Oracle MySQL Enterprise Monitorの複数の脆弱性(2021年4月CPU)

critical Nessus プラグイン ID 148986
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートホストは、複数の脆弱性の影響を受けます

説明

リモートホストにインストールされているMySQL Enterprise Monitorは、8.0.24より前の8.0.xです。したがって、2021年4月のCPUアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- Oracle MySQLのMySQL Enterprise Monitor製品における脆弱性(コンポーネント:監視:一般(Apache Tomcat))。影響を受けるサポート対象のバージョンは8.0.23以前です。容易に悪用できる脆弱性により、ネットワークアクセス権を持つ認証されていない攻撃者が、複数のプロトコルを介してMySQL Enterprise Monitorを侵害する可能性があります。
この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なく重要なデータにアクセスしたり、MySQL Enterprise Monitorがアクセスできるすべてのデータに完全にアクセスしたりする可能性があります。(CVE-2020-17527)

- Oracle MySQLのMySQL Enterprise Monitor製品における脆弱性(コンポーネント:監視:一般(Apache Struts))。影響を受けるサポート対象のバージョンは8.0.23以前です。容易に悪用できる脆弱性により、ネットワークアクセス権を持つ認証されていない攻撃者が、HTTPSを介してMySQL Enterprise Monitorを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、MySQL Enterprise Monitorの乗っ取りが発生する可能性があります(CVE-2020-17530)。

- Oracle MySQLのMySQL Enterprise Monitor製品における脆弱性(コンポーネント:監視:General(OpenSSL))。影響を受けるサポート対象のバージョンは8.0.23以前です。容易に悪用できる脆弱性により、ネットワークアクセス権を持つ認証されていない攻撃者が、HTTPSを介してMySQL Enterprise Monitorを侵害する可能性があります。この脆弱性に対する攻撃が成功すると、権限なくMySQL Enterprise Monitorをハングさせたり、頻繁にクラッシュを繰り返させたりする可能性(完全なDOS)があります。(CVE-2021-23841)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

April 2021 Oracle Critical Patch Updateアドバイザリに従い、適切なパッチを適用してください。

関連情報

https://www.oracle.com/a/tech/docs/cpuapr2021cvrf.xml

https://www.oracle.com/security-alerts/cpuapr2021.html

https://www.oracle.com/a/tech/docs/cpujul2021cvrf.xml

https://www.oracle.com/security-alerts/cpujul2021.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 148986

ファイル名: mysql_enterprise_monitor_8_0_24.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: combined

ファミリー: CGI abuses

公開日: 2021/4/26

更新日: 2021/7/21

依存関係: mysql_enterprise_monitor_web_detect.nasl, oracle_mysql_enterprise_monitor_local_nix_detect.nbin, oracle_mysql_enterprise_monitor_local_detect.nbin

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-17530

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.2

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:F/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:mysql_enterprise_monitor

必要な KB アイテム: installed_sw/MySQL Enterprise Monitor

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2021/4/20

脆弱性公開日: 2021/4/20

エクスプロイト可能

Metasploit (Apache Struts 2 Forced Multi OGNL Evaluation)

参照情報

CVE: CVE-2020-17527, CVE-2020-17530, CVE-2021-3450, CVE-2021-23841, CVE-2021-25122