Dell iDRACの複数の脆弱性(DSA-2021-073)

high Nessus プラグイン ID 148956

概要

リモートホストは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

4.40.00.00より前のバージョンのDell EMC iDRAC9に複数の脆弱性が含まれています:

- Time-of-check Time-of-use(TOCTOU)の競合状態の脆弱性。リモートの認証された攻撃者がこの脆弱性を悪用して、高い権限を持つユーザーが同時にWebインターフェイスを介してiDRACにアクセスするとき、昇格した権限を取得する可能性があります。(CVE-2021-21539)

- スタックベースのオーバーフローの脆弱性。リモートの認証された攻撃者がこの脆弱性を悪用して、任意の大きなペイロードを挿入することで構成情報を上書きする可能性があります。 (CVE-2021-21540)

- DOMベースのクロスサイトスクリプティングの脆弱性。リモートの認証されていない攻撃者がこの脆弱性を悪用して、被害者のアプリケーションユーザーを誘導し、悪意のあるHTMLコードまたはJavaScriptコードをブラウザのDOM環境に提供する可能性があります。次に、悪意のあるコードは、脆弱なWebアプリケーションのコンテキストでWebブラウザによって実行されます。(CVE-2021-21541)

- 複数の蓄積型クロスサイトスクリプティングの脆弱性。権限の高いリモートの認証された悪意のあるユーザーがこの脆弱性を悪用し、影響を受ける複数のパラメーターを介して、悪意のあるHTMLまたはJavaScriptコードを保存する可能性があります。被害者のユーザーが送信されたデータにブラウザでアクセスすると、脆弱なアプリケーションのコンテキストでWebブラウザによって悪意のあるコードが実行されます。(CVE-2021-21543)

- 不適切な認証の脆弱性。高い権限を持つリモートで認証された悪意のあるユーザーがこの脆弱性を悪用して、コメントセクションの下のユーザー名フィールドを操作し、任意のユーザーに値を設定する可能性があります。
(CVE-2021-21544)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

リモートホストをiDRAC9ファームウェア4.40.00.00以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?d3c31d3d

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 148956

ファイル名: drac_dsa-2021-073.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: remote

ファミリー: CGI abuses

公開日: 2021/4/23

更新日: 2022/4/11

構成: 徹底的なチェックを有効にする

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.5

Temporal Score: 4.1

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:N/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-21540

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.1

Temporal Score: 7.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/h:dell:idrac9

必要な KB アイテム: installed_sw/iDRAC

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2020/4/14

脆弱性公開日: 2020/4/14

参照情報

CVE: CVE-2021-21539, CVE-2021-21540, CVE-2021-21541, CVE-2021-21543, CVE-2021-21544

IAVA: 2021-A-0186