pfSense < 2.4.4-p3 複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 146430

概要

リモートのファイアウォールホストは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

自己報告されたバージョン番号によると、リモートのpfSenseのインストールは2.4.4-p3より前のバージョンです。そのため、以下を含む複数の脆弱性による影響を受けます:

-pfSense 2.4.4_1で、失敗したHTTPS認証に基づくソースIPアドレスのブロックが、失敗したSSH認証に基づくソースIPアドレスのブロックと一致せず(挙動がsshguardのドキュメントと一致しません)、これにより、攻撃者が意図されたアクセス制限をバイパスしやすくする可能性があります。 (CVE-2018-20799)

- pfSense 2.4.4_1内で期限を設定できる構成は、sshguardによって実装されたブロック期間と互換性がないブロック期間を確立します。そのため、 攻撃者が意図したアクセス制限を回避しやすくなる可能性があります(CVE-2018-20798)

Nessusはこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

pfSenseバージョン2.4.4-p3以降にアップグレードするか、ベンダーアドバイザリに記載されているパッチを適用してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?b623e2bf

http://www.nessus.org/u?391d5f25

http://www.nessus.org/u?8a534c25

http://www.nessus.org/u?0a49b8ac

http://www.nessus.org/u?66f728f6

http://www.nessus.org/u?bb2ee7ba

http://www.nessus.org/u?0697d7a9

http://www.nessus.org/u?e41356b2

https://docs.netgate.com/pfsense/en/latest/releases/2-4-4-p3.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 146430

ファイル名: pfsense_2_4_4_p3.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: remote

ファミリー: Firewalls

公開日: 2021/2/11

更新日: 2021/2/12

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-20798

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:H/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:pfsense:pfsense, cpe:/a:bsdperimeter:pfsense, cpe:/a:netgate:pfsense

必要な KB アイテム: Host/pfSense

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2019/1/29

脆弱性公開日: 2019/1/29

参照情報

CVE: CVE-2018-20798, CVE-2018-20799