PTC OPC UAサーバーの複数の脆弱性

critical Nessus プラグイン ID 149522

概要

リモートホスト上のOPC UAサーバーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストで実行されているOPC UAサーバーが、次の脆弱性の1つ以上の影響を受けます。

- OPC UA文字列をデコードする際のユーザー指定のデータの不適切な検証により、PTC ThingWorx Edgeサーバーにスタックベースのオーバーフローの脆弱性が存在します。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用し、特別に細工されたメッセージを通じて、サービス拒否状態または任意のコードの実行を引き起こす可能性があります。
(CVE-2020-27265)

- OPC UA文字列をデコードする際、PTC ThingWorx Edgeサーバーにヒープベースのオーバーフローの脆弱性が存在します。認証されていないリモートの攻撃者が、これを悪用して、サーバーをクラッシュさせ、データを漏洩させる可能性があります。(CVE-2020-27263)

- PTC Kepware KEPServerEXサーバーにメモリ解放後使用(Use After Free)の脆弱性が存在します。認証されていないリモートの攻撃者が、これを悪用して、サーバーをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2020-27267)

注意:このプラグインは、複数のベンダーからの影響を受ける製品の多様性により、影響を受けるすべてのデバイスを検出しない可能性があります。

ソリューション

影響を受けるPTC OPC UA製品は、他のベンダーの製品で使用される可能性があります。ソリューションについては、ICS-CERTアドバイザリを参照してください。

関連情報

https://www.ptc.com/en/support/article/cs334963

https://us-cert.cisa.gov/ics/advisories/icsa-20-352-02

http://www.nessus.org/u?3fb9bd75

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 149522

ファイル名: ptc_opcua_multi_vulns.nbin

バージョン: 1.13

タイプ: remote

ファミリー: SCADA

公開日: 2021/5/17

更新日: 2022/6/28

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-27265

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

必要な KB アイテム: Services/opcua_tcp, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/1/5

脆弱性公開日: 2021/1/5

参照情報

CVE: CVE-2020-27263, CVE-2020-27265, CVE-2020-27267

ICSA: 20-352-02