OracleVM 3.4: Unbreakable / etc(OVMSA-2021-0005)

medium Nessus プラグイン ID 146248
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのOracleVMホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートOracleVMシステムに、重大なセキュリティ更新に対処するために必要なパッチが欠落しています:

- sysctl:proc_get_longでオーバーフローを処理(Christian Brauner氏)[Orabug:31588015]

-mwifiex: mwifiex_cmd_append_vsie_tlvにある潜在的なバッファオーバーフローを修正します(Qing Xu氏)[Orabug:31350932](CVE-2020-12653)

- lockd:TCP上の間隔ベースの再バインドを使用しません(Calum Mackay氏)[Orabug:31435700]

- ALSA:rawmidi:同時アクセスでの際どいバッファサイズ変更を修正します(Takashi Ihai氏)[Orabug:32240688](CVE-2020-27786)

- xenbus/xenbus_backend:保留中の監視メッセージを許可しません(SeongJae Park氏)[Orabug:32247942](CVE-2020-29568)

- xen/xenbus:各監視において保留中のメッセージを数えます(SeongJae Park氏)[Orabug:32247942](CVE-2020-29568)

- xen/xenbus/xen_bus_type:will_handleウォッチコールバックをサポートします(SeongJae Park氏)[Orabug:32247942](CVE-2020-29568)

- xen/xenbus:xenbus_watch_pathに「will_handle」コールバックをサポートを追加します(SeongJae Park氏)[Orabug:32247942](CVE-2020-29568)

- xen/xenbus:キューイングの前にウォッチがイベントを破棄できるようにします(SeongJae Park)[Orabug:32247942](CVE-2020-29568)

- KVM:x86:clflushoptはエミュレーションによりno-opとして扱われるべきです(David Edmondson氏)[Orabug:32251907]

- tty:->セッションのロックを修正します(Jann Horn氏)[Orabug:
32266682](CVE-2020-29660)

- tty:tiocspgrpで->pgrpのロックを修正します(Jann Horn氏)[Orabug:32266682](CVE-2020-29660)

- tty:コア:tiocspgrpで正しいスピンロックフレーバーを使用します(Peter Hurley氏)[Orabug:32266682](CVE-2020-29660)

-mwifiex: mwifiex_cmd_802_11_ad_hoc_startの潜在的なバッファオーバーフローを修正(Zhang Xiaohui氏)[Orabug:
32349208](CVE-2020-36158)

- target:XCOPY NAA識別子検索を修正します(Mike Christie氏)[Orabug:32374139](CVE-2020-28374)

ソリューション

影響を受けるkernel-uek / kernel-uek-firmwareパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?7e8c30d0

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 146248

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2021-0005.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

公開日: 2021/2/5

更新日: 2021/2/9

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-36158

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.7

Temporal Score: 5.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek-firmware, cpe:/o:oracle:vm_server:3.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/2/4

脆弱性公開日: 2020/5/5

参照情報

CVE: CVE-2020-12653, CVE-2020-27786, CVE-2020-28374, CVE-2020-29568, CVE-2020-29660, CVE-2020-36158