Nessus Network Monitor < 5.13.1 複数の脆弱性(TNS-2021-09)

high Nessus プラグイン ID 149403
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートホストにインストールされている脆弱性スキャナーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされているNessus Network Monitor(NNM)のバージョンは5.13.1より前です。そのため、以下の複数の脆弱性の影響を受けます。

- X.509 GeneralName型は、さまざまなタイプの名前を表現するための汎用型です。それらの名前の型の一つがEDIPartyNameとして知られています。OpenSSLはGENERAL_NAME_cmp関数を提供しており、GENERAL_NAMEの異なるインスタンスを比較して、それらが等しいかどうかを確認します。この関数は両方のGENERAL_NAMEがEDIPARTYNAMEを含んでいるときに正しく動作しません。NULLポインターディファレンスが発生し、クラッシュが発生してサービス拒否攻撃を受ける可能性があります。OpenSSL自体は、次の2つの目的でGENERAL_NAME_cmp関数を使用します。1)使用可能なCRLとX509証明書に埋め込まれたCRL配布ポイント間のCRL配布ポイント名の比較。2)タイムスタンプ応答トークン署名者がタイムスタンプ機関名と一致することを確認する場合。(API関数TS_RESP_verify_responseおよびTS_RESP_verify_tokenを介して公開)攻撃者が比較される両方のアイテムを制御できる場合、その攻撃者はクラッシュを引き起こす可能性があります。たとえば、攻撃者がクライアントやサーバーをtrickして、悪意のあるCRLに対して悪意のある証明書をチェックさせると、これが発生する可能性があります。注意:一部のアプリケーションは、証明書に埋め込まれたURLに基づいてCRLを自動的にダウンロードします。このチェックは、証明書とCRLの署名が検証される前に行われます。OpenSSLのs_server、s_client、および検証ツールは、CRLの自動ダウンロードを実装する-crl_downloadオプションをサポートしており、この攻撃はこれらのツールに対して機能することが実証されています。関連のないバグとは、影響を受けるバージョンのOpenSSLがEDIPARTYNAMEの正しいエンコーディングを解析または構築できないことを意味します。ただし、OpenSSLのパーサーが受け入れる無効な形式のEDIPARTYNAMEが構築され、この攻撃が発生する可能性があります。OpenSSLのすべてのバージョン1.1.1および1.0.2は、この問題の影響を受けます。他のOpenSSLリリースはサポート対象外であり、チェックされていません。OpenSSL 1.1.1iで修正されました(1.1.1-1.1.1hが影響を受けます)。OpenSSL 1.0.2xで修正されました(1.0.2~1.0.2wが影響を受けます)。(CVE-2020-1971)
- OpenSSLパブリックAPI関数X509_issuer_and_serial_hash()は、X509の証明書に含まれている発行者およびシリアルナンバーデータに基づき、一意のハッシュ値の作成を試みます。ただし、発行者フィールドの解析中に発生する可能性のあるエラー(発行者フィールドが悪意を持って構築された場合に発生する可能性がある)を、適切に処理できません。その後、NULLポインターのderefとクラッシュに至り、サービス拒否攻撃を引き起こす可能性があります。X509_issuer_and_serial_hash()関数は、OpenSSL自体によって直接呼び出されることはありません。このため、アプリケーションは、この関数を直接使用し、信頼できないソースから取得した証明書でこの関数を使用する場合にのみ脆弱です。OpenSSLバージョン1.1.1i以下は、この問題の影響を受けます。これらのバージョンのユーザーは、OpenSSL 1.1.1jにアップグレードする必要があります。OpenSSLバージョン1.0.2x以下はこの問題の影響を受けます。しかしながら、OpenSSL 1.0.2はサポートが終了しており、今後は一般の更新を受け取れません。OpenSSL1.0.2のプレミアムサポートのお客様は1.0.2yにアップグレードする必要があります。その他のユーザーは、1.1.1jにアップグレードする必要があります。(CVE-2021-23841)

- EVP_CipherUpdate、EVP_EncryptUpdateおよびEVP_DecryptUpdateへの呼び出しは、入力長がプラットフォーム上の整数の最大許容長さに近い場合、出力長引数をオーバーフローすることがあります。このような場合、関数呼び出しからの戻り値は1(成功を示す)になりますが、出力の長さの値は負になります。これにより、アプリケーションが不適切に動作したり、クラッシュしたりする可能性があります。OpenSSLバージョン1.1.1i以下は、この問題の影響を受けます。これらのバージョンのユーザーは、OpenSSL 1.1.1jにアップグレードする必要があります。OpenSSLバージョン1.0.2x以下はこの問題の影響を受けます。しかしながら、OpenSSL 1.0.2はサポートが終了しており、今後は一般の更新を受け取れません。OpenSSL1.0.2のプレミアムサポートのお客様は1.0.2yにアップグレードする必要があります。その他のユーザーは、1.1.1jにアップグレードする必要があります。(CVE-2021-23840)Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Nessus Network Monitorバージョン5.13.1以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.tenable.com/security/tns-2021-09

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 149403

ファイル名: nnm_5_13_1.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Misc.

公開日: 2021/5/12

更新日: 2021/5/13

依存関係: nnm_installed_win.nbin, nnm_installed_nix.nbin

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2021-3450

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.8

Temporal Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.4

Temporal Score: 6.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:tenable:nnm

必要な KB アイテム: installed_sw/Tenable NNM, Host/nnm_installed

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/5/11

脆弱性公開日: 2021/5/11

参照情報

CVE: CVE-2020-1971, CVE-2021-3449, CVE-2021-3450, CVE-2021-23840, CVE-2021-23841