RHEL 7:OpenShift Container Platform 3.11.394バグ修正および(RHSA-2021: 0637)

medium Nessus プラグイン ID 147013
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 5.2

概要

リモートのRed Hatホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのRedhat Enterprise Linux 7ホストにインストールされているパッケージは、RHSA-2021: 0637のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- ant:安全でない一時ファイル(CVE-2020-11979)

- ant:安全でない一時ファイルの脆弱性(CVE-2020-1945)

- jenkins-2-plugins/subversion:XMLパーサーは、XML外部エンティティ(XXE)攻撃を防止していません(CVE-2020-2304)

- jenkins-2-plugins/mercurial:XMLパーサーは、XML外部エンティティ(XXE)攻撃を防止していません(CVE-2020-2305)

- jenkins-2-plugins/mercurial:HTTPエンドポイントでパーミッションチェックを欠落する情報開示につながる可能性があり(CVE-2020-2306)

- jenkins-2-plugins/kubernetes:Jenkinsコントローラーの環境変数はKubernetesプラグインでアクセス可能です(CVE-2020-2307)

- jenkins-2-plugins/kubernetes:Kubernetesプラグインに権限チェックがないため、ポッドテンプレートを一覧表示できる(CVE-2020-2308)

- jenkins-2-plugins/kubernetes:Kubernetesプラグインに権限チェックがないため、認証情報IDを列挙できる(CVE-2020-2309)

- python-rsa:RSA復号に対してBleichenbacherのタイミングオラクル攻撃(CVE-2020-25658)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるjenkins、jenkins-2-pluginsやpython2-rsaパッケージを更新してください。

関連情報

https://cwe.mitre.org/data/definitions/200.html

https://cwe.mitre.org/data/definitions/377.html

https://cwe.mitre.org/data/definitions/385.html

https://cwe.mitre.org/data/definitions/611.html

https://cwe.mitre.org/data/definitions/862.html

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-1945

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-2304

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-2305

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-2306

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-2307

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-2308

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-2309

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-11979

https://access.redhat.com/security/cve/CVE-2020-25658

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2021:0637

https://bugzilla.redhat.com/1837444

https://bugzilla.redhat.com/1889972

https://bugzilla.redhat.com/1895939

https://bugzilla.redhat.com/1895940

https://bugzilla.redhat.com/1895941

https://bugzilla.redhat.com/1895945

https://bugzilla.redhat.com/1895946

https://bugzilla.redhat.com/1895947

https://bugzilla.redhat.com/1903702

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 147013

ファイル名: redhat-RHSA-2021-0637.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/3/3

更新日: 2021/4/15

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

リスクファクター: Medium

VPR スコア: 5.2

CVSS スコアのソース: CVE-2020-11979

CVSS v2.0

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3.0

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:H/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性の情報

CPE: cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:jenkins, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:jenkins-2-plugins, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python2-rsa

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/3/3

脆弱性公開日: 2020/5/14

参照情報

CVE: CVE-2020-1945, CVE-2020-2304, CVE-2020-2305, CVE-2020-2306, CVE-2020-2307, CVE-2020-2308, CVE-2020-2309, CVE-2020-11979, CVE-2020-25658

RHSA: 2021:0637

CWE: 200, 377, 385, 611, 862, 200, 377, 385, 611, 862