RHEL 8: nodejs: 12(RHSA-2021:0549)

critical Nessus プラグイン ID 146536

概要

リモートの Red Hat ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのRedhat Enterprise Linux 8ホストにインストールされているパッケージは、RHSA-2021: 0549アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

-nodejs-deep-extend:プロトタイプ汚染は、攻撃者がオブジェクトのプロパティを変更することを可能にします(CVE-2018-3750)

-nodejs-mixin-deep:関数mixin-deepのプロトタイプ汚染(CVE-2019-10746)

-nodejs-set-value:関数set-valueのプロトタイプ汚染(CVE-2019-10747)

- nodejs-npm-user-validate:ユーザーの電子メールを検証する際の不適切な入力検証がReDoSを引き起こす(CVE-2020-7754)

- nodejs-ini:悪意のあるINIファイルを介したプロトタイプ汚染(CVE-2020-7788)

- nodejs: TLS実装のuse-after-free(CVE-2020-8265)

- nodejs: httpリクエスト内のヘッダーフィールドの2つのコピーを介したHTTPリクエストスマグリング(CVE-2020-8287)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2018-3750

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-10746

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2019-10747

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-7754

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-7788

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-8265

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-8287

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2021:0549

https://bugzilla.redhat.com/1578246

https://bugzilla.redhat.com/1795475

https://bugzilla.redhat.com/1795479

https://bugzilla.redhat.com/1892430

https://bugzilla.redhat.com/1907444

https://bugzilla.redhat.com/1912854

https://bugzilla.redhat.com/1912863

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 146536

ファイル名: redhat-RHSA-2021-0549.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/2/16

更新日: 2022/10/4

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-7788

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-10747

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:redhat:enterprise_linux:8, cpe:/o:redhat:rhel_aus:8.4, cpe:/o:redhat:rhel_aus:8.6, cpe:/o:redhat:rhel_e4s:8.4, cpe:/o:redhat:rhel_e4s:8.6, cpe:/o:redhat:rhel_eus:8.4, cpe:/o:redhat:rhel_eus:8.6, cpe:/o:redhat:rhel_tus:8.4, cpe:/o:redhat:rhel_tus:8.6, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:nodejs, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:nodejs-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:nodejs-docs, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:nodejs-full-i18n, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:nodejs-nodemon, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:nodejs-packaging, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:npm

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/2/16

脆弱性公開日: 2018/5/16

参照情報

CVE: CVE-2019-10746, CVE-2019-10747, CVE-2020-7754, CVE-2020-7788, CVE-2020-8265, CVE-2020-8287

RHSA: 2021:0549

IAVB: 2021-B-0004-S

CWE: 20, 400, 416, 444, 471