Oracle Linux 7/8:Unbreakable Enterprise Kernel(ELSA-2021-9085)

high Nessus プラグイン ID 147204
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 7/8ホストに、ELSA-2021-9085アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- Xenが使用する際、Linuxカーネル3.2から5.10.16までに問題が発見されました。付与マッピング操作は、バッチハイパーコールで頻繁に発生します。多数の操作が単一のハイパーコールで行われ、それぞれの成功または失敗がバックエンドドライバーに報告されます。その後、バックエンドドライバーが結果をループし、各操作の成功または失敗に基づいてフォローアップアクションを実行します。残念ながら、PVモードで実行している場合、Linuxバックエンドドライバーはこれを誤って処理します:一部のエラーは無視されますが、関連するバッチ要素の成功から、成功したことを効果的に示します。他の場合では、1つのバッチ要素から生じるエラーにより、さらなるバッチ要素が検査されず、したがって、成功したものはエラー回復時に適切にマッピングを解除することができません。PVモードで実行しているLinuxバックエンドを搭載したシステムのみが脆弱です。HVM / PVHモードで実行されるLinuxバックエンドは脆弱ではありません。これは、arch/*/xen/p2m.c およびdrivers/xen/gntdev.cに影響を与えます。(CVE-2021-26932)

- keyboard.cのkbd_keycodeでは、境界チェックが欠落しているために領域外書き込みが発生する可能性があります。これにより、追加の実行権限が不要になり、ローカルで権限が昇格される可能性があります。悪用はユーザーの操作を必要としません。製品:AndroidVersions: AndroidカーネルAndroid ID: A-144161459(CVE-2020-0431)

-Overlayfsは、overlayfsでファイルをコピーする際に、権限チェックを適切に実行せず、権限のないユーザーの名前空間が許可されているなどの場合、ユーザーの名前空間から悪用される可能性があります。権限のないユーザーが読み取り可能ではないファイルを、取り外し可能なデバイスのように、ユーザーがコントロールするマウントポイントにコピーすることが可能でした。これは、カーネルバージョン4.19で次が導入していました。コミットd1d04ef(ovl:
スタックファイルops)。これはカーネルバージョン 5.8 で次により修正されていました。コミット56230d9(ovl:ovl_path_open()で許可を確認する)、48bd024(ovl:readdirでマウンタークレジットに切り替える)および05acefb(ovl:実際のファイルを開く許可をチェックする)。さらに、コミット130fdbc(ovl:実際のディレクトリを開くための正しいフラグを渡す)および292f902(ovl:ovl_real_ioctl()でセキュリティフックを呼び出す)カーネル5.8でのセキュリティフックを呼び出すことも必要となる場合があります。これらの追加のコミットにより、ユーザー名前空間内のオーバーレイマウントで回帰が導入され、ユーザー名前空間外の所有権を持つファイルへのアクセスが阻止されました。この回帰は、その後のコミットb6650da(ovl:O_NOATIMEiのために失敗しない)によって、カーネル5.11で軽減されました。(CVE-2020-16120)

- 5.10.11以前のLinuxカーネルで問題が発見されました。PI futexには、障害処理中にカーネルスタックのuse-after-freeがあり、ローカルユーザーがカーネル(別名CID-34b1a1ce1458)でコードを実行することが可能です。
(CVE-2021-3347)

- 5.10.12までのLinuxカーネルのnbd_add_socket in drivers/block/nbd.cには、ndb_queue_rqのuse-after-freeがあり、I/Oリクエストを介して、デバイスのセットアップ中に特定のポイントで、ローカルの攻撃者(nbdデバイスへのアクセス権がある)によってトリガーされる可能性があります。別名 CID-b98e762e3d71。(CVE-2021-3348)

- Xenが使用する際、Linuxカーネル3.11から5.10.16までに問題が発見されました。PVバックエンドへのリクエストに応えるため、ドライバーは、フロントエンドから提供された付与参照をマッピングします。このプロセスでは、エラーが発生することがあります。ある場合では、以前に遭遇したエラーがその後の処理で破棄され、呼び出し元がマッピングを成功とみなし、その後の操作でマッピングされていない空間にアクセスを試みる可能性があります。別のケースでは、内部状態の更新が不十分であるため、エラーからの安全なリカバリが妨げられます。これは、drivers / block / xen-blkback / blkback.cに影響を与えます。 (CVE-2021-26930)

- Xenで使用する際、Linuxカーネル2.6.39から5.10.16までに問題が発見されました。ブロック、ネット、およびSCSIバックエンドは、特定のエラーを単純なバグと見なし、意図的にカーネルクラッシュを引き起こします。少なくともゲストの影響下にある可能性があるエラー(メモリ不足状態など)については、単純なバグと想定するのは正しくありません。このようなクラッシュを引き起こす可能性のあるメモリ割り当ては、LinuxがPVモードで実行中の場合にのみ発生します。これは、drivers/block/xen-blkback/blkback.cおよびdrivers/xen/xen-scsiback.cに影響を与えます。
(CVE-2021-26931)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2021-9085.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 147204

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2021-9085.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/3/9

更新日: 2021/3/10

依存関係: linux_alt_patch_detect.nasl, ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2021-3347

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:7, cpe:/o:oracle:linux:8, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-tools, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-tools-libs, p-cpe:/a:oracle:linux:perf, p-cpe:/a:oracle:linux:python-perf

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/3/9

脆弱性公開日: 2020/9/17

参照情報

CVE: CVE-2020-0431, CVE-2020-16120, CVE-2021-3347, CVE-2021-3348, CVE-2021-26930, CVE-2021-26931, CVE-2021-26932