Fedora 33:opensmtpd(2021-848fd34b0b)

high Nessus プラグイン ID 145747

言語:

概要

リモートのFedoraホストにセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

**opensmtpd 6.8.0p2**

新機能:

- 匿名のコミュニティメンバーによる、OpenSSLのECDSA privsepエンジンのサポート

バグ修正:

- リゾルバーメモリ漏洩および正規表現テーブルメモリ漏洩を修正しました

- デーモンのクラッシュの可能性につながる、フィルター状態マシンのバグを修正しました

- 一部のシステムで切り捨てられたプロセス名を出力するロギングフォーマットを修正しました

- macOSのビルドを修正しました

- さまざまなmanページの改善

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをFedora更新システムのWebサイトから直接抽出しています。
Tenableでは、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるopensmtpdパッケージを更新してください。

関連情報

https://bodhi.fedoraproject.org/updates/FEDORA-2021-848fd34b0b

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 145747

ファイル名: fedora_2021-848fd34b0b.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/2/1

更新日: 2022/4/27

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-35680

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:fedoraproject:fedora:33, p-cpe:/a:fedoraproject:fedora:opensmtpd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/1/21

脆弱性公開日: 2020/12/24

参照情報

CVE: CVE-2020-35679, CVE-2020-35680