Ubuntu 16.04 LTS/18.04 LTS/20.04 LTS/20.10:MySQL の脆弱性(USN-4716-1)

medium Nessus プラグイン ID 146044
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートUbuntuホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートのUbuntu 16.04 LTS/18.04 LTS/20.04 LTS/20.10ホストには、USN-4716-1のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- Oracle MySQLのMySQL Server製品における脆弱性(コンポーネント: サーバー:Replication)。影響を受けるサポート対象のバージョンは8.0.22以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、高い権限を持つ攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性(完全なDOS)があります。CVSS 3.1ベーススコア4.9(可用性に影響)。CVSS Vector:
(CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。(CVE-2021-2002)

- Oracle MySQLのMySQL Client製品における脆弱性(コンポーネント:C API)。影響を受けるサポート対象のバージョンは5.6.50以前、5.7.32以前、8.0.22以前です。悪用が難しい脆弱性ですが、低い権限を持つ攻撃者が複数のプロトコルを開始してネットワークにアクセスし、MySQL Clientを侵害する可能性があります。
この脆弱性への攻撃に成功した場合、権限なしの更新、一部のMySQL Clusterのアクセス可能なデータの挿入または削除アクセス、およびMySQL Clusterの部分的なサービス拒否(部分的DOS)が起こる可能性があります。CVSS 3.1ベーススコア4.2(整合性と可用性に影響)CVSS Vector:
(CVSS:3.1/AV:N/AC:H/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:L/A:L)。(CVE-2021-2010)

- Oracle MySQLのMySQL Client製品における脆弱性(コンポーネント:C API)。影響を受けるサポート対象のバージョンは5.7.32以前および8.0.22以前です。悪用が難しい脆弱性ですが、認証されていない攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、MySQL Clientを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Clientをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性(完全なDOS)があります。CVSS 3.1ベーススコア5.9(可用性に影響)。CVSS Vector:
(CVSS:3.1/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。(CVE-2021-2011)

- Oracle MySQLのMySQL Server製品における脆弱性(コンポーネント:サーバー:PAM認証プラグイン)。影響を受けるサポート対象のバージョンは5.7.32以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、高い権限を持つ攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性(完全なDOS)があります。CVSS 3.1ベーススコア4.9(可用性に影響)。CVSS Vector:
(CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。(CVE-2021-2014)

- Oracle MySQLのMySQL Server製品における脆弱性(コンポーネント:サーバー:Optimizer)。影響を受けるサポート対象のバージョンは8.0.22以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、高い権限を持つ攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性(完全なDOS)があります。CVSS 3.1ベーススコア4.9(可用性に影響)。CVSS Vector:
(CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。(CVE-2021-2021、CVE-2021-2031、CVE-2021-2036、CVE-2021-2065、CVE-2021-2070、CVE-2021-2076)

- Oracle MySQLのMySQL Server製品における脆弱性(コンポーネント:InnoDB)。影響を受けるサポート対象のバージョンは5.6.50以前、5.7.32以前、8.0.22以前です。悪用が難しい脆弱性ですが、権限が高い攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。
この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性(完全なDOS)があります。CVSS 3.1ベーススコア4.4(可用性に影響)。CVSS Vector:(CVSS:3.1/AV:N/AC:H/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。(CVE-2021-2022)

- Oracle MySQLのMySQL Server製品における脆弱性(コンポーネント:サーバー:Optimizer)。影響を受けるサポート対象のバージョンは8.0.22以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、権限が低い攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性(完全なDOS)があります。CVSS 3.1ベーススコア6.5(可用性に影響)。CVSS Vector:
(CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。(CVE-2021-2024)

- Oracle MySQLのMySQL Server製品における脆弱性(コンポーネント:情報スキーマ)。影響を受けるサポート対象のバージョンは5.7.32以前および8.0.22以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、権限が低い攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。
この脆弱性に対する攻撃が成功すると、MySQL Server がアクセスできるサブセットのデータが、権限なく読み取りアクセスされる可能性があります。CVSS 3.1ベーススコア4.3(機密性に影響)CVSS Vector:
(CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:L/I:N/A:N)。(CVE-2021-2032)

- Oracle MySQLのMySQL Server製品における脆弱性(コンポーネント:サーバー:コンポーネントサービス)。
影響を受けるサポート対象のバージョンは8.0.22以前です。悪用が難しい脆弱性ですが、権限が高い攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性(完全なDOS)があります。CVSS 3.1ベーススコア4.4(可用性に影響)。CVSS Vector:
(CVSS:3.1/AV:N/AC:H/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。(CVE-2021-2038)

- Oracle MySQLのMySQL Server製品における脆弱性(コンポーネント:サーバー:格納されたプロシージャ)。影響を受けるサポート対象のバージョンは8.0.22以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、高い権限を持つ攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性が存在するのはMySQL Serverですが、攻撃により別の製品にも重大な影響を与える可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性(完全なDOS)があります。CVSS 3.1ベーススコア6.8(可用性に影響)。CVSS Vector:
(CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:H/UI:N/S:C/C:N/I:N/A:H)。(CVE-2021-2046)

- Oracle MySQLのMySQL Server製品における脆弱性(コンポーネント: InnoDB)。影響を受けるサポート対象のバージョンは8.0.22以前です。悪用が難しい脆弱性ですが、権限が高い攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性による攻撃が成功すると、権限なしでMySQL Serverがアクセスできるデータの一部にアクセスして、更新、挿入、削除したり、さらにMySQL Serverでハングを引き起こしたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする(完全なDOS)可能性があります。
CVSS 3.1ベーススコア5.0(整合性と可用性に影響)CVSS Vector:
(CVSS:3.1/AV:N/AC:H/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:L/A:H)。(CVE-2021-2048)

- Oracle MySQLのMySQL Server製品における脆弱性(コンポーネント:サーバー: DML)。影響を受けるサポート対象のバージョンは8.0.22以前です。悪用が難しい脆弱性ですが、権限が高い攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性(完全なDOS)があります。CVSS 3.1ベーススコア4.4(可用性に影響)。CVSS Vector:
(CVSS:3.1/AV:N/AC:H/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。(CVE-2021-2056)

- Oracle MySQLのMySQL Server製品における脆弱性(コンポーネント:サーバー: ロッキング)。影響を受けるサポート対象のバージョンは8.0.22以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、高い権限を持つ攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性(完全なDOS)があります。CVSS 3.1ベーススコア4.9(可用性に影響)。CVSS Vector:
(CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。(CVE-2021-2058)

- Oracle MySQLのMySQL Server製品における脆弱性(コンポーネント:サーバー:Optimizer)。影響を受けるサポート対象のバージョンは5.6.50以前、5.7.32以前、8.0.22以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、高い権限を持つ攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性(完全なDOS)があります。CVSS 3.1ベーススコア4.9(可用性に影響)。CVSS Vector:(CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。(CVE-2021-2060)

- Oracle MySQLのMySQL Server製品における脆弱性(コンポーネント:サーバー: DDL)影響を受けるサポート対象のバージョンは8.0.22以前です。悪用が難しい脆弱性ですが、権限が高い攻撃者が複数のプロトコルを使用してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性(完全なDOS)があります。CVSS 3.1ベーススコア4.4(可用性に影響)。CVSS Vector:
(CVSS:3.1/AV:N/AC:H/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。(CVE-2021-2061)

- Oracle MySQLのMySQL Server製品における脆弱性(コンポーネント:サーバー:格納されたプロシージャ)。影響を受けるサポート対象のバージョンは8.0.22以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、高い権限を持つ攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性(完全なDOS)があります。CVSS 3.1ベーススコア4.9(可用性に影響)。CVSS Vector:
(CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。(CVE-2021-2072、CVE-2021-2081)

- Oracle MySQLのMySQL Server製品における脆弱性(コンポーネント: サーバー: DML)。影響を受けるサポート対象のバージョンは8.0.22以前です。簡単に悪用できる脆弱性によって、権限が高い攻撃者が、MySQL Serverが実行されているインフラストラクチャにログオンし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性(完全なDOS)があります。CVSS 3.1ベーススコア4.4(可用性に影響)。CVSS Vector:
(CVSS:3.1/AV:L/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。(CVE-2021-2087、CVE-2021-2088)

- Oracle MySQLのMySQL Server製品における脆弱性(コンポーネント: サーバー: DDL)影響を受けるサポート対象のバージョンは8.0.22以前です。容易に悪用可能な脆弱性により、高い権限を持つ攻撃者が複数のプロトコルを介してネットワークにアクセスし、MySQL Serverを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Serverをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性(完全なDOS)があります。CVSS 3.1ベーススコア4.9(可用性に影響)。CVSS Vector:
(CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H)。(CVE-2021-2122)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://ubuntu.com/security/notices/USN-4716-1

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 146044

ファイル名: ubuntu_USN-4716-1.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/2/1

更新日: 2021/2/3

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2021-2048

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.1

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7

Temporal Score: 5.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:S/C:N/I:P/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 4.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:H/UI:N/S:U/C:N/I:L/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:16.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:18.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:20.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:20.10, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libmysqlclient-dev, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libmysqlclient20, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libmysqlclient21, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libmysqld-dev, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-client, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-client-5.7, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-client-8.0, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-client-core-5.7, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-client-core-8.0, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-common, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-router, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-server, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-server-5.7, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-server-8.0, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-server-core-5.7, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-server-core-8.0, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-source-5.7, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-source-8.0, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-testsuite, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-testsuite-5.7, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:mysql-testsuite-8.0

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/2/1

脆弱性公開日: 2021/1/19

参照情報

CVE: CVE-2021-2002, CVE-2021-2010, CVE-2021-2011, CVE-2021-2014, CVE-2021-2021, CVE-2021-2022, CVE-2021-2024, CVE-2021-2031, CVE-2021-2032, CVE-2021-2036, CVE-2021-2038, CVE-2021-2046, CVE-2021-2048, CVE-2021-2056, CVE-2021-2058, CVE-2021-2060, CVE-2021-2061, CVE-2021-2065, CVE-2021-2070, CVE-2021-2072, CVE-2021-2076, CVE-2021-2081, CVE-2021-2087, CVE-2021-2088, CVE-2021-2122

USN: 4716-1