Ubuntu 16.04 LTS/18.04 LTS/20.04 LTS/20.10/21.04:Exiv2の脆弱性(USN-4964-1)

high Nessus プラグイン ID 149906

概要

リモートUbuntuホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートのUbuntu 16.04 LTS/18.04 LTS/20.04 LTS/20.10/21.04ホストには、USN-4964-1のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- Exiv2は、画像ファイルのメタデータの読み取り、書き込み、削除、変更を行うためのコマンドラインユーティリティおよびC++ライブラリです。Exiv2バージョンv0.27.3以前に領域外読み取りが見つかりました。Exiv2を使用して細工された画像ファイルにメタデータを書き込むと、領域外読み取りが発生します。攻撃者が被害者を誘導して、細工された画像ファイルでExiv2を実行させることができる場合、この脆弱性を悪用してExiv2をクラッシュさせることで、サービス拒否を引き起こす可能性があります。注意:このバグは、メタデータの書き込みの場合にのみ発生します。これは、メタデータの読み取りよりもExiv2操作の使用頻度が低いです。たとえば、Exiv2コマンドラインアプリケーションでバグを発生させるには、「insert」などの追加のコマンドライン引数を追加する必要があります。このバグはバージョンv0.27.4で修正されました。 (CVE-2021-29463)

- Exiv2は、画像ファイルのメタデータの読み取り、書き込み、削除、変更を行うためのコマンドラインユーティリティおよびC++ライブラリです。Exiv2バージョンv0.27.3以前でヒープバッファオーバーフローが見つかりました。Exiv2を使用して細工された画像ファイルにメタデータを書き込むと、ヒープオーバーフローが発生します。攻撃者が被害者を誘導して、細工された画像ファイルでExiv2を実行させることができる場合、この脆弱性を悪用してコードを実行する可能性があります。注意:このバグは、メタデータの書き込みの場合にのみ発生します。これは、メタデータの読み取りよりもExiv2操作の使用頻度が低いです。たとえば、Exiv2コマンドラインアプリケーションでバグを発生させるには、「insert」などの追加のコマンドライン引数を追加する必要があります。このバグはバージョンv0.27.4で修正されました。(CVE-2021-29464)

-Exiv2は、Exif、IPTC、XMP、ICCの画像メタデータの読み取り、書き込み、削除および変更を行うためのC ++ライブラリおよびコマンドラインユーティリティです。Exiv2バージョンv0.27.3以前に領域外読み取りが見つかりました。Exiv2は、画像ファイルのメタデータの読み取り、書き込み、削除、変更を行うためのコマンドラインユーティリティおよびC++ライブラリです。Exiv2を使用して細工された画像ファイルにメタデータを書き込むと、領域外読み取りが発生します。
攻撃者が被害者を誘導して、細工された画像ファイルでExiv2を実行させることができる場合、この脆弱性を悪用してExiv2をクラッシュさせることで、サービス拒否を引き起こす可能性があります。注意:このバグは、メタデータの書き込みの場合にのみ発生します。これは、メタデータの読み取りよりもExiv2操作の使用頻度が低いです。たとえば、Exiv2コマンドラインアプリケーションでバグを発生させるには、「insert」などの追加のコマンドライン引数を追加する必要があります。バグはバージョンv0.27.4で修正されています。Exiv2のセキュリティについての詳細は、弊社のセキュリティポリシーを参照してください。(CVE-2021-29473)

-Exiv2は、Exif、IPTC、XMP、ICCの画像メタデータの読み取り、書き込み、削除および変更を行うためのC ++ライブラリおよびコマンドラインユーティリティです。Exiv2バージョンv0.27.3以前で、初期化されていないメモリの読み取りが見つかりました。Exiv2は、画像ファイルのメタデータの読み取り、書き込み、削除、変更を行うためのコマンドラインユーティリティおよびC++ライブラリです。Exiv2が細工された画像ファイルのメタデータの読み取りに使用されると、初期化されていないメモリの読み取りがトリガーされます。攻撃者が被害者を誘導して、細工された画像ファイルでExiv2を実行させることができる場合、この脆弱性を悪用してスタックメモリが数バイト漏洩する可能性があります。このバグはバージョンv0.27.4で修正されました。(CVE-2021-29623)

- Exiv2は、画像ファイルのメタデータの読み取り、書き込み、削除、変更を行うためのコマンドラインユーティリティおよびC++ライブラリです。非効率的なアルゴリズム(二次複雑性)がExiv2バージョンv0.27.3以前で見つかりました。Exiv2を使用して細工された画像ファイルにメタデータを書き込むと、非効率的なアルゴリズムが発生します。攻撃者が被害者を誘導して、細工された画像ファイルでExiv2を実行させることができる場合、この脆弱性を悪用して、サービス拒否を引き起こす可能性があります。このバグはバージョンv0.27.4で修正されています。注意:このバグは、メタデータの書き込みの場合にのみ発生します。これは、メタデータの読み取りよりもExiv2操作の使用頻度が低いです。たとえば、Exiv2コマンドラインアプリケーションでバグを発生させるには、「rm」などの追加のコマンドライン引数を追加する必要があります。(CVE-2021-32617)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://ubuntu.com/security/notices/USN-4964-1

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 149906

ファイル名: ubuntu_USN-4964-1.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/5/25

更新日: 2021/5/25

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-29464

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:16.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:18.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:20.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:20.10, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:21.04, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:exiv2, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libexiv2-14, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libexiv2-27, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libexiv2-dev

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/5/25

脆弱性公開日: 2021/4/26

参照情報

CVE: CVE-2021-29463, CVE-2021-29464, CVE-2021-29473, CVE-2021-29623, CVE-2021-32617

USN: 4964-1