OracleVM 3.4: kernel-uek (OVMSA-2021-0005)

high Nessus プラグイン ID 146248

概要

リモートのOracleVMホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの OracleVM システムに、セキュリティ更新に対処するために必要なパッチが、欠落しています :

- 5.5.4より前のLinuxカーネルで問題が発見されました。drivers/net/wireless/marvell/mwifiex/scan.cのmwifiex_cmd_append_vsie_tlv()関数により、ローカルユーザーが権限を取得したり、不適切なmemcpyとバッファオーバーフローによりサービス拒否を引き起こしたりする可能性があります(別名CID-b70261a288ea)。(CVE-2020-12653)

- MIDI の Linux カーネルの実装に欠陥が見つかりました。このため、ローカルアカウントと、midi デバイスに対して ioctl コマンドを発行する権限を持つ攻撃者が、メモリ解放後使用(Use After Free)の問題を発生させる可能性があります。解放中および使用前のこの特定のメモリへの書き込みにより、実行のフローが変化し、メモリの破損や権限昇格が引き起こされます。この脆弱性が最大の脅威となるのは、機密性と整合性、ならびにシステムの可用性です。(CVE-2020-27786)

- 4.14.xによるXenに問題が見つかりました。一部のOS(Linux、FreeBSD、NetBSDなど)は、単一のスレッドを使用して監視イベントを処理しています。スレッドが処理できるよりも早くイベントが受信されると、イベントはキューに入ります。キューに制限がないため、ゲストがバックエンドでOOMを発生させる可能性があります。FreeBSD、Linux、またはNetBSD(任意のバージョン)のdom0を搭載したすべてのシステムが脆弱です。(CVE-2020-29568)

- 5.9.13までのLinuxカーネルのttyサブシステムで、ロックの矛盾の問題が発見されました。
drivers/tty/tty_io.cおよびdrivers/tty/tty_jobctrl.cにより、TIOCGSID(別名CID-c8bcd9c5be24)に対するread-after-free攻撃が可能になることがあります。(CVE-2020-29660)

-5.10.4までのLinuxカーネルのdrivers/net/wireless/marvell/mwifiex/join.cにあるmwifiex_cmd_802_11_ad_hoc_startにより、リモートの攻撃者が長いSSID値を経由して任意のコードを実行する可能性があります(別名CID-5c455c5ab332)。
(CVE-2020-36158)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける kernel-uek / kernel-uek-firmware パッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2020-12653.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2020-27786.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2020-29568.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2020-29660.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2020-36158.html

https://linux.oracle.com/errata/OVMSA-2021-0005.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 146248

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2021-0005.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

公開日: 2021/2/5

更新日: 2022/5/10

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-36158

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.1

Temporal Score: 7.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-28374

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek-firmware, cpe:/o:oracle:vm_server:3.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/2/4

脆弱性公開日: 2020/4/4

参照情報

CVE: CVE-2020-12653, CVE-2020-27786, CVE-2020-28374, CVE-2020-29568, CVE-2020-29660, CVE-2020-36158