

- clocksource/drivers/arm_arch_timer:CNTKCTL_EL1.EVNTIの障害プログラミングを修正します(git-fixes)。

- clocksource/drivers/arm_arch_timer:erratum sneで安定版カウントリーダーを使用します(git-fixes)。

- clocksource/drivers/cadence_ttc:ttc_setup_clockevent()でのメモリリークを修正します(git-fixes)。

- clocksource/drivers/orion:エラーパスで欠落しているclk_disable_unprepare()を追加します(git-fixes)。

- compiler_attributes.h:switch/caseの使用に「フォールスルー」疑似キーワードを追加します(bsc#1178203)。

- coredump:core_patternの解析エラーを修正します(git-fixes)。

- cpufreq:ap806:欠落しているMODULE_DEVICE_TABLEを追加します(git-fixes)。

- cpufreq:highbank:欠落しているMODULE_DEVICE_TABLEを追加します(git-fixes)。

- cpufreq:loongson1:欠落しているMODULE_ALIASを追加します(git-fixes)。

- cpufreq:mediatek:欠落しているMODULE_DEVICE_TABLEを追加します(git-fixes)。

- cpufreq:scpi:欠落しているMODULE_ALIASを追加します(git-fixes)。

- cpufreq:st:欠落しているMODULE_DEVICE_TABLEを追加します(git-fixes)。

- cpufreq:vexpress-spc:欠落しているMODULE_ALIASを追加します(git-fixes)。

- crypto:af_alg - salg_nameにアクセスする未定義の動作を回避します(git-fixes)。

- crypto:atmel-i2c - CONFIG_BITREVERSEを選択します(git-fixes)。

- crypto:crypto4xx - crypto4xx_build_pdのビット単位のORを論理ORで置き換えます(git-fixes)。

- crypto:ecdh - ecdh_set_secret()のバッファオーバーフローを回避します(git-fixes)。

- crypto:ecdh - ecdh_set_secret()のアラインされていないアクセスを回避します(git-fixes)。

- crypto:inside-secure - sizeof()の不一致を修正します(git-fixes)。

- crypto:omap-aes - omap_aes_probeでのPMの深度不均衡無効化を修正します(git-fixes)。

- crypto:qat_hal_put_rel_rd_xfer()のステータスチェックを修正します(git-fixes)。

- crypto:sun4i-ss - SSのA33バリアントを追加します(git-fixes)。

- crypto:talitos - current_desc_hdr()のエンディアン(git-fixes)。

- crypto:talitos - current_desc_hdr()の戻り値の型を修正します(git-fixes)。

- cw1200:cw1200_init_commonのエラーでのdestroy_workqueue()の欠落を修正します(git-fixes)。

- dmaengine:at_hdmac:kzallocをkmallocに置き換えます(git-fixes)。

- dmaengine:at_hdmac:at_dma_xlate()で欠如しているkfree()呼び出しを追加します(git-fixes)。

- dmaengine:at_hdmac:at_dma_xlate()で欠如しているput_device()呼び出しを追加します(git-fixes)。

- dmaengine:dw-edma:dw_edma_alloc_chunk()のUse-After-Freeを修正します(git-fixes)。

- dmaengine:mediatek:mtk-hsdma:プローブ関数のエラー処理パスのリソース漏洩を修正します(git-fixes)。

- dmaengine:mv_xor_v2:mv_xor_v2_probe()のエラーリターンコードを修正します(git-fixes)。

- dmaengine:xilinx_dma:dma_async_device_registerの戻り値をチェックします(git-fixes)。

- dmaengine:xilinx_dma:_child_probe()の互換性のないパラメーター警告を
修正します(git-fixes)。

- dmaengine:xilinx_dma:mixed_enum_typeのcoverity警告を修正します(git-fixes)。

- ドライバー:soc:ti:knav_qmss_queue:knav_queue_probeのエラーリターンコードを修正します(git-fixes)。

- drm/amd/display:dm_update_plane_state()の間違った戻り値を修正します(bsc#1152489)

- drm/amdgpu:0の代わりにNULLポインターを渡します(bsc#1152489)バックポートの変更: *コンテキスト修正

- drm/crc-debugfs:crc_control_writeのメモリリークを修正します(bsc#1152472)

- drm/gma500:エラーチェックを修正します(bsc#1152472)バックポートの変更: *コンテキスト修正

- drm/i915/gem:x86-32でのhighmemの暗黙的なvmapを回避します(bsc#1152489)バックポートの変更: *コンテキスト修正

- drm/i915:sha_text入力コードを修正します(bsc#1152489)バックポートの変更: *コンテキスト修正 *古いドライバーにI/O関数を適合

- drm/imx:無関係な型修飾子を削除します(bsc#1152489)

- drm/mediatek:コンポーネントの場合にmtk_drm_probe()に例外処理を追加します(bsc#1152472)

- drm/mediatek:欠落しているput_device()呼び出しを追加します(bsc#1152472)

- drm/mediatek:mtk_drm_kms_init()に欠落しているput_device()呼び出しを追加します(bsc#1152472)バックポートの変更:
*コンテキスト修正 *関数レイアウトに適合

- drm/msm:dpu_crtc_atomic_check()のゼロ除算を回避します(bsc#1152489)

- drm/msm:_dpu_crtc_setup_lm_bounds()のデバッグ出力をドロップします(bsc#1152489)バックポートの変更: *コンテキスト修正

- drm/panfrost:GPU quirkが常に初期化されるようにします(bsc#1152489)

- drm/panfrost:readl_relaxed_poll_timeoutの値を増やします(bsc#1152472)バックポートの変更: *コンテキスト修正

- drm/radeon:より低いフィードバック除算器を優先します(bsc#1152489)

- drm/sun4i:sun8i-csc:セカンダリCSCレジスタの修正(bsc#1152489)

- drm/vc4/vc4_hdmi:ASoCカード所有者を入力します(bsc#1152489)

- drm/vc4:crtc:CRTC状態コードを修正します(bsc#1152472)バックポートの変更: *コンテキスト修正

- drm/vc4:hdmi:アトミックコンテキストでのスリープを回避します(bsc#1152489)バックポートの変更: *コンテキスト修正

- drm/vkms:計算crcのxrgbを修正します(bsc#1152472)バックポートの変更: *ファイル名をvkms_composer.cからvkms_crc.cに変更しました *コンテキスト修正

- drm:mxsfb:fbdevの名残を削除します(bsc#1152472)バックポートの変更: *コンテキスト修正

- drm:mxsfb:フレームバッファピッチをチェックします(bsc#1152472)バックポートの変更: *コンテキスト修正

- drm:panel:OrtusTech COM43H4M85ULCパネルのbpcを修正します(bsc#1152489)

- drm:panel:OrtusTech COM43H4M85ULCパネルのバスフォーマットを修正します(bsc#1152472)バックポートの変更: *コンテキスト修正

- drm:rcar-du:VSPデバイスへの参照を配置します(bsc#1152489)

- epoll:チェックリストに追加されたファイルの参照を維持します(bsc#1180031)。

- ethtool:ethtool_phys_idのエラー処理を修正します(git-fixes)。

- ext4:!CONFIG_QUOTAの場合に、(usr,grp)jquotaに対して「not supported」を適切に報告します(bsc#1179672)。

- ext4:ext4_update_dx_flag()の偽の警告を修正します(bsc#1179716)。

- ext4:マウント失敗後のsysfs kobjectの漏洩を修正します(bsc#1179670)。

- ext4:fsmapレコードをカウントする際に返されるエントリを制限します(bsc#1179671)。

- ext4:ext4_inline_data_truncate()でxattr_semのロックを適切に解除します(bsc#1179673)。

- extcon:max77693:modalias文字列を修正します(git-fixes)。

- fail_function:冗長なmutexロック解除を削除します(bsc#1149032)。

- fbcon:不必要な改行を削除します(bsc#1152472)

- firmware:arm_sdei:これらのset_fs()呼び出しの動機を文書化します(jsc#SLE-16610)。

-「epoll:チェックリストに追加されたファイルの参照を維持します」での回帰を修正します(bsc#1180031、git-fixes)。

- fs/minix:sb_getblk()の戻り値をチェックします(bsc#1179676)。

- fs/minix:削除されたinodeを取得できないようにします(bsc#1179677)。

- fs/minix:V1ファイルシステムのブロック制限チェックを修正します(bsc#1179680)。

- fs/minix:大きすぎる最大ファイルサイズを拒否します(bsc#1179678)。

- fs/minix:block_to_path()の予期されるエラーメッセージを削除します(bsc#1179681)。

- fs/minix:s_maxbytesを正しく設定します(bsc#1179679)。

- fs/ufs:潜在的なu32乗算オーバーフローを回避します(bsc#1179682)。

- fs:block_write_full_page()でページバッファを無効にしません(bsc#1179711)。

- ftrace:FTRACE_FL_TRAMPの更新を修正します(git-fixes)。

- geneve:ECNカプセル化解除の前にIPヘッダーをプルします(git-fixes)。

- genirq/irqdomain:irq_create_mapping_affinity()関数を追加します(bsc#1065729)。

- genirq/matrix:UPでのfor_each_cpu()の不正処理に対処します(bsc#1156315)。

- gpio:mvebu:プローブの潜在的なUser-After-Freeを修正します(git-fixes)。

- gpio:mvebu:Armada XPのCPUごとのコメントを更新します(git-fixes)。

- i2c:i801:i2c-mux gpiod_lookup_tableが適切に終了されない問題を修正します(git-fixes)。

- i2c:qup:qup_i2c_bam_schedule_desc()のエラーリターンコードを修正します(git-fixes)。

- i2c:sprd:特定のタイムアウトを使用して、システムのハングアップ問題を回避します(git-fixes)。

- i3c master:i3c_master_registerのエラーでのdestroy_workqueue()の欠落を修正します(git-fixes)。

- ibmvnic:いくつかのデバッグを追加します(bsc#1179896 ltc#190255)。

- ibmvnic:memset null scrq msgsを回避します(bsc#1044767 ltc#155231 git-fixes)。

- ibmvnic:パッシブinit後に致命的なエラーのリセットを続行します(bsc#1171078 ltc#184239 git-fixes)。

- ibmvnic:ハードリセットが失敗した場合に次のリセットを遅らせます(bsc#1094840 ltc#167098 git-fixes)。

- ibmvnic:モジュール終了中のステータスチェックのリセットを強化します(bsc#1065729)。

- ibmvnic:reset_sub_crq_queuesのNULLポインターデリファレンスを修正します(bsc#1040855 ltc#155067 git-fixes)。

- ibmvnic:do_resetのcall_netdevice_notifiersを修正します(bsc#1115431 ltc#171853 git-fixes)。

- ibmvnic:fix:NULLポインターデリファレンス(bsc#1044767 ltc#155231 git-fixes)。

- ibmvnic:フェイルオーバーと移行が発生したときにピアに通知します(bsc#1044120 ltc#155423 git-fixes)。

- ibmvnic:失敗したリセットでアダプターの状態を復元します(bsc#1152457 ltc#174432 git-fixes)。

- iio: adc:rockchip_saradc:rockchip_saradc_resumeでエラー時にclk_disable_unprepare()が欠落する問題を修正します(git-fixes)。

- iio: buffer:demux更新を修正します(git-fixes)。

- iio: adc:ti-ads124s08:アライメントとデータ流出の問題を修正します(git-fixes)。

- iio: adc:ti-ads124s08:長すぎるバッファを修正します(git-fixes)。

- iio: imu:bmi160:大きすぎるバッファを修正します(git-fixes)。

- iio: light:rpr0521:タイムスタンプのアライメントを修正し、データ流出を防ぎます(git-fixes)。

- iio: light:st_uvis25:タイムスタンプのアライメントを修正し、データ流出を防ぎます(git-fixes)。

- iio: magnetometer:mag3110:アライメントとデータ流出の問題を修正します(git-fixes)。

- iio: pressure:mpl3115:バッファのアライメントを強制します(git-fixes)。

- inet_ecn:ECT(1)を設定する際のチェックサム更新のエンディアンを修正します(git-fixes)。

- iomap:書き込みを開始する前にページエラーをクリアします(bsc#1179683)。

- iomap:write_beginで読み取りブロックをuptodateとしてマークします(bsc#1179684)。

- iomap:Uptodateページのすべてのuptodateビットを設定します(bsc#1179685)。

- iommu-amd-Increase-interrupt-remapping-table-limit-t.patch:(bsc#1179652)。

- iommu/amd:DTE[IntTabLen]が512 IRTEを表すように設定します(bsc#1179652)。

- iwlwifi:mvm:CSA中にアサートが発生した場合のカーネルパニックを修正します(git-fixes)。

- iwlwifi:mvm:欠落しているRXハンドラーを接続します(git-fixes)。

- iwlwifi:pcie:AX210 の1つの欠落したエントリを追加します(git-fixes)。

- iwlwifi:pcie:メモリ読み取りスピンタイムを制限します(git-fixes)。

- jbd2:チェックポイントコードの稀な警告を修正します(bsc#1179707)。

- HDオーディオ汎用パーサーのkABI回避策(git-fixes)。

- USBオーディオドライバーのkABI回避策(bsc#1178203)。

- kABI:genirq:irq_create_mappingを追加して戻します(bsc#1065729)。

- kdb:複数行の文字列に対するページャー検索を修正します(git-fixes)。

- kernel/cpu:clear_tasks_mm_cpumask() mm処理のarchオーバーライドを追加します(bsc#1055117 ltc#159753 git-fixes bsc#1179888 ltc#190253)。

- kgdb:無効な形式のカーネルドキュメントコメントをドロップします(git-fixes)。

- lan743x:むき出しのカードによる潜在的なNULLポインターデリファレンスを修正します(git-fixes)。

- lib/string:不要な#undefsを削除します(git-fixes)。

- libfs:simple_attr_write()での負の値のエラーキャストを修正します(bsc#1179709)。

- locking/percpu-rwsem:read_countにthis_cpu_(inc,dec)()を使用します(bsc#1149032)。

- mac80211:設定されたTDLS STAの帯域幅を可能な範囲より広く設定しません(git-fixes)。

- mac80211:mesh:mesh_pathtbl_init()のエラーパスを修正します(git-fixes)。

- md-cluster:md_clusterビットマップをnoneに設定した場合のrmmodの問題を修正します(bsc#1163727)。

- md-cluster:クラスター化ビットマップに変換する際のsafemode_delay値を修正します(bsc#1163727)。

- md-cluster:unlock_all_bitmaps()のワイルドポインターを修正します(bsc#1163727)。

- md/ビットマップ:一時ビットマップのメモリリークを修正します(bsc#1163727)。

- md/ビットマップ:md_bitmap_get_counterが誤ったブロックを返します(bsc#1163727)。

- md/ビットマップ:md_bitmap_read_sbは、不適切なビットマップブロックを使用します(bsc#1163727)。

- md-cluster:リモート再同期ジョブでの再形成をブロックします(bsc#1163727)。

- md-cluster:ノードが再同期ジョブを実行しているときのデッドロックを修正します(bsc#1163727)。

- media:gp8psk:電力制御ロジックで統計を初期化します(git-fixes)。

- media:gspca:プローブにおけるメモリリークを修正します(git-fixes)。

- media:imx214:ストリーミング停止を修正します(git-fixes)。

- media:ipu3-cio2:subdevフォーマットのフィールドをV4L2_FIELD_NONEにします(git-fixes)。

- media:ipu3-cio2:返されたバッファのトレースを削除します(git-fixes)。

- media:ipu3-cio2:実際のsubdevフォーマットを返します(git-fixes)。

- media:ipu3-cio2:パッドフォーマットへのアクセスをシリアル化します(git-fixes)。

- media:ipu3-cio2:subdevフォーマットの設定のmbusフォーマットを検証します(git-fixes)。

- media:max2175:max2175_set_csm_mode()エラーコードを修正します(git-fixes)。

- media:msi2500:SPIバス番号を動的に割り当てます(git-fixes)。

- media:mtk-vcodec:mtk_vcodec_init_dec_pm()で欠如しているput_device()呼び出しを追加します(git-fixes)。

- media:mtk-vcodec:mtk_vcodec_init_enc_pm()で欠如しているput_device()呼び出しを追加します(git-fixes)。

- media:mtk-vcodec:mtk_vcodec_release_dec_pm()で欠如しているput_device()呼び出しを追加します(git-fixes)。

- media:saa7146:vidioc_s_audio()の配列オーバーフローを修正します(git-fixes)。

- media:siano:smsdvb_hotplugでdebugfsメンバーのメモリリークを修正します(git-fixes)。

- media:solo6x10:エラー処理ケースにおけるsnd_card_freeの欠落を修正します(git-fixes)。

- media:sunxi-cir:継続的な場合にIRが確実に処理されるようにします(git-fixes)。

- media:tm6000:sizeof()の不一致を修正します(git-fixes)。

- media:uvcvideo:無効なbFormatIndexおよびbFrameIndexの値を受け入れます(bsc#1180117)。

- memstick:memstick_checkの二重解放バグを修正します(git-fixes)。

- memstick:r592:r592_probe()のエラーリターンを修正します(git-fixes)。

- mfd:rt5033:不適切な定義を修正します(git-fixes)。

- misc:vmw_vmci:vmci_ctx_get_chkpt_doorbells()でdbellsを初期化することでカーネルの情報漏洩を修正します(git-fixes)。

- mm,memory_failure:常にmadvise_inject_errorでページをピン留めします(bsc#1180258)。

- mm/error_inject:allow_error_inject関数の署名を修正します(bsc#1179710)。

- mm/memory-failure:memory_failure_queue_kick()を追加します(jsc#SLE-16610)。

- mm/memory_hotplug:メモリをオフライン化する際にゾーンを縮小します(bsc#1177679)。

- mm/userfaultfd:handle_userfault()を呼び出した後でvma->vm_mmにアクセスしません(bsc#1179204)。

- mm:memcg:memcgリクレイムソフトロックアップを修正します(VM機能、bsc#1180056)。

- mmc:block: RPMBリクエストのCMD13ポーリングの条件を修正します(git-fixes)。

- mmc:pxamci:pxamci_probeのエラーリターンコードを修正します(git-fixes)。

- mtd:rawnand:gpmi:ランダムDMAタイムアウトの問題を修正します(git-fixes)。

- mtd:rawnand:gpmi:gpmi opsの参照カウントの漏洩を修正します(git-fixes)。

- mtd:rawnand:meson:initのリソース漏洩を修正します(git-fixes)。

- mtd:rawnand:meson:meson_nfc_dma_buffer_release()の引数を修正します(git-fixes)。

- mtd:rawnand:qcom:FLASH_STATUSレジスタ読み取りのDMA同期を修正します(git-fixes)。

- mtd:spinand:OOB読み取りを修正します(git-fixes)。

-mwifiex: swリセットエラーを引き起こすmwifiex_shutdown_sw()を修正します(git-fixes)。

- net/x25:いくつかのオーバーフローを防止します(bsc#1178590)。

- net:sctp:フォールスルーラベルの名前をunhandledに変更します(bsc#1178203)。

- nfc:s3fwrn5:nfcファームウェアをリリースします(git-fixes)。

- nvme-fabrics:ライブキューのリクエストをキューに入れることができるようにします(git-fixes)。

- nvme-fabrics:リクエストの受け入れのNVME_CTRL_NEW状態をチェックしません(bsc#1179519)。

- nvme-fc:割り込みコンテキストからの_nvme_fc_abort_outstanding_iosの呼び出しを回避します(bsc#1177326)。

- nvme-fc:イベント構造体を解放する前に非同期イベントをキャンセルします(git-fixes)。

- nvme-fc:nvme_fc_error_recoveryによるterminate_ioの使用を排除します(bsc#1177326)。

- nvme-fc:create_hw_io_queuesのエラーループを修正します(git-fixes)。

- nvme-fc:ioタイムアウトを修正してI/Oを中止します(bsc#1177326)。

- nvme-fc:err_work作業項目を削除します(bsc#1177326)。

- nvme-fc:nvme_fc_terminate_io()を削除します(bsc#1177326)。

- nvme-fc:FCに対して可能であれば再接続の遅延を短縮します(git-fixes)。

- nvme-fc:接続中にerror_recoveryを追跡します(bsc#1177326)。

- nvme-fc:呼び出しの前にキューがフリーズするまで待機します(git-fixes)。

- nvme-force-complete-cancelled-requests.patch:
(bsc#1175995、bsc#1178756、jsc#SLE-15608)。これがないと、fstestsの使用時またはエラーインジェクションメカニズムの使用時のファイルシステムに関係なく、一連のnvme QIDタイムアウトが発生する可能性があります。この修正がない場合、xfsでは9つの障害が発生しますが、その一般的性質により、他のファイルシステムで他のエラーが発生する可能性があります。これにより、クリーンな状態で信頼性の高いfstestsを実行できません。これはその問題を修正します。コード検査によって、これらの変更はすでにSLE15-SP3上にあり、SLE15-SP2上にはないことがわかりました。

- nvme-multipath:偽のリクエストキュー参照配置を修正します(bsc#1175389)。

- nvme-multipath:ana_workとscan_work間のデッドロックを修正します(git-fixes)。

- nvme-multipath:head->lockによるデッドロックを修正します(git-fixes)。

- nvme-pci:コントローラーアドレスを適切に出力します(git-fixes)。

- nvme-rdma:タイムアウトとティアダウン間の競合を回避します(bsc#1179519)。

- nvme-rdma:リクエストの完了の繰り返しを回避します(bsc#1179519)。

- nvme-rdma:イベント構造体を解放する前に非同期イベントをキャンセルします(git-fixes)。

- nvme-rdma:トラフィック中のコントローラーリセットのハングを修正します(bsc#1179519)。

- nvme-rdma:リセットの途中でコントローラーが停止した場合に発生するリセットのハングを修正します(bsc#1179519)。

- nvme-rdma:タイムアウトハンドラーを修正します(bsc#1179519)。

- nvme-rdma:予期しないnvme完了データ長を処理します(bsc#1178612)。

- nvme-rdma:コントローラーのティアダウンシーケンスをシリアル化します(bsc#1179519)。

- nvme-tcp:タイムアウトとティアダウン間の競合を回避します(bsc#1179519)。

- nvme-tcp:リクエストの完了の繰り返しを回避します(bsc#1179519)。

- nvme-tcp:すでにポーリングしている場合は、io_workのスケジューリングを回避します(bsc#1179519)。

- nvme-tcp:recvが失敗した場合にio_workループから抜けます(bsc#1179519)。

- nvme-tcp:イベント構造体を解放する前に非同期イベントをキャンセルします(git-fixes)。

- nvme-tcp:非ライブキューをポーリングしません(bsc#1179519)。

- nvme-tcp:トラフィック中のコントローラーリセットのハングを修正します(bsc#1179519)。

- nvme-tcp:recvエラーフローで発生する可能性のあるクラッシュを修正します(bsc#1179519)。

- nvme-tcp:エラーフロー中の漏洩の可能性を修正します(git-fixes)。

- nvme-tcp:リセットの途中でコントローラーが停止した場合に発生するリセットのハングを修正します(bsc#1179519)。

- nvme-tcp:タイムアウトハンドラーを修正します(bsc#1179519)。

- nvme-tcp:キューのprod/cons送信リストをリストにします(bsc#1179519)。

- nvme-tcp:リクエストのプラギングを利用します(bsc#1179519)。

- nvme-tcp:送信失敗をnvme_tcp_try_sendに移動します(bsc#1179519)。

- nvme-tcp:msgフラグの設定でネットワークスタックを最適化します(bsc#1179519)。

- nvme-tcp:複数のキューに対するキューio_cpuの割り当てを最適化します(git-fixes)。

- nvme-tcp:コントローラーのティアダウンシーケンスをシリアル化します(bsc#1179519)。

- nvme-tcp:ある場合はMSG_SENDPAGE_NOTLASTをMSG_MOREで設定します(bsc#1179519)。

- nvme-tcp:queue_rqコンテキストでリクエストの送信を試行します(bsc#1179519)。

- nvme-tcp:data_readyでbh_lockを使用します(bsc#1179519)。

- nvme:戻す:ティアダウンとのコントローラー作成競合を修正します(git-fixes)。

- nvme:ns->head->lockでns変異を保護しません(git-fixes)。

- nvme:タイムアウトした場合にnvme_wait_freeze_timeoutを返します(bsc#1179519)。

- nvme:nvme_sync_io_queuesを導入します(bsc#1179519)。

- nvmet-fc:hostport以外の構造体に対して欠如しているチェックを修正します(bsc#1176942)。

- nvmet-tcp:maxh2cdata icrespパラメーターを修正します(bsc#1179892)。

- ocfs2:不均衡なロッキングを修正します(bsc#1180506)。

- orinoco:skbを処理した後にコンテキスト割り当てを移動します(git-fixes)。

- pinctrl:amd:IRQタイプ設定のデバウンスフィルター設定を削除します(git-fixes)。

- pinctrl:aspeed:パススルーバンクに対するGPIOリクエストを修正します(git-fixes)。

- pinctrl:baytrail:デバウンス値をオフにするとクリアされる問題を回避します(git-fixes)。

- pinctrl:falcon:pinctrl_falcon_probe()に欠如しているput_device()呼び出しを追加します(git-fixes)。

- pinctrl:merrifield:特定の値が指定されない場合のデフォルトのバイアスを設定します(git-fixes)。

- platform/chrome:cros_ec_spi:spi: : modeを上書きしません(git-fixes)。

- platform/x86:acer-wmi:自動キーボードバックグラウンドライトトグルキーをKEY_LIGHTS_TOGGLEとして追加します(git-fixes)。

- platform/x86:dell-smbios-base:dell_smbios_initのエラーリターンコードを修正します(git-fixes)。

- platform/x86:intel-vbtn:Acer Switch Alpha 12でswitchイベントを許可します(git-fixes)。

- platform/x86:intel-vbtn:HP Pavilion 13 x360 PCのタブレットモードのサポート(git-fixes)。

- platform/x86:mlx-platform:MSN2700、MSN24xxシステムに対するアイテムカウンターの割り当てを修正します(git-fixes)。

- platform/x86:mlx-platform:MSN274xプラットフォーム構成からPSU EEPROMを削除します(git-fixes)。

- platform/x86:mlx-platform:デフォルトのプラットフォーム構成からPSU EEPROMを削除します(git-fixes)。

- platform/x86:mlx-platform:未使用の変数を削除します(git-fixes)。

- platform/x86:thinkpad_acpi:BAT1を追加は、Thinkpad Yoga 11e第4世代の主要なバッテリーのquirkです(git-fixes)。

- platform/x86:thinkpad_acpi:Yoga 11eでSW_TABLET_MODEを報告しません(git-fixes)。

- platform/x86:touchscreen_dmi:Irbis TW118タブレットの情報を追加します(git-fixes)。

- power:supply:axp288_charger:HP Pavilion x2 10のDMIマッチングを修正します(git-fixes)。

- power:supply:bq24190_charger:参照漏洩を修正します(git-fixes)。

- powerpc/64:cpu_restore()の前にセカンダリ用のカーネルスタックを設定します(bsc#1065729)。

- powerpc/64s/powernv:MCEでSLBエントリを保存する際のメモリ破損を修正します(jsc#SLE-9246 git-fixes)。

- powerpc/64s/pseries:ゲストカーネル用のハッシュtlbiel_all_isa300を修正します(bsc#1179888 ltc#190253)。

- powerpc/64s:uaccess flush以降のallnoconfigビルドを修正します(bsc#1177666 git-fixes)。

- powerpc/64s:ハッシュISA v3.0 TLBIEL命令の生成を修正します(bsc#1055117 ltc#159753 git-fixes bsc#1179888 ltc#190253)。

- powerpc/64s:mm_cpumasksからオフラインのCPUをトリミングします(bsc#1055117 ltc#159753 git-fixes bsc#1179888 ltc#190253)。

- powerpc/bitops:fls()とfls64()で可能性のある未定義の動作を修正します(bsc#1156395)。

- powerpc/eeh_cache:debugfsデッドロックの可能性を修正します(bsc#1156395)。

- powerpc/numa:メモリのないノード0でのリグレッションを修正します(bsc#1179639 ltc#189002)。

- powerpc/pci:デバイスのティアダウンでのLSIマッピングを削除します(bsc#1172145 ltc#184630)。

- powerpc/perf:pmuが設定されていない場合のis_sier_availableによるクラッシュを修正します(bsc#1179578 ltc#189313)。

- powerpc/pseries/hibernation:冗長なcacheinfo更新を削除します(bsc#1138374 ltc#178199 git-fixes)。

- powerpc/pseries:MSIアフィニティをirq_create_mapping()に渡します(bsc#1065729)。

- powerpc/smp:__initをinit to init_big_cores()に追加します(bsc#1109695 ltc#171067 git-fixes)。

- powerpc/xmon:printk()をpr_cont()に変更します(bsc#1065729)。

- powerpc:壊れたGCC __attribute__((optimize))を回避します(bsc#1156395)。

- powerpc:__set_pte_atの正しくないstw(, ux, u, x)命令を
修正します(bsc#1065729)。

- pwm:lp3943:PWMチップベースを動的に割り当てます(git-fixes)。

- pwm:zx:エラーパスに欠如していたクリーンアップを追加します(git-fixes)。

- qede:mtuが変更されたときにqedrに通知します(bsc#1152489)

- qtnfmac:qtnf_pcie_probe()のエラーリターンコードを修正します(git-fixes)。

- quota:v2r1_mem2diskdqb()でのパディングをクリアします(bsc#1179714)。

- r8169:一部のチップバージョンでの省電力バグを回避します(git-fixes)。

- regmap:regmapの「regcache_sync」トレースイベントから重複する「type」フィールドを削除します(git-fixes)。

- regmap:debugfs:regmap_attach_devを呼び出す際のメモリリークを修正します(git-fixes)。

- regmap:debugfs:regmap_debugfs_init()の逆になったifステートメントを修正します(git-fixes)。

- regulator:axp20x:AXP22xのDLDO2電圧コントロールレジスタマスクを修正します(git-fixes)。

- regulator:mcp16502:linear_min_selを追加します(git-fixes)。

- reiserfs:マウント中のoopsを修正します(bsc#1179715)。

- reiserfs:inodeキーを適切に初期化します(bsc#1179713)。

- remoteproc:q6v5-mss:q6v5_pds_enableのエラー処理を修正します(git-fixes)。

- remoteproc:qcom:adsp_init_mmio()の潜在的なNULLデリファレンスを修正します(git-fixes)。

- remoteproc:qcom:adsp_startの参照漏洩を修正します(git-fixes)。

- rsi:rsi_reset_card()のエラーリターンコードを修正します(git-fixes)。

- rtc:ep93xx:ep93xx_rtc_read_timeのNULLポインターデリファレンスを修正します(git-fixes)。

- rtc:hym8563:該当する場合にウェイクアップを有効にします(git-fixes)。

- rtc:pl031:pl031_probeのリソース漏洩を修正します(git-fixes)。

- rtc:sun6i:sun6i_rtc_clk_initのメモリリークを修正します(git-fixes)。

- rtw88:debug:debugfsコードの初期化されていないメモリを修正します(git-fixes)。

- s390/cpuinfo:プロセッサの物理アドレスを表示します(git-fixes)。

- s390/pci:指示されたIRQに対してMSIのCPUアドレスを修正します(git-fixes)。

- s390/qeth:TXバッファのドレインを遅らせます(git-fixes)。

- s390/qeth:af_iucvの通知競合を修正します(git-fixes)。

- s390/qeth:非同期TXバッファのティアダウンを修正します(git-fixes)。

- s390/qeth:af_iucv TX通知呼び出しをより堅牢にします(bsc#1179604 LTC#190151)。

- s390:3fプログラム例外ハンドラーを追加します(git-fixes)。

- samples/bpf:未使用のtest_ipip.shを削除します(bsc#1155518)。

- samples:bpf:libbpfでtest_cgrp2_sock2プログラムをリファクタリングします(bsc#1155518)。

- sched/fair:wake_affineでアイドルコアをチェックします(git-fixes(sched))。

- sched/fair:enqueue_task_fair()での更新の過剰利用を修正します(git-fixes)

- sched/fair:ランタイムディストリビューションとの間の競合を修正します(git-fixes)

- sched/fair:分離されたドメインからの間違ったCPU選択を修正します(git-fixes)

- sched/fair:スケーリング前に帯域幅を再度埋め込みます(git-fixes)

- sched:tl->sd_flags()により返されるSD_flagsを修正します(git-fixes)

- scsi:不要なbreakステートメントを削除します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:コア:VPD LUN ID指定子の優先度を修正します(bsc#1178049)。

- scsi:コア:ALUA移行に対してBLK_STS_AGAINを返します(bsc#1165933、bsc#1171000)。

- scsi:fnic:アンロード時のTRANS ETHにおけるループを回避します(bsc#1175079)。

- scsi:fnic:shost_printk()をFNIC_FCS_DBGに変更します(bsc#1175079)。

- scsi:fnic:shost_printk()をFNIC_MAIN_DBG()に変更します(bsc#1175079)。

- scsi:fnic:アンダーフローに対してのみscsi_set_resid()を設定します(bsc#1175079)。

- scsi:fnic:io_reqを他より前に検証します(bsc#1175079)。

- scsi:lpfc:FDMIベンダーMIBサポートを追加します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:SCSI I/Oの完了をSLI-3およびSLI-4ハンドラーに変換します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:SCSIパスを変換し、共通I/O送信パスを使用します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:中止処理をSLI-3およびSLI-4ハンドラーに変換します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:ルーチンの終了時にnull ndlp参照を修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:lpfc_gen_req()でのエラー時にノードリスト参照をドロップします(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:SCSIおよびNVMeに対して共通のsend_ioインターフェイスを有効にします(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:SCSIとNVMeの両方に対して共通のwqe_templateのサポートを有効にします(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:SCSIホストテンプレートでmax_sectorsを拡張します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:追加イベントのためのRDF FPIN登録記述子を拡張します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:pt2pt検出でのFLOGI/PLOGI受信競合状態を修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:NPIVファブリックノードの参照カウントを修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:NPIV検出およびファブリックノード検出を修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:重複するwq_create_versionチェックを修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:Clangのフォールスルー警告を修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:BBSCNがサポートされていないことによる初期FLOGIエラーを修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:lpfc_sli4_nvmet_alloc()の無効なスリーピングコンテキストを修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:lcb_contextのメモリリークを修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:lpfc_nvmet_prep_abort_wqe()の欠落しているプロトタイプを修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:lpfc_fdmi_vendor_attr_mi()の欠落しているプロトタイプ警告を修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:NULLチェック問題となる前に、ポインターデリファレンスを修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:SCSIおよびNVMeのトランスポートAPI周囲のrefcountingを修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:SCSIトランスポートデバイスのdev構造での取得および配置を修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:lpfc_unreg_rpiのsoftirqコンテキスト内でのスケジューリング呼び出しを修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:Reworkリモートポートロック処理からの設定されているが使用されていない警告を修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:lpfc_dev_loss_tmo_handler()の設定されているが使用されていない変数を修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:スペルミス「Cant」を「Can't」に修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:lpfc_sli4_abts_err_handler()の設定されているが使用されていない変数「vport」を修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:lpfc_rq_buf_free()のUse-After-Freeを再修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:一般的な使用のためにWQE構造定義をリファクタリングします(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:MIBコマンドのCTリクエストを拒否します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:2番目の!ndlpチェックでデッドコードを削除します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:PLOGI/ADISC/PRLI/REG_RPIが最終的に失敗する際にndlpを削除します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:設定されているが使用されていない「qp」を削除します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:lpfc_fcp_cpu_map_store()の不要な変数「status」を削除します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:lpfc_attr.cの未使用のマクロを削除しました(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:ndlp参照取得の場所を修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:リモートポートロック処理を修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:リモートポート参照カウントおよびノード解放を修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:未承諾ELSにより、ドロップする際にノードが不適切な状態のままになります(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:2020用に変更されたファイルの著作権を更新してください(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:lpfcのバージョンを12.8.0.4に更新します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:lpfcのバージョンを12.8.0.5に更新します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:lpfcのバージョンを12.8.0.6に更新します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:汎用電源管理を使用します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:lpfc_attr:再定義された関数のkernel-docフォーマットを降格します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:lpfc_attr:kernel-docの軽微な一連の問題を修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:lpfc_bsg:一連の関数について適切な文書を提供します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:lpfc_debugfs:いくつかの関数のドキュメント化問題を修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:lpfc_nvme:いくつかのカーネルドキュメント関連の問題を修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:lpfc_nvme:未使用の変数「phba」を削除します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:lpfc_nvmet:一部のフォーマットおよびdoc-rotの問題を修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:lpfc:lpfc_scsi:kernel-docの多数の問題を修正します(bsc#1175480 bsc#1176396 bsc#1176942 bsc#1177500)。

- scsi:mpt3sas:軽微な修正
_base_process_reply_queue(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:bypass_dirty_port_flagパラメーターを追加します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:ターゲットおよびLUNでcmdが未処理であるかどうかをチェックする関数を追加します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:モジュールパラメーターmultipath_on_hbaを追加します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:hba_portオブジェクトにメモリを割り当てます(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:ドライバーバージョンを35.101.00.00に更新します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:ホストのリセット中に実行中の作業をキャンセルします(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:デバッグ目的でIOCデータをキャプチャします(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:hba_port構造体を定義します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:改ざんされたAeroおよびSeaアダプターを検出します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:prot_maskをゼロに設定する際にDIFを無効にします(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:IRQポールハンドラーからdisable_irqを呼び出しません(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:割り当て後、DMAの一貫したマスクを変更しません(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:デバッグ用のシステムレジスタをダンプします(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:二重解放の警告を修正します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:BRM_status_showのエラーリターンを修正します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:非RDPQモードのmemset()を修正します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:非RDPQモードの返信キューカウントを修正します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:設定されているが使用されていない変数を修正します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:同期irqsを修正します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:ロック解除の不均衡を修正します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:sas_addressとportIDを使用して、デバイスオブジェクトを取得します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:デバイスのrphyを使用して、sas_deviceオブジェクトを取得します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:同じ4G領域のRDPQ DMA割り当てを処理します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:HBAリセット中にvSES vphyオブジェクトを処理します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:HBA vSESデバイスの処理(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:config_cmds.replyバッファに対してゼロでmemsetを実行します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:ターゲットとLUNのリセットの後処理(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:再配置
_scsih_mark_responding_sas_device()(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:解放関数の前のNULLチェックを削除します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:pci-dma-compatラッパーAPIを削除します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:不要なmemset()を削除します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:割り込みマスク/マスク解除関数の名前を変更してエクスポートします(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:関数名is_MSB_are_sameを変更します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:transport_del_phy_from_an_existing_port()の名前を変更します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:新しい関数に対するRDPQ割り当てを分離します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:SMPPassThroughで有効なPhysicalPortを設定します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:ドライバーバージョンを35.100.00.00に更新します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:ホストのリセット後にhba_portオブジェクトを更新します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:hba_portのsas_addressおよびphy_maskを更新します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:mpt3sasバージョンを33.101.00.00に更新します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:ioc->use_32bit_dmaにtrue、falseを使用します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:mpt3sas:bool変数にtrue、falseを使用します(jsc#SLE-16914、bsc#1177733)。

- scsi:qla2xxx:post delメッセージをデバッグレベルからログレベルに変更します(bsc#1171688 bsc#1172733)。

- scsi:qla2xxx:DEFINE_SHOW_ATTRIBUTEに変換します(bsc#1171688 bsc#1172733)。

- scsi:qla2xxx:NVMeコマンドのポスト中にfw_startedをチェックしません(bsc#1171688 bsc#1172733)。

- scsi:qla2xxx:SRBを貪欲に消費しません(bsc#1171688 bsc#1172733)。

- scsi:qla2xxx:TARGET_SCF_LOOKUP_LUN_FROM_TAGをドロップします(bsc#1171688 bsc#1172733)。

- scsi:qla2xxx:ビッグエンディアンマシンでのFW初期化エラーを修正します(bsc#1171688 bsc#1172733)。

- scsi:qla2xxx:N2NおよびNVMeの接続再試行の失敗を修正します(bsc#1171688 bsc#1172733)。

- scsi:qla2xxx:PPCシステムでのコンパイルの問題を修正します(bsc#1171688 bsc#1172733)。

- scsi:qla2xxx:ビッグエンディアンマシンでドライバーをロードする際のクラッシュを修正します(bsc#1171688 bsc#1172733)。

- scsi:qla2xxx:4G以前のHBA上のデバイス損失を修正します(bsc#1171688 bsc#1172733)。

- scsi:qla2xxx:ビッグエンディアンマシンでの28XXアダプターにおけるフラッシュ更新を修正します(bsc#1171688 bsc#1172733)。

- scsi:qla2xxx:rvalの初期化されていない値の戻り値を修正します(bsc#1171688 bsc#1172733)。

- scsi:qla2xxx:フラッシュworkqueueの呼び出しトレースを修正します(bsc#1171688 bsc#1172733)。

- scsi:qla2xxx:削除中のポートの中止を適切に処理します(bsc#1171688 bsc#1172733)。

- scsi:qla2xxx:正しくないentry_typeエントリを処理します(bsc#1171688 bsc#1172733)。

- scsi:qla2xxx:fcportが削除中の場合、再試行ありでI/Oを完了します(bsc#1171688 bsc#1172733)。

- scsi:qla2xxx:qla8044_poll_reg()で変数を初期化します(bsc#1171688 bsc#1172733)。

- scsi:qla2xxx:割り込みベクトルをCPUの数に制限します(bsc#1171688 bsc#1172733)。

- scsi:qla2xxx:sess cmdリスト/ロックをドライバーに移動します(bsc#1171688 bsc#1172733)。

- scsi:qla2xxx:qla82xx固有のコードからin_interrupt()を削除します(bsc#1171688 bsc#1172733)。

- scsi:qla2xxx:qla83xx固有のコードからin_interrupt()を削除します(bsc#1171688 bsc#1172733)。

- scsi:qla2xxx:fcportの削除時にEBUSYを返します(bsc#1171688 bsc#1172733)。patches.suse/を置換qla2xxx-return-ebusy-on-fcport-deletion.patchアップストリームバージョンで

- scsi:qla2xxx:FWがダウンしていると表示される場合は、セッションをティアダウンします(bsc#1171688 bsc#1172733)。

- scsi:qla2xxx:バージョンを10.02.00.104-kに更新します(bsc#1171688 bsc#1172733)。

- scsi:qla2xxx:既知の場合に定数を使用します(bsc#1171688 bsc#1172733)。リフレッシュ:- patches.suse/qla2xxx-return-ebusy-on-fcport-deletion.patch

- scsi:qla2xxx:間違ったスパース#ifdefを削除します(bsc#1171688 bsc#1172733)。

- scsi:storvsc:storvsc_probe()のエラーリターンを修正します(git-fixes)。

- scsi:target:tcm_qla2xxx:BUG_ON(in_interrupt())を削除します(bsc#1171688 bsc#1172733)。

- scsi_dh_alua:ALUA移行状態に対してBLK_STS_AGAINを返します(bsc#1165933、bsc#1171000)。

- scsi_dh_alua:ユニットのアテンションに「移行」状態を設定します(bsc#1171000、bsc#1165933)。

- selftest/bpf:欠落しているip6ip6テストバックを追加して戻します(bsc#1155518)。

- selftests/bpf/test_offload.py:設定が失敗した後にethtool機能をリセットします(bsc#1155518)。

- selftests/bpf:test_sockmapでのstrncatの無効な使用を修正します(bsc#1155518)。

- selftests/bpf:テスターがプログラムを実行できなかった場合に理由を出力します(bsc#1155518)。

- serial:8250_omap:MDR1アクセスによって引き起こされるFIFO破損を回避します(git-fixes)。

- serial_core:ttyがエラー状態にある場合のポート状態をチェックします(git-fixes)。

- slimbus:qcom-ngd-ctrl:QMIなしで電源リクエストを送信しないようにします(git-fixes)。

- soc/tegra:fuse:get_process_idのインデックスのバグを修正します(git-fixes)。

- soc:amlogic:canvas:meson_canvas_get()で欠如しているput_device()呼び出しを追加します(git-fixes)。

- soc:fsl:dpio:cpumask_of(cpu)でcpumaskを取得します(git-fixes)。

- soc:mediatek:起動時にパワードメインの電源を入れることができるかどうかをチェックします(git-fixes)。

- soc:qcom:geni:DMAモードにより適切に切り替えます(git-fixes)。

- soc:qcom:smp2p:IRQなしでスピンロックを安全に取得します(git-fixes)。

- soc:renesas:rmobile-sysc:rmobile_init_pm_domains()での一部の漏洩を修正します(git-fixes)。

- soc:ti:knav_dma_probeの参照の不均衡を修正します(git-fixes)。

- soc:ti:knav_qmss:knav_queue_probeの参照漏洩を修正します(git-fixes)。

- speakup:初期化されていないflush_lockを修正します(git-fixes)。

- spi:atmel-quadspi:プローブエラーパスのクロックを無効にします(git-fixes)。

- spi:atmel-quadspi:AHBメモリアクセスを修正します(git-fixes)。

- spi:bcm63xx-hsspi:bcm63xx_hsspi_resumeでエラー時にclk_disable_unprepare()が欠落する問題を修正します(git-fixes)。

- spi:davinci:バインド解除時のUse-After-Freeを修正します(git-fixes)。

- spi:.removeコールバックのないドライバーに対するリソース漏洩を修正します(git-fixes)。

- spi:img-spfi:img_spfi_resumeの参照漏洩を修正します(git-fixes)。

- spi:mt7621:プローブエラーパスのクロックを無効にします(git-fixes)。

- spi:mt7621:mt7621_spi_probeでエラー時にclk_disable_unprepare()が欠落する問題を修正します(git-fixes)。

- spi:mxs:mxs_spi_probeの参照漏洩を修正します(git-fixes)。

- spi:pic32:プローブエラーパスでDMAチャネルを漏洩しません(git-fixes)。

- spi:spi-mem:「PTR_ERR」警告に0が渡される問題を修正します(git-fixes)。

- spi:spi-mem:spi_mem_access_startの参照漏洩を修正します(git-fixes)。

- spi:spi-nxp-fspi:予期しない割り込みによるfspiパニックを修正します(git-fixes)。

- spi:spi-ti-qspi:ti_qspi_setupの参照漏洩を修正します(git-fixes)。

- spi:sprd:sprd_spi_removeの参照漏洩を修正します(git-fixes)。

- spi:st-ssc4:プローブエラーパスの不均衡なpm_runtime_disable()を修正します(git-fixes)。

- spi:stm32:FIFOしきい値レベル - パケットサイズの調整を修正します(git-fixes)。

- spi:stm32:stm32_spi_resumeの参照漏洩を修正します(git-fixes)。

- spi:synquacer:プローブエラーパスのクロックを無効にします(git-fixes)。

- spi:tegra114:tegra spi opsの参照漏洩を修正します(git-fixes)。

- spi:tegra20-sflash:tegra_sflash_resumeの参照漏洩を修正します(git-fixes)。

- spi:tegra20-slink:tegra20のslink opsの参照漏洩を修正します(git-fixes)。

- staging:comedi:mf6x4:AIの変換終了検出を修正します(git-fixes)。

- staging:mt7621-dma:エラー処理パスのリソース漏洩を修正します(git-fixes)。

- staging:olpc_dcon:dcon_probe()でplatform_device_unregister()を呼び出しません(git-fixes)。

- staging:wlan-ng:prism2sta_probe_usb()の領域外読み取りを修正します(git-fixes)。

- swiotlb:「x86:swiotlbのためにバッファを割り当てられない場合にパニックを引き起こさないようにします」(git-fixes)。

- swiotlb:SIZE_MAXを使用するには、limits.hをインクルードする必要があります(git-fixes)。

- thunderbolt:remove_unplugged_switch()のUse-After-Freeを修正します(git-fixes)。

- tty:tiocspgrp()の->pgrpロックを修正します(git-fixes)。

- tty:->sessionのロックを修正します(bsc#1179745)。

- ubifs:再マウントプロセスで認証マウントオプションを解析しません(bsc#1179688)。

- ubifs:認証マウントオプションのダンプ後のメモリリークを修正します(bsc#1179687)。

- ubifs:ubifs_jnl_update|renameでの間違った孤立ノードの削除を修正します(bsc#1179675)。

- ubifs:dent:エントリの反復中に発生する可能性のあるメモリリークを修正します(bsc#1179703)。

- ubifs:journal:認証ノードに対して2回ダーティ処理を行わないようにします(bsc#1179704)。

- ubifs:mount_ubifs:エラー処理パスの認証リソースを解放します(bsc#1179689)。

- ubifs:xattr:エントリの反復中に発生する可能性のあるメモリリークを修正します(bsc#1179690)。

- udf:マウント時のメモリリークを修正します(bsc#1179712)。

- usb/max3421:max3421_probe()のリターンエラーコードを修正します(git-fixes)。

- usb:chipidea:ci_hdrc_imx:DISABLE_DEVICE_STREAMINGフラグをimx6ulに渡します(git-fixes)。

- usb:chipidea:ci_hdrc_imx:usbmisc_get_init_data()に欠落しているput_device()呼び出しを追加します(git-fixes)。

- usb:dwc3:ulpi:PHY regsアクセス完了を検出するためにVStsDoneを使用します(git-fixes)。

- usb:ehci-omap:ehci_hcd_omap_probeでのPMの深度不均衡無効化を修正します(git-fixes)。

- usb:gadget:configfs:バインドエラー後に関数の順序を維持します(git-fixes)。

- usb:gadget:f_fs:SuperSpeedPlusのSS記述子を再利用します(git-fixes)。

- usb:gadget:f_fs:ユーザー空間コピーに対して記述子のローカルコピーを使用します(git-fixes)。

- usb:gadget:f_uac2:wMaxPacketSizeをリセットします(git-fixes)。

- usb:gadget:CONFIG_CRC32を選択します(git-fixes)。

- usb:gadget:u_ether:MTUサイズがRXパケットサイズと一致しない問題を修正します(git-fixes)。

- usb:host:ehci-tegra:tegra_ehci_probe()のエラー処理を修正します(git-fixes)。

- usb:mtu3:mtu3_debugfs_regset()でのメモリ破損を修正します(git-fixes)。

- usb:oxu210hp-hcd:oxu_createでのメモリリークを修正します(git-fixes)。

- usb:usbip:vhci_hcd:シフトサイズを保護します(git-fixes)。

- usbnet:ipheth:iOS 14との接続を修正します(git-fixes)。

- video:fbdev:radeon:radeonfb_pci_registerのメモリリークを修正します(bsc#1152472)

- video:fbdev:sis:NULLポインターデリファレンスを修正します(bsc#1152472)

- wan:ds26522:CONFIG_BITREVERSEを選択します(git-fixes)。

- ウォッチドッグ:潜在的なNULLポインターデリファレンスを修正します(git-fixes)。

- ウォッチドッグ:armada_37xx:HAS_IOMEMで欠如している依存関係を追加します(git-fixes)。

- ウォッチドッグ:coh901327:COMMON_CLKの依存関係を追加します(git-fixes)。

- ウォッチドッグ:qcom:再起動ハンドラーのコンテキストスイッチを回避します(git-fixes)。

- ウォッチドッグ:sirfsoc:HAS_IOMEMで欠如している依存関係を追加します(git-fixes)。

- ウォッチドッグ:sprd:ビジーループの代わりにusleep_range()使用するように変更します(git-fixes)。

- ウォッチドッグ:sprd:新しいロードの後にではなく前にビジービットをチェックします(git-fixes)。

- ウォッチドッグ:sprd:再開失敗パスからウォッチドッグの無効化を削除します(git-fixes)。

- wil6210:CONFIG_CRC32を選択します(git-fixes)。

- wimax:重複するイニシャライザーの警告を修正します(git-fixes)。

- x86/CPU/AMD:amd_get_nb_id()を削除します(bsc#1152489)。

- x86/CPU/AMD:AMD NodeIdをcpu_die_idとして保存します(bsc#1152489)。

- x86/apic/vector:ベクトル割り当ての順序を修正します(bsc#1156315)。

- x86/ima:SetupMode変数に対して適切な識別子を使用します(bsc#1152489)。

- x86/insn-eval:新しいfor_each_insn_prefix()マクロを使用して、プレフィックスのバイトをループします(bsc#1152489)。

- x86/mce:mce_end()が失敗した場合、no_way_outを上書きしません(bsc#1152489)。

- x86/mm/ident_map:ident_pud_init()からのエラーをチェックします(bsc#1152489)。

- x86/mm/mem_encrypt:PMD_FLAGS_DEC_WPの定義を修正します(bsc#1152489)。

- x86/mm/numa:uninitialized_var()の使用を削除します(bsc#1152489)。

- x86/mm:pmd ptlockの漏洩を修正します(bsc#1152489)。

- x86/mtrr:MTRRタイプ検索を実行する前の範囲チェックを修正します(bsc#1152489)。

- x86/resctrl:必要なkernfs_put()呼び出しを追加し、refcountの漏洩を防止します(bsc#1152489)。

- x86/resctrl:タスクを同じリソースグループに移動しません(bsc#1152489)。

- x86/resctrl:AMD L3 QOS CDPの有効化/無効化を修正します(bsc#1152489)。

- x86/resctrl:mba_scが有効になっているときの誤ったローカルな帯域幅を修正します(bsc#1152489)。

- x86/resctrl:不必要なkernfs_get()呼び出しを削除し、refcountの漏洩を防止します(bsc#1152489)。

- x86/resctrl:未使用の構造体mbm_state: : chunks_bwを削除します(bsc#1152489)。

- x86/resctrl:task_work_add()の代わりにIPIを使用して、PQR_ASSOC MSRを更新します(bsc#1152489)。

- x86/speculation:spectre_v2_user=(seccomp,prctl),ibpbである場合にprctl()を修正します(bsc#1152489)。

- x86/topology:DIE_TYPEが見つかった場合にのみcpu_die_idを設定します(bsc#1152489)。

- x86/uprobes:prefixes.bytesをループする際にprefixes.nbytesを使用しません(bsc#1152489)。

- xhci-pci:Intel Alpine Ridge LPのデフォルトとしてホストランタイムPMを許可します(git-fixes)。

- xhci:バスサスペンドでU3に入るための時間をUSB2ポートに与えます(git-fixes)。

ソリューション

影響を受ける Linux カーネルパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1040855

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1044120

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1044767

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1055117

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1065729

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1094840

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1109695

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1115431

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1138374

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1139944

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1149032

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1152457

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1152472

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1152489

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1155518

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1156315

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1156395

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1158775

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1161099

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1163727

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1165933

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1168952

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1171000

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1171078

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1171688

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1172145

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1172733

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1174486

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1175079

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1175389

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1175480

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1175995

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1176396

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1176846

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1176942

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1176956

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177326

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177500

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177666

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177679

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1177733

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178049

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178203

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178270

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178372

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178590

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178612

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178634

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178660

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178756

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1178780

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179107

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179204

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179419

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179434

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179435

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179519

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179575

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179578

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179601

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179604

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179639

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179652

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179656

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179670

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179671

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179672

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179673

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179675

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179676

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179677

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179678

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179679

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179680

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179681

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179682

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179683

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179684

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179685

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179687

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179688

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179689

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179690

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179703

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179704

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179707

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179709

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179710

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179711

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179712

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179713

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179714

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179715

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179716

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179745

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179763

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179878

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179888

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179892

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179896

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179960

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1179963

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1180027

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1180029

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1180031

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1180052

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1180056

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1180086

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1180117

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1180258

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1180261

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1180506

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1180541

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1180559

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1180566

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=1180773

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 145320

ファイル名: openSUSE-2021-60.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/1/25

更新日: 2022/5/11

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-36158

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.1

Temporal Score: 7.3

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:N

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-28374

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-docs-html, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-kvmsmall, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-kvmsmall-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-kvmsmall-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-kvmsmall-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-kvmsmall-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-macros, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-obs-build, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-obs-build-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-obs-qa, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-preempt, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-preempt-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-preempt-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-preempt-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-preempt-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-source, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-source-vanilla, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-syms, cpe:/o:novell:opensuse:15.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2021/1/14

脆弱性公開日: 2020/4/9

参照情報

CVE: CVE-2020-0444, CVE-2020-0465, CVE-2020-0466, CVE-2020-11668, CVE-2020-25639, CVE-2020-27068, CVE-2020-27777, CVE-2020-27786, CVE-2020-27825, CVE-2020-27830, CVE-2020-27835, CVE-2020-28374, CVE-2020-29370, CVE-2020-29373, CVE-2020-29660, CVE-2020-29661, CVE-2020-36158