Amazon Linux 2:dnsmasq(ALAS-2021-1587)

low Nessus プラグイン ID 145454
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのAmazon Linux 2ホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされているdnsmasqのバージョンは、2.76-16より前です。したがって、ALAS2-2021-1587のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- バージョン2.83より前のdnsmasqで欠陥が見つかりました。転送されたクエリから返信を取得する際、保留中の転送されたクエリによって返信先のアドレス/ポートが使用される場合、dnsmasqはforward.c: reply_query()をチェックします。ただし、正確に転送されたクエリを取得するためにアドレス/ポートを使用しないため、ネットワーク上の攻撃者が返信を偽造してdnsmasqに承認させるために試行する回数が大幅に減少します。この問題は、返信を一致させるためにすべてを使用する必要があるクエリの属性を指定するRFC5452とは異なります。この欠陥により、攻撃者はDNSキャッシュポイズニング攻撃を実行できます。CVE-2020-25685またはCVE-2020-25686でチェーンされている場合、攻撃が成功した場合の攻撃の複雑さが軽減されます。この脆弱性からの最大の脅威は、データの整合性です。(CVE-2020-25684)

- バージョン2.83より前のdnsmasqで欠陥が見つかりました。転送されたクエリから返信を取得する際、保留中の転送されたクエリによって返信先のアドレス/ポートが使用される場合、クエリ名の弱いハッシュのみを使用することで、dnsmasqは返信に一致する転送されたクエリであるforward.c: reply_query()をチェックします。脆弱なハッシュ(dnsmasqがDNSSEC、SHA-1なしでコンパイルされる場合はCRC32)のこの欠陥により、オフパス攻撃者はすべてが同じハッシュを持ついくつかの異なるドメインを見つけることができるため、返信を偽造してdnsmasqに承認を得るために試行される回数が大幅に減少します。この問題は、クエリ名が返信を一致させるために使用する必要があるクエリの属性の1つであることを指定するRFC5452とは異なります。この欠陥の悪用により、DNSキャッシュポイズニング攻撃を実行できます。CVE-2020-25684でチェーンされている場合、攻撃が成功した場合の攻撃の複雑さが軽減されます。
この脆弱性からの最大の脅威は、データの整合性です。(CVE-2020-25685)

- バージョン2.83より前のdnsmasqで欠陥が見つかりました。クエリを受信する際、dnsmasqは、同じ名前に対する既存の保留中のリクエストをチェックせず、新しいリクエストを転送します。デフォルトでは、最大150の保留中のクエリを上流サーバーに送信できるため、同じ名前に対して最大150のクエリが存在する可能性があります。
この欠陥により、ネットワーク上のオフパス攻撃者は、返信を偽造し、dnsmasqに承認させるために試行する回数を大幅に減らすことができます。この問題はRFC5452の誕生日攻撃のセクションで言及されています。CVE-2020-25684でチェーンされている場合、攻撃が成功した場合の攻撃の複雑さが軽減されます。この脆弱性からの最大の脅威は、データの整合性です。
(CVE-2020-25686)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

「yum update dnsmasq」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/AL2/ALAS-2021-1587.html

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-25684

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-25685

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-25686

プラグインの詳細

深刻度: Low

ID: 145454

ファイル名: al2_ALAS-2021-1587.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/1/26

更新日: 2021/1/26

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-25686

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.5

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Low

Base Score: 3.7

Temporal Score: 3.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:L/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:dnsmasq, p-cpe:/a:amazon:linux:dnsmasq-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:dnsmasq-utils, cpe:/o:amazon:linux:2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/1/25

脆弱性公開日: 2021/1/19

参照情報

CVE: CVE-2020-25684, CVE-2020-25685, CVE-2020-25686

ALAS: 2021-1587