KB5001339: Windows 10バージョン1803のセキュリティ更新プログラム(2021年4月)

critical Nessus プラグイン ID 148468
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートのWindowsホストにセキュリティ更新プログラムがありません。そのため、以下の複数の脆弱性の影響を受けます。

- Win32kの権限昇格の脆弱性(CVE-2021-27072、CVE-2021-28310)

- Windows Media Photo Codecの情報漏洩の脆弱性(CVE-2021-27079)

- Windowsイベント追跡の権限昇格の脆弱性(CVE-2021-27088)

- Microsoft Internet Messaging APIのリモートでコードが実行される脆弱性(CVE-2021-27089)

- Azure AD Webサインインのセキュリティ機能バイパスの脆弱性(CVE-2021-27092)

- Windowsカーネルの情報漏洩の脆弱性(CVE-2021-27093、CVE-2021-28309)

- Windowsの早期起動のマルウェア対策ドライバーにおけるセキュリティ機能バイパスの脆弱性(CVE-2021-27094、CVE-2021-28447)

- Windows Mediaビデオデコーダーのリモートでコードが実行される脆弱性(CVE-2021-27095、CVE-2021-28315)

- NTFSの権限昇格の脆弱性(CVE-2021-27096)

- Windowsインストーラーのスプーフィングの脆弱性(CVE-2021-26413)

- Windowsインストーラーの権限昇格の脆弱性(CVE-2021-26415、CVE-2021-28440)

- Windowsアプリケーション互換性キャッシュのサービス拒否の脆弱性(CVE-2021-28311)

- Diagnostics Hub Standard Collector Serviceの権限昇格の脆弱性(CVE-2021-28313、CVE-2021-28321、CVE-2021-28322)

- Windows WLAN AutoConfigサービスセキュリティ機能バイパスの脆弱性(CVE-2021-28316)

- Microsoft Windows Codecs Libraryの情報漏洩の脆弱性(CVE-2021-28317)

- Windows GDI+の情報漏洩の脆弱性(CVE-2021-28318)

- Windows TCP/IPドライバーのサービス拒否の脆弱性(CVE-2021-28319、CVE-2021-28439)

- Windows Resource Manager PSM Service Extensionの権限昇格の脆弱性(CVE-2021-28320)

- Windows DNSの情報漏洩の脆弱性(CVE-2021-28323、CVE-2021-28328)

- Windows SMBの情報漏洩の脆弱性(CVE-2021-28325)

- Windows AppX Deployment Serverのサービス拒否の脆弱性(CVE-2021-28326)

-Remote Procedure Call Runtimeのリモートコード実行の脆弱性(CVE-2021-28327、CVE-2021-28329、CVE-2021-28330、CVE-2021-28331、CVE-2021-28332、CVE-2021-28333、CVE-2021-28334、CVE-2021-28335、CVE-2021-28336、CVE-2021-28337、CVE-2021-28338、CVE-2021-28339、CVE-2021-28340、CVE-2021-28341、CVE-2021-28342、CVE-2021-28343、CVE-2021-28344、CVE-2021-28345、CVE-2021-28346、CVE-2021-28352、CVE-2021-28353、CVE-2021-28354、CVE-2021-28355、CVE-2021-28356、CVE-2021-28357、CVE-2021-28358、CVE-2021-28434)

- Windows Speech Runtimeの権限昇格の脆弱性(CVE-2021-28347、CVE-2021-28351、CVE-2021-28436)

- Windows GDI+のリモートコード実行の脆弱性(CVE-2021-28348、CVE-2021-28349、CVE-2021-28350)

- Windowsイベント追跡の情報漏洩の脆弱性(CVE-2021-28435)

- Windowsインストーラーの情報漏洩の脆弱性(CVE-2021-28437)

- Windowsコンソールドライバーのサービス拒否の脆弱性(CVE-2021-28438、CVE-2021-28443)

- Windows TCP/IPの情報漏洩の脆弱性(CVE-2021-28442)

- Windows Hyper-V のセキュリティ機能バイパスの脆弱性(CVE-2021-28444)

- Windows ServicesおよびController Appの権限昇格の脆弱性(CVE-2021-27086)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Microsoftはこの問題に対応するためにKB5001339をリリースしています。

関連情報

https://support.microsoft.com/en-us/help/5001339

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 148468

ファイル名: smb_nt_ms21_apr_5001339.nasl

バージョン: 1.13

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2021/4/13

更新日: 2022/1/21

依存関係: smb_check_rollup.nasl, smb_hotfixes.nasl, ms_bulletin_checks_possible.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2021-27092

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.2

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:microsoft:windows

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2021/4/13

脆弱性公開日: 2021/3/30

参照情報

CVE: CVE-2021-26413, CVE-2021-26415, CVE-2021-27072, CVE-2021-27079, CVE-2021-27086, CVE-2021-27088, CVE-2021-27089, CVE-2021-27092, CVE-2021-27093, CVE-2021-27094, CVE-2021-27095, CVE-2021-27096, CVE-2021-28309, CVE-2021-28310, CVE-2021-28311, CVE-2021-28313, CVE-2021-28315, CVE-2021-28316, CVE-2021-28317, CVE-2021-28318, CVE-2021-28319, CVE-2021-28320, CVE-2021-28321, CVE-2021-28322, CVE-2021-28323, CVE-2021-28325, CVE-2021-28326, CVE-2021-28327, CVE-2021-28328, CVE-2021-28329, CVE-2021-28330, CVE-2021-28331, CVE-2021-28332, CVE-2021-28333, CVE-2021-28334, CVE-2021-28335, CVE-2021-28336, CVE-2021-28337, CVE-2021-28338, CVE-2021-28339, CVE-2021-28340, CVE-2021-28341, CVE-2021-28342, CVE-2021-28343, CVE-2021-28344, CVE-2021-28345, CVE-2021-28346, CVE-2021-28347, CVE-2021-28348, CVE-2021-28349, CVE-2021-28350, CVE-2021-28351, CVE-2021-28352, CVE-2021-28353, CVE-2021-28354, CVE-2021-28355, CVE-2021-28356, CVE-2021-28357, CVE-2021-28358, CVE-2021-28434, CVE-2021-28435, CVE-2021-28436, CVE-2021-28437, CVE-2021-28438, CVE-2021-28439, CVE-2021-28440, CVE-2021-28442, CVE-2021-28443, CVE-2021-28444, CVE-2021-28447

MSKB: 5001339

MSFT: MS21-5001339

IAVA: 2021-A-0168-S, 2021-A-0431, 2021-A-0429