IBM DB2 9.7 < FP11 40690 / 10.1 < FP6 40689 / 10.5 < FP11 40688 / 11.1 < FP6 / 11.5 < FP1のファイル読み取りおよび上書きの脆弱性(UNIX)

medium Nessus プラグイン ID 147892

概要

リモートデータベースサーバーは、ファイル読み取りおよび上書きの脆弱性の影響を受けます。

説明

バージョンによると、リモートホストで実行しているIBM DB2のインストールは、Fix Pack 11 Special Build 40690より前の9.7、Fix Pack 6 Special Build 40689より前の10.1、Fix Pack 11 Special Build 40688より前の10.5、Fix Pack 6より前の11.1、Fix Pack 1より前の11.5のいずれかです。したがって、ローカルユーザーが特定のファイルを読み書きできるようにするファイル処理に関連するファイルのアクセス許可の欠陥の影響を受けます。

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

お使いのブランチの最新のFix Packレベルに基づいて、適切なIBM DB2 Fix PackまたはSpecial Buildを適用してください。

関連情報

https://www.ibm.com/support/pages/node/6427859

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 147892

ファイル名: db2_6427859_nix.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Databases

公開日: 2021/3/19

更新日: 2021/7/2

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-4976

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 2.5

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 3.6

Temporal Score: 2.7

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.4

Temporal Score: 3.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:L/I:L/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:ibm:db2

必要な KB アイテム: installed_sw/DB2 Server

除外される KB アイテム: SMB/db2/Installed

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/3/11

脆弱性公開日: 2021/3/11

参照情報

CVE: CVE-2020-4976

IAVB: 2021-B-0019-S