OracleVM 3.4: kernel-uek (OVMSA-2021-0008)

high Nessus プラグイン ID 147899

概要

リモートのOracleVMホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの OracleVM システムに、セキュリティ更新に対処するために必要なパッチが、欠落しています :

- 5.11.3までのLinuxカーネルで問題が発見されました。カーネルポインターリークの漏洩により、iscsi_transport構造体のアドレスが判別されてしまいます。iSCSIトランスポートがiSCSIサブシステムに登録されている場合、/sys/class/iscsi_transport/$TRANSPORT_NAME/handleで、権限のないユーザーがsysfsファイルシステムを介してトランスポートの処理を利用できます。読み取りの場合は、show_transport_handle関数(drivers / scsi / scsi_transport_iscsi.c内の)が呼び出され、処理が漏洩します。この処理は、実際にはカーネルモジュールのグローバル変数内のiscsi_transport構造体へのポインターとなっています。(CVE-2021-27363)

-5.11.3までのLinuxカーネルで問題が発見されました。drivers/scsi/scsi_transport_iscsi.cは、権限のないユーザーがNetlinkメッセージを作成する機能によって悪影響を受けます。(CVE-2021-27364)

- 5.11.3までのLinuxカーネルで問題が発見されました。特定のiSCSIデータ構造には、適切な長さの制約またはチェックがなく、PAGE_SIZE値を超える可能性があります。権限のないユーザーが、iSCSIに関連付けられ、Netlinkメッセージの最大長までの長さがあるNetlinkメッセージを送信することが可能です。(CVE-2021-27365)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける kernel-uek / kernel-uek-firmware パッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2021-27363.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2021-27364.html

https://linux.oracle.com/cve/CVE-2021-27365.html

https://linux.oracle.com/errata/OVMSA-2021-0008.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 147899

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2021-0008.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2021/3/19

更新日: 2022/3/31

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.6

Temporal Score: 3.4

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-27365

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek-firmware, cpe:/o:oracle:vm_server:3.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/3/18

脆弱性公開日: 2021/3/7

参照情報

CVE: CVE-2021-27363, CVE-2021-27364, CVE-2021-27365