McAfee Endpoint Security for Windows < 10.6.1 / 10.7.0 2021年2月の更新の複数の脆弱性(SB10345)

medium Nessus プラグイン ID 146620
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートホストは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートのWindowsホストにインストールされているMcAfee Endpoint Security(ENS)for Windowsのバージョンには、以下のような複数の脆弱性が存在します。

-10.7.02021年2月の更新プログラムより前のWindows向けのMcAfee Endpoint Security(ENS)により、ローカルユーザーが、の2021年2月の更新のメモリ内の機密情報の脆弱性のクリアテキストストレージの脆弱性により、ENS管理者が特定のアクションを実行した後に、ローカルユーザーがプロセスメモリにアクセスしてENSの設定や認証情報を表示することが可能です。これを悪用するには、マシンのコンソールを通してENS管理者が構成変更を行った直後に、ローカルユーザーは関連するメモリーロケーションへのアクセス権を持っている必要があります。(CVE-2021-23878)
10.7.02021年2月の更新プログラムより前のMcAfee Endpoint Security(ENS)のePO拡張機能に保存されているクロスサイトスクリプティングの脆弱性により、ENS ePO管理者が、ポリシーイベントにスクリプトを追加し、ローカルの非管理者ユーザーがポリシーをトリガーしたときに、ブラウザブロックページを通して実行されるスクリプトをトリガーすることが可能です。 (CVE-2021-23881)
-10.7.02021年2月の更新プログラムより前のMcAfee Endpoint Security (ENS) for Windowsに不適切なアクセス制御の脆弱性があり、ENSがインストールされる場所に慎重に細工されたファイルを設置することで、ローカル管理者が一部のENSファイルのインストールを阻止することが可能です。これはENSのクリーンインストールにのみ適用されます。アクセス制御ルールがアップグレード前の変更を防ぐためです。 (CVE-2021-23882)
-10.7.02021年2月の更新プログラムより前のMcAfee Endpoint Security (ENS) for Windowsに、NULLポインターデリファレンスの脆弱性があり、ローカルの管理者が、正しく処理されない特定のシステムコールを介してWindowsをクラッシュさせることが可能です。これはマシンによって異なり、この更新プログラムの前は部分的に保護されていました。 (CVE-2021-23883)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

10.7.0 または 10.6.1 2021年2月以降の更新プログラムを適用してください。

関連情報

https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=SB10345

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 146620

ファイル名: mcafee_ens_SB10345.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2021/2/19

更新日: 2021/2/25

依存関係: mcafee_endpoint_security_installed.nbin

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2021-23878

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 4.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:R/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mcafee:endpoint_security

必要な KB アイテム: installed_sw/McAfee Endpoint Security Platform, SMB/Registry/Enumerated

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/2/9

脆弱性公開日: 2021/2/9

参照情報

CVE: CVE-2021-23878, CVE-2021-23881, CVE-2021-23882, CVE-2021-23883

MCAFEE-SB: SB10345

IAVA: 2021-A-0102