Schneider Electric C-Gate < 2.11.6の複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 149971

概要

C-Busの制御および監視アプリケーションは複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストで実行されているSchneider Electric C-Gateは、複数の脆弱性の影響を受けます。

-C-Gateサーバーに送信されたコマンドの処理に、パストラバーサルの脆弱性があります。この問題は、ファイル操作において使用前にユーザー指定のパスが適切に検証されていないことが原因です。認証されたリモート攻撃者がこの脆弱性を利用してSYSTEMのコンテキストでコードを実行する可能性があります。(CVE-2021-22717)

-C-Gateサーバーに送信されたコマンドの処理に、パストラバーサルの脆弱性があります。この問題は、ユーザー指定のデータが適切に検証されていないために発生しており、任意のファイルのアップロードを許可する可能性があります。認証されたリモート攻撃者がこの脆弱性を利用してSYSTEMのコンテキストでコードを実行する可能性があります。(CVE-2021-22719)

-C-Gateサーバーに送信されたコマンドの処理に、パストラバーサルの脆弱性があります。この問題は、ファイル操作において使用前にユーザー指定のパスが適切に検証されていないことが原因です。認証されたリモート攻撃者がこの脆弱性を利用してSYSTEMのコンテキストで情報を漏洩する可能性があります。(CVE-2021-22720)

注意:Nessus はこの問題をテストしておらず、その代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号のみに依存しています。

ソリューション

C-Gateをバージョン2.11.6以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?f25c523f

https://us-cert.cisa.gov/ics/advisories/icsa-21-105-01

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 149971

ファイル名: schneider_electric_cgate_icsa-21-105-01.nbin

バージョン: 1.24

タイプ: remote

ファミリー: SCADA

公開日: 2021/5/26

更新日: 2022/11/30

構成: 徹底的なチェックを有効にする

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 4.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-22720

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-22719

脆弱性情報

CPE: x-cpe:/a:schneider-electric:c-gate

必要な KB アイテム: Services/schneider_electric_cgate

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/4/8

脆弱性公開日: 2021/4/13

参照情報

CVE: CVE-2021-22717, CVE-2021-22719, CVE-2021-22720

ICSA: 21-105-01

ZDI: ZDI-21-447, ZDI-21-449, ZDI-21-450