CentOS 8:kernel(CESA-2020: 4431)

medium Nessus プラグイン ID 145806
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのCentOSホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムが欠落しています。

説明

リモートのCentOS Linux 8ホストにインストールされているパッケージは、CESA-2020: 4431のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- kernel: サービス拒否を引き起こすarch/powerrc/platforms/pseries/dlpar.cのdlpar_parse_cc_propertyでのNULLポインターデリファレンス(CVE-2019-12614)

- kernel: drivers/bluetooth/hci_ldisc.cにおけるuse-after-free(CVE-2019-15917)

- kernel: hclge_tm_schd_mode_vnet_base_cfg関数における領域外アクセス(CVE-2019-15925)

- kernel: drivers/net/fjes/fjes_main.cにおけるNULLポインターデリファレンス(CVE-2019-16231)

- kernel: drivers/scsi/qla2xxx/qla_os.cにおけるNULLポインターデリファレンス(CVE-2019-16233)

- kernel: drivers/crypto/ccp/ccp-ops.cにおけるccp_run_sha_cmd()関数のメモリリーク(CVE-2019-18808)

- kernel: drivers/media/usb/dvb-usb/af9005.cのaf9005_identify_state()関数におけるメモリリーク(CVE-2019-18809)

- kernel: drivers/char/ipmi/ipmi_msghandler.cの__ipmi_bmc_register()関数におけるサービス拒否(CVE-2019-19046)

- kernel: drivers/net/wireless/marvell/mwifiex/pcie.cのmwifiex_pcie_alloc_cmdrsp_buf()関数におけるメモリーリークがDoSを引き起こします(CVE-2019-19056)

- kernel: crypto/crypto_user_base.cのcrypto_report()関数におけるメモリリークによりDoSが発生します(CVE-2019-19062)

- kernel: drivers/net/wireless/realtek/rtlwifi/usb.cのrtl_usb_probe()関数における2つのメモリリークによりDoSが発生します(CVE-2019-19063)

- kernel: drivers/net/wireless/realtek/rtl8xxxu/rtl8xxxu_core.cのrtl8xxxu_submit_int_urb()関数におけるメモリリークがDoSを可能にします(CVE-2019-19068)

- kernel: kernel/trace/trace_events_filter.cのpredicate_parse()関数におけるメモリリークがDoSを可能にします(CVE-2019-19072)

- kernel: fs/ext4/xattr.cのext4_xattr_set_entryでの領域外書き込み(CVE-2019-19319)

- Kernel: kvm:kvm_dev_ioctl_get_cpuidによるOOBメモリ書き込み(CVE-2019-19332)

- kernel: 細工されたext4ファイルシステムイメージをマウントし、何らかの動作を実行してから、マウント解除すると、fs/ext4/super.cのext4_put_superでメモリ解放後使用(Use After Free)が発生する可能性があります(CVE-2019-19447)

- カーネル:drivers/input/ff-memless.cの悪意のあるUSBデバイスによってメモリ解放後使用(Use After Free)が発生する可能性があります(CVE-2019-19524)

- kernel: drivers/media/usb/ttusb-dec/ttusb_dec.cにおける悪意のあるUSBデバイスが原因の情報漏洩バグ(CVE-2019-19533)

- kernel: USBキャラクタデバイスドライバーレイヤーの悪意のあるUSBデバイスにより、競合状態が引き起こされます(CVE-2019-19537)

- kernel: drivers/media/rc/serial_ir.cのserial_ir_init_module()におけるメモリ解放後使用(Use After Free)(CVE-2019-19543)

- kernel: fs/ext4/inode.cおよびfs/ext4/super.cに関連した、__ext4_expand_extra_isizeおよびext4_xattr_set_entryにおけるuse-after-free(CVE-2019-19767)

- kernel: fs / debugfs / inode.c内のdebugfs_removeにおけるメモリ解放後使用(Use After Free)(CVE-2019-19770)

- kernel: fs/proc/proc_sysctl.cのdrop_sysctl_table()におけるNULLポインターデリファレンス(CVE-2019-20054)

- kernel: 細工されたキーコードテーブルによる領域外書き込み(CVE-2019-20636)

- kernel: ビデオドライバーのWARN_ONステートメントによるカーネルポインターの漏洩により、ローカルの情報漏洩が発生します(CVE-2019-9455)

- kernel: ビデオドライバーにおける競合状態によるUse After Freeにより、ローカル権限昇格が発生します(CVE-2019-9458)

- kernel: char_dev.cのcdev_getにおける競合状態によりメモリ解放後使用(Use After Free)が発生する可能性があります(CVE-2020-0305)

- kernel: ユーザー空間coredumpにおける初期化されていないカーネルデータの漏洩(CVE-2020-10732)

- kernel: SELinux netlink権限チェックのバイパス(CVE-2020-10751)

- kernel: s390/s390xにおけるカーネルスタック情報漏洩(CVE-2020-10773)

- kernel: /proc/sys/kernel/rh_featuresファイルを読み込む際のメモリ漏洩の可能性(CVE-2020-10774)

- kernel: vhost-net: sk_familyフィールドのチェック中におけるget_raw_socketでのスタックオーバーフロー(CVE-2020-10942)

- kernel: mm/mempolicy.cにおけるmpol_parse_str関数の領域外書き込み(CVE-2020-11565)

- kernel: drivers/media/usb/gspca/xirlink_cit.c の無効な記述子の不適切な処理(CVE-2020-11668)

- kernel: drivers/net/wireless/mediatek/mt76/dma.cのmt76_add_fragment関数におけるバッファオーバーフロー(CVE-2020-12465)

- kernel: 細工されたメタデータを含むXFS v5画像による過剰な期間の同期(CVE-2020-12655)

- kernel: net/xdp/xdp_umem.cのxdp_umem_regに領域外書き込みがあり、クラッシュとデータ破損を引き起こす可能性があります(CVE-2020-12659)

- kernel: 特定の失敗により、sg_write関数にsg_remove_request call呼び出しが欠落します(CVE-2020-12770)

- kernel: 権限のある(suidroot)親プロセスに任意のシグナルが送信される可能性があります(CVE-2020-12826)

- kernel: get_futex_key()で削除されたスーパーブロックのinodeを参照するとUAFが発生します(CVE-2020-14381)

- kernel: iov_iter_copy_from_user_atomic()のソフトロックアップがDoSを引き起こす可能性があります(CVE-2020-25641)

- kernel: drivers/tty/vt/vt.cにおけるvc_do_resize関数での領域外読み取り(CVE-2020-8647)

- kernel: drivers/tty/n_tty.cのn_tty_receive_buf_common関数におけるメモリ解放後使用(Use After Free)(CVE-2020-8648)

- kernel: drivers/video/console/vgacon.cにおけるvgacon_invert_region関数での読み取り場所が無効(CVE-2020-8649)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2020:4431

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 145806

ファイル名: centos8_RHSA-2020-4431.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/2/1

更新日: 2021/3/23

依存関係: ssh_get_info.nasl, linux_alt_patch_detect.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-12659

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.7

Temporal Score: 5.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:centos:centos:8, p-cpe:/a:centos:centos:bpftool, p-cpe:/a:centos:centos:kernel, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-abi-whitelists, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-core, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-cross-headers, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-debug, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-debug-core, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-debug-modules, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-debug-modules-extra, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-devel, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-modules, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-modules-extra, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-tools, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-tools-libs, p-cpe:/a:centos:centos:kernel-tools-libs-devel, p-cpe:/a:centos:centos:perf, p-cpe:/a:centos:centos:python3-perf

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/CentOS/release, Host/CentOS/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/11/4

脆弱性公開日: 2019/5/30

参照情報

CVE: CVE-2019-9455, CVE-2019-9458, CVE-2019-12614, CVE-2019-15917, CVE-2019-15925, CVE-2019-16231, CVE-2019-16233, CVE-2019-18808, CVE-2019-18809, CVE-2019-19046, CVE-2019-19056, CVE-2019-19062, CVE-2019-19063, CVE-2019-19068, CVE-2019-19072, CVE-2019-19319, CVE-2019-19332, CVE-2019-19447, CVE-2019-19524, CVE-2019-19533, CVE-2019-19537, CVE-2019-19543, CVE-2019-19767, CVE-2019-19770, CVE-2019-20054, CVE-2019-20636, CVE-2020-0305, CVE-2020-8647, CVE-2020-8648, CVE-2020-8649, CVE-2020-10732, CVE-2020-10751, CVE-2020-10773, CVE-2020-10774, CVE-2020-10942, CVE-2020-11565, CVE-2020-11668, CVE-2020-12465, CVE-2020-12655, CVE-2020-12659, CVE-2020-12770, CVE-2020-12826, CVE-2020-14381, CVE-2020-25641

BID: 108550

RHSA: 2020:4431