CentOS 8:firefox(CESA-2020: 3557)

high Nessus プラグイン ID 145857

概要

リモートのCentOSホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムが欠落しています。

説明

リモートのCentOS Linux 8ホストにインストールされているパッケージは、CESA-2020: 3557のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- Mozilla: nsJPEGEncoder: :emptyOutputBufferにおける整数オーバーフロー(CVE-2020-12422)

- Mozilla: WebRTC許可プロンプトが侵害されたコンテンツプロセスによってバイパスされた可能性がある(CVE-2020-12424)

- Mozilla: Date.parse()における領域外読み取り(CVE-2020-12425)

- Mozilla: オブジェクトまたは埋め込みタグを使用したX-Frame-Optionsバイパス(CVE-2020-15648)

- Mozilla: ポップアップを許可する際のiframeサンドボックスのバイパス(CVE-2020-15653)

- Mozilla: カスタムカーソルがユーザーインターフェースをオーバーレイできる(CVE-2020-15654)

- Mozilla: IonMonkeyにおける特別な引数の型の取り違え(CVE-2020-15656)

- Mozilla: ディスクに保存する際のファイルタイプの上書き(CVE-2020-15658)

- Mozilla: 攻撃者が誘発する拡張インストールのプロンプト(CVE-2020-15664)

- Mozilla: 操作を中止する際のメモリ解放後使用(Use-After-Free)(CVE-2020-15669)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるFirefoxパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2020:3557

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 145857

ファイル名: centos8_RHSA-2020-3557.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/2/1

更新日: 2021/3/23

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 6.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-15656

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:centos:centos:8, p-cpe:/a:centos:centos:firefox

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/CentOS/release, Host/CentOS/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/8/26

脆弱性公開日: 2020/6/30

参照情報

CVE: CVE-2020-12422, CVE-2020-12424, CVE-2020-12425, CVE-2020-15648, CVE-2020-15653, CVE-2020-15654, CVE-2020-15656, CVE-2020-15658, CVE-2020-15664, CVE-2020-15669

RHSA: 2020:3557