Samba 3.6.x < 4.12.15 / 4.13.x < 4.13.8 / 4.14.x < 4.14.4 承認されていないファイルアクセス

medium Nessus プラグイン ID 149350

概要

リモートSambaサーバーは、承認されていないファイルアクセスの脆弱性の影響を受ける可能性があります。

説明

リモートホストで実行されている Samba のバージョンは、4.12.5 より前の 3.6.x、4.13.8 より前の 4.13.x、または 4.14.4 より前の 4.14.x です。したがって、認証されていないファイルアクセスの欠陥の影響を受ける可能性があり、負のキャッシュエントリがマッピングキャッシュに追加された場合に、配列の末尾を超えてデータを読み取る可能性があります。これにより、呼び出しコードが、ユーザーのグループメンバーシップを保存するプロセストークンにこれらの値を返す可能性があります。この欠陥は、認証されていないアクセスを許可することで、データの機密性および整合性に影響を与える可能性があります。

Nessusはこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Sambaバージョン4.12.5/4.13.8/4.14.4以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.samba.org/samba/security/CVE-2021-20254.html

https://www.samba.org/samba/history/security.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 149350

ファイル名: samba_4_14_4.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: remote

ファミリー: Misc.

公開日: 2021/5/7

更新日: 2022/1/26

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.9

Temporal Score: 3.6

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:S/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-20254

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:samba:samba

必要な KB アイテム: SMB/NativeLanManager, SMB/samba, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/4/29

脆弱性公開日: 2021/4/29

参照情報

CVE: CVE-2021-20254

IAVA: 2021-A-0208-S