SUSE SLES15セキュリティ更新プログラム:containerd、docker、docker-runc、golang-github-docker-libnetwork(SUSE-SU-2021:0435-1)

medium Nessus プラグイン ID 146460

言語:

概要

リモートのSUSEホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

このcontainerd、docker、docker-runc、golang-github-docker-libnetworkの更新では、次の問題が修正されます:

キャッシュサイドチャネル攻撃の軽減:

CVE-2020-15257:containerdの権限昇格を修正しました(bsc#1178969)。

CVE-2021-21284:再マッピングされた名前空間のrootユーザーがホストファイルシステムへのアクセス権を持っている場合、権限昇格が発生する可能性があります(bsc#1181732)

CVE-2021-21285:無効な形式のDockerイメージマニフェストをプルすると、dockerdデーモンがクラッシュします(bsc#1181730)

セキュリティ以外の修正された問題:

Dockerを19.03.15-ceに更新します。パッケージ化された/usr/share/doc/packages/docker/CHANGELOG.mdでアップストリームの変更ログを参照してください。この更新は、bsc#1181732(CVE-2021-21284)およびbsc#1181730(CVE-2021-21285)の修正を含みます。

openSUSEでのfirewalldの処理にboo#1178801 libnetworkパッチのみを適用します。SLESはパッチを好まないようです。(bsc#1180401)

containerd v1.3.9に更新します。これはDocker v19.03.14-ceに必要で、CVE-2020-15257を修正します。 bsc#1180243

Docker 19.03.13-ceに必要なcontainerd v1.3.7に更新します。
bsc#1176708

Docker 19.03.14-ceに更新します。パッケージ化された/usr/share/doc/packages/docker/CHANGELOG.mdでアップストリームの変更ログを参照してください。 CVE-2020-15257 bsc#1180243 https://github.com/docker/docker-ce/releases/tag/v19.03.14

fish-completionを有効にします

Dockerとnftablesバックエンドを備えたfirewalldとの互換性を確保するパッチを追加します。https://github.com/moby/libnetwork/pull/2548のバックポート(bsc#1178801、SLE-16460)

Docker 19.03.13-ceに更新します。パッケージ化された/usr/share/doc/packages/docker/CHANGELOG.mdでアップストリームの変更ログを参照してください。 bsc#1176708

%_libexecdirが/usr/libexecに変更されるのを修正します(bsc#1174075)

緊急修正:%requires_eqは、提供シンボルでは機能せず、パッケージ名のみ有効です。通常のRequiresに戻します。

Docker 19.03.12-ceに更新します。パッケージ化された/usr/share/doc/packages/docker/CHANGELOG.mdでアップストリームの変更ログを参照してください。

Go 1.14の代わりにGo 1.13を使用します。Go 1.14を使用すると、Goが頻繁にI/Oシステムコールから-EINTRを返すため、あらゆる種類の偽のエラーが発生する可能性があります(Go 1.14がプリエンプティブなgoroutineをサポートするため)。

欠落している依存関係をより素早くキャッチできるように、すべての-git依存関係に対してBuildRequiresを追加します。

Docker 19.03.14-ceに必要なlibnetwork 55e924b8a842に更新します。 bsc#1180243

libnetworkとnftablesバックエンドを備えたfirewalldとの互換性を確保するパッチを追加します。https://github.com/moby/libnetwork/pull/2548のバックポート(bsc#1178801、SLE-16460)

注意:Tenable Network Securityは、前述の記述ブロックをSUSEセキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenableでは、そこに新しい問題を追加することはせずに、できる限り自動的に整理と書式設定をするようにしています。

ソリューション

このSUSEセキュリティ更新プログラムをインストールするには、YaSTのonline_updateや「zypper patch」など、SUSEが推奨するインストール方法を使用してください。

別の方法として、製品にリストされているコマンドを実行することができます:

SUSE Manager Server 4.0:

zypper in -t patch SUSE-SLE-Product-SUSE-Manager-Server-4.0-2021-435=1

SUSE Manager Retail Branch Server 4.0:

zypper in -t patch SUSE-SLE-Product-SUSE-Manager-Retail-Branch-Server-4.0-2021-435=1

SUSE Manager Proxy 4.0:

zypper in -t patch SUSE-SLE-Product-SUSE-Manager-Proxy-4.0-2021-435=1

SUSE Linux Enterprise Server for SAP 15-SP1:

zypper in -t patch SUSE-SLE-Product-SLES_SAP-15-SP1-2021-435=1

SUSE Linux Enterprise Server 15-SP1-LTSS:

zypper in -t patch SUSE-SLE-Product-SLES-15-SP1-LTSS-2021-435=1

SUSE Linux Enterprise Server 15-SP1-BCL:

zypper in -t patch SUSE-SLE-Product-SLES-15-SP1-BCL-2021-435=1

SUSE Linux Enterprise Module for Containers 15-SP3:

zypper in -t patch SUSE-SLE-Module-Containers-15-SP3-2021-435=1

SUSE Linux Enterprise Module for Containers 15-SP2:

zypper in -t patch SUSE-SLE-Module-Containers-15-SP2-2021-435=1

SUSE Linux Enterprise High Performance Computing 15-SP1-LTSS:

zypper in -t patch SUSE-SLE-Product-HPC-15-SP1-LTSS-2021-435=1

SUSE Linux Enterprise High Performance Computing 15-SP1-ESPOS:

zypper in -t patch SUSE-SLE-Product-HPC-15-SP1-ESPOS-2021-435=1

SUSE Enterprise Storage 6:

zypper in -t patch SUSE-Storage-6-2021-435=1

SUSE CaaS Platform 4.0:

この更新プログラムをインストールするには、SUSE CaaS Platform「skuba」ツールを使用してください。新しい更新を検出した場合は通知され、その後、制御された方法でクラスター全体の更新をトリガーできます。

関連情報

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1174075

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1176708

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1178801

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1178969

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1180243

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1180401

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1181730

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=1181732

https://github.com/docker/docker-ce/releases/tag/v19.03.14

https://github.com/moby/libnetwork/pull/2548

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-15257/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-21284/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-21285/

http://www.nessus.org/u?fccb77db

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 146460

ファイル名: suse_SU-2021-0435-1.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/2/12

更新日: 2022/5/10

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.2

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 3.6

Temporal Score: 2.7

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-15257

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:A/AC:L/PR:L/UI:N/S:C/C:N/I:H/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-21284

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:containerd, p-cpe:/a:novell:suse_linux:docker, p-cpe:/a:novell:suse_linux:docker-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:docker-libnetwork, p-cpe:/a:novell:suse_linux:docker-libnetwork-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:docker-runc, p-cpe:/a:novell:suse_linux:docker-runc-debuginfo, cpe:/o:novell:suse_linux:15

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/2/11

脆弱性公開日: 2020/12/1

参照情報

CVE: CVE-2020-15257, CVE-2021-21284, CVE-2021-21285